マイナビニュース | 企業IT | 開発/エンジニア | ヘッドライン(2007)(1ページ目)

ヘッドライン

2007年12月26日(水)

Ruby 1.9.0登場、一気に性能アップ - 開発者は採用検討を

25日(米国時間)、当初の予定どおりRubyの最新版となるRuby 1.9.0が公開された。Ruby 1.9系には新しく開発されたRuby VMが搭載されるといわれていたバージョンで、前評判ですでに優れたベンチマーク結果を残していた。RubyデベロッパやユーザにとってRuby 1.9.0は待望のバージョンというわけだ。1.9.0はまだ開発版で、安定版は1.9.1以降になるとみられる。

[14:41 12/26]

2007年12月25日(火)

Google Data Pythonライブラリ、Picasaやコード検索に対応

The Google Data APIs Teamは21日(米国時間)、最新のPythonクライアントライブラリ"Google Data Python Client Library 1.0.10"について発表した。1.0.10ではこれまでサポートされていなかったGoogle Data APIsの写真機能とコード検索機能がサポートされている。またそれ以外にも興味深い機能が追加されている。

[22:33 12/25]

姿を見せ始めたWeb Beans - サンプルコードで見るその具体像

Web Beansは、「JSR-299」として標準化が進められている仕様だ。JBoss Seamによって実現されている「EJBやJSFが個々に持つコンポーネントモデルの統合」をコンセプトの中心に据え、Java EE 6の目玉技術のひとつに据えられている。本稿では、Web Beansの最新仕様と、18日に開催されたJBoss COMPASSで発表された内容を元に、Web Beansの具体像を紹介していきたい。

[20:24 12/25]

国産Linuxディストリビューションの最新版「Vine Linux 4.2」

国産Linuxディストリビューション「Vine Linux 4.2」がリリースされた。マイナーアップデートであり、カーネルやライブラリのバージョンに大きな変更はない。

[19:21 12/25]

いまからはじめるPrototype.js 第2回 数値と文字列の拡張メソッド

Prototype.jsでは、数値(Number)や文字列(String)のオブジェクトに拡張メソッドを追加している。今回は、その中からいくつかのメソッドを紹介しよう。バージョンは引き続き1.6だ。

[18:00 12/25]

Prototype/Sciptaculousをギュッと圧縮1割超、入替検討を

John-David Dalton氏はPrototypeとSciptaculousを圧縮したファイルの最新版「protopacked_v2.17」を公開した。複数のバージョンが含まれているうえ、最新バージョンで比較してもそれぞれ10%をこえる圧縮に成功している。入れ替えるだけでサイズ削減が実現できるため採用を検討した方がいいだろう。

[16:03 12/25]

Tomcat Connector JK-1.2.26登場

The Apache Tomcat teamは21日(米国時間)、Apache Tomcat Connectorsの最新坂となる"Apache Tomcat JK 1.2.26 Web Server Connector"を公開した。JK 1.2.26はセキュリティ問題の修正といったアップデート必要性の高いものはないが、バグの修正といくつかの機能拡張が実施されている。動作に不安定さを感じている場合にはアップグレードを検討してみるといいだろう。

[14:47 12/25]

アドビ、日本の開発者向けAdobe Developer Connection開設

アドビシステムは20日、同社のプロダクトを活用しているWebデベロッパ向けの新しい総合ポータルページ"Adobe Developer Connection"を公開した。Adobeサイトで提供される英語コンテンツの邦訳はもちろん、各種情報が日本語で提供されることになる。英語ではなく日本語での情報提供を希望している場合にはRSSを登録して活用するといいだろう。

[14:25 12/25]

Spring .NET最新版登場 - Spring Frameworkの開発手法を.NETへ

20日(米国時間)、Springframework.orgにおいてSpring .NETの最新版となる「Spring .NET 1.1」が発表された。Spring.NETはエンタープライズクラスの.NETアプリケーションを開発するための包括的なインフラストラクチャ。Java版のSpring Frameworkを.NET向けに移植したものとなっている。

[08:30 12/25]

2007年12月21日(金)

イマドキのIDE事情 第21回 Eclipseをオンデマンドで利用するためのサービス

今回は、オンラインでプラグインを選択して自分に必要なEclipseを構築することができるサービスを紹介する。Eclipse本体と好きなプラグインの組み合わせを自由に指定することができるので、自分の好みにあわせて必要な機能だけを備えたEclipseを容易に作成することができるので、ぜひ試してみてほしい。

[19:16 12/21]

Tcl/Tk 8.5登場 - 実行速度10%改善、Windows/OSXネイティブテーマ

20日(カナダ時間)、Tcl/Tkの最新版となる「Tcl/Tk 8.5.0」が公開された。Tcl/TkはGUIアプリケーションを簡単に開発するためのスクリプト言語。Tclが処理を担当し、TkがGUIを担当する。Tclはその特徴からグルー言語とも呼ばれることがある。数行でGUIアプリケーションの開発が可能となっている。TkはTclに限らずほかの言語からも利用されている。

[18:15 12/21]

BOOK REVIEW - 「Google Gears」を周辺技術に至るまで幅広く解説

「Google Gears」は、米Googleが提供しているWebアプリケーションをオフライン環境でも動作させることができるようにするプラットフォームである。本稿では、そのGoogle Gearsの概要や利用方法などを解説した書籍「Google Gearsスタートガイド」(技術評論社発行)を紹介する。著者は本誌でもお馴染みの白石俊平氏である。

[17:45 12/21]

JavaScriptベンチマーク結果発表、OperaとSafari3が高速

Jeff Atwood氏は19日(米国時間)、自身のブログ]においてWebブラウザにおけるJavaScriptベンチマークの実行結果を公表した。ベンチマークに使われたのは先日リリースされたばかりのSunSpider JavaScript Benchmark最新版で、結果からJavaScriptの実行プラットフォームとしてはOperaが優れていること、Safari 3も大いに健闘していることになった。

[17:07 12/21]

ダイナミックObjective-C 第97回 ガベージコレクション (2) - 実体であるlibauto

Leopardの発売から1カ月半が経過した。Objective-C 2.0に深く切り込みたいものとしては、Mac OS X 10.5であるDarwin 9.0に搭載されているObjective-Cランタイムのソースコード公開を待ち望んでいるのだが、なかなかその気配は訪れない。しかし、ただ待っているだけでは仕方ないので、手持ちの材料だけでObjective-C 2.0を探っていくことにしよう。

[16:30 12/21]

2007年12月20日(木)

DBリファクタリングツールLiquiBase、日本語ドキュメント登場

Nathan Voxland氏は19日(米国時間)、LiquiBaseのプロジェクトサイトの日本語版が登場したことを発表した。日本語サイトの作成にはYasuo Honda氏の貢献が大きかったとされている。英語が苦手でLiquiBaseの採用を躊躇していた場合にはもう一度調査してみるといいだろう。

[21:58 12/20]

5年の開発期間を経てPerl 5.10登場、20周年の記念すべきリリース

19日(協定世界時)、Perlの最新版となるPerl 5.10がリリースされた。5.10はPerl 1がリリースされてから20年目となる記念すべきリリースだ。しかも5年の開発期間を経て公開されたメジャーバージョンアップ版でもあり、5.10系初のリリースでもある。デベロッパは今再び同プログラミング言語に注目したい。

[21:54 12/20]

YUI 2.4.1 IEメモリリーク修正、すべてのユーザはアップグレードを

Yahoo!は19日(米国時間)、The Yahoo User Interface Libraryの最新版となる"The Yahoo User Interface Library 2.4.1"を公開した。2.4.1ではIEにおいて特定コンポーネントにおけるメモリリーク問題が修正されている。YUI 2.4.0を採用しているすべてのユーザは2.4.1へアップグレードされたい。

[21:53 12/20]

Grizzly 1.7登場、コミュニティフィードバックを取り込み改善

Jean-Francois Arcand氏は19日(米国時間)、Grizzlyの最新版となる「Grizzly 1.7.0」のリリースを発表した。Grizzly 1.7.0はコミュニティから寄せられた要求を取り込んだバージョンで多くの機能が追加されている。追加された機能はTCP/UDP/TLSに対する非同期読み書き、UDPサポートの改善、SSL/CRLサポート、クッキーパースパフォーマンスの改善、JRuby 1.1bサポートなど。

[21:30 12/20]

Apple、Leopard向けJava SE 6の最新デベロッパプレビュー公開

Appleは18日(米国時間)、ADCにおいてJava SE 6の開発最新版となる「Java SE 6 Developer Preview 8」を公開した。Leopardがリリースされてから初のApple製Java SE 6実装の登場だ。64ビットIntelプロセッサベースで動作しているLeopardのみの限定対応だが、大きな進歩には違いない。

[20:48 12/20]

SAP、NetWeaverに新機能を追加 - "エンタープライズSOA"実現を加速

SAPジャパンは、統合アプリケーションプラットフォーム「SAP NetWeaver」に新たな機能を追加、提供を開始すると発表した。

[18:08 12/20]

Xen 3に対応、NetBSD 4.0登場 - 2年ぶりのメジャーバージョンアップ

The NetBSD Projectは19日(米国時間)、NetBSDの最新リリース版となる「NetBSD 4.0」を公開した。NetBSD 4.0で特に注目されるのはXen仮想マシンモニタ 3の対応が実現されたことだ。そのほかBluetoothサポート、ARM/PowerPC/MIPSプロセッサをベースとした組み込みプラットフォームのサポート、新しいネットワークサービスの追加やセキュリティ機能拡張などが実施されている。

[16:38 12/20]

Qt 4.4のテクノロジープレビューが公開 - WebKitを統合

KDEのGUIを支えるツールキット「Qt」の最新テクノロジープレビューが公開された。WebKitの統合や「Qt Concurrent」などの新機能が用意されている。

[11:57 12/20]

2007年12月19日(水)

Gavin King氏が語る"見えてきたWeb Beans" - JBoss COMPASS Tokyo

18日、レッドハット主催による開発者向けイベント「JBoss COMPASS Tokyo」が開催された。同イベントの目玉は、HibernateやSeamといった"超メジャー"フレームワークの創設者であるGavin King氏によるテクニカルセッションである。同氏は基調講演にも登壇し、自身がスペックリードを務める「JSR 299 Web Beans」の紹介を行った。本稿では基調講演で同氏が語った情報をもとに、Web Beansの概要やメリットを簡単に説明したい。

[19:05 12/19]

"Enterprise RIA"を推進するアドビのオープンソース戦略

既報の通り、米Adobe Systemsは13日 (米国時間) に、Flashテクノロジにおけるリモーティングおよびメッセージング関連の技術を、「BlazeDS」という製品名でオープンソース化することを発表した。これを受けてアドビシステムズ(以下、アドビ)は18日、プレス向けの説明会を開催してBlazeDSのリリースに関連した同社のオープンソース戦略を明らかにした。

[18:12 12/19]

FreeBSD Foundation、35万米ドル近い資金を獲得

The FreeBSD Foundationは17日(米国時間)、FreeBSD Foundation Newsletterを公表した。同ファウンデーションは資金確保として25万米ドルを目安としてドネーションを募集していたが、NetAppとSwissComから大口のドネーションがあり現在すでに35万米ドル近い資金を獲得したという。そのほかIsilon SystemsとNetAppのFreeBSD採用事例が紹介されている。

[17:25 12/19]

JavaScriptでくるり! 注目のAjaxフレームワーク"jMaki"の実力を探る

Ajax はWebアプリケーション開発においてすでに一般的な技術となりつつある。jMakiはJava、Ruby、PHP、Phobosで利用可能なAjaxフレームワークだ。DojoやYahoo! UIなどのAjaxライブラリやFlickrやGoogle Mapなどの機能を利用したウィジェットをラッピングし、手軽かつ統一的なインタフェースで利用することができる。本稿では主にNetBeans 6.0でjMakiを利用する方法、そしてjMakiのJavaScript APIについて紹介する。

[10:30 12/19]

Java開発者のためのRuby / Ruby on Rails入門 第3回 Rubyの文法 - ブロック付きメソッドによる抽象化

RubyはJavaより後発の言語であり、他言語の長所を取り入れている。もちろん、便利なものは多用される。というわけで、Java開発者のあなたに「知っておくとRubyコードの理解にすぐに役立つもの」をご紹介したい。今回はぜひ押さえておいてほしい文法の「ブロック付きメソッド」を説明する。

[09:00 12/19]

2007年12月17日(月)

Java API、使ってますか? 第35回 公開されたJSR 308のEarly Draftを検証する

今回は11月8日から公開されている「JSR 308: Annotations on Java Types」のEarly Draftの詳細、新しいアノテーション利用方法について見ていきたい。Eary DraftではJSR 308によるアノテーションの適用として、新たにGenaricであるメソッドレシーバの型パラメータや静的メンバアクセスに対する適用が追加されている。

[17:57 12/17]

ついに登場! NetBeans 6.0 - その新機能を徹底解剖する

12月3日(米国時間)、オープンソースのJava統合開発環境NetBeans 6.0が正式にリリースされた。今回のリリースはJava EE 5への対応、Javaエディタの強化、Ruby/Ruby on Railsのサポート、JSF開発機能やUMLモデリング機能などこれまで拡張パックと呼ばれていた機能を標準で搭載するなど、実に見所が多い。本特集では新機能中心に、NetBeans 6.0の主なを機能をレビューする。

[16:48 12/17]

2007年12月11日(火)

いまからはじめるScript.aculo.us 第1回 概要と基本的な演出効果

Script.aculo.usは、Thomas Fuchs氏を中心とするチームにより開発されているJavaScriptライブラリだ。MITライセンスが採用されており、2005年から公開を始め、執筆時点では11月に公開されたバージョン1.8が最新版になる。本稿では同ライブラリの基本を6回にわたって紹介しよう。なお、Script.aculo.usを扱ううえでの必須知識となるPrototype.jsの使用法については、連載『いまからはじめるPrototype.js』で解説しているので、そちらもご覧いただきたい。

[09:00 12/11]

2007年12月10日(月)

"Java SE 6 Update N" 最新版登場、バグ修正でリリースへ注力か

Sun Microsystemsは2007年12月上旬(米国時間)、「Java SE 6 Update N」の最新開発版となる「Java SE 6 Update N Early Access build 08」を公開した。Java SE 6 Update Nはもともと「Consumer JREプロジェクト」として知られていたプロジェクト。

[23:27 12/10]

Java API、使ってますか? 第34回 スクリプト言語とJavaを結びつけるJSR 223

現在、Javaプラットフォームではスクリプト言語のサポートが急速に進められている。同時に、Java VM上で動作するさまざまなスクリプト言語の実装が登場しており、JavaプラットフォームはすでにJava言語という枠を飛び越え、マルチ言語環境に進化しようとしている。今回取り上げるのは、そのようなさまざまなスクリプト言語とJavaを結びつける役割を果たす「JSR 223: Scripting for the Java Platform」だ。

[14:25 12/10]

2007年12月06日(木)

イマドキのIDE事情 第20回 無償で利用可能な.NET統合開発環境

今回は無償の.NET統合開発環境を2つほど取り上げたい。NET Framework上で動作するアプリケーションの開発ではVisual Studioを利用するのが一般的だ。だが、Visual Studioは有償の製品であるため、趣味でちょっと試してみたいというプログラマには大きな障壁となっていた。そんな状況を打破してくれそうな力強い味方が今回紹介するIDEだ。

[18:13 12/6]

2007年12月05日(水)

Leopardのアニメーションを簡単実装! Core Animationを使いこなす

Core Animationの利点は、なんといっても手軽さにある。一般にアニメーションのプログラミングは、ちょっと考えただけでも、絶望的に複雑だ。タイムラインの管理、非同期的な描画、アニメーション中のキャンセルやパスの変更、複数アニメーションの連携、スレッドの管理とパフォーマンスの向上など、考慮しなくてはいけない事柄が、あまりに多すぎる。Core Animationを使えば、これらを非常に簡単なプログラミングで済ませられるのだ。

[09:00 12/5]

2007年12月04日(火)

Webデザイナ向けHTML5プレビュー、"A Preview of HTML 5"登場

4日(米国時間)、Lachlan Hunt氏がA List Apartに"A Preview of HTML 5"と題したHTML 5のプレビュー記事を公開した。Lachlan Hunt氏が公開したドキュメントはHTML5の特徴をとらえたもの。特にWebデザイナに向けられたもので、内容もよくまとまっていてわかりやすい。HTML5に興味があるWebデザイナには一読をお薦めしたいドキュメントだ。

[20:19 12/4]

JavaでRIAを開発するテクニックを紹介 - Webサービスをデスクトップへ

RIAが注目されるまでWebアプリケーションの台座はWebブラウザでありつづけたが、RIAに注目が移ったことでデスクトップアプリケーションがその座を狙いはじめている。David Herron氏はRIA開発におけるJavaのポジションについて3日(米国時間)、自身のブログにおいて言及。JavaはRIA開発に対応する能力を持っているとし、引き合いとしてNazmul Idris氏の公開しているドキュメントを紹介した。

[18:08 12/4]

Webデベロッパ必見! Ext 2.0がついに正式リリース

Ext JS, The Ext teamは4日(米国時間)、次期最新版となる「Ext 2.0」を公開した。ExtはJavaScriptで開発されたWebアプリケーションフレームワーク。2.0ではパフォーマンスが大幅に向上しているほか、設置がより簡単になり、柔軟性やUI機能が向上している。Webデベロッパ必見の注目リリースだ。

[17:21 12/4]

Linux用デスクトップ検索ツール「Beagle」の最新版が公開

Linux用デスクトップ検索ツール「Beagle」の最新版が公開された。日付を利用したファイル検索やネットワーク経由での検索など、多くの新機能が追加されている。

[14:59 12/4]

いまからはじめるPrototype.js 第1回 Prototype.jsの概要と$で始まるメソッド

Prototype.jsは、Sam Stephenson氏を中心とするチームによって開発されているAjax対応JavaScriptライブラリだ。単体でもAjaxian.comの2006年と2007年の調査で最もよく知られたAjaxフレームワークに選ばれるほどの人気を得ているが、実はWebアプリケーション・フレームワークRuby on Railsのプロジェクトで開発されているプロダクトで、同フレームワーク経由で使用されるケースも多い。これから6回にわたって、このPrototype.jsを使うにあたって基本となることを紹介していく。本稿が読者のAjaxアプリケーションの構築に役立てば幸いである。

[09:00 12/4]

DJB作のMTA「qmail」がパブリックドメインに

堅牢なセキュリティで知られるMTA「qmail」がパブリックドメイン化された。今後はLinuxなど多くのPC-UNIXディストリビューションに収録されることが予想される。

[02:30 12/4]

NetBeans IDE 6.0登場 - Ruby on Rails/JRubyの開発に対応

NetBeans.orgは3日(米国時間)、NetBeans IDEの最新版となる「NetBeans IDE 6.0」の公開をはじめた。NetBeans IDEはJavaで開発された統合開発環境。これまではJava専用の統合開発環境という色が強かったが、6.0からJava以外の言語もサポートするようになった。RubやJRuby、JavaScriptをはじめC/C++などの言語がサポートされている。

[00:03 12/4]

2007年12月03日(月)

FreeBSD 7.0のリリースは2008年1月14日へ

β版が公開された段階で次期メジャーリリースとなるFreeBSD 7.0リリースは12日が予定されていたが、更新されたリリーススケジュールによると12日はFreeBSD 7.0 RC1のビルド開始日程となり、正式リリースは2008年1月14日へと延長された。年を越えてからのリリースになりそうだ。

[22:55 12/3]

Glassfish v2もOS X Java 6で動作

FreeBSD Java 6をOS Xへ移植したSoyLatte(Java 6 Port for Mac OS X 10.4 and 10.5 Intel)が登場してから、既存のJavaアプリケーションをSoyLatteで動作させたといったアナウンスや報告が随時おこなわれている。11月29日(米国時間)にはRoberto Chinnici氏のブログにおいてMac OS X TigerのSoyLatteでGlassFish v2が動作したことが報告されている。

[22:52 12/3]

ASP.NET AJAX Control Toolkit、VS 2008向けアップデート登場

Microsoft Developer Division, General Manager, Scott Guthrie氏は1日(米国時間)、自身のブログにおいてVisual Studio 2008および.NET 3.5向けに「ASP.NET AJAX Control Toolkit」および「Visual Studio Web Deployment Project Packager」のアップデートを公開したことを紹介している。

[22:51 12/3]

KDE 4.0のリリースが2008年1月に延期

統合デスクトップ環境KDEの次バージョン「KDE 4.0」のリリースが、当初計画より1ヶ月遅れの2008年1月に延期される。

[20:46 12/3]

RHEL互換ディストロの最新版「CentOS 5.1」がリリース

Red Hat Enterprise Linux 5.1互換の「CentOS 5.1」がリリースされた。対応プラットフォームはx86およびx86_64、全パッケージを収録した通常版と直接ブート可能なLive-CD版が用意される。

[19:07 12/3]

Java API、使ってますか? 第33回 Java EE環境に統一されたコンポーネントモデルを提供するJSR 299 その2

前回は「JSR 299: Web Beans」についてEarly Draftを元にその概要を紹介した。今回は同仕様の肝であるWeb Beanコンポーネントを構成する各要素について細かく見ていこうと思う。ソースコード例はEarly Draftより部分的に引用している。

[16:30 12/3]

コンセプト指向プログラミング、インフォーマルな導入文書公開

Webアプリケーションやデスクトップアプリケーション開発に採用されているプログラミング言語の多くでオブジェクト指向が取り込まれている。オブジェクト指向には機能をクラスとしてまとめ部品化が容易であるということや、デザインパターンが適用しやすいといった利点があるわけだが、もうひとつ興味深いプログラミング方法にコンセプト指向プログラミングがある。

[16:19 12/3]

Ruby 1.9.0開発版、大幅な性能向上 - 12月末のリリースか

2007年12月末ごろにリリースされるとみられる次期Ruby 1.9.0は、現在の安定版1.8.6を大幅に上回る実行速度を実現したバージョンとして登場することになりそうだ。一方Javaで実装されたJRubyも開発版で大幅な実行速度向上を実現しており、Ruby実行環境は次期バージョンで高速プラットフォームとしてその存在を示すことになりそうだ。

[16:16 12/3]

2007年12月02日(日)

次期Ubuntu初のα版「Ubuntu 8.04 α1」がリリース

Ubuntuの次期バージョン「Hardy Heron」のα第1版がリリースされた。ウインドウシステムがX.Org 7.3にアップデートされたほか、Debian GNU/Linuxの開発成果も反映されている。

[14:30 12/2]

2007年11月30日(金)

JRuby、鬼車を取り込む

JRubyの主要開発者であるCharles Nutter氏は27日(米国時間)、JRuby trunkにJoniがマージされたことを発表した。JoniはJavaに移植された「鬼車」実装。鬼車はC言語で開発されている正規表現ライブラリだ。鬼車の機能を取り込んだJRubyはまたひとつ、正規表現の処理が重いというボトルネックを解消し、次期リリースへ近づいた。

[09:00 11/30]

Rails最終準備リリース公開、12月中にはRails 2.0の登場へ

Ruby on Railsの主要開発者であるDavid Heinemeier Hansson氏は29日(米国時間)、次期メジャーリリースへ向けた準備リリース"Rails 2.0: Release Candidate 2"を公開した。RC2ではバグ修正のほか調整やリリースへ向けたブラッシュアップが実施されている。リリース前の準備リリースはこれが最終になる見通しだ。早ければ2007年12月の上旬から中旬にかけてRails 2.0がリリースされることになりそうだ。

[01:32 11/30]

2007年11月29日(木)

コミュニティの93%がNetBeans 6.0に満足、正式リリース迫る

NetBeans.orgは28日(米国時間)、"NetBeans IDE 6.0 Community Acceptance Survey"を発表した。NetBeansコミュニティの93%が、現状のNetBeans 6.0が正式リリースに足るクオリティを実現したと考えているようだ。いくつかの問題を修正するためにさらに時間が必要になる可能性もあるが、NetBeans 6.0の正式なリリースは目前に迫ってきたとみてよさそうだ。

[19:28 11/29]

米Novell、リアルタイムOSの最新版「SUSE Linux Enterprise Real Time 10」

米Novellは11月27日 (現地時間)、エンタープライズ向けリアルタイムLinux OSの最新版「SUSE Linux Enterprise Real Time 10」を発表した。リアルタイム向けの最新のオープンソース技術を搭載した上で同社がエンタープライズ分野向けに強化し、従来版よりも低いレイテンシ、予測精度や信頼性の向上を実現した。

[14:36 11/29]

日本語版リリース直前! Visual Studio 2008が開発者にもたらすメリット

今月19日、米国にてVisual Studio 2008(以下、VS 2008)がRTM(Release To Manufacturing)を迎えた。国内でも年内のリリースを目指して最終的な開発が進められており、そう遠くない日に皆さんが手に入れられる状態になるのではないだろうか。本誌は、そのVS 2008の特徴と利用者にとってのメリットについて、マイクロソフト デベロッパー&プラットフォーム統括本部 デベロッパービジネス本部 デベロッパー製品部 Visual Studio マーケティンググループ シニアプロダクトマネージャの岩出智行氏と、同マネージャの近藤和彦氏に話を聞いた。

[09:00 11/29]

2007年11月28日(水)

FreeBSD JavaをLeopardへ移植、JRubyが優れたパフォーマンス結果

FreeBSD Java 6を移植するかたちでMac OS X Leopard / TigerへJava 6を移植する作業が進められている。最新版はデベロッパプレビュー2だ。Java 6 on OS Xを使って開発中のJRubyを動かすと驚くべき性能を発揮するという報告もある。LeopardではJava 6は導入されていないためJavaデベロッパを落胆させていたが、状況は大きく変わりはじめている。

[15:20 11/28]

2007年11月27日(火)

HTML 5設計の原理原則とは - "HTML Design Principle"公開される

HTML Design PrinciplesはHTML 5の策定に採用されている設計原理を説明したドキュメント。「互換性」「ユーティリティ」「相互接続性」「ユニバーサルアクセス」の4項目について仕様策定の原理原則がまとめられており、すべてが同ドキュメントの原則に従うわけではないだろうが、HTML5がどういったものになるか知る上でかなり興味深いものだ。関係者は一読しておきたい。

[15:55 11/27]

Java開発者のためのRuby / Ruby on Rails入門 第2回 困ったときに役立つ! Ruby学習に必須の3点セットを揃える

今回は、開発環境とRubyのソースコード、マニュアルの入手方法を説明する。本連載はJava開発者の皆さんをターゲットに置いており、できるだけJavaの場合と比較しながらRubyを紹介するというスタイルで解説を進めているが、(当然だが)JavaとRubyは全く別の言語であり、Rubyはさまざまな言語から長所を取り入れているため機能が豊富だ。したがって、Java側からの視点だけではとらえきれず、説明不足になることもあるかもしれない。今回用意する3点は、そのような場合に重宝するはずだ。ぜひ、本稿に倣って準備を進めてほしい。

[10:00 11/27]

2007年11月26日(月)

Java API、使ってますか? 第32回 Java EE環境に統一されたコンポーネントモデルを提供するJSR 299 その1

今回と次回の2回に渡り、JSR 299で標準化を目指しているWeb Beansを取り上げたい。もともとWeb BenasのコンポーネントモデルはJBoss Seamをもとにして考案されたものだ。JSR 299は現在Early Draftが公開されており、最終的にはJava EE 6に含まれる予定となっている。

[23:19 11/26]

2007年11月25日(日)

詳解! Dojo Toolkit 1.0 (基礎知識編) - 頻出APIと便利機能を一気におさえる

先日、フルスタックのJavaScriptフレームワークであるDojo Toolkitのバージョン1.0がついにリリースされた。Academic Free License v2.1とBSD Licenseのデュアルライセンスが採用され、使用するプロジェクトに合わせてどちらかを選べるようになっている。足かけ三年以上にわたり開発が行われた同フレームワークは、期待に違わず凄まじく多機能で、その全体像をつかむのも容易ではない。今回は、Dojo Toolkitに関する広範な、なるべく詳細な解説を行うため、二回に分けた特集を試みる。

[23:43 11/25]

2007年11月22日(木)

イマドキのIDE事情 第19回 Silverlightにも対応したSpket IDE

EclipseはJava IDEとして確固たる地位を築いているが、もともとはJavaに限らず、さまざまな開発ツールを統合するための基盤となることを目指して開発されたものだ。その思惑通り、近年、商用/無償を問わずEclipseをベースとしたいろいろなIDEが登場してきている。Spket IDEもEclipseをベースとしたIDEの1つで、AjaxやXUL、SilverlightなどRIA技術のサポートに力を入れている。

[19:41 11/22]

2007年11月19日(月)

Java API、使ってますか? 第31回 Javaの文法がそのまま使えるスクリプト言語"BeanShell"

今回はJSR 274で仕様の標準化が進められているBeanShellについて解説する。BeanShellはJavaVM上で動作するスクリプト言語で、文法がJavaのそれとほとんど同じという点が大きな特徴といえる。もちろん、動的な型付けに対応しているなど、スクリプト言語としての利点も兼ね揃えている。

[17:07 11/19]

2007年11月15日(木)

ダイナミックObjective-C 第96回 ガベージコレクション (1) - GCのためのAPI

今年の重要ニュース、いやここ数年でのObjective-Cでの最重要ニュースといえば、LeopardでのObjective-C 2.0の登場だろう。本連載でも、Objective-C 2.0を緊急的に取り上げていきたい。そこで、前回まで続いていたデザインパターンの話を一時中断して、Objective-C 2.0の解説をしていくことにしよう。Objective-C 2.0の特集記事の内容を踏まえた上で、さらに深くObjective-C 2.0に切り込んでいく。

[16:21 11/15]

Leopardで刷新されたMac OS X対応開発言語「Objective-C 2.0」の真価を探る

Mac OS Xを支えるものと言えばアプリケーションフレームワークCocoaであり、そのCocoaを支えるものと言えばプログラミング言語Objective-Cである。もはやCocoa専用言語の感もあるObjective-Cだが、登場から長い年月が経ち、いささか古くさく見えるのも確かだ。そこで、LeopardではObjective-Cのオーバーホールが行われ、Objective-C 2.0という名称とともにバージョンアップを遂げた。本稿では従来のObjective-CからObjective-C 2.0への移行を考察する、という視点で、この新言語を詳しく紹介しよう。

[11:36 11/15]

IEにFirebugの機能を提供する - "DebugBar"登場

Webアプリケーション開発に必須のツールといえばFirefoxとそのエクステンションFirebugだ。その機能は驚くべきものがあり、もはやFirebugなくてはWebアプリケーション開発はできないと考えるデベロッパやデザイナは少なくない。エクステンションが豊富に用意されているFirefoxだが、ほかのWebブラウザでも似たような機能を提供するものがある。ここでは先日新しいバージョンが公開されたDebugBarを紹介したい。

[09:53 11/15]

2007年11月13日(火)

Red Hat Enterprise Linux 5.1リリース、仮想化機能が大幅に強化

13日、レッドハットはRed Hat Enterprise Linuxの新バージョンである5.1のリリースを発表した。今回のバージョンアップにおけるもっとも重要な改善は、仮想化機能が大幅に強化されたこと。今後、エンタープライズシステムでの導入が進むと思われるIA64アーキテクチャ上での仮想化をサポートするのみならず、AMD-V(AMDのプロセッサに搭載された仮想化支援技術)での完全仮想化をサポートした。

[22:25 11/13]

2007年11月12日(月)

安定性の向上とセキュリティ修正、PHP 5.2系最新版登場

The PHP development teamは8日(米国時間)、PHP 5系の最新版となるPHP 5.2.5を公開した。5.2.5は安定性の向上に注力したリリース。以前のバージョンと比較して60をこえるバグが修正され、そのほかいくつかのセキュリティ関連の問題が修正されている。すべてのPHPユーザに対して強くアップグレードが薦められるバージョンだ。とくにセキュリティ関連の修正が実施されていることから迅速にアップデートした方がいいだろう。

[13:57 11/12]

2007年11月09日(金)

Firefox 4のJavaScriptは超速い! - John Resig氏、jQueryとTamarinを語る

Adobe MAX Japan 2007やユーザコミュニティなど、いくつかの講演を目的として来日したJohn Resig氏に、将来のFirefoxで搭載されるJavaScript実装やjQueryについて所見をいただいた。John Resig氏はMozillaでJavaScript Evangelistを務める人物。jQueryのメイン開発者でもある。業務ではMozillaでJavaScriptコミュニティとの調整役を務め、夜間や週末はjQueryの開発に没頭している。

[10:00 11/9]

来年2月には完全OSSのFlexをリリース! Flex OSS化戦略のキーマンHeintz氏

どのプラットフォームでも同じUIを保証し、滑らかな動作を保証するFlex。同技術は、Mozilla Public Licenseのもとでオープンソースソフトウェアとして公開することが発表されており、開発者の注目を集めている。本誌は、そのFlexのオープンソース化戦略のキーマン、米Adobe Systems、Flex Senior Product ManagerのSteven Heintz氏に話を聞く機会を得たので、ここではその模様をお伝えしよう。

[09:00 11/9]

2007年11月08日(木)

イマドキのIDE事情 第18回 オープンソースのFlash開発環境

Flash/Flexの開発にはAdobeの提供するFlash CS3やFlex Builderといった統合開発環境を利用するのが一般的だが、オープンソースのIDEもいくつか存在する。今回はFlash/Flexでの開発をサポートするオープンソースのIDEとしてFlashDevelop、ASDT、AIR GEARの3つを紹介する。

[16:32 11/8]

2007年11月07日(水)

Java開発者のためのRuby / Ruby on Rails入門 第1回 忙しいJava開発者のために

Java開発者の中にはRubyに興味を持っている方が少なくないのではないだろうか。もっとも、その多くは、日々の業務に追われ、新たな言語の学習に十分な時間がとれないという状況ではないかと推測する。そこで、本連載では、Rubyという言語、およびその言語の魅力を最大限に引き出しているフレームワークRuby on RailsについてJava開発者の皆さんが効率的に学習できるよう、JavaプラットフォームとRubyプラットフォームの特徴を比較しながら解説していこうと思う。

[11:00 11/7]

2007年11月06日(火)

USB対応も視野に - Flexエバンジェリストが語るFlex/AIRの現在と近未来

10月1日にβ第2版が公開されたAIRとFlex 3。先週開催されたAdobe MAXでも新機能の概要が紹介され、いよいよ正式リリースが近づいてきたという印象を受ける。本誌は、現在大きな注目を浴びる両テクノロジーの開発背景や目玉機能、将来像について米Adobe、Flex EvangelistのTed Patrick氏に話を聞いた。

[20:01 11/6]

EclipseでリッチAjaxアプリケーションを開発しよう - Rich Ajax Platform

Rich Ajax Platform(以下RAP)はEclipseでAjaxを活用したWebアプリケーションを開発するためのプラットフォームだ。RAPを用いることで、EclipseRCPライクなAjaxアプリケーションをEclipse上で開発することができる。本稿では開発環境のセットアップからアプリケーションの起動、RCPとの比較などを解説し、その使い勝手を検証してみた。

[13:25 11/6]

2007年11月05日(月)

Java API、使ってますか? 第30回 Javaアプリケーションにオブジェクトのキャッシュ機構を提供するJCache API

Javaアプリケーション開発時に、繰り返し利用されるオブジェクトをキャッシュすることでパフォーマンスを劇的に向上させられる場合がある。「JSR 107: JCACHE - Java Temporary Caching API」は、そのような目的のための標準的なキャッシュ機構を提供するAPIだ。

[14:42 11/5]

2007年11月04日(日)

Grails eXchange 2007 - Java開発向けのフレームワーク・ディストリビューション「Grails」

2007年10月17日~19日の3日間、Groovy/Grailsに関する初の国際カンファレンス「Grails eXchange 2007(以下、GeX2007)」が英国ロンドン市で開催された。本稿では、同カンファレンスのレポートと併せて、Java開発に新風を吹き込む開発技術「Grails」について紹介していきたい。

[10:00 11/4]

2007年11月02日(金)

mixiもOpenSocial賛同へ - SNSに広がるWeb APIの共通規格化

ミクシィは2日、1日にGoogleが発表したSNS情報参照の共通規格「OpenSocial」にmixiが賛同することを表明した。既報の通り、MySpace、Friendsterといった大手SNSのほか、OracleやSalesforce.com、Six ApartなどのソフトウェアベンダもOpenSocialへの参加を表明している。国内最大級のSNSであるmixiの参加表明により、今後、SNS間におけるWeb API統一への動きがいっそう加速化していきそうだ。

[21:35 11/2]

Adobe MAX Japan 2007 - 次期Flash、Thermo、SaaS型サービスなどをお披露目

1日、ついにAdobe MAXの日本初上陸が果たされた。Adobe MAXは、アドビ関連のクリエイティブ/開発者向け技術の総合カンファレンス。日本は、米シカゴ(9/30~10/3)、スペインのバルセロナ(10/15~10/18)に続く、本年度3カ国目のMAX開催地となる。

[20:51 11/2]

安定性が向上した「Firefox 2.0.0.9」がリリース

Mozilla Foundationは1日(米国時間)、WebブラウザFirefoxの最新版「Firefox 2.0.0.9」をリリースした。安定性向上が目的であり、新機能の追加やセキュリティの修正は行われていない。

[14:35 11/2]

GoogleとMySpace、SNS向け共通API「OpenSocial」の推進で協力

米Googleと米MySpaceは11月1日 (現地時間)、共同で「OepnSocial」を推進すると発表した。OpenSocialは"Web全体で動作するソーシャルアプリケーションの実現"を目指してGoogleが開発した共通APIセットであり、ソーシャルネットワーキングサービス (SNS)最大手のMySpaceの参加は、さらなるSNSやWebサービスの対応を促しそうだ。

[13:09 11/2]

Linux的なSolarisを目指す「OpenSolaris Developer Preview」が公開

Project Indianaは10月31日、ライブCDの形で配布されるOpenSolarisディストリビューション「OpenSolaris Developer Preview」を発表した。対象プラットフォームはIntel x86、CD-ROM×1枚のディスクイメージとして、同プロジェクトのWebサイト経由で配布される。

[11:20 11/2]

Guice vs Spring性能比較 - Guiceには及ばないがSpring 2.5はかなり健闘

JInspired, JXInsightプロダクトアーキテクトを務めるWilliam Louth氏は10月31日(米国時間)、「Benchmark Analysis: Guice vs Spring」の題目のもとフレームワークの性能評価結果を紹介している。JXInsightはパフォーマンステスト管理ソリューション。同氏は大規模分散システムにおける経験が深く、同分野でJavaを使うケースでのパフォーマンス関連で第一人者のひとりとされている。

[09:00 11/2]

GlassFish、日本語をふくむ7言語の対応サイトをローンチ

Sun Microsystemsは10月30日(米国時間)、GlassFish v2 Communityのサイトをほかの7言語に対応させたと発表した。対応した言語は日本語を含めて繁体字中国語、簡体字中国語、スペイン語、ドイツ語、韓国語、フランス語の7つ。翻訳の対象はトップページとそこからリンクされているいくつかのページ。日本語版についてはダウンロードページについても日本語化されている。

[09:00 11/2]

2007年11月01日(木)

Linux KVM、Windowsのエミュレーションを改善、2倍以上の高速化を実現か

IBM, Linux Technology Center, Anthony Liguori氏は10月29日(米国時間)、自身のブログにおいて、Avi Kivity氏の提出したLinux KVMの改善でWindows XPのインストール時間が少なくとも2倍は高速になったことを報告している。同氏は長らくXenなど仮想化に携わってきた人物のひとり。

[20:36 11/1]

ダイナミックObjective-C 第95回 デザインパターンをObjective-Cで - Memento (2)

今回は、CocoaでのMementoパターンということになるので、Cocoaのアンドゥ機構を紹介しよう。だが、先に言っておくが、これはGoF本でいうところのMementoでは、ない。

[19:41 11/1]

新しいモバイル体験の実現を支えるFlash Lite 3とAdobeのモバイル戦略

去る10月1日、米Adobe Systemsがモバイル機器向けのFlash Playerの新版である「Adobe Flash Lite 3」をリリースしたことは記憶に新しい。Flash Player 8をベースとして開発された同製品は、モバイル分野に新たなリッチ・コンテンツの波を呼び込むものとして期待されている。11月1日より2日間にわたって開催される「Adobe MAX Japan 2007」では、同製品も含めたAdobeの新技術に関する最新情報が発信される予定だ。

[00:04 11/1]

2007年10月31日(水)

開幕直前! Adobe Max Japanの見所をKevin Lynch氏が紹介

11月1日より2日間にわたり「Adobe MAX Japan 2007」が開催されるが、それに先立ってアドビシステムズは31日、米Adobe Systems プラットフォーム事業部担当 シニアバイスプレシデント兼チーフソフトウェアアーキテクトのKevin Lynch氏を招いて同社の新技術に関するプレス向け説明会を行った。 11月1日より2日間にわたり「Adobe MAX Japan 2007」が開催されるが、それに先立ってアドビシステムズは31日、米Adobe Systems プラットフォーム事業部担当 シニアバイスプレシデント兼チーフソフトウェアアーキテクトのKevin Lynch氏を招いて同社の新技術に関するプレス向け説明会を行った。

[23:50 10/31]

ターボリナックス、"Turbolinux 11 Server"を発表 - Zend Coreなどを搭載

ターボリナックスは31日、エントリーからミッドレンジ向けのLinuxサーバーOS「Turbolinux 11 Server」を発表した。価格は4万9,350円。11月29日より販売が開始される。

[23:29 10/31]

Curl、コンポーネントの一部をApache 2.0ライセンスで提供へ

Curlは30日(米国時間)、Curl Rich Internet Applicationプラットフォームのいくつかのコンポーネントをオープンソースコミュニティに提供していく計画を発表した。公開されるコンポーネントはApache License Version 2.0のもとで公開される見通し。さらに3つのプロジェクトを立ち上げ、オープンソース技術の支援を推進するとしている。

[20:01 10/31]

XForms 1.0 第3版、W3C勧告へ

W3Cは29日(フランス時間)、「XForms 1.0 (Third Edition)」をW3C Recommendationとして公開した。Third EditionではXFormsプロセッサの実装で明かになった点やSecond Editionに寄せられた訂正、実装者のフィードバックなどが反映されている。同規約に関係しているデベロッパはThird Editionへの対応を検討されたい。

[15:40 10/31]

Web 2.0統合開発環境、2年の開発を経てついに登場 - Aptana Studio 1.0

Aptanaは30日(米国時間)、Ajaxアプリケーション向けの統合開発環境Aptana Studioの最新版にして初のメジャーリリースとなる「Aptana Studio 1.0」を公開した。Aptana StudioはEclipse IDEをベースに開発されたJavaScript/HTML/CSS向け統合開発環境。iPhone、Adobe AIR、Ruby on Railsに対応するなど、Web 2.0時代のアプリケーション開発に特化したプロダクトだ。

[10:00 10/31]

次期KDEの最新ベータ版「KDE 4.0 β4」がリリース

KDEプロジェクトは30日、統合デスクトップ環境K Desktop Environment(KDE)の次期バージョン「KDE 4.0」のβ第4版を開発者向けに公開した。コンパイル済のバイナリパッケージは、SUSE LinuxベースのライブCD「KDE Four Live」を通じて提供される。

[09:02 10/31]

これぞPrismの真髄! 1対他のWeb⇔デスクトップ変換も - Prismが提案を公開

Alex Faaborg氏は29日(米国時間)、Prismのプロジェクトによせられた提案をまとめて自身のブログにて発表した。ブレインストーミングの段階であるためこのアイディアのすべてが実現されるわけではないが、FirefoxやPrismが実現するアプローチとしてどれも興味深い。Prismは24日(米国時間)にMozilla Labsで公表されたものだ。

[09:00 10/31]

2007年10月30日(火)

"Sun Java System Application Server 9.1マルチリンガル版"が無償提供開始

サン・マイクロシステムズは30日、「Sun Java System Application Server 9.1マルチリンガル版」の無償ダウンロード提供を開始した。開発目的、運用目的を問わず無償で利用できる。

[22:19 10/30]

開発版JRuby 1.1、Rubyと同程度の性能をRailsで達成か

JRuby core teamのメンバーであるSun Microsystems, Nick Sieger氏は25日(米国時間)、自身のブログにおいてJRubyとRubyの双方を使ったRailsベンチマーク結果を公開した。簡単なベンチマークだが、同氏の発表した結果からはJRubyが運用に耐えうるレベルの性能を実現しつつあることが見えてくる。

[21:49 10/30]

Mac OS X Leopardの開発環境

先週の金曜日に正式版が登場したLeopard。Appleも多くの新機能を喧伝しており、それらを試している方も多いだろう。この記事では、見方を変えて、開発者から見るとLeopardにはどのような機能が追加されているのか、紹介したいと思う。

[10:00 10/30]

iGoogleに株価情報をまとめて登録!! - Google Financeから新サービスとAPI登場

Googleは29日(米国時間)、株価情報サービス「Google Finance」を拡張し、iGoogleユーザおよびガジェット開発者に対して新しいサービスの提供をはじめた。これでiGoogleユーザは自身のパーソナライズドホームページにGoogle Financeチームが開発した株価情報タブを配置できるほか、Google Financeの情報を活用してガジェットを開発できるようになった。

[09:00 10/30]

2007年10月29日(月)

WebとPCの融合へむけて - 「Prism」プロジェクト誕生

Mozillaは24日(米国時間)、Mozilla Labsにおいて、デスクトップエクスペリエンスとWebアプリケーションをシームレスに統合する実験的取り組み「Prism」を発表した。現在のPCエクスペリエンスはWebアプリケーションの利用機会が増大しているにもかかわらず、デスクトップアプリケーションの優れた点を実現できていないとし、もっとシームレスにWebアプリケーションをデスクトップに融合していくことを目的としている。

[23:28 10/29]

これがYouTubeスタイル - Googleの技術を活用しさらなる成長を目指す

動画共有サービスを世に知らしめたのは米YouTubeといっても過言ではないだろう。設立後のしばらくの間は伸び悩んでいたものの、2005年12月から爆発的な勢いで成長。それから1年もしない2006年10月9日(米国時間)には米GoogleがYouTubeの買収に合意したという発表が行われ、トップ企業の傘下となった。今回、来日したYouTubeのEngineering ManagerであるSougou Marane氏および同社のSoftware EngineerであるMatt Rizzo氏から、Googleの傘下になった後のYouTubeのようすなどについて話を聞きいた。

[18:46 10/29]

Rubyの公式ロゴ決定!

Ruby Associationは10月29日、Ruby公式ロゴ選定コンテスト「Rubyロゴコンテスト」の結果を発表した。Rubyの公式ロゴにはTom Schaub氏の作品が採用された。これまでRubyではRuby Webサイトをリニューアルした際に作成されたブリリアントカットされた赤色のルビーのロゴが採用されてきたが、Ruby言語そのものを表すロゴとしては広く認知されていなかった。そこでRuby Associationはプログラミング言語Rubyの公式ロゴを募集。9月いっぱい募集をかけ、今回の発表となった。

[18:25 10/29]

Java API、使ってますか? 第29回 Javaアプリケーションからのリソース管理を可能にするJSR 284

「JSR 284: Resource Consumption Management API」は、Javaアプリケーションにおいてさまざまなリソース管理のために必要となる機能を提供するAPIだ。たとえばCPU時間やヒープメモリ、ディスクスペース、ネットワークリソース、JDBCコネクション、トランザクションレートなどのリソースに対して、使用状況の監視や制限、通知などといった管理機能を提供する。今回は"Proposed Final Draft"を元にRCM-APIの機能を紹介したい。

[15:18 10/29]

開発者の文書作成を助ける「Doxygen」がアップデート - Fortran 90に対応 -

Doxygen開発チームは27日、開発者向け技術文書自動生成システムの最新版「Doxygen 1.5.4」をリリースした。今回のリリースでは、新たにFortran言語用のスキャナプラグインを追加。Fortran 90の文法の大部分を解釈できるようになった。

[11:32 10/29]

JavaScriptの記述が不要! Java開発者向け本格的AjaxフレームワークICEfaces

ICEfacesとは、カナダのICEsoft Technologiesにより開発された、Ajaxに対応したJSFベースのWebアプリケーションフレームワークである。MPL(Mozilla Public License)の下に公開されているオープンソースのプロダクトであり、ICEfacesのWebサイトからダウンロードできる(本稿執筆時の最新バージョンは1.6.1)。

[10:00 10/29]

2007年10月26日(金)

ダイナミックObjective-C 第94回 デザインパターンをObjective-Cで - Memento (1)

今回はMementoパターンを取り上げよう。「memento」とは遺品、記念物といった意味になる。オブジェクトの状態を記念としてとっておくためのパターンだ。

[17:51 10/26]

イマドキのIDE事情 第17回 軽量Java IDE "JCreator"を試してみる

Java開発ではEclipseやNetBeansといったIDEを利用することが一般的となって久しい。現在ではもはやIDEなしでの開発は考えられないというユーザも多いのではないだろうか。しかしEclipseやNetBeansといったIDEは高機能な反面、PCに要求されるスペックもそれなりに高い。今回紹介する"JCreator"はオランダのXinox Softwareが提供しているWindows用の軽量Java IDEだ。

[15:55 10/26]

2007年10月25日(木)

BOOK REVIEW - Java上で複数のスクリプト言語が融合する世界を体験

網羅的、そして丁寧に書かれている本である。少ないページ数で多数のスクリプティング言語をカバーしようとしているので概要的な内容になってはいるが、Java言語と連携して動かすスクリプト言語をこれから学ぼうという読者には十分であろう。本書はJavaプログラマに向けて、JavaVM上でスクリプティングを試してみよう、まずはスクリプティングの世界が今どうなっているかを見てみようというメッセージを送っている。

[20:26 10/25]

jQueryの書籍が12月に出版予定 - 今なら30%のディスカウントあり

JavaScriptで開発された軽量なAjaxフレームワークであるjQuery。同開発チームによって最新の「[jQuery 1.2](http://journal.mycom.co.jp/news/2007/09/13/016/)」および「[jQuery UI](http://journal.mycom.co.jp/news/2007/09/19/019/)」を解説した世界初の書籍「jQuery in Action」の執筆が進められている。

[13:13 10/25]

2007年10月23日(火)

Google Data API第2段リリース - 今度はBloggerに対応

The Google Data APIs Teamは19日(米国時間)、JavaScriptレベルでBloggerのデータを操作するためのクライアントライブラリ「The Blogger GData JS Client library」を発表した。同ライブラリを使うことでJavaScriptからの操作のみでブログポストの読み書きが可能になる。プライベートデータへの認証アクセス機能(読み込み、書き込みの双方に対応)もサポートされるなど、フルサポートのクライアントライブラリだ。

[13:58 10/23]

2007年10月22日(月)

Java API、使ってますか? 第28回 XMLデータソースへの問い合わせはJSR 225で

リレーショナルデータベースをデータソースとする場合、その問い合わせ言語としては一般的にSQLが使用される。Javaでは、SQLを利用するための標準的なAPIとしてJDBCが用意されている。今回紹介するJSR 225は、SQLにおけるJDBCの位置づけを、XQueryに対して実現するための仕様と言える。

[12:56 10/22]

EclipseベースのRails開発環境"CodeGear 3rdRail"を使ってみる

3rdRailはCodeGearが開発した、EclipseベースのRuby on Rails用の商用統合開発環境(IDE)だ。Railsは国産のスクリプト言語Ruby上に構築されたWebアプリケーションフレームワークで、その生産性の高さから近年大きな注目を集めている。本稿ではこの3rdRailを実際にインストールし、アプリケーション作成/実行までのプロセスを解説する。

[09:00 10/22]

2007年10月18日(木)

Ubuntu 7.10が正式リリース

英Canonicalは18日、Linuxディストリビューション「Ubuntu 7.10」(コード名Gutsy Gibbon)を正式にリリースした。デスクトップ環境にKDEを採用するKubuntu、教育機関向けのEdubuntuというパッケージ構成の異なる姉妹ディストリビューションも、同時にリリースされる。

[22:42 10/18]

ダイナミックObjective-C 第93回 デザインパターンをObjective-Cで - Chain of Responsibility (5)

今日、この原稿を書こうとしている正にそのとき、Appleがサードパーティ向けiPhone SDKを提供するというニュースが飛び込んできた。

[18:23 10/18]

イマドキのIDE事情 第16回 Java製高機能テキストエディタ"jEdit"を使ってみよう

本連載ではソフトウェア開発で使用するIDEについてのトピックを紹介しているが、専用のIDEには及ばないものの、テキストエディタの中にはさまざまなプログラミング向けの機能を備えているものが多い。Emacsはプログラミング向けテキストエディタの代表格といえるが、今回はJavaで作成された高機能テキストエディタjEditを紹介したい。

[15:42 10/18]

2007年10月15日(月)

Java API、使ってますか? 第27回 Portlet Specification 2.0をもっと手軽に利用する

今回は、Sunからリリースされたばかりの「Java Application Platform SDK Update 3 Beta」と、NetBeansの開発向けプラグイン「Portal Pack 2.0 Beta for NetBeans 6.0 Beta 1」を用いて、次期Javaポートレット仕様となる「JSR 286: Portlet Specification 2.0」の新機能を試してみたい。

[17:34 10/15]

2007年10月11日(木)

ダイナミックObjective-C 第92回 デザインパターンをObjective-Cで - Chain of Responsibility (4)

前回は、Cocoaでメニューなどのアクションを処理するためにResponder Chainが使われている事を説明した。今回は、そのチェーンがどのようにたぐられていくのかを説明しよう。GoF本で取り上げられているchain of responsibilityパターンとは、少し異なるものとなる。

[16:46 10/11]

2007年10月05日(金)

Linuxディストリビューション「openSUSE 10.3」がリリース

Novellは4日(米国時間)、Linuxディストリビューション「openSUSE 10.3」の正式リリースを発表した。今回のリリースでは、バージョン2.6.22のLinuxカーネルを採用。デスクトップ環境には、KDE 4の一部コンポーネントを取り込んだKDE 3.5.7と、SUSE独自のカスタマイズを加えたGnome 2.20を用意する。

[19:30 10/5]

2007年10月04日(木)

FreeBSD、OpenSSLモジュールのバッファオーバーフローを修正

The FreeBSD Projectのthe FreeBSD Security Officer and the Security Officer Teamは3日(協定世界時)、1件のFreeBSD Security Advisoryを報告した。これは2006年9月28日(協定世界時)に公開されたSAにさらに修正を加えるものである。サーバを運用している場合には、迅速に対応してほしい。

[22:53 10/4]

BOOK REVIEW - お行儀良いプログラミング本に飽きたプログラマへの"挑戦書"

本書の書名『Short Coding』からは、無駄を省いた、見通しの良いプログラミングについて解説した本を予想した。しかし、その予想は完全にはずれた。本書は、短い簡潔なアルゴリズムによって、効率の良いプログラミングを行う本ではない。ソースをなるべく短くして、バグの発生を未然に防ごうという本でもない。ただひたすら、C言語のソースコードの文字数を減らすことだけを目的にした本である。

[18:51 10/4]

2007年10月03日(水)

実践サンプルで学ぶStruts 2 - 生まれ変わった定番フレームワークを徹底解説

今回紹介するStruts 2は皆さんがご存知のStrutsとは似て非なるものです。Struts 2は、Struts 1のメジャー・バージョンアップ・プロダクトとして開発されましたが、そのベースは、WebWork2と呼ばれていたStruts 1とはまったく別のWebアプリケーションフレームワークです。すなわち、Struts 1とは異なるアーキテクチャとAPI、機能を提供する別のWebアプリケーションフレームワークと言えます。

[10:00 10/3]

MySQL操作用PHPスクリプトを自動生成する"PHP Generator for MySQL 7.10"

SQL Maestro Groupは1日(米国時間)、PHP Generator for MySQLの最新版となる「PHP Generator for MySQL 7.10」を公開した。PHP Generator for MySQLはテーブルの選択、ビュー、そのほかさまざまな操作用クエリを実行するMySQL用PHPスクリプトを生成するGUIフロントエンドアプリケーション。

[08:00 10/3]

2007年10月02日(火)

次期Java SE 6 Deployment Toolkit機能のガイドラインが早くも登場

既報のとおり、クライアントユーザエクスペリエンスを向上させる機能を盛り込んだ最新の開発版「Java SE 6 Update N Early Access build 04」が公開されたわけだが、1日(米国時間)、新しく導入された「Deployment Toolkit機能」を活用するためのガイドラインがさっそく公開された。

[22:53 10/2]

Adobe MAX 2007 North America - Adobe Media Playerの実力を探る

10月1日からシカゴで始まったAdobe MAX 2007 North America。AIR 1.0 Beta2やFlex 3 Beta2などの重要リリースが目白押しで、カンファレンスは盛り上がりを見せている。そんな中、筆者は1.0 プレリリース版が発表になったAdobe Media Playerに焦点を絞ったセッションに参加した。今回はそのセッションで得た最新情報も含めて、Adobe Media Playerのレポートをお届けしようと思う。

[22:14 10/2]

Adobe MAX 2007 North America - 米Adobe モバイル&デバイス責任者が語る、Flash Lite 3の魅力

米Adobe Systemsは1日、モバイル機器向けFlash Playerの新版「Flash Lite 3」をリリースしたことを発表した。ここでは、Adobe MAX 2007 North Americaにおいて行われた米Adobe Systems モバイル&デバイスソリューション部 プロダクトマネジメント&マーケティング担当 バイスプレジデント Gary Kovacs氏による説明を基に概要を報告しよう。

[19:32 10/2]

"Java SE 6 Update N"最新成果物登場 - 次期Java SE 6はフル改善

9月29日(米国時間)、「Java SE 6 Update N」の最新開発版となる「Java SE 6 Update N Early Access build 04」が公開された。Windows版(i386、AMD64)、Solaris版(SPARC、x86、AMD64)、Linux版(i386、AMD64)が用意されている。

[18:56 10/2]

マルチコアに最適化された最強!?の開発環境「Sun Studio 12」登場

サン・マイクロシステムズは2日、NetBeansをベースにして開発された統合開発環境「Sun Studio 12」のマルチリンガル版の無償提供を開始した。Sun Studio 12はSolaris 9および10、Red Hat Enterprise Linux 4で動作する。C、C++、Fortranを使った開発を支援し、Javaとネイティブコードが混在したコードも対処可能。プロダクトは無償で提供されるが、別途有償のサポートサービスに加入することもできる。

[16:47 10/2]

Java API、使ってますか? 第26回 次期Javaポートレット仕様となるJSR 286

今回は、Javaポートレットの後継バージョンである「JSR 286: Portlet Specification 2.0」について解説する。2.0ではポートレット間でイベントの送受信が可能になったり、他のポートレットとレンダーパラメータを共有できるなど、いくつかの機能追加が行われている。

[16:36 10/2]

3Dウインドウマネージャの最新版「Compiz 0.6.0」がリリース

Compiz.orgは1日(米国時間)、OpenGLの技術を活用した3Dウインドウマネージャの最新版「Compiz 0.6.0」をリリースした。2日時点では各種UNIX系OSに対応するソースコードのみ公開されているが、OSディストリビュータから順次バイナリパッケージの提供が開始される見込み。

[12:09 10/2]

次期Railsの開発プレビュー版"Ruby on Rails 2.0: Preview Release"登場

Ruby on Railsの主要開発者であるDavid Heinemeier Hansson氏は9月30日(米国時間)、Ruby on Railsの最新開発版となる「Ruby on Rails 2.0: Preview Release」を公開した。Ruby on Rails(以降、Rails)はRubyで作成されたフルスタックのWebアプリケーションフレームワーク。The MIT Licenseのもとで公開されているオープンソースソフトウェアで、アジャイルなWebアプリケーション開発を実現するツールとして高い人気を誇る。

[08:00 10/2]

画像のHTTPリクエストをCSSを使って軽減する"CSS Sprite Generator"

Ed Eliot氏およびStuart Colville氏は9月28日(ドイツ時間)、Webページにおける画像の読み込みオーバーロードを軽減するためのおもしろい取り組みをWebサービス「CSS Sprite Generator」として公開した。ページを読み込む場合、画像を要求するHTTPリクエストが発行されるわけだが、「CSS Sprite Generator」はその要求数を低減させようとするものだ。

[08:00 10/2]

2007年10月01日(月)

JRuby、Ruby 1.8に完全に対応したRuby-Javaコンパイラを開発

JRubyの主要開発者であるCharles Nutter氏は9月27日(米国時間)、Ruby 1.8に完全に対応したRuby-Javaコンパイラを開発したことを発表した。

[23:09 10/1]

Apple Store、主要JavaScriptライブラリにDojoを選択

Appleは9月26日(米国時間)、同社のオンラインストアであるApple Storeをリバンプさせたが、新しくなったApple StoreではメインのJavaScriptライブラリとしてDojo Toolkitが採用されたようだ

[20:21 10/1]

初のパブリックリリースにしてすでに高い完成度を誇る"Ext 2.0 Alpha"

Ext JS, The Ext teamは9月28日(米国時間)、開発版Extの最新版となる「Ext 2.0 Alpha」を公開した。ExtはJavaScriptで開発されたWebアプリケーションフレームワーク。ほかのフレームワークに依存せずにスタンドアロンで提供されているフレームワークで、さらに軽量で高い拡張を保持しつつも、デスクトップエクスペリエンスとかなり近い動作を実現しているという特徴がある。優れたディテールを実現したUIとその滑らかな動作が興味深いプロダクトだ。

[18:59 10/1]

最適化ツール最新版"ProGuard 4.0"登場 - Java 6への検証機能導入

Eric Lafortune氏は27日(米国時間)、ProGuardの最新版となる「ProGuard 4.0」を公開した。ProGuardはJavaで開発されたクラスファイル最適化ツール。クラスファイルに対して縮小化、最適化、難読化、事前検証などを実施する。プロダクトはGNU GENERAL PUBLIC LICENSE Version 2のもとで公開されている。

[15:47 10/1]

いよいよ開幕、Adobe MAX 2007 North America

10月1日(米国時間)、イリノイ州シカゴのMcCormick Placeにおいて、米Adobe Systemsが主催するテクニカルカンファレンス「Adobe MAX 2007 North America」がいよいよ開催する。

[14:34 10/1]

2007年09月28日(金)

Webアプリケーションとデスクトップの融合を目指す - WebRunner 0.7登場

Mark Finkle氏は25日(米国時間)、WebRunnerの最新版となる「WebRunner 0.7」を発表した。WebRunnerはXULRunnerをベースにして開発された、Webアプリケーションの用途に特化したWebブラウザ。特定のサイトに特化したWebブラウザであるため、Site Specific Browser (SSB)と呼ばれる。

[20:19 9/28]

シリアライズにワイルドカード機能を - Flexjson 1.5登場

Charlie Hubbard氏は26日(米国時間)、Flexjsonの最新版となる「Flexjson 1.5」を公開した。FlexjsonはJavaで開発された軽量なJSON(JavaScript Object Notation)ライブラリ。Apache License Version 2.0のもとでオープンソースソフトウェアとして公開されており、APIもシンプルで扱いやすい。Flexjsonを活用することでJavaオブジェクトをJSONデータとしてシリアライズできる。ディープコピーをシリアライズするのか、シャローコピーをシリアライズするのかを制御できるという特徴もある。

[19:30 9/28]

「Gutsy Gibbon」 - Ubuntu 7.10 β版が公開

Ubuntu開発チームは27日(英国時間)、コード名"Gutsy Gibbon"で知られるLinux OSの最新版「Ubuntu 7.10」のβ版を公開した。今回のリリースでは、バージョン2.6.22のLinuxカーネルを採用。9月19日にリリースされたGnome 2.20のほか、ウインドウマネージャには3Dの外観を備えるCompiz Fusionを収録するなど、デスクトップ環境が刷新されている。

[14:28 9/28]

2007年09月27日(木)

Google、iPhone向けのデモアプリケーション"GWT Feed Reader"を発表

Googleは26日(米国時間)、iPhoneにおいて動作するRSSフィードリーダ"GWT Feed Reader"を開発したことを発表した。GWT Feed Readerは、GWT(Google Web Toolkit)を使って開発されたRSSフィードリーダアプリケーション。iPhone向けアプリケーションの開発においてもGWTが有効であることを示すために作られたもので、PC上のWebブラウザにおいても動作するという特徴がある。

[18:20 9/27]

qooxdoo 0.7.2/0.7.1、IEメモリリークを修正 - ユーザは手動アップデートを

The qooxdoo projectは、qooxdoo安定版の最新版「qooxdoo 0.7.2」およびひとつ前のバージョンとなるqooxdoo 0.7.1においてメモリリークの問題があったとして同バージョンを使っているすべてのユーザに対してファイルのアップデートを薦めている。qooxdooはJavaScriptで開発されたAjaxフレームワーク。GNU LESSER GENERAL PUBLIC LICENSE Version 2.1およびEclipse Public License - v1.0のデュアルライセンスのもとでオープンソースソフトウェアとして公開されている。

[17:04 9/27]

2年の開発を経てついにリリース!! - Javaで開発するAjaxアプリ"jMaki 1.0"

The jMaki teamは25日(米国時間)、jMakiの最新版にして初の1系安定版となる「jMaki 1.0」を公開した。jMakiはJavaで開発されたAjaxアプリケーションフレームワーク。JavaやPHPを使ってJavaScriptベースのAjaxアプリケーションを開発する。Javaを使う場合はJavaScriptに対応したカスタムJSPタグを記述することでAjaxアプリケーションが動作する。

[16:51 9/27]

イマドキのIDE事情 第15回 EclipseのGUIアプリケーション開発事情

Eclipseは、ことGUIアプリケーション開発に関してはライバル関係にあるNetBeansに大きく遅れを取っている。EclipseではGUIアプリケーションの開発を行うには、別途、Visual Editorというプラグインをインストールする必要があるのだが、これがお世辞にも使いやすいとは言い難い。しかし、EclipseにはVisual Editor以外にもいくつかのGUIアプリケーション開発用のプラグインが存在する。今回はその中からJigloo GUI BuilderとWindowBuilderを紹介したい。

[16:17 9/27]

2007年09月26日(水)

Webブラウザへ数式を! - CSS 3向けMathML 3.0サブセットのドラフト公開

W3C, The Math Working Groupは24日(フランス時間)、「A MathML for CSS profile」の更新版をWorking Draftとして公開した。MathML 2.0は2001年2月21日(フランス時間)にW3C Recommendationとして公開された、数式を記述するための仕様。2003年10月21日(フランス時間)にはセカンドエディションがW3C Recommendationとして公開されている。最新版は2007年4月27日(フランス時間)にWorking Draftとして公開されたMathML 3.0だ。

[13:00 9/26]

Hibernateに全文検索のパワーを! - Hibernate Search 3.0登場

Red Hat, JBossは23日(米国時間)、Hibernate Searchの最新版となる「Hibernate Search 3.0.0 GA」を公開した。動作にはJDK 5.0/Hibernate Core 3.2が必要。Hibernate SearchはJavaで開発されたフルテキスト検索エンジン。Hibernateのパーシステントドメインモデルに対して全文検索機能を提供する。同機能はHibernate Annotationsや通常のAPIを経由して活用可能。

[11:00 9/26]

Ruby標準ライブラリをコンパイルして同梱 - XRuby 0.3.1リリース

24日(米国時間)、XRubyの最新版となる「XRuby 0.3.1」が公開された。XRubyはJavaおよびRubyを使って開発されたRubyコンパイラ。RubyのソースコードをコンパイルしてJavaバイトコードを生成する。プロダクトはGNU GENERAL PUBLIC LICENSE Version 2のもとで公開されている。

[08:00 9/26]

2007年09月25日(火)

ダイナミックObjective-C 第91回 デザインパターンをObjective-Cで - Chain of Responsibility (3)

Cocoaの提供するResponder Chainについて、もっと詳しく踏み込んでみよう。まず今回は、ターゲット・アクションのためのResponder Chainについて紹介する。

[20:19 9/25]

2007年09月21日(金)

Google Calendar用のライブラリが発表 - JavaScriptレベルでデータを操作

The Google Data APIs Teamは19日(米国時間)、JavaScriptレベルでGoogle Calendarのデータを操作するためのクライアントライブラリ「GData JavaScript Client Library for Calendar」を発表した。このライブラリはThe Google Data APIs Teamにとって2つの点で記念すべきリリースとなる。

[23:08 9/21]

GlassFishブログサイト"The Aquarium" - 日本語翻訳を再開

Java EE WebアプリケーションサーバGlassFishの情報提供を目的としたブログサイトに「The Aquarium」があるわけだが、20日(米国時間)のエントリで日本語翻訳が再開されたことが発表された。

[21:57 9/21]

2007年09月13日(木)

イマドキのIDE事情 第14回 進化するMylyn - Mylyn 2.0の新機能

2007年7月、Eclipse 3.3(Europa)がリリースされた。Europaでは用途に応じて5種類のパッケージが提供されるようになった。Java開発者向けにはfor Java Developers、for JavaEE Developersの2種類のパッケージが用意されている。また、以前本誌でも取り上げたMylyn(旧名Mylar)も2.0にバージョンアップし、これらのパッケージにデフォルトで組み込まれている。本稿ではMylyn 2.0の新機能を中心にレポートをお届けする。

[09:00 9/13]

2007年09月10日(月)

Java API、使ってますか? 第25回 JSFとポートレットをつなげるJSR 301

JSR 301は、JSFとポートレットを統合して、JSFアプリケーションを単体のポートレットとして動作させられるようにするブリッジ仕様である。これによって、JSFという高い実績を持つフレームワークによって作成されたアプリケーションが、ポータルアプリケーションの中で自由に利用できるようになる。JSFは広く使われている上にそれをサポートする技術も多く存在しており、これをポートレットとして利用できるメリットは大きい。JSR 301は現行のポートレット仕様であるJSR 168をターゲットとしているが、次期仕様であるJSR 286もサポートされる予定である。本稿執筆時点では、ちょうどEarly Draft Review 2が行われている最中だ。

[16:07 9/10]

2007年09月06日(木)

ダイナミックObjective-C 第90回 デザインパターンをObjective-Cで - Chain of Responsibility (2)

Chain of Responsibilityパターンの2回目。今回からは、Cocoaにおけるこのパターンの使い方を見てみよう。Cocoaでは、Chain of Responsibilityパターンに相当する機能は、Responder Chainと呼ばれている。名前が似ていて混乱しそうなので、気をつけてほしい。Responder Chainとした場合は、Cocoaの実装の解説になる。

[21:29 9/6]

2007年09月03日(月)

"Semantic Annotations for WSDL and XML Schema"、W3C勧告としてリリース

W3Cは28日(フランス時間)、「Semantic Annotations for WSDL and XML Schema」をW3C Recommendationとして公開した。Semantic Annotations for WSDL and XML Schemaはメッセージの入出力構造、インタフェース、オペレーションなどを規定するWSDLのさまざまなポイントに対してセマンティックアノテーションを定義する規約。

[16:00 9/3]

要注目! Spring Web Flow 2.0 M1登場 - 2.0はAjaxへの対応が主軸に

The Spring Web Flow Projectは8月28日(米国時間)、Spring Web Flowの次期バージョンの最初のマイルストーンリリース「Spring Web Flow 2.0 M1」を公開した。Spring Web FlowはSpring FrameworkのWebスタックコンポーネント。画面遷移などのフローに注力したWebアプリケーション開発フレームワーク/コンポーネントであり、MVCモデルのアプリケーションにおけるコントローラの開発を容易にする。

[15:31 9/3]

PHP 5.2.4登場 - 5系ユーザはアップグレードを、4系ユーザは移行検討を

The PHP development teamは1日(米国時間)、PHP 5系の最新版となるPHP 5.2.4を公開した。5.2.4は安定性の向上に注力して改善が実施されたバージョン。120を越える種々のバグが修正されているほか、いくつか危険度の低いセキュリティ問題も修正されている。

[15:15 9/3]

Apache ODE 1.1登場 - トッププロジェクト昇格後初のリリース

The Apache ODE Projectは8月28日(米国時間)、Apache ODE安定版の最新バージョンとなる「Apache ODE 1.1」を公開した。Apache ODE 1.1は同プロジェクトから公式にリリースされた最初のプロダクト。1.0と比較していくつかの機能が追加されているほか、パフォーマンスや使い勝手の改善、バグの修正が実施されている。

[15:03 9/3]

Java API、使ってますか? 第24回 Webサービス向けのポートレット仕様「WSRP」

前回はJavaプラットフォーム向けのポートレット仕様であるJSR 168を紹介したので、今回はそれに関連してOASISによるWSRP(Web Services for Remote Portlets)という仕様を紹介したい。WSRPはJCPによる標準ではないが、多くのアプリケーションサーバがこれに準拠したポータルの機能を提供している。

[14:25 9/3]

KDE 4.0のリリースは2カ月遅れの2007年12月に

KDEプロジェクトは、次期メジャーバージョン「KDE 4.0.0」のリリース計画を変更した。リリースチームが開発者向けメーリングリストで公開した最新のリリーススケジュールでは、正式リリース予定日は当初より約2カ月遅れの12月20日。

[09:21 9/3]

2007年09月02日(日)

スクリプト言語「Python 3」のα版が公開

Python Software Foundationは8月31日、スクリプト言語Pythonの次期バージョンα版「Python 3.0a1」をリリースした。Mac OS XとLinux、Solarisで動作が検証されたソースコードのほか、コンパイル済のWindows用バイナリが提供される。

[15:47 9/2]

2007年08月30日(木)

着実に進歩を続けるGNUのFlash Player「Gnash 0.8.1」が公開に

The Gnash Projectは29日(米国時間)、Gnashの最新版となる「Gnash0.8.1」を公開した。Gnash(GNU Flash Movie Player)はC++で開発されたFlash Playerである。スタンドアローンのFlash PlayerやWebブラウザのプラグイン、そのほか組み込み用のFlash Playerとしても利用できる。なお、プロダクトはGNU GENERAL PUBLIC LICENSE Version 2の下で公開されている。

[23:47 8/30]

Dojo + YUI = Yojo?? - Dojoでコンポーネントを組み合わせる

29日(米国時間)、Dojo Toolkitのブログにおいて「Yojo: Loading YUI with the Dojo loader」というタイトルのもと、DojoとYUIの双方を混在させて使う方法の概要が紹介された。

[23:29 8/30]

Ajaxアプリ統合開発環境「Aptana IDE」最新版がリリース - PHP開発者は注目

Aptanaは27日(米国時間)、Ajaxアプリケーション向けの統合開発環境「Aptana IDE」の最新版となる「Aptana IDE Milestone Release 9」(Stable: Build 16696)をリリースした。

[23:07 8/30]

「YUI Compressor 2.0」がリリース - JavaScriptとCSSの両方を圧縮

Yahoo!のJulien Lecomte氏は27日(米国時間)、自身のブログにおいてYUI Compressor(The Yahoo! JavaScript Compressor)の最新版となる「YUI Compressor Version 2.0」を発表した。

[22:54 8/30]

イマドキのIDE事情 第13回 Adobe AIRにも対応! Flex Builder 3

Flex BuilderはAdobeが提供する商用のFlex用統合開発環境だ。Flex BuilderはEclipseをベースとしており、最新のFlex Builder 3では話題のRIAプラットフォーム"AIR"にも対応することになっている。AIRではHTMLやFlexを用いてデスクトップアプリケーションを開発することができ、本連載の第9回ではHTMLベースのAIRアプリケーション開発をサポートするIDEとしてAptanaを紹介した。Flex Builderはその名の通り、FlexでのAIRアプリケーション開発をサポートしている。

[17:21 8/30]

ダイナミックObjective-C 第89回 デザインパターンをObjective-Cで - Chain of Responsibility (1)

今回からは、いよいよ、巧妙であり精緻であり、かつ動的なプログラミング言語が実際のアプリケーションに対してどれだけ有用であるかを示す希有な例である、Chain of Responsibilityの話を開始しよう。

[17:14 8/30]

Apache MyFaces Trinidad Maven2 plugin 1.2.2登場 - レンダリング速度改善

25日(米国時間)、The Apache MyFacesプロジェクトは、「Apache MyFaces Trinidad Maven2 plugin 1.2.2」をリリースした。

[15:41 8/30]

Apache OpenJPA 1.0.0登場 - トップレベル昇格後初の公式リリース

The Apache OpenJPAプロジェクトは29日(米国時間)、Apache OpenJPA 1.0.0を正式にリリースした。

[14:55 8/30]

Google Gears 0.2登場 - 他ドメインのリソースが利用可能に

29日、Google Gearsの新バージョン0.2がリリースされた。Google Gearsは、オフラインでも動作するWebアプリケーションを作成するために必要な、一連のJavaScript APIを提供するためのブラウザプラグイン。ユーザはプラグインを導入すれば、インターネットに接続していなくとも、Gearsに対応したサイトを利用することができる。

[14:35 8/30]

2007年08月29日(水)

グレープシティ、Javaシステムの計測ツール"JProbe 7.0J"の販売を来月開始

グレープシティは29日、クエスト・ソフトウェアの販売代理店として、パフォーマンス解析ツール「JProbe 7.0J」の販売を9月26日に開始すると発表した。同ツールは、Javaシステム内に潜む問題点を特定するためのもので、実行速度やメモリ使用量、テストカバレッジの測定/分析機能を提供する。

[19:30 8/29]

MindFrame/Zparseを再開発 - マークアップ形式のRIAツール"Foo Framework"

Rizqi Ahmad氏は26日(ドイツ時間)、Foo Frameworkの最初のリリースとなる「Foo Frameowork (Developer Preview version 0.1)」を公開した。Foo FrameoworkはJavaScriptで開発されたリッチインターネットアプリケーション向けのRapid開発ツール。Prototypeをベースに開発されたフレームワークで、特にリッチインターネットアプリケーションの開発を簡単かつ迅速に実現することを目的として開発されている。プロダクトはThe MIT Licenseのもとで公開されている。

[11:00 8/29]

Ajaxアプリ開発ツール「Google Web Toolkit 1.4」公開

米Googleは米国時間の8月28日、Ajaxアプリケーション開発ツールの最新版「Google Web Toolkit 1.4」をリリースした。GoogleのWebサイトからWindows/ Mac OS X/ Linux版を無償でダウンロードできる。同バージョンを利用することで、従来よりも小さく高速に動作するAjaxアプリケーションを作成できる。

[09:25 8/29]

Open XML、ISO/IEC標準が確定的か? - OpenDocumentとの競争に拍車

米国情報技術規格国際委員会 執行理事会(The INCITS Executive Board, the United States National Committee)は23日(米国時間)、Ecma Office Open XML (DIS 29500)をISO/IEC国際標準として認証するか否かの投票結果を公開した。賛成票12、反対票3、棄権票1で国際標準規格としてほぼ採用される見通しとなった。

[08:00 8/29]

「habu」 - Python版PlaggerでRSSを加工する

Plaggerにインスパイアされ、Pythonベースで開発を始めた「habu」を紹介する。habuも、Plaggerと同様にプラグインを組み合わせてRSSを加工し、利用できるようにする。

[08:00 8/29]

2007年08月28日(火)

Java API、使ってますか? 第23回 高い相互運用性を実現するポートレットAPI - JSR 168

JCPでは現在JSR 286としてJavaポートレット仕様バージョン2.0の標準化が進められており、7月よりPublic Reviewが行われている最中だ。次期バージョンのポートレット仕様も気になるところだが、今回はその前に現行の仕様である「JSR 168: Portlet Specification」を紹介しておきたい。

[21:05 8/28]

2007年08月24日(金)

Ubuntu/openSUSEの2強体制になるのか!? - DesktopLinux.comが調査結果発表

DellがLinuxを搭載したノートPCを発表するなど、LinuxをデスクトップOSとして採用する流れは全体から見ればごく少数ながらも着実に歩みをはじめているようにみえる。ここでは、2007年8月22日(米国時間)にDesktopLinux.comにおいて公表された「2007 Desktop Linux Survey results」を基に、デスクトップLinuxなどのシェアについて見ていこう。

[11:00 8/24]

2007年08月23日(木)

ダイナミックObjective-C 第88回 デザインパターンをObjective-Cで - Command (5)

またも、Cocoaでのターゲット・アクションの話を続けよう。デザインパターンの定義するCommandパターンからは少し離れていくが、Cocoaというアプリケーションフレームワークで、コマンドがどのように処理されているかを理解する事は、デザインパターンを議論する際にも無意味ではないだろう。また、ターゲット・アクションの考え方は、この後のChain of Responsibilityパターンや、Mementoパターンの説明のときにも、登場することになる。今回取り上げるのは、Interface Builderでのターゲット・アクションの接続だ。

[19:23 8/23]

2007年08月16日(木)

イマドキのIDE事情 第12回 JBoss Tools - Exadel Studioがオープンソース化

Exadel StudioはStruts/JSFなどに対応したフルスタックのWebアプリケーション開発環境。以前は無償版と有償版が提供されていたが、2007年3月、RedHatとExadelの提携の一環としてExadel Studio Pro(有償版)をJBossブランドのもとにオープンソース化することが発表された。JBossはもともとJBossIDEというEclipseプラグインを提供していたが、現在はExadel StudioとマージされJBoss Toolsとして開発が行われている。

[14:04 8/16]

今からはじめるAIRプログラミング 第15回 シームレス・インストール - AIRランタイムを自動的にインストールさせる

この連載も今回で15回を数える。その大半がAIRアプリを開発するのに必要なプログラミングの話題だったわけだが、今回は少し趣向を変え、作成したAIRアプリケーションの配布に関する話題をお届けしたいと思う。

[11:00 8/16]

2007年08月09日(木)

漢のzsh 第23回 コマンド補完設定 - アーキテクチャタイプ編

同じOSを使っている場合でも、アーキテクチャが異なっていると指定するオプションが違ってくるコマンドがある。今回は、こういった場合の対処方法について述べていく。

[21:56 8/9]

ダイナミックObjective-C 第87回 デザインパターンをObjective-Cで - Command (4)

前回に続き、Cocoa環境でのCommandパターン探索として、ターゲット・アクション・パラダイムの話を続けよう。

[18:26 8/9]

RubyをJavaバイトコードへコンパイル!! XRuby登場

8日(米国時間)、XRubyの最新版となる「XRuby 0.3.0」が公開された。XRubyはJavaおよびRubyを使って開発されたRubyコンパイラ。RubyのソースコードをコンパイルしてJavaバイトコードを生成する。プロダクトはGNU GENERAL PUBLIC LICENSE Version 2のもとで公開されている。

[08:00 8/9]

2007年08月07日(火)

今からはじめるAIRプログラミング 第14回 通信用API - AIR⇔Flex/Flashも可能! LocalConnectionによるデータ送受信

今回は、flash.net.LocalConnectionクラスについての解説を行う。LocalConnectionクラスとは、AIR以前からも存在した、Flex/Flashアプリケーション同士で通信を行うための仕組みである。同じマシン上で動作するSWFアプリケーション同士で行うことのできる、プロセス間通信だと思ってよい。APIが非常にシンプルな割には、ActionScriptのオブジェクトをそのまま渡す事ができるなど、かなり強力な仕組みだ。

[16:23 8/7]

Java API、使ってますか? 第22回 Java EE環境でタスクのスケジューリングを可能にするJSR 236

前回はJava EE環境でスレッドプログラミングを可能にするAPIとしてJSR 237: Work Manager for Application Serversを紹介した。今回はJSR 237と同じく、Java EE環境において非同期並列処理を実現するためのもうひとつのAPI「JSR 236: Timer for Application Servers」を紹介する。

[15:32 8/7]

2007年08月03日(金)

今からはじめるAIRプログラミング 第13回 HTTPリクエスト用API - Web上のサービスをローカルアプリに取り込む

今回は、AIRが持つネットワークアクセス機能のうち、flash.net.URLRequestに関連する機能をご紹介したい。

[22:18 8/3]

ダイナミックObjective-C 第86回 デザインパターンをObjective-Cで - Command (3)

前回は、CocoaでのCommandパターンとしてターゲット・アクション・パラダイムを紹介した。単純な仕組みで、オブジェクトであるターゲットと、セレクタであるアクションを組み合わせて、1つのコマンドを表すものだ。専用のクラスを作るまでもない、というのが正直なところだろう。

[21:03 8/3]

2007年08月02日(木)

待望のAjax Webアプリケーションフレームワーク"Ext 1.1"登場

Ext JS, The Ext teamは1日(米国時間)、Extの最新版となる「Ext 1.1」を公開した。ExtはJavaScriptで開発されたWebアプリケーションフレームワーク。スタンドアロンで提供されているフレームワークで、軽量HTMLエディタ、新しいExt.Ajaxユーティリティクラス、拡張されたDateFieldおよびDatePickerコンポーネント、整備されたドキュメントなどに特徴がある。以前のバージョンと比較してバグ修正も実施されている。

[23:01 8/2]

"OpenLink AJAX Toolkit 2.6"登場 - JavaScriptでRIA開発を

OpenLink Softwareは1日(米国時間)、OpenLink AJAX Toolkitの最新版となるOpenLink AJAX Toolkit(以降、OAT)2.6を公開した。OATはJavaScriptを使って開発されたリッチインターネットアプリケーション(RIA)開発用ツールキット。Webブラウザに依存しないWebアプリケーション開発が可能で、AJAX Database Connectivityと呼ばれるプラットフォーム非依存のデータアクセスレイヤが用意されているほか、UIウィジェット、コントローラ、イベント管理システムなど各種コンポーネントが用意されている。

[21:04 8/2]

jMaki、ついにRC1が登場 - JSP/PHPで簡単Ajax

The jMaki teamは8月1日(米国時間)、jMakiの最新版にして初のRC版となる「jMaki 9.6.1 Release Candidate 1 (RC1)」を公開した。

[20:37 8/2]

イマドキのIDE事情 第11回 Seasar2をサポートするEclipseプラグイン

前回はSpring Frameworkでの開発を支援するSpringIDEを紹介したが、日本国内では国産のDIコンテナであるSeasar2の人気も高い。今回はSeasar2をサポートするEclipseのプラグインを紹介したい。

[20:12 8/2]

脆弱性を修復した「Thunderbird 2.0.0.6」がリリース

Mozilla Foundationは1日(米国時間)、メール/ニュースクライアントソフト「Thunderbird 2.0.0.6」をリリースした。存在が確認された脆弱性を修復するためのセキュリティリリースに位置づけられ、Mozillaはユーザに対し早急なアップデートを呼びかけている。

[20:08 8/2]

「Spring Framework 2.1 M3」がリリース - JRuby 1.0に対応

The Spring Framework Projectは2007年8月1日(米国時間)、「Spring Framework」のマイルストーンリリース版の最新となる「Spring Framework 2.1 M3」をリリースした。

[18:19 8/2]

The Yahoo User Interface Library 2.3.0登場 - Samスキンがデフォルトに

Yahoo!は7月31日(米国時間)、The Yahoo User Interface Libraryの最新版となるThe Yahoo User Interface Library(以降、YUI)2.3.0を公開した。YUIはJavaScriptで開発されたWebページやWebアプリケーション向けのユーザインタフェース/デザインパターンライブラリ。実際にYahoo!で採用されているJavaScriptライブラリをまとめたもので、The BSD Licenseの下で配布されている。

[17:39 8/2]

FreeBSDセキュリティアラート3件報告 - 管理者は迅速な対応を

The FreeBSD Project, the FreeBSD Security Officer and the Security Officer Teamは1日(協定世界時)、3件のFreeBSD Security Advisoryを報告した。うち1件は1月11日(協定世界時)に公開されたSAの修正版。サーバを運用している場合など、該当している場合には迅速に対応を実施されたい。

[17:13 8/2]

GPL Ghostscript 8.60がリリース - ESP Ghostscriptの成果をマージ

Artifex Softwareは1日(米国時間)、PostScriptインタープリタ「GPL Ghostscript 8.60」をリリースした。現時点ではソースコードのみ公開され、LinuxなどのUNIX系OSで利用する場合は手動でコンパイルが必要。

[17:02 8/2]

2007年08月01日(水)

漢のzsh 第22回 もってけ泥棒! コピペで始めるzsh - リターンズ

今回は、そのまま使えるコピペシリーズ第2弾をお送りする。本連載の第10回目でそのまま~/.zshrcにコピーすれば使える設定ファイルを紹介したが、これが好評だった。とりあえず、読者の皆さんはコピペしてzshの世界を堪能したらしい。あれからいくらかの変更や設定追加を行ったので、その最新版を公開しよう。というわけで、持ってけ!! 野郎どもっ!!!

[23:20 8/1]

JVMで動作する言語開発のサポートプロジェクト"JVM Language Runtime"発足

JVMにおけるプログラミング言語対応を推進するためのプロジェクト「JVM Language Runtime」が発足した。今Javaに不足しているのはJVMを複数のプログラミング言語のプラットフォームとして動作させるための取り組みで、現状ではJRubyおよびJythonのコードが若干含められている。

[23:13 8/1]

JPA 2.0およびJavaBeans 3.1、賛成多数で可決 - ASFは反対を継続

7月17日(米国時間)、次期Javaエンタープライズプラットフォームを実現するための中核となる規約がそれぞれ「JSR 317 - Java Persistence 2.0」および「JSR 318 - Enterprise JavaBeans 3.1」として提案されJSR Review Ballotのフェーズにはいった。7月30日(米国時間)に締め切られ、双方ともに賛成票14、反対票1、無投票1で最初のフェーズを通過した。

[22:30 8/1]

けっこうヤミツキな操作感覚 - Web上のボックスをクールに表示する"XRAY"

次期HTMLの標準規格として提案されるべく策定が進められている「HTML 5 Working Draft」だが、同規約にはWebアプリケーションの可能を引き上げる可能性を持った要素「The Canvas Element」が含まれている。ここではCanvasを使ったWebアプリケーションの中から「XRAY」を紹介したい。Webアプリケーションの将来を予想させる興味深いアプリケーションだ。

[18:51 8/1]

PHP 4.xでPHP 5.2/6.0の機能を実現する互換キット"upgrade.php 15"登場

7月31日(ドイツ時間)、upgrade.phpの最新版となる「upgrade.php 15」が公開された。upgrade.phpはPHPで開発された後方互換実現のためのコンパチブルキット。パブリックドメインとして公開されている。PHP 5.2や6.0で導入された新しいコア関数をPHP 4.xで動作するように実装したプロダクトで、4.x系で5.2や6.0で導入された機能を使いたい場合に役に立つ。

[16:13 8/1]

"Tomcat Connector JK-1.2.24"登場

The Apache Tomcat teamは7月31日(米国時間)、Apache Tomcat Connectorsの最新坂となる「Apache Tomcat JK 1.2.24 Web Server Connector」を公開したことを発表した。

[15:12 8/1]

2007年07月31日(火)

マッシュアップを簡単に実現するエディタ「Google Mashup Editor」登場

Googleは2007年31日(米国時間)、GWT(Google Web Toolkit)を使って開発が進められている新しいエディタフロントエンドのWebアプリケーション「Google Mashup Editor」について発表した。同アプリケーションはコーディングをほとんどすることなく簡単にマッシュアップを実現することを目的にして開発されているエディタタイプのWebアプリケーション。コーディングするかわりに標準のHTMLタグや拡張タグを記述することでUIの記述やフィードやデータの制御を行う。

[21:51 7/31]

Microsoftが「シェアードソース」をOSIに提出へ

米Microsoftは、自社が公開したソースコードに適用するソフトウェアライセンスを、オープンソースソフトウェアライセンスの管理団体「Open Source Initiative(OSI)」に提出すると決定した。

[20:42 7/31]

Red Hat Enterprise Linux 5.1のベータ版が公開

Red Hatは30日(米国時間)、業務用Linuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux 5.1」の最新ベータ版をリリースした。対応プラットフォームはIntel x86およびx86_64、9月4日がベータテストの期限に設定されている。

[16:28 7/31]

セキュリティ対策版「Firefox 2.0.0.6」がリリース

Mozilla Foundationは30日(米国時間)、WebブラウザFirefoxの最新版「Firefox 2.0.0.6」を公開した。目立った新機能の追加はないが、重大な脆弱性を修正するセキュリティリリースに位置付けられることから、Mozillaはユーザに対し早急なアップデートを呼びかけている。

[16:24 7/31]

米Adobe、Webアプリ開発環境「ColdFusion 8」を発表 - 日本語版は9月下旬

Adobe Systemsは30日(米国時間)、Webと連携したアプリケーションの開発環境「Adobe ColdFusion 8」を発表した。製品はEnterprise EditionとStandard Editionの2種類、開発目的にのみ使用可能なDeveloper Editionも用意される。

[16:20 7/31]

Thunderbird分離計画へのGoogleの関与を否定 - Mozilla CEOがブログで反論

Mozilla CorporationのCEO・Mitchel Baker氏は、MozillaからThunderbird関連プロジェクトを分離する計画について、検索大手Googleの関与を否定した。自身のブログ「mitchell's blog」上で明らかにしたもの。

[11:48 7/31]

2007年07月30日(月)

SwingベースのMVCアプリを容易に構築 - OpenSwing1.2

30日、SwingベースのUIフレームワークの新しいバージョン「OpenSwing 1.2」がリリースされた。

[22:15 7/30]

JRubyでも議論、Java 1.4.2からJava 5への移行問題

既報のとおり、2007年6月10日(米国時間)、待望のJRuby 1.0がリリースされた。近々同リリースに対する修正要求やパフォーマンス改善を実施したマイナーリリース版JRuby 1.0.1が公開される見通しになっているわけだが、現在同プロダクトの開発MLにおいて将来リリースするバージョンが対応するJavaを、J2SE 1.4.2からJ2SE 5.0へと変更するべきかどうかが議題に挙がっている。

[21:06 7/30]

Jakarta Commons、トップレベルプロジェクト「Apache Commons」へ昇格

29日(米国時間)、The Apache Commons ProjectのWebサイトが「http://commons.apache.org/」にて公開された。同サイトはこれまで「http://jakarta.apache.org/commons/」において公開されていたものであり、実質的にJakartaからの昇格扱いとなる。

[18:04 7/30]

Apache Cayenne 3系初のマイルストーン登場 - 新たにJPAに対応

The Apache Cayenne teamは29日(米国時間)、Apache Cayenne 3系のマイルストーンリリースとなる「Apache Cayenne 3.0 M1」を公開した。Apache CayenneはJavaで開発されたORマッパー。リレーショナルデータベースの内容をJavaオブジェクトにマッピングすることで開発時間の短縮や機能追加を実現する。

[16:38 7/30]

Java API、使ってますか? 第21回 Java EE環境でのスレッドプログラミングを可能にするJSR 237

つい先日、次期Java EEプラットフォーム仕様となるJSR 316がExecutive Committieeによる最初の承認投票を賛成多数で通過した。JSR 316では、Java EE 6で新しく追加されるAPIとしてJSR 196、JSR 236、JSR 237、JSR 299、JSR 311などを挙げている。そのうちJSR 311については本連載でも第18回で取り上げた。今回は「JSR 237: Work Manager for Application Servers」を紹介したい。

[14:14 7/30]

未来志向のGNUstepベースOSの最新版「Etoile 0.2」がリリース

Etoileプロジェクトは28日、GNUstepベースのデスクトップ環境「Etoile 0.2」をリリースした。動作にはLinuxなどのUNIX系OS上に構築した最新のGNUstep環境にくわえ、OniGuruma 5.0以降やD-Bus 1.0以降など、機能を依存する外部ライブラリ群が必要。

[11:36 7/30]

2007年07月27日(金)

スクリプト言語にコンパイラ!? - JavaFX用コンパイラ"OpenJFX Compiler"

去る7月20日(米国時間)、JavaFX Scriptのオープンな実行環境の開発を行っているプロジェクトOpenJFXは、その活動の一環として「OpenJFX Compiler」の開発をインキュベータプロジェクトとして開始した。OpenJFX Compilerは、JavaFXスクリプトをJava VM上で動作するバイトコードに変換するコンパイラ。通常のJavaFXスクリプトも最終的にはJava VMの上で動作するが、インタプリタ方式なのでスクリプトからバイトコードへの変換、そしてクラスローダによる読み込みまでの一連の作業は全てランタイムで行われる。

[23:54 7/27]

Yahoo!がページパフォーマンス計測ツール「YSlow for Firebug」を公開

Yahoo!は24日(米国時間)、Yahoo! Developer Networkを通じてWebページパフォーマンスを計測するツール「YSlow for Firebug」を公開した。同ツールはMozilla Public License version 1.1のもとでオープンソースソフトウェアとして公開されている。

[22:57 7/27]

2007年07月26日(木)

ダイナミックObjective-C 第85回 デザインパターンをObjective-Cで - Command (2)

Commandパターンの話を続けよう。前回はGoF本で提唱されているCommandパターンの説明をしたが、今回はCocoaで使われるコマンドの話だ。もっともCocoaのコマンドは、1つのパターンと呼ぶにはおこがましいものかもしれない。とても単純なものだ。だがそれ故に、非常に根源的で、拡張可能なものになっている。

[15:31 7/26]

2007年07月25日(水)

今からはじめるAIRプログラミング 第12回 クリップボード機能 - AIRアプリからネイティブアプリへコピー&ペースト

今回説明するのは、AIRプログラムからクリップボードにアクセスする方法だ。ネイティブOSが持つクリップボードにアクセスすると、他のアプリケーションと連携してコピー&ペーストを行うことができるようになる。

[00:00 7/25]

2007年07月24日(火)

そろそろきっちりJavaScript 第11回 prototype.jsを読む(5)

前回紹介した、AJAXアプリケーション用のリクエストは、内部でどのように処理しているのだろうか。今回はその部分を読み進めていこう。

[20:19 7/24]

2007年07月23日(月)

Java API、使ってますか? 第20回 音声認識/合成のためのAPI - Java Speech APIとJSR 113

Java Speech API(以下、JSAPI)はJavaアプリケーションに音声認識や音声合成の機能を組み込むためのAPIである。Java Speech API自身はJCPがスタートする前に発表されたのでJSRは存在せず、Sun Microsystemsのサイト上でその仕様が公開されている。JSAPIを使用することで、Javaプログラムで音声の認識や合成を行うことができるようになる。たとえば、合成音声によってテキストを読み上げるというような処理の実装が容易に行える。

[17:42 7/23]

2007年07月20日(金)

イマドキのIDE事情 第10回 Spring 2.0にも対応! "SpringIDE 2.0"

Java界隈では数年前からDIコンテナを利用した開発が一般的になりつつある。日本国内では国産のSeasar2を利用するユーザも多いが、世界的にはなんといってもSpring Frameworkが標準といえるだろう。今回はこのSpring Frameworkでの開発をサポートする「SpringIDE」を紹介する。

[22:45 7/20]

ダイナミックObjective-C 第84回 デザインパターンをObjective-Cで - Command (1)

今回からはCommandパターンを取り上げる。この辺りから、Cocoaとの比較が俄然面白くなってくる。とりあえず、GoF本におけるCommandパターンの説明から始めよう。

[15:48 7/20]

今からはじめるAIRプログラミング 第11回 ドラッグ&ドロップ機能 - AIRアプリとネイティブOS環境との連携

今回は、AIRのドラッグ&ドロップ機能について解説する。AIRのドラッグ&ドロップ機能は、ネイティブOSと完全に統合されており、非常に使い勝手の良いものだ。他のアプリケーションとの間でシームレスにデータの受け渡しを行うことが可能である。APIもコンパクトにまとまっており、覚えておいて損はない。

[13:42 7/20]

2007年07月19日(木)

漢のzsh 第21回 コマンド補完設定 - ファイルシステムタイプ編

唐突だが、どのOSもサクサクっと使いこなしてこそ『漢道』である。そんなわけで、今回はOSごとに異なる補完設定を行う方法として、mountコマンドの補完設定について取り上げる。つまり、これをマスターして「zshだけインストールしておけば、あとはどのOSでも同じ」…という具合にしておきたいわけだ。そのためには補完設定やら設定内容などをOSごとに分岐させる必要がある。例としてはmountコマンドで使われているファイルシステムタイプの設定がなかなか分かりやすいので、ここで紹介しておこう。

[20:24 7/19]

2007年07月18日(水)

そろそろきっちりJavaScript 第10回 prototype.jsを読む(4)

引き続きprototype.jsのソースコードを読んでいこう。今回は932行目、Ajaxオブジェクトの定義から読み進めていく。なお、ここからは6月19日に公開されたバージョン1.5.1.1を使用する。

[11:00 7/18]

2007年07月17日(火)

PHP 4のサポートが12月31日で終了 - 2007年中にPHP 5への移行を検討のこと

The PHP Groupは13日(米国時間)、PHP 4のサポート終了に関する詳細を発表した。PHP 4のサポートは2007年いっぱいで終了し、2008年以降はPHP 4.4.x系のリリースは行わない見通し。ただし、クリティカルなセキュリティフィックスに関しては状況に応じてセキュリティ対応を考えるとしており、2008年8月8日(米国時間)まではセキュリティ対処については加味されるようだ。

[21:54 7/17]

漢のzsh 第20回 コマンド補完設定 - cal/ncalコマンド編

今回もコマンド補完設定について述べるとしよう。これまでは1コマンドに対して1つの補完設定ファイルを作成してきた。今回は複数のコマンドに対して1つの補完設定ファイルを作成する方法について解説する。

[09:00 7/17]

2007年07月13日(金)

今からはじめるAIRプログラミング 第10回 HTMLレンダリング用API(2) - PDFの表示

前回は、AIRが持つHTMLレンダリングエンジンについて解説した。今回はそれに関連したトピックとして、AIRが持つPDFとの連携機能について説明を行いたい。

[00:12 7/13]

2007年07月10日(火)

今からはじめるAIRプログラミング 第9回 HTMLレンダリング用API(1) - Webページの表示とイベントの捕捉

さて、今回はAIRが持つHTMLレンダリング機能について解説したい。当連載の初回でも簡単に説明したとおり、AIRはWebブラウザの機能を内蔵している。おかげで、AIRはFlexによる開発だけではなく、標準的なHTML/JavaScriptを用いてアプリケーションを開発することが可能となっている。そして、Flexをベースとして開発されたアプリケーションであっても、このHTMLレンダリングエンジンを利用してWebページを表示したり、操作したりすることもできる。ちなみに、AIRランタイムに含まれているのはApple SafariブラウザのベースとなっているWebKitというHTMLレンダリングエンジンだ。

[18:30 7/10]

2007年07月09日(月)

Java API、使ってますか? 第19回 JSR 291でJavaプラットフォームにダイナミックコンポーネントモデルを導入

本連載では第12回の記事で、Javaプラットフォームにおけるモジュラリティをサポートする「JSR 277: Java Module System」について取り上げた。JCPにはJSR 277と同様にモジュラリティの強化を目指すAPIとして、「JSR 291: Dynamic Component Support for Java SE」がある。JSR 291の目的はJavaプラットフォーム上で動的に着脱可能なコンポーネントシステムを提供することにあり、既存のJavaプラットフォームを対象としてデザインされているという点が特徴だ。

[18:23 7/9]

今からはじめるAIRプログラミング 第8回 ファイル操作用API(3) - FileStreamクラスによるファイルの読み書き

ファイルシステムに関する解説の最終回となる今回は、ファイルからのデータ読み取り、ファイルへのデータ書き出しを行う際に使用する、`flash.filesystem.FileStream`クラスについて説明する。

[17:05 7/9]

2007年07月06日(金)

漢のzsh 第19回 コマンド補完設定 - trafshowコマンド編

zshにはあらかじめコマンド補完の設定が用意されている。しかしサードパーティアプリケーションや、あまり使われていないコマンドに対しては補完設定が用意されていない。そのようなわけで、こういったコマンドの補完設定について紹介していこう。今回は、trafshowコマンドを取り上げる。

[19:05 7/6]

今からはじめるAIRプログラミング 第7回 ファイル操作用API(2) - AIRのファイルシステムコンポーネント

前回の記事では、AIRのファイルシステムAPIの基礎となるflash.filesystem.Fileクラスについて詳細に解説した。Fileクラスを用いれば、ファイルやディレクトリの操作を非常に簡単に行うことができるうえ、非同期処理もサポートされている。だが、AIRの本当の魅力はデスクトップアプリケーション開発に特化した、豊富なコンポーネントが組み込みで用意されていることにある。ファイルシステムAPIに関してもその例外ではなく、豊富なヴィジュアルコンポーネントが利用可能だ。

[15:00 7/6]

2007年07月05日(木)

イマドキのIDE事情 第9回 RailsやAIRもサポート! WebIDE Aptana

Aptana は米Aptana, Incが提供するEclipseベースとしたオープンソースの統合開発環境だ。もともとは充実したHTML/CSS/JavaScriptの編集支援機能を売りにAjax向けの開発環境と位置づけられていたが、最近になってRuby on RailsやAdobe AIRにも対応するなどサポート領域を拡大している。

[19:31 7/5]

今からはじめるAIRプログラミング 第6回 ファイル操作用API(1) - ファイル/ディレクトリを統一的に扱えるFileクラス

AIRは、セキュリティのサンドボックス内で動作するFlashと異なり、ファイルシステムに対して無制限のアクセスを行うことができる(もちろん、OSが規定するアクセス権の範囲内で)。また、ファイル選択ダイアログなどのコンポーネントが充実しているのも特徴だ。簡単なプログラミングで、ファイルを扱うUIを作成できるのは勿論のこと、OSがネイティブで用意しているファイル選択ダイアログも取り扱える。

[11:00 7/5]

ダイナミックObjective-C 第83回 デザインパターンをObjective-Cで - Iterator (2)

今回は、IteratorパターンのCocoaでの実例を取り上げる。Iteratorパターンは、多くのプログラマにとって馴染みの深いものだろう。Cocoaでも、大変よく使われるIteratorパターンのクラスがある。NSEnumeratorだ。

[08:00 7/5]

2007年07月04日(水)

今からはじめるAIRプログラミング 第5回 ウィンドウ操作用API(2) 実装のポイント

前回の記事では、AIRのウィンドウAPIを用いたサンプルアプリケーションのキャプチャ画像とソースコードを掲載した。今回はその詳細な解説を行いながら、AIRが持つウィンドウ操作用APIについて理解を深めたいと思う。

[11:00 7/4]

2007年07月03日(火)

日本BEA、新たなWebLogic製品を発表 - 膨大な情報から有効な要因を抽出

日本BEAシステムズは、リアルタイム処理に対応した「BEA WebLogic Real Time 2.0」と、イベント駆動型アーキテクチャ(EDA:Event DrivenArchitecture)対応の「BEA WebLogic Event Server 2.0」の2種のアプリケーション・サーバー製品を発表した。両者は、同社のBEA WebLogic製品ファミリーとして8月から出荷開始される。Javaによる開発をしやすくしていることが今回の新製品の特徴だ。

[23:54 7/3]

Firefox 3.0の開発途上版「Grand Paradiso α6」がリリース

Mozilla Foundationは2日(米国時間)、Firefox 3.0の開発者向けビルド第6版「Gran Paradiso α6」を公開した。対応プラットフォームはWindowsとMac OS X、Linuxの3種。バイナリパッケージは英語版のみ、各国語に対応したローカライズ版は用意されていない。

[20:24 7/3]

IronPython 2.0 - .NET普及への新たな”カンブリア爆発”となるか?

4月30日~5月2日、MicrosoftのWebデザイナー / 開発者向けカンファレンス「MIX07」が開催された。本稿では、MIX07と合わせてリリースされたIronPython 2.0 Alpha 1と、DLRの可能性について紹介する。

[20:05 7/3]

米Zend Technologies、Zend Framework 1.0.0をリリース

米Zend Technologiesは2日、「Zend Framework」のバージョン1.0を公開したことを発表した。Zend FrameworkはPHPベース、オープンソースのアプリケーションフレームワークで、Webアプリケーション開発を効率化するもの。

[18:00 7/3]

今からはじめるAIRプログラミング 第4回 ウィンドウ操作用API(1) 機能概要と二種類の実装方法

ブラウザ上で動くFlashと違い、デスクトップアプリケーションの実行環境であるAIRは、「自分のウィンドウ」というものを持っており、ブラウザの枠を取り払われた表現の自由を獲得した。しかも、AIRはそれに留まらない。OSネイティブのAPIを使用した時のような、きめ細やかなウィンドウ制御を行うことも可能だ。今回は、AIRのそうしたウィンドウAPIを見ていくことにしよう。

[12:17 7/3]

2.6系カーネルに移行した「Slackware Linux 12.0」がリリース

The Slackware Linux Projectは1日(米国時間)、Linuxディストリビューション「Slackware Linux 12.0」をリリースした。対応プラットフォームはIntel x86および互換CPU。インストールイメージは同プロジェクトのFTPサイトとBitTorrent経由で配布されるほか、49.95米ドルのCD-ROMセットや59.95米ドルのDVD-ROMがオンラインストアで販売される。

[12:17 7/3]

GNU Radiusの 1.5登場、GPLv3のもとで提供

1日(米国時間)、GNU Radiusの最新版となる「GNU Radius 1.5」が公開された。GNU RadiusはCやSchemeを使って開発されたRadiusサーバ。GNU Radiusでは認証やロギングのデータベースとしてMySQLおよびPostgreSQLインターフェースとして機能する。ODBCインターフェースを使うことで既存のDBMSを使うこともできる。

[08:00 7/3]

2007年07月02日(月)

ドリコム、Ruby on Railsのコンテストを開催 - 賞金100万円

ドリコムは2007年7月から9月にかけてRuby on Railsで作成したWebアプリケーションの出来を競い合うコンテスト「Award on Rails 2007」の作品を募集している。募集しているRuby on Railsアプリケーションは、PC向けに限定しておらず、モバイル端末向けなどでも問題ない。Ruby on Railsが活用されていれば、ほかのソフトウェアやモジュールを併用していてもかまわない。

[17:19 7/2]

Europa連動リリース - Eclipse WTP 2.0登場

The Eclipse WTP Projectは6月29日(カナダ時間)、Eclipse WTP(Web Tools Platform)の最新版となる「Eclipse WTP 2.0」を公開した。Eclipse WTPは、Webアプリケーションを開発するためのEclipseプラグイン。Webアプリケーション開発に必要になる多くの機能を提供する。

[17:00 7/2]

Europa連動リリース - Eclipse BIRT 2.2登場

The Eclipse BIRT teamは29日(カナダ時間)、BIRTの最新版である「BIRT 2.2」を公開した。BIRT(Business Intelligence and Reporting Tools)はEclipseプラグインとして開発されているレイポーティングシステム。レポートレイアウト、データアクセス、スクリプティングなどの機能を提供しているほか、アプリケーションと連動してWeb/PDF形式のレポートを生成するために活用できる。

[15:56 7/2]

Eclipse 3.3 - Eclipse Europa登場! - Callistoからの移行検討を

The Eclipse Foundationは6月29日(カナダ時間)、Eclipse IDEの次期メジャーリリースとなる「Eclipse 3.3 - Eclipse Europa」を公開した。EclipseはJavaやC/C++を使って開発された統合開発環境。各種プラグインを導入することにより、多くのプログラミング言語の開発環境やアプリケーションプラットフォームとして振る舞うことができる。

[15:49 7/2]

Java API、使ってますか? 第18回 JAX-RSで簡単RESTful - JSR 311

今回はJSR 311について解説する。JSR 311は、JavaプラットフォームにおいてREST(REpresentational State Transfer)スタイルのWebアプリケーションを開発するためのAPI仕様で、「JAX-RS」という略称で呼ばれている。現在RESTスタイルのアプローチは、WebアプリケーションにおいてはSOAPベースのアプローチと同様に一般的なものとなっている。

[14:51 7/2]

2007年06月30日(土)

16年ぶりの改訂、「GPLv3」が正式にリリース

Free Software Foundationは29日(米国時間)、フリーソフトウェアライセンスの改訂版「The GNU General Public License Version 3(GPLv3)」を正式にリリースした。GPLの大改訂は、1991年6月にリリースされた第2版「GPLv2」以来約16年ぶり。

[14:49 6/30]

2007年06月29日(金)

RIA開発用ツールキット「OpenLink AJAX Toolkit 2.5」登場

OpenLink Softwareは27日(米国時間)、OpenLink AJAX Toolkitの最新版となる「OpenLink AJAX Toolkit(以下、OAT) 2.5」を公開した。

[23:21 6/29]

ついに登場! Eclipse 3.3 - 新機能と同梱プラグインを速攻レビュー

2007年6月末、待望のEclipse 3.3が正式にリリースされる。皆さんが本稿をご覧になるときには、Eclipse.orgから入手できる状態になっているだろう。Eclipse 3.3は、2006年6月に3.2がリリースされて以来、およそ1年ぶりのメジャーバージョンアップとなる。今回のリリースは大きな変更や機能追加はなく、細部の使い勝手を向上させるための機能追加や改善が目立ち、比較的地味なバージョンアップといえる。EclipseはこれまでもことJavaのコーディングに関しては定評があったが、3.3ではさらにかゆいところまで手が届くようになっている。3.3へのバージョンアップで日常的な作業の効率は間違いなく向上するはずだ。Eclipse 3.3の魅力を紹介する。

[22:00 6/29]

Springユーザは注目! Eclipse Europa対応の開発環境「Spring IDE 2.0」登場

The Spring Framework Projectは27日(米国時間)、Spring IDEの最新版となる「Spring IDE 2.0」を公開した。

[20:53 6/29]

携帯電話メール向けAPI「OpenAPI」で、ニワンゴを「使う」から「作る」へ

ニワンゴおよびドワンゴは29日、両社が共同事業として提供している無料メールポータルサービス「ニワンゴ」において、開発者向けに「OpenAPI」を公開したことを発表した。OpenAPIはアプリケーションの開発プラットフォームを無償で提供するための機能。今回公開されたサービスを活用すると、携帯電話のメール機能を使ったアプリケーション開発が可能になる。

[18:46 6/29]

漢のzsh 第18回 コマンド補完設定 - daemonコマンド編(2)

前回はdaemonコマンドに対する補完機能を設定する方法について述べた。今回はさらに補完機能を高める方法について解説しよう。

[15:58 6/29]

今からはじめるAIRプログラミング 第3回 AIR開発に使用できる2種類のSDK

今回は、AIRのSDKについて説明した後、簡単なサンプルアプリケーションを作成/実行してみよう。SDKによるコマンドラインベースの開発は、前回紹介した統合開発環境を利用する場合に比べて原始的ではあるが、AIRプログラミングの基礎を理解するうえで重要だ。ぜひ一度は試していただきたい。

[11:00 6/29]

2007年06月28日(木)

ダイナミックObjective-C 第82回 デザインパターンをObjective-Cで - Iterator (1)

Objective-Cによるデザインパターンの探訪。ここまでで、生成に関するパターン、構造に関するパターンを掘り下げてきた。今回からは、いよいよ振る舞いに関するパターンに入っていく。Ccooaでは、このパターンに分類される構造が数多く出てくるだろう。

[20:32 6/28]

今からはじめるAIRプログラミング 第2回 AIRプログラミングに適した開発環境

連載2回目となる今回は、AIRアプリケーションの開発を始めるにあたって必要な開発環境について説明しておきたい。

[18:55 6/28]

2007年06月25日(月)

Java API、使ってますか? 第17回 待望のServlet 3.0がJSRに登場 - JSR 315

19日(米国時間)、JCPにSevlet仕様の次期バージョンとなる「JSR 315: Java Servlet 3.0 Specification」が登録された。。Servletが動的なWebページを構築するためのサーバサイドJava技術であることは、本連載の読者にはすでに言うまでもないことだろう。現在Java EEに採用されているServletのバージョンは2.5であり、これはJSR 154として標準化された仕様である。Servlet 3.0はその後継となる仕様で、最終的には2008年リリース予定のJava EE 6に取り込まれることになる。

[18:32 6/25]

2007年06月22日(金)

漢のzsh 第17回 コマンド補完設定 - daemonコマンド編(1)

zshを"最強のシェル"たらしめている機能を1つ挙げるとしたら、それは補完機能だろう。zshの場合、基本的に1つのコマンド補完に対して1つのファイルを作成することでこれを実現している。同じ補完内容である場合、1つの補完設定ファイルを複数のコマンドに対して適応することもできる。

[19:54 6/22]

2007年06月21日(木)

ダイナミックObjective-C 第81回 デザインパターンをObjective-Cで - Proxy (3)

前回はProxyパターンを実現する、NSProxyクラスについて説明した。今回は、実際にこのクラスを使うことを説明しよう。

[20:00 6/21]

今からはじめるAIRプログラミング 第1回 AIRの概要とインストール方法

今月11日、それまで「Apollo」のコードネームで開発が進められてきたAdobeのRIAプラットフォームが、「AIR(Adobe Integrated Runtime)」という正式名称を与えられて、β版のリリースに至った。α版に比べて多くの機能追加が行われており、プラットフォームとしての完成度がかなり高まった感がある。そこで、本連載では、そのβ版を使用し、AIRが持つ様々な機能と、それを利用したプログラミングテクニックを紹介していきたいと思う。

[11:00 6/21]

2007年06月19日(火)

漢のzsh 第16回 拡張子ごとにコマンドを自動実行 - 「alias -s」

zshにはファイル名の拡張子に対応して自動的にコマンドを実行させる機能がある。今回は、そんな「alias -s」について見ていこう。

[16:16 6/19]

2007年06月18日(月)

Java API、使ってますか? 第16回 アノテーションを使ってバグ退治 - JSR 305

現在、Javaプログラムのバグを探すにはバグ検証ツールを利用するのが一般的であるが、今回紹介するJSR 305ではこういったバグ検証をサポートするアノテーションの標準セットを提供する。アノテーションの仕様を標準化することで、各ツール間の互換性を確保し、。また、現時点では検証コードを挿入することが困難な部分も、新たなアノテーションによって検証が可能になるという効果も期待されている。

[16:46 6/18]

2007年06月14日(木)

ダイナミックObjective-C 第80回 デザインパターンをObjective-Cで - Proxy (2)

前回はProxyパターンを紹介したので、今回はCocoaでの実例の解説だ。Proxyパターンを使っているクラスと言えば、これはもう言わずもがなのNSProxyクラスである。このクラスはとても興味深いものなので、じっくり解説していこう。

[17:55 6/14]

2007年06月11日(月)

Java API、使ってますか? 第15回 アノテーションをさらに広い範囲で利用可能にするJSR 308

J2SE 5.0から導入されたアノテーションはJavaによるプログラミングスタイルを大きく変化させ、とくにJava EEアプリケーション開発の分野ではすでに不可欠なものになりつつある。Java SE 7ではそのアノテーションの機能をさらに拡張する「JSR 308: Annotations on Java Types」の導入が検討されている。

[22:25 6/11]

イマドキのIDE事情 第8回 Eclipse/NetBeansでJavaFXスクリプティング!

AdobeのApolloやMicrosoftのSilverlightなど、RIA技術が注目を集めている。JavaOne 2007で発表されたJavaFXはこれらと同様のJavaにおけるRIAプラットフォームで、モバイル端末や家電に組み込まれたJavaVM上でも動作するとされている。今回はすでに用意されているプラグインを利用してEclipse、 NetBeans上でJavaFXの開発を行う方法を紹介する。

[17:37 6/11]

2007年06月08日(金)

漢のzsh 第15回 **で簡単ヒット!!! - 漢達への熱いお願い付き

前回までで、zshの基本となる設定や操作についてはほぼ説明を終えた。まだ触れていない基本テクニックといえば、findコマンドや*/*/*といったファイルグロブ展開の代わりに**を使うと便利だぜ!!…といったところだ。

[19:36 6/8]

ダイナミックObjective-C 第79回 デザインパターンをObjective-Cで - Proxy (1)

今回からは、Proxyパターンを取り上げよう。これが、構造に関するパターンの最後となる。

[13:00 6/8]

2007年06月04日(月)

Java API、使ってますか? 第14回 Webアプリケーション開発の要となるか - JSF 2.0がJSRに登場

JSF(JavaServer Faces)はJSPとServletの仕組みを利用してWebアプリケーションを作成するためのフレームワークであり、昨年リリースされたJava EE 5にも含まれるAPIだ。現在、JSFのエキスパートグループは次期バージョンにあたる「JavaServer Faces 2.0」の仕様策定に取りかかっている。今回は新しく提出されたJSRを元に、JSF 2.0の概要を紹介したい。

[15:54 6/4]

2007年06月03日(日)

Google Developer Day 2007 - 最終開催地サンノゼで「Mashup Editor」を発表

Google初の世界規模の開発者カンファレンス「Google Developer Day 2007」。オーストラリアのシドニーと日本の東京を皮切りに、北京、欧州、南米を経て、5月31日(現地時間)に米カリフォルニア州サンノゼで最後のイベントが行われた。シドニーや東京で発表されたGoogle GearsやMappletsに続き、米国では第3の新ツール「Mashup Editor」が紹介された。

[06:13 6/3]

2007年06月02日(土)

PHP 5.2.3登場 - PHPユーザは早急なアップグレードを

The PHP development team は6月1日(米国時間)、PHP 5系の最新版となるPHP 5.2.3を公開した。5.2.3はセキュリテ修正と安定性の改善が実施されたバージョン。5.2のリリースで生じていた2つのリグレッションバグ(非ブロックSSLコネクションにおけるタイムアウトハンドリングの問題、特定条件下におけるHTTP_RAW_POST_DATA欠如の問題)も修正されている。

[07:00 6/2]

2007年06月01日(金)

Apache傘下のBPELエンジン、Apache ODE 登場

The Apache ODE Projectは5月29日(米国時間)、初のインキュベータリリースとなる「Apache ODE 1.0」を公開した。これはソースコードの寄贈と数ヶ月におよぶ開発の結果とされている。Apache ODE(Orchestration Director Engine)はWS-BPEL標準にしたがって技術されたビジネスプロセスを処理するエンジン実装。Webサービスと協調動作し、メッセージの送受信や、プロセス定義にしたがったデータ操作、エラーリカバリのハンドリングを行う。

[23:36 6/1]

Spring Framework 2.1 M2登場 - アスペクトウェービングサポートほか

The Spring Framework Projectは2007年5月31日(米国時間)、Spring Frameworkの最新マイルストーンリリース版となる「Spring Framework 2.1 M2」を公開した。Spring FrameworkはJava EEアプリケーションフレームワーク。2007年5月14日(米国時間)にはマイルストーン初のリリースとなるM1が公開されている。

[23:22 6/1]

ダイナミックObjective-C 第78回 デザインパターンをObjective-Cで - Flyweight (2)

今回は、FlyweightパターンになるCocoaの実装を探ってみよう。Flyweightと言ってパッと思いつくのは、NSNumberクラスだ。NSNumberは、数値や論理値といったプリミティブ型をラップするためのクラスだ。数値の場合、同じ値を持つオブジェクトを繰り返し使うことになるので、Flyweightとは相性がよいだろう。

[14:00 6/1]

"最新"を追求するLinuxディストリビューション「Fedora 7」がリリース

Fedoraプロジェクトは31日(米国時間)、LinuxディストリビューションFedoraの最新版「Fedora 7」を公開した。バージョン2.6.21-1ベースのLinuxカーネルを採用、対応プラットフォームはIntel x86とx86_64、PowerPCの3種。Fedora Coreから「Fedora」に名称変更後初の正式リリースとなる。

[13:41 6/1]

JRuby on Grizzly登場 - GlassFishでのJRuby導入へつながるリリース

Jean-Francois Arcand氏は30日(米国時間)、自身のブログにおいてGrizzlyでJRubyを実行するためのモジュール「JRuby on Grizzly module」を公開したことを発表した。同モジュールは最終的にGrizzlyオフィシャルディストリビューションに含まれることになるとされている。

[10:00 6/1]

風変わりなAPI、JavaオブジェクトをSQLで操作 - JoSQL 1.8公開

The JoSQL Projectは5月30日(米国時間)、JoSQLの最新版となる「JoSQL 1.8」を公開した。JoSQL(SQL for Java Objects)は、Javaオブジェクトの集合に対してSQL命令を使ったさまざまな操作を提供するためのライブラリ。コレクションに対してSQLを使った検索やソート、グループ化といった機能を付加することができる。

[10:00 6/1]

チューリングマシンの動作を簡単確認 - Visual Turing Machine 2.0登場

Csaba Gajo氏は5月31日(米国時間)、Visual Turing Machineの最新版となる「Visual Turing Machine 2.0」を公開した。Visual Turing MachineはJavaで実装されたグラフィカルなチューリングマシン。チューリングマシンの動作を学習するにあたって、複雑な言語を記述せずともGUIからのクリックで体験できるところに特徴がある。

[09:00 6/1]

早速プログラミング! Google Gearsを使ったアプリを作ってみよう

5月31日に開催されたGoogle Developer Day 2007で発表され、一気に話題をさらった「Google Gears」。本稿では、そのGoogle Gearsを技術的な観点から解説したうえで、同アプリケーションを使用した簡単なサンプルをご紹介し、その魅力に迫ってみたい。なお、Google Gearsの概要については、「Google Gearsを組み込んだGoogle Readerを使ってみよう」を参照してほしい。

[05:18 6/1]

Google Gearsを組み込んだGoogle Readerを使ってみよう

5月31日に開催されたGoogle Developer Day 2007で発表され、一気に話題をさらった「Google Gears」。読者の中にも既にお聞き及びの方が多いだろう。本稿では、Google Gearsの概要、Google Readerをオフラインで使用したレポート、Google Gearsを使用した簡単なサンプルをご紹介し、その魅力にさっそく迫ってみたい。

[03:53 6/1]

2007年05月31日(木)

JavaOne 2007 報告会 - 有識者たちが取り上げるJavaOne 2007 注目トピックス

30日、日本Javaユーザグループなどが主催する「JavaOne 2007 報告会」が開催された。同報告会では、5月8日より開催されたJavaOne 2007に参加した一流のJavaエンジニア達が様々なトピックを発表。分かりやすいだけでなく、非常にユニークで興味深いものも数多くあった。また、200人入る会場はほぼ満杯で、Javaに対する注目度が依然として非常に高いことを感じるイベントとなった。文章ではその雰囲気がなかなか伝わりづらいとは思うが、講演者たちの言葉を借りつつ、Javaの世界で起きている潮流を簡潔にお伝えしたい。

[22:35 5/31]

Google Developer Day 2007 - MashUp on MashUpを実現する「Google Mapplets」、ほか

グーグルは31日、Googleのサービスに関心を持つ開発者を対象にした技術カンファレンス「Google Developer Day 2007」を開催した。Google Developer Day 2007は、世界10都市で同日開催されたイベント。GoogleのOSSに対する取り組みや、新たなアプリケーション/サービスなどの発表が行われた。ここでは、キーノートに登壇したグーグル シニアプロダクトマネージャー 及川卓也氏の講演を基に、今回発表されたアプリケーション/サービスについて紹介しよう。

[20:25 5/31]

Webアプリケーションのオフライン動作を可能にする「Google Gears」

米Googleは30日(現地時間)、Webアプリケーションをオンライン依存から解き放つ、Webブラウザ向けの拡張技術「Google Gears」を発表した。Googleをはじめ、従来型のSaaSアプリケーションでは、クライアントPCがWebに接続されている状態、いわゆる"オンライン"での利用が前提という制限がある。Google GearsはWebアプリケーションのオフライン状態での動作もサポートすることで、その利用範囲を大幅に拡張することが可能となる。Google Gears対応アプリケーション第1弾として「Google Reader」が公開されているほか、Gearsの技術自体はオープンソースとして公開されており、Google以外のベンダーでもアプリケーション開発が可能なように広く門戸が開かれている。

[19:53 5/31]

Mozilla Japan、24時間連続イベント「Mozilla 24」のコンテンツを公募

Mozilla Japanは31日、9月15日から16日にかけて開催する24時間連続イベント「Mozilla 24 ~Worldwide Continuous Event~」で実施するプログラムの企画を公募することを発表した。公募期間は、5月31日~6月30日までの約1ヶ月間。Mozilla 24実行委員会が選考し、8月上旬に結果を発表する。

[17:05 5/31]

Firefox 2.0系と1.5系のセキュリティ対策版が公開

Mozilla Foundationは30日(米国時間)、WebブラウザFirefoxの最新版「Firefox 2.0.0.4」と「Firefox 1.5.0.12」をリリースした。対応プラットフォームはWindowsとMac OS X、Linux。対応する言語ごとに用意されたバイナリパッケージは、同団体のWebサイト経由で配布される。Firefox 1.5系および2.0系のユーザーには、リリースから24~48時間以内に更新の通知が行われる予定。

[12:43 5/31]

Vistaサポートを強化したGUIツールキット「Qt 4.3」がリリース

Trolltechは30日(ノルウェー時間)、クロスプラットフォーム指向なGUIツールキットの最新版「Qt 4.3」をリリースした。移動端末向けにQtを最適化した「Qtopia Core 4.3」も同日リリース、ライセンスにGPLを採用したオープンソース版のソースコードは、同社Webサイト経由で提供される。

[12:27 5/31]

「Google Web Toolkit 1.4」の最新RC版リリース

米Googleは5月30日(現地時間)、同社のAjaxアプリケーション作成ツールの最新RC版「Google Web Toolkit(GWT) 1.4 RC」をリリースした。GWTはJavaで記述されたアプリケーションをAjax動作用にJavaScriptベースのものに変換するフレームワークで、現在はオープンソース化されている。GWT 1.4ではパフォーマンスの大幅改善が目玉となる。

[06:46 5/31]

iXsystems、BSD Mallを買収 - 着々とBSDポートフォリオの拡充を目指す

iXsystemsは2007年5月29日(米国時間)、cyLogisticsからBSD Mall部門を買収したことを発表した。BSD MallはFreeBSD、NetBSD、OpenBSD、DragonFly BSD、DarwinなどBSD関係のコミュニティに対してCD/DVD、T-shirt、帽子やそのほか販促グッズなどを販売している企業。

[00:02 5/31]

2007年05月30日(水)

漢のzsh 第14回 zshとscreenで最強のターミナル環境

今回はscreenというアプリケーションをお勧めしたい。screenはいわゆるVT100/ANSIターミナルエミュレータである。screenを起動すると、screenが代わりにターミナルを管理してくれる。ssh中にアクセスが切れてしまったり、X Window Systemが落ちてしまったりしても、screenが代わりにターミナルを管理してくれるので、もう一度screenに接続すれば元に戻る。なかなかの優れものと言えるだろう。

[13:25 5/30]

2007年05月28日(月)

Java API、使ってますか? 第13回 Webサービス経由でのJMX Agentへの接続を可能にするJSR 262

JMX(Java Management Extensions)はJ2SE 5.0から導入された、JavaアプリケーションやJVMの状態を監視/管理するための技術である。JMXでは監視/管理対象のリソースをMBeanと呼ばれるオブジェクトで表現し、アプリケーション側からはJMX Agent(MBean Server)を介してアクセスする。JMX Agentにはリモートからアクセスすることもでき、このJMX Remote APIを拡張し、WebサービスでJMX AgentにアクセスするためのConnectorを提供するのがJSR 262である。

[17:41 5/28]

2007年05月24日(木)

ダイナミックObjective-C 第77回 デザインパターンをObjective-Cで - Flyweight (1)

GoFのデザインパターンは、生成に関するもの、構造に関するもの、振る舞いに関するもの3つに分類されている。この連載では、順に紹介しているわけだが、構造に関するものの解説もいよいよ佳境に入ってきた。今回は、Fylweightパターンである。

[22:32 5/24]

イマドキのIDE事情 第7回 さまざまなLLに対応した軽量IDE"KomodoEdit"

今回はさまざまなスクリプト言語に対応したスタンドアロンの軽量IDEである「KomodoEdit」を取り上げたい。KomodoEditは、Windows向けのLLディストリビューションで有名なActiveStateから提供されている商用IDE「KomodoIDE」から一部の機能を取り除き、無償で利用可能としたものだ。本稿では執筆時点の最新版である「KomodoEdit 4.1.0」について、その特徴と主要な機能を解説する。

[17:20 5/24]

そろそろきっちりJavaScript 第9回 prototype.jsを読む(3)

前回に引き続き、prototype.jsを読んでいく。これを通じてJavaScriptプログラミングのポイントを確認していこう。

[12:40 5/24]

2007年05月22日(火)

機能アップで新登場! "Oracle JDeveloper 11g"を試してみる

先日サンフランシスコで開催されたJavaOne 2007にあわせて「Oracle JDeveloper 11g」のプレビュー版が公開された。JDeveloperはOracleが提供する無償のJava言語向け統合開発環境で、最新版の11gは久々のメジャーバージョンアップとあって、IDE全体に渡ってさまざまな機能強化や改善が行われている。本稿ではこのプレビュー版を用い、前バージョンである10gとの使い勝手を比較する。

[18:22 5/22]

2007年05月21日(月)

Java API、使ってますか? 第12回 Javaアプリケーションのモジュール化をサポートするJava Module System

Java SE 7における重要な機能強化のひとつとしてモジュラリティのサポートが挙げられている。その核となるのが「JSR 294: Java Language Modularity Support with Superpackage」と「JSR 277: Java Module System」の2つのJSRである。今回はJava Module Systemについて紹介したいと思う。

[13:23 5/21]

2007年05月17日(木)

ダイナミックObjective-C 第76回 デザインパターンをObjective-Cで - Facade (1)

今回からは、Facadeパターンを取り上げよう。Facadeは、複雑な構造に対して、簡単に使えるようにする「窓口」を提供するためのパターンだ。

[14:47 5/17]

漢のzsh 第13回 タブキーは最強だ - ファイルグロブもサクっと展開

bashやtcshからzshに乗り換えたというユーザ達に、意外にも知られていない機能がある。それがファイルグロブをタブで展開するという機能である。これはzshでも郡を抜いて便利な機能なので、ぜひ、知ってもらいたい。

[04:35 5/17]

2007年05月16日(水)

そろそろきっちりJavaScript 第8回 prototype.jsを読む(2)

前回に引き続き、prototype.jsのソースコードを読んでいこう。前回の記事掲載後、「Firebug 1.05」、「prototype.js 1.5.1」が正式リリースされている。前回の時点ではprototype.js 1.5.1_rc2を準備したが、せっかくなので正式版で読み進めることにしよう。なお、FirebugについてはライセンスがThe BSD Licenseへ変更されている。詳細については別掲の記事も参考にされたい。

[19:32 5/16]

2007年05月15日(火)

イマドキのIDE事情 第6回 EclipseでPHP開発! PHP Development Tools

EclipseはJava言語向けの統合開発環境として利用されることが多いが、プラグインをインストールすることでJava以外の言語での開発を行うことも可能だ。EclipseプロジェクトでもLL向けのプラグインの整備が行われつつあり、PDT(PHP Development Tools)プロジェクトではEclipseの標準Web開発プラットフォームであるWTPをベースにPHP向けの統合開発環境の開発が行われている。PDTは現在開発中であり、まだ正式版のリリースには至っていない。今回は執筆時点の最新版であるPDT 0.7 RC3の試用レポートをお届けする。

[16:44 5/15]

2007年05月11日(金)

漢のzsh 第12回 一時ファイルはもういらない - プロセス置換

zshにはプロセス置換(Process Substitution)と呼ばれる機能がある。これはファイルを指定すべき場所や、パイプとして処理すべきところを「コマンドやコマンドの組み合わせそのもの」を記述して処理するいう機能だ。コマンドをファイルのように扱えるものといってもよい。今回は、このプロセス置換について述べていく。

[21:26 5/11]

2007年05月10日(木)

ダイナミックObjective-C 第75回 デザインパターンをObjective-Cで - Decorator (2)

前回はObjective-CにおけるDecoratorパターンの実装を解説した。今回は、例によってCocoaでのDecoratorの実例を紹介しよう。

[23:02 5/10]

2007年05月08日(火)

Tim Bray氏が語る次世代Webテクノロジ - JavaOne 2007

8日から11日(現地時間)までの4日間、カリフォルニア州サンフランシスコのMoscone CenterにおいてSun Microsystems主催の2007 JavaOne Conferenceが開催される。前日、XMLの第一人者として知られるSun MicrosystemsのTim Bray氏に対する日本プレス陣によるインタビューが行われた。

[22:40 5/8]

ノーコーディングでデータ変換を実現! - Kettle 2.5.0登場

Kettle projectは4日(米国時間)、Kettleの最新版となる「Kettle 2.5.0」を公開した。Kettleは、ETTL(Extraction, Transformation, Transportation, Loading)を実施するためのJavaアプリケーション。メタデータを駆使して、ソースコードを記述することなく複雑なデータの変換処理を実現することを目指している。

[15:11 5/8]

迅速なアップデートを! セキュリティ対策が施されたPHP 5.2.2/4.4.7リリース

The PHP development team は3日(米国時間)、PHP 4系と5系の最新版となる「PHP 4.4.7」「PHP 5.2.2」を公開した。同リリースは4系と5系それぞれの安定版かつセキュリティエンハンスメント版という位置づけにある。ユーザやデベロッパは変更内容を吟味の上、アップデートを実施されたい。同チームはすべてのユーザに対してできるかぎり迅速なアップデートを強く勧めている。

[14:39 5/8]
  • <<
  • <

1/2

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事