【コラム】

知っておきたいiPhone設定集

10 iPhoneの文字入力を完全マスター(2)

10/18

前回に引き続き、iPhoneの文字入力について紹介していく。今回は、「フルキーボード」「テンキー」「絵文字」の詳しい使い方を紹介する。まずは、フルキーボードの使い方から見ていこう。

フルキーボードの使い方

フルキーボードは、標準で英数入力用の英語フルキーボードとローマ字入力用の日本語フルキーボードの2種類が利用できる。各フルキーボードは、数字入力モードと記号入力モードへの切り替えが可能だ。また、フルキーボードにはボタンをタップすると、タップしたボタンの上に現在タップ中の文字がポップアップ表示される仕組みが用意されている。

iPhoneでは画面をタップした瞬間ではなく、画面から指を離した時点で操作に反応する仕組みになっている。画面をタップしたら指を画面から離す前にポップアップ表示されている文字を確認し、間違ったボタンを押していたらそのまま指を離さずスライドさせて、正しい文字が表示された時点で指を離すように心がけることでミスタイプを防ぐことが可能だ。

さらに、一部のボタンはタップし続けることで「Ö」「Ü」のようなウムラウト付きのアルファベットや、全角・半角記号、「$」と「\」「£」など、形状や用途の似た文字や記号がポップアップする。ポップアップさせた状態で、指をスライドさせて選択すれば、これらの文字を入力することが可能だ。

特に「連絡先」や「メール」などの対応アプリでメールアドレスを入力する際に表示される特殊なフルキーボードでは、「.」をタップし続けることで、「.com」「.co.jp」といったドメイン名を素早く入力できるので、ぜひ活用したい。

フルキーボードの左下にある「123」と書かれたボタンをタップすることで、数字入力モードに切り替えることが可能だ。なお、「←(赤丸部分)」ボタンはバックスペースキーで、カーソルの左にある文字を削除できる

大文字入力をしたい場合には「↑(赤丸部分)」ボタンをタップしてから入力したい文字を続けてタップする。「↑」ボタンをダブルタップすればCapsロック状態となり、大文字を続けて入力できる。Capsロックを解除するにはもう一度「↑」をタップすればOKだ

数字入力モードの画面。数字の他にも一部の記号も入力できる。ここにない記号は左下の「#+=」と書かれたボタンから記号入力モードに切り替えて利用する。「ABC」ボタンをタップすれば、通常のアルファベット入力モードに戻ることが可能だ

記号入力モードの画面。数字入力モードに戻るには「123」ボタン、アルファベット入力モードに戻るには「ABC」ボタンをタップしよう

日本語フルキーボードの画面。使い方は基本的に英語フルキーボードと同じだ。画面タップ時にタップ中の文字がポップアップ表示される点も変わらない

日本語フルキーボードの数字入力モードだ。「。」や「、」が用意されている。その代わりに「.」や「,」は記号入力モード側に移動している

日本語フルキーボードの記号入力モード。こちらも英語フルキーボードとは若干記号の並びが変わっているのが分かる

メールアドレス入力中のフルキーボード。「space」ボタンが「@」ボタン「.」ボタンの3つのボタンに分割される。「.」ボタンをタップし続けることでドメイン名が入力できるのは便利

SafariでURLを入力中のフルキーボード。「space」ボタンが「.」「/」「.com」の各ボタンに変化している。「.com」ボタンをタップし続ければ「.co.jp」などの他のドメインも入力可能だ

続いて、「テンキー」「絵文字」の詳しい使い方を紹介する。

10/18

インデックス

連載目次
第18回 MMSの迷惑メールブロックの設定(5)
第17回 MMSの迷惑メールブロックの設定(4)
第16回 MMSの迷惑メールブロックの設定(3)
第15回 MMSの迷惑メールブロックの設定(2)
第14回 MMSの迷惑メールブロックの設定(1)
第13回 iPhoneの文字入力を完全マスター(5)
第12回 iPhoneの文字入力を完全マスター(4)
第11回 iPhoneの文字入力を完全マスター(3)
第10回 iPhoneの文字入力を完全マスター(2)
第9回 iPhoneの文字入力を完全マスター(1)
第8回 My SoftBankを使いこなす「MMS編(2)」
第7回 My SoftBankを使いこなす「MMS編(1)」
第6回 My SoftBankを使いこなす「Eメール(i)編(2)」
第5回 My SoftBankを使いこなす「Eメール(i)編(1)」
第4回 My SoftBankを使いこなす「サービス変更手続き編」
第3回 My SoftBankを使いこなす「オンライン料金案内編」
第2回 My SoftBankを使いこなす「ユーザー登録編」
第1回 My SoftBankを使いこなす「はじめに」

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事