【コラム】

エンジニアのための英語術

15 「正しい英語」のはずなのに通じない - 1つの結論と複数のサポート

15/54

iPodで音楽を聞き、Wiiでゲームを楽しみ、デジカメを持って旅に出て、ビジネスマンはみなノートPCを持ち歩いている…これは日本だけの現象でしょうか。いえいえ、米国もまったく同じです。米国のモノは日本に渡り、日本のモノは米国に渡り、人々は国の違いにかかわらず似たようなモノを持って暮らしています。物質文化という点では日本と米国はかなり近い国どうしではないでしょうか。

ところが、精神文化という点では驚くほど大きく違います。そして、この違いは英語を聞く/話す/読む/書くときすべてに影響してきます。文法的には正しいはずの自分の英語をどれだけわかってもらえるかは、文化の違いをうまく英訳できているかにかかっています。今回は英語を使う場合にどのような精神文化の違いに気をつければいいかの話しましょう。

"What is the point?" - 要点を先に言うクセ

まず最初に、英語を書く/話す場合には「何が要点なのか」を明らかにすることから始める点に気を付けましょう。日本語の場合、「これこれしかじかで、……なので、こういうことになります」という順番になりがちですが、これは英語ではやってはいけません。英語はwhat-is-the-point cultureですから、これからはじめるスピーチの、あるいは読んでもらうドキュメントのポイントは何かを最初に言います。英語でドキュメントを書いたり、スピーチを準備する場合は、ためしに「The point is...」というフレーズで言ってみてください。このフレーズに続けられるような内容でスピーチが始まっていればa good startです。ニュースを見聞きしていると、概要を説明したあとレポータに「What is the point?」といきなり聞くニュースキャスターは少なくありません。「なぜ自分はこの英文を書いたのか」を冒頭で述べているかどうか、自問してみてください。

ポイントの次はそのポイントのサポートや実例ですから、「the reasons why readers/audiences must read/listen to my document/speech」の答えを明確に複数挙げているかをチェックしてください。最初に述べたポイントとの関連が明らかであるかどうかも重要なチェック項目です。これだけではわかりにくいでしょうから、簡単な例で説明しましょう。

英語で会社を休むのはタイヘン!

「風邪をひいたので、会社を休みます」がとても日本語的な表現だということはわかるでしょうか。英語の視点では、「風邪をひいた」という表現はあいまいで、そのあとに「会社を休む」と続けるにはギャップもあります。英語だったら、「会社を休みます。というのも、熱が37.5度あって平熱よりもずいぶん高くて、くしゃみや鼻水も出るんです。仕事をしても効率は悪いと思うし、風邪だったらほかの人に移してはいけないし、医者にも行った方がいいと思っています」となるでしょう。

まずは「会社を休む」というポイントを述べて、「熱」「くしゃみ・鼻水」「効率」「うつす」「医者」の合計5つの明確なサポートを行っています。これが英語的なものの言い方です。このようないい方は理解するだけではなかなかできないものです。慣れるためには日本語でいいので、ポイントに続くサポートを言ってみるトレーニングをするといいかもしれません。たとえば、自分の好きなプログラミング言語、あるいは開発環境を1つだけ選んで、次に好きな理由を10挙げてみるなどです。

英語で仕事をしなければならない場合には英語らしいもののいい方だけではなく、business ethicsと言われる、精神文化の理解も必要かもしれません。たとえば、日本社会には「そのようなことを言ったら角が立つ」と、モノをはっきり言わずコトを円満に進める文化がありますが、米国にこの文化はありません。米国では、自分の意見/要求をはっきりと主張するのがよしとされています。正しいかどうか、ふさわしいか、効果的か、などは意見を述べる時点では重要ではないのです。

正しいかどうかは、意見を述べたあとで行われる討論の結果で判断されるのが一般的のようです。誰もが「自分はこのように考える、その理由はあれに、これに……」のように自分なりの考えを持っていて、いろいろと説明できるところはすばらしいのですが、討論がエスカレートして言い争いになることも珍しくありません。そうした言い争いが嫌で、東アジア的な和を重視するethicsに憧れを感じる人もいるほどです。ただし、ほとんどの米国人は「和」を重視する社会に違和感を持ちます。英語のクラスで日本と米国のbusiness ethicsの違いについてスピーチを行ったことがあるのですが、米人の先生からは「自分はアメリカでよかった。他人との和を気にするなんて考えられない」との感想をいただきました。

"違う"からこそfriendlyで行こう

誰もが自分の意見を主張し合うような社会だからかもしれませんが、米国では同僚がfriendlyであるかどうかを重視する人は多いようです。いっしょに仕事をする人はfriendlyな人じゃないと嫌だと思っているほどです。誰かに会ったら必ず「Hi! How are you?"(若い人なら "What's up?")」と挨拶をし、時間が許せば、自分の家族の話や最近あったことなど、実にさまざまな話をして親交を深めます。米国は"diversity"という言葉を頻繁に見聞きするところ、誰もが違うので、お互いを理解し合うために話をする必要があるのかもしれません。ですから、そこで話しに加わらない人はfriendlyであると思ってもらえないので、機会があったら何でもいいので話をしてみてください。自分のことを理解してもらえる度合いが上がるのではないでしょうか。

日本人社会は比較的均質で、同じような価値観を持ち、同じように感じ、行動しています。すべてを言わなくても「わかるでしょう、ね?」で通じてしまう部分すらあります。ところが、米国は違う価値観を持ち、違う宗教理念に従い、違う出身国とその文化の中で暮らしている人々が集まっているところです。できるだけ多くのことを明解に言い、説明し、自分を理解してもらうのが習慣になっています。米国人と仕事する場合はこうした精神文化の違いを理解して、言葉だけではなく、文化も含めた英訳に気を付けると、より自分の英語をわかってもらえるようになるのではないでしょうか。

提供:マイナビ転職エージェント

「マイナビ転職エージェント」は、株式会社毎日コミュニケーションズが運営する、人材紹介会社仲介型の転職サイト。

あなたのキャリアやスキルをプロのコンサルタントが丁寧に判断して、成功転職へ導きます。第三者があなたの市場価値を判断する「紹介型転職」は、転職界の新スタンダード。ぜひあなたが納得できる転職を実現してください。

15/54

インデックス

連載目次
第54回 英語らしい英語を実現する"適切な主語" - 無生物主語と人称主語の使い分け
第53回 重要なのは受け手を混乱させないこと - 定冠詞"the"再考
第52回 型破りの次期大統領候補・Barack Obamaが米国の若者をinspireした理由とは
第51回 日本人を永遠に悩ますa/an/theと複数形の使い分け
第50回 ブログ/SNSにも文化の違い - 日本でFacebookは受け入れられるのか!?
第49回 旅行/出張で気をつけたい"数字"に対する感覚の違い
第48回 歌詞に思いをはせて口ずさむ - 英語の歌でディクテーション
第47回 英語らしさを増してくれる"relative clauses"をもう一度
第46回 "だって飽きたから"で世界の経済をかき回したsubprime ledners
第45回 緊張感もほどほどに - 英語でプレゼンテーション その4
第44回 限られた時間を有効に使うための構成テク - 英語でプレゼンテーション その3
第43回 論理のルールに従って主張を整理する - 英語でプレゼンテーション その2
第42回 発音よりも語彙よりも大事なこと - 英語でプレゼンテーション その1
第41回 そのレポートは誰のため? - 英語でnote-takingのコツ その3
第40回 事前の準備とスピーチの最初がポイント - 英語でnote-takingのコツ その2
第39回 流れる言葉をどうcatchする? - 英語でnote-takingのコツ その1
第38回 ホンモノの格差社会を米国の医療制度に見る - 大統領選でも要注目!!
第37回 米国に住めば英語はペラペラの幻想 - 住んでるだけじゃダメなんです
第36回 現在、過去、未来…いったいどの時点の話なの? - 日本語と英語の不一致
第35回 生死がかかれば、英語なんて怖くない!? 病院と警察で意思疎通を図るには
第34回 発言しない日本人、自己主張が強い米国人
第33回 日本人のあこがれ? "映画を字幕なし"で楽しめるようになるには
第32回 Googleよりヤフーが日本で受けるワケ - 日米"流行りモノ"考
第31回 Rubyの隆盛に思うこと…四苦八苦した翻訳ボランティアの思い出
第30回 単語の結びつきにはルールがある - "collocations"を覚えよう
第29回 英語学習に王道なしというけれど…"効率的な勉強法"はありますか?
第28回 読むチカラと聞くチカラの相関関係
第27回 米国社会に深く根付く"小切手"のチカラ
第26回 Don't be shy! - ときには無礼にもなりかねない"恥じらい"を克服する
第25回 慌てず、騒がず、はっきりと - 電話の英語はコツがいる
第24回 笑って許されないこともある!? ヘンテコ英語にはご注意を
第23回 プレゼンの達人はエッセイもexcellent - Steve Jobsの手紙の論理性
第22回 Summarizationその2 - annotatingと要約を実際に行ってみる
第21回 Summarization - 要約の目的とannotationの重要性
第20回 英語慣れしていない日本人を苦しめる"動詞"の難しさ
第19回 笑顔疲れしないために - フレンドリーに会話を進めるコツ
第18回 仕事で必要な資料を効率よく読む方法 - 一度で理解しようと思うことなかれ
第17回 和→和→英のプロセスを経てより英語らしく - 直訳してはいけない和文とは
第16回 まずは日本語でブラッシュアップ - 英語の論理の組み立て方をトレーニング
第15回 「正しい英語」のはずなのに通じない - 1つの結論と複数のサポート
第14回 英文法の必要性 - 外国人だからこそ身につけたい論理の仕組み
第13回 IT用語も実は日常用語 - 単語全体のイメージを掴んでボキャ貧脱出!!
第12回 英文ライティング事始め(2) - 実際に"complaint letter"を書いてみる
第11回 英文ライティング事始め - 本当の"business letter"を書いてみる
第10回 口から英語が出てこない! パニックに陥らないための会話学習テクニック
第9回 英語での情報収集も"main idea"を意識する
第8回 英語らしいアクセントで話す - 強弱はっきり、リズミカルに
第7回 "英語らしい発音"への果てしない挑戦
第6回 通訳ナシでテクニカルスピーチを聴かなきゃならない、さあどうする!?
第5回 絶え間なく襲いかかる音の洪水と闘う - 単語のつながりと切れ目を探そう
第4回 リスニング上達のカギ -- とにかく最初の部分を聞き取ろう
第3回 強い思いの主張こそ、感情的ではなく論理的に展開する
第2回 たかがリーディング、されどリーディング - エッセイスタイルをモノにせよ
第1回 まずは「英語でなくちゃ、ダメなんだ」な状況を作り出す

もっと見る

提供:マイナビ転職エージェント

「マイナビ転職エージェント」は、株式会社毎日コミュニケーションズが運営する、人材紹介会社仲介型の転職サイト。

あなたのキャリアやスキルをプロのコンサルタントが丁寧に判断して、成功転職へ導きます。第三者があなたの市場価値を判断する「紹介型転職」は、転職界の新スタンダード。ぜひあなたが納得できる転職を実現してください。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報