松下、42V型フルハイビジョンモデルも登場 - VIERAのプラズマモデルを刷新

 

松下電器産業は、「VIERA」シリーズの地上/BS/CS 110°デジタルハイビジョンプラズマテレビの新モデル「PZ700」シリーズ「PX70」シリーズを発表した。価格はすべてオープン。推定市場価格、発売日などは表の通り。

VIERAのプラズマモデルを刷新

ビエラリンクのデモ

 

世界初、42V型のフルハイビジョンモデルもラインナップ「PZ700」シリーズ

1920×1080画素のフルハイビジョンパネルを搭載し、プラズマVIERAのハイエンドモデルとなるのが、PZ700シリーズ。PZ600シリーズの後継モデル。50V/42V型それぞれに2機種ずつ(サイドスピーカーでブラックカラーのPZ700SKとシルバーカラーでアンダースピーカーのPZ700)、計4機種がラインナップされる。なかでも42V型のフルハイビジョンプラズマテレビは世界初。

フルハイビジョンモデルの「PZ700」シリーズ。プラズマ42V型のフルハイビジョンモデルは世界初

搭載される「新フルハイビジョンPEAKSパネル」は、動画解像度900本以上を実現するとともに、4000:1という高コントラスト比も実現している。また「低反射クリアパネル」の採用により、外光の映り込みを低減させている。「フルハイビジョンPEAKSドライバー」には、3次元空間補正やコントラスト補正を新たに搭載。信号処理アルゴリズムも新開発されている。

機能的には、すべてのモデルにビエラリンクを搭載。また、AVCHD規格のムービーで撮影した動画をSDカードスロットからダイレクトに再生させることが可能となった。

サウンド面では、竹繊維を振動板の素材として使用している「バンブーコーンスピーカー」を採用。PZ700SKに採用されているサイドスピーカーは、23mmというスリムタイプ。なお、どちらのモデルにも、同社独自のバーチャルサラウンド技術「アドバンストサラウンド」が搭載されている。

普及タイプにも、動画解像度の高い新PEAKSパネルを採用

「PX70」シリーズは、「PX60」シリーズの後継となるハイビジョンモデル。サイズによって画素数は異なる。37V/42V/50V型の6機種がラインナップされる。PZ700シリーズと同様に「PX70」はシルバーカラーのアンダースピーカーモデルで、「PX70SK」はブラックカラーのサイドスピーカーモデル。また37V型にのみ用意されている「PX70S」はシルバーカラーのサイドスピーカーモデル。

普及タイプの「PX70」シリーズは37V型から50V型までのラインナップ

PX70シリーズは、普及クラスのモデルではあるが、上位機種と同様の新PEAKSパネルを搭載。動画解像度720本以上を実現している。また、低反射クリアパネルも採用。ドライバーと映像エンジンは、PZ700シリーズに搭載されているフルハイビジョンPEAKSドライバー/フルハイビジョンPEAKSプロセッサーから、フルハイビジョン専用の機能である「デジタルカラー・リアリティ技術」と「HDオプティマイザー」を除いたものが搭載されている。

すべてのモデルがビエラリンクを搭載しており、レコーダーやサラウンドシステムなどとの連携が計れるのはPZ700と同様。

また、サウンドも、PZ700と同様にバンブーコーンスピーカーとアドバンストサラウンドを搭載している。

シリーズ 型名 発売日 推定市場価格
PZ700 TH-50PZ700SK 4月27日 55万円前後
TH-42PZ700SK 43万円前後
TH-50PZ700 53万円前後
TH-42PZ700 41万円前後
PX70 TH-42PX70SK 32万円前後
TH-37PX70SK 27万円前後
TH-37PX70S 4月20日 27万円前後
TH-50PX70 40万円前後
TH-42PX70 30万円前後
TH-37PX70 25万円前後
型番 画素数 デジタルダブルチューナー HDMI 消費電力 サイズ
(W/H/D)mm
質量
TH-50PZ700SK 1920×1080 3系統(1.2a) 598W 1266 × 802 × 94 約48kg
TH-42PZ700SK 498W 1077 × 689 × 111 約39kg
TH-50PZ700 593W 1210 × 818 × 94 約45kg
TH-42PZ700 493W 1020 × 705 × 111 約36kg
TH-42PX70SK 1024×768   2系統(1.2a) 378W 1077 × 689 × 94 約31kg
TH-37PX70SK/S 1024×720 303W 977 × 629 × 94 約27kg
TH-50PX70 1366×768 453W 1210 × 818 × 94 約39kg
TH-42PX70 1024×768 373W 1020 × 705 × 94 約28kg
TH-37PX70 1024×720 298W 917 × 645 × 94 約25kg

VIERAとDIGAをまとめて収納する3.1chラックシアター

VIERAの新モデルと同時に発表されたのがラックシアターの「SC-HTR300」と「SC-HTR200」。発売は4月27日で、オープンプライス。推定市場価格はSC-HTR300が10万円前後、SC-HTR200が9万円前後。

VIERAリンク対応のラックシアター「SC-HTR300/200」。ドルビーバーチャルスピーカーを搭載

SC-HTR300/200は、3.1chのフロントサラウンドシステムを内蔵したラックシアター。ドルビーバーチャルスピーカーが採用されており、3.1chで5.1chのサウンドをシミュレートする。SC-HTR300が幅1,300mm、SC-HTR200が幅1,080mmとなっており、それぞれ50V~37V型/42V~32V型のテレビにマッチする。もちろん、ビエラリンク対応。

特徴となっているのがサブウーファーの配置。サブウーファーは2本のユニットがラックの左右に背中合わせに配置されており、それぞれの振動を打ち消すことによって、不要な振動を抑える構造となっている。

人気記事

一覧

新着記事

アナログ半導体業界再編 - ADIのLinear Technology買収を読み解く
[14:57 7/29] テクノロジー
Webデザインの考え方を4分で体験できるサイト
[14:50 7/29] 企業IT
Pepperは単なる「集客ツール」から脱却できるのか
[14:14 7/29] 企業IT
中国最大のメモリメーカー誕生へ - 紫光集団がXMCのメモリ製造部門を統合
[14:09 7/29] テクノロジー
ポケモンGO「安心パッケージ」、定額SIMとバッテリー搭載ルーターのセット
[14:07 7/29] スマホとデジタル家電