【コラム】

システムの評価、できてますか?

19 OSDL Database Test Suiteでデータベースを評価する

19/25

しばらくアカデミックっぽい話が続いたので、今回からはもう少し業務に直結した具体的な評価ツールを紹介していこう。

現在の業務システムに欠かせないものといえば、やはりデータベースである。蓄積される膨大なデータをデータベースシステムが効率的に処理できるかどうかによって、システムの性能は大幅に変わってくる。実際、当初の見込みどおりに性能が発揮されず、データベースのパフォーマンスチューニングのためにプロジェクトの進捗が大幅に遅れるといったケースは多くある。性能上のボトルネックを素早く特定し、短期間で問題を解決するためには、データベースシステム向けのテストツールを上手く使いこなすことが非常に重要である。こういったときに便利なツールが「OSDL Database Test Suite」だ。

OSDL Database Test Suiteは、OSDL(OpenSource Development Labs)が開発したデータベースシステム向けの統合テストスイートで、目的に応じて異なる以下の4種のテストに分かれている。

テスト
説明
DBT-1オンライン書店を想定し、Webアプリケーションのトランザクションをシミュレートするテストを行う。TPC-Wに相当
DBT-2卸売業者の部品在庫検索処理や顧客情報更新処理のような、複数ユーザによるオンライントランザクション処理をシミュレートする。TPC-Cに相当
DBT-3意思決定支援システムを想定し、リアルタイム性の高い並列データ処理をシミュレートする。TPC-Hに相当
DBT-4アプリケーションサーバとWebサービスによる企業間取引の環境(所謂B2B)を想定したテスト。TPC-Appに相当

それぞれのテストは、データベースの定量的な性能評価ではデファクトスタンダードといえる「TPC」(Transaction Processing Performance Council)ベンチマークの仕様に準じて実装されている。ただしTPCの仕様を完全に満たすものではないので、OSDL Database Test Suiteによって得られた結果をTPCベンチマークの結果と混同しないよう注意が必要だ。例えば、TPC-WとDBT-1の結果を比較しても、何も意味のある結論は得られないということだ。

さて、OSDL Database Test Suiteは「OSDL」が開発したぐらいなので、当然そのターゲットはオープンソースのデータベースである。DBT-1、DBT-3は、PostgreSQLと、MySQL ABのMaxDBに対応している。MaxDBは、Adabas Dからオープンソース化されたSAB DBを経て、MySQL ABがライセンスを取得および販売しているデータベースシステムである。DBT-2は、この2つに加えMySQL 4.0以降にも対応している。DBT-4については、今のところWebサイト上に記載がないが、リソース本体を見るとPostgreSQLは対象としているようだ。

なお、テストを実行するオペレーティングシステムにはちょっと注意が必要である。OSDL Database Test SuiteはMac OS Xを含むBSD系のシステムと、Linux、SolarisなどのPOSIX準拠のシステムで動作する。現在はMySQLもPostgreSQLもWindows上でネイティブに動作するようになっているが、OSDL Database Test SuiteをWindows上で実行することはできない。そのようなわけで、次回はまずOSDL DBT-1によるテストの手順を紹介していくことにしよう。

なお、OSDLは今年、Free Standards Groupと合併してThe Linux Foundationとなっている。

19/25

インデックス

連載目次
第25回 Webサーバの定量評価 - アクセスログとデータマイニング
第24回 「OSDL DBT-1」を試してみる - DBT-1の出力結果
第23回 「OSDL DBT-1」を試してみる - テストを実行してみよう
第22回 「OSDL DBT-1」を試してみる - テストを実行するための最終的な設定
第21回 「OSDL DBT-1」を試してみる - サンプルデータの作成
第20回 「OSDL DBT-1」を試してみる
第19回 OSDL Database Test Suiteでデータベースを評価する
第18回 トリアージ値の定量化はいかにして行われたか
第17回 トリアージ値、ご存知ですか?
第16回 セキュリティの国際基準を見てみよう
第15回 セキュリティの定量評価(1)
第14回 使いやすさの定量評価 ユーザの操作をロギングする
第13回 「使いやすさ」の定量評価
第12回 ハードディスクの温度をグラフ化する
第11回 もっと高度なS.M.A.R.T監視を体験
第10回 ハードディスクをS.M.A.R.Tで診断
第9回 Webサーバの信頼性を計算したい! - 信頼性と「バスタブ」のいろいろ
第8回 信頼性評価のキホン
第7回 身近な定量評価 - sa2で毎日のレポート
第6回 身近な定量評価その4 - Mac OS Xでの情報収集
第5回 身近な定量評価その3 - perfmon.exeで継続的に情報収集
第4回 身近な定量評価その2 - Windowsのperfmon.exeを使ってみる
第3回 定量的な評価を身近で体験してみる
第2回 定性的と定量的って?
第1回 「反省」するだけじゃダメ、失敗を評価してますか?

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事