マイナビニュース

チャンネル

急上昇ワード:
お知らせ

 

10月18日 09:00更新

現在地

総力特集

AI×生産性向上

官民を挙げて取り組んでいる働き方改革。AIを活用した生産性の向上は、そのうちの1つと言っても過言ではないだろう。本特集ではAI×生産性向上と題し、今後のAIを活用した生産性向上を取り巻く状況や、実際に導入している企業を紹介する。
画像認識を使ったマーケティングや自然言語処理による自動接客サービスなど、ビジネスでの利用が進む人工知能(AI)。技術の進化は従来不可能だったことを可能にすることも多く、思いがけない使い道を生み出すことも少なくない。今回はAIとIoTを組み合わせることで組織幸福度の可視化に成功し、改善のアドバイスをするサービスを開発した日立製作所 研究開発グループ 技師長の矢野和男氏に話を伺った。
[9:00 8/17]
昨今、AIを活用した生産性の向上に取り組む企業が増加している。アクセンチュアが昨年11月に発表した調査結果によると、AIの活用で2035年に先進12カ国の経済成長率は倍増し、労働生産性は最大40%の向上が見込めるという。今回、AIによる生産性向上やAIを取り巻く現状、今後の見通しなどの動向について、アクセンチュア マネジング・ディレクター デジタルコンサルティング本部 アクセンチュア・デジタル・ハブ統括の保科学世氏に話を伺った。
[11:00 8/9]
ソフトバンクは5月29日、新卒採用選考のエントリーシート評価にIBM Watsonを活用すると発表した。この内容や狙いなどについて、7月20日に都内で開催された「SoftBank World 2017」中で同社 人事本部 本部長 長崎 健一氏が「ソフトバンクの人事領域におけるHR Techの取り組み ~採用活動におけるIBM Watsonの活用~」と題した講演を行ったので、レポートする。
[11:00 8/8]
アクセンチュアは11月17日、2035年にAI(人工知能)により先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%の向上が見込めると発表した。
[3:30 11/18]
アクセンチュアは5月25日、「雇用・働き方の未来」についての説明会を開催し、テクノロジーの進展によって変化する雇用や働き方についての考えを述べた。そこで同社は、これから日本の労働市場で求められることは「スキル革命」だと提唱した。
[11:00 5/29]
アバナードは2月16日、今後数年の技術動向を予想するレポート「Avanade Technology Vision 2017」を発表したことに伴い、同レポートの内容に関する記者説明会を開催した。説明会では、来日した米Avanade CEOのAdam Warby氏が概要を説明した。
[11:00 2/27]