【コラム】

どこでもサイエンス

101 アインシュタインの方位磁石 - サイエンスな人の一品

101/113

この記事を読んでいるあなたは、どこかサイエンスが好きなんですよね? では、どうしてそうなったのか? 「原点」、ですなー。これは、もう人それぞれなので、東明ごときが想像してもしょうがありません。ということで「どこでもサイエンス連載100回突破記念」として、そんな原点を、サイエンス好きを越えて仕事にしているみなさまに聞いてみました。で、なんだかばらつきが少ないので、そんなハズではと思っているのですが。

サイエンスを仕事にしている人といえば、科学研究者、エンジニア、農業、職人、医療関係者、コンピュータ関係者、理科などの先生、理系書籍やWebサイトの編集者、ライター、SF関係者など、まあ、いろいろでございます。で、どうしてそういう、理系な進路をとったのかというと、家業を継ぐとかでなければ、たいていは「まあ、そっちの方が好きだったし」という声がよく聞こえてくるのでございます。

で、そのなかで極北と思われるのが、20世紀を代表する物理学者、アルベルト・アインシュタインですね。そう、あの相対性理論を提唱し、世界が喝采の喜劇王チャップリンをして「誰もあなたを理解できないので、あなたは世界から喝采を受けている」といわしめた、アインシュタインでございます。

このアインシュタインは、なぜ、科学の人になったのでしょうか。その最初のきっかけは、4歳か5歳のときに父親に見せられた方位磁石なのだそうです。目に見えない力が物を動かす現象に魅了されたから。なんだそうですね(ミチオ・カク「アインシュタイン」WAVE出版より)。

では、この「アインシュタインの方位磁石」にあたるものは、なんなのか? を色々な人に聞いてみました。まずは、マイナビニュースの宇宙ジャーナリストの双璧。大塚さんと鳥嶋さんでございます。

大塚実さん「私はボイジャー探査機でしたね。鮮やかな惑星の撮影画像に圧倒されました」

鳥嶋真也さん「学研の「科学」を読んでいたことや、小学2年のときの担任の先生が科学好きだったこと、そのころに多くの自然に触れたり、天体望遠鏡で木星や土星を見たことなど…」

ボイジャー、学研の「科学」、天体望遠鏡で木星と土星、科学好きな先生、自然に触れた、とでてまいりました。

ボイジャー探査機は、1977年に打ち上げられ、40年たった2017年現在も運用が続いている! という、惑星探査機ですね。超高速で木星や土星の脇をすりぬけながら観測をするため、自在に向きを変えられる高感度カメラが搭載されました。ちなみに、解像度はモードによって違いますが、最大で800×800ピクセルでした。それまでの探査機より格段な高解像度+多色フィルターでカラー写真が撮影できた。というわけで初観測多数の映像の新鮮さ+鮮明さのダブルアタックで衝撃だったんですなー。

太陽圏を脱出するボイジャー1号のイメージ (C) NASA/JPL-Caltech

学研の「科学」は、1年の科学、2年の科学…とある学年雑誌ですね。1957年に創刊し、2009年に休刊しています。この「○年の科学」の付録は、プラスチックをつかった教材で「望遠鏡」や「顕微鏡」「化学実験セット」などがありました。マイナビ出版のIT技術書編集の山口さん、あとで登場するSF作家の小川一水先生もやはり「○年の科学の購読」をあげています。うち山口さんは、そして「高学年になったら「天文ガイド」を買い上野科博の友の会に入りました」とのことでした。

ところで、この"天文ガイド"は、誠文堂新光社の月刊天文雑誌です。同社が古くから刊行している「子供の科学」からわかれた中学生~大人向けの専門誌ですね。宇宙飛行士試験に何度かチャレンジし、最終選考まで行った実力者5thstar管理人さんも、"天文ガイド"をあげています。氏は「とある田舎町」で育ったとのことですが、父親の書斎から"天文ガイド"を発見したとのこと。小学校2年生といいますから、結構難しかったはず。母親に読んでもらって…というエピソードがメルマガに紹介されています。…父の本か、父の本といえば…やめとこ。

一方、元研究者で物理専門書の翻訳も多数されている樺沢宇紀さんは「特に明確なきっかけのようなものはありません。子供の頃のことでいえば、親がわりあい、科学系の学習漫画なんかを買い与えてくれたこと、小学校の担任で、SFが好きで紹介してくれるような人がいたこと、などに影響されているかもしれません」と教えてくださいました。このSFと学習漫画、小学校の環境は、人気SF作家の小川一水先生も「児童向けSFが好きだった、小学校が比較的理科教育に好意的だったなど、あと、学研の「○年の科学」とひみつシリーズ」とあげています。

ここで登場する学習漫画ですが、欧米の書店ではそういうのを見た記憶がないので、わりと日本・韓国の文化なのかしらん。理系では学研の「ひみつシリーズ」がベストセラーですね。その前に集英社の「なぜなぜ理科学習漫画」もありますね。また、いま書店にいくと韓国発の「サバイバル」シリーズがならんでいます。インドネシアなどでも人気だそうですね。このうち、小川先生もあげていた「ひみつシリーズ」は私も夢中になっていましたよ。特に「宇宙のひみつ」「恐竜のひみつ」ですね。

SFで開眼した方もいらっしゃいます。先ほどの小川先生は「児童向けSF」とおっしゃっています。少年少女世界SF文学全集とか、そんな形ででていたものですね。古典のジュール・ヴェルヌ、ウェルズ、アイザック・アシモフ、バローズ、E.E.スミス、ハインライン、アーサー・C・クラーク、光瀬龍などが浮かびますね。学校図書館で江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズとならんで人気だった記憶があります。小川先生の世代だともうちょっと後の作品かな。

また、宇宙クラスタの「はいてんしょん」こと武田誠さんもアシモフのSF「ファウンデーション」シリーズをあげています。銀河英雄伝説などに影響を与えたといわれた作品です。私はというと、ジュール・ヴェルヌの全集ですが、どっちかというと冒険ものとして読んでいた気がします。科学的冒険。それが心を掴むのですよね。

また、アイザック・アシモフといえば、SF作家と同時に、社会批評家とか科学解説者としても活躍した人です。まあ「ロボット3原則(ウィキペディアではロボット工学三原則)」の提唱者として有名ですね。これが提唱された「I,Robot(邦題:われはロボット)」は、そのまんまロボット掃除機のルンバの製造販売元の社名ですな。まあ、ちょっと意識したってくらいみたいですけど(iRobotのiは、internetの"i"だと言っていますね)。お医者さんで医療の普及書も書かれている、なとろむさんは「アシモフの科学エッセイ」をあげられています。あんなエッセイ書けたらなぁ、とあこがれる名エッセイ集ですね。

あと、テレビ番組をあげた方もいらっしゃいます。平塚市博物館の学芸員である塚田さんはNHKの「銀河宇宙オデッセイ」を。先ほどの武田さんと、会津大学の先生である寺薗淳也さんは、朝日放送系で放送された、アメリカのテレビ番組「COSMOS」をあげています。惑星科学者であり、ピュリッツァー賞をとった異才カール・セーガンをキャスターにした宇宙紹介番組ですね。教養番組なのに視聴率が10%を越えていたというお化け番組でした。

ところで、ここまで紹介してきて「アインシュタインの方位磁石」のような「モノ」をあげた方がいないことに気がつきました。あえていえば、寺薗先生が「地図が好きで夢中になっていた」と語ってらっしゃいますが、「電子ブロック」とか「ラジオ工作」とか「時計分解して遊んだ」とか「砂鉄」とか「積み木/ブロック」とか「マッチ」とか「望遠鏡」とかそんなものがでてきていませんねー。あの宮沢賢治は石に夢中になっていたそうですが、いや、聞き方がわるかったかな。科学、理科的な「思い出の品」ってなんですか? という質問の方がよいかな-。

みなさんは、いかがですか。よかったら、Twitterの@dokosciにメンションいれてくださいね。ではでは。

著者プロフィール

東明六郎(しののめろくろう)
科学系キュレーター。
あっちの話題と、こっちの情報をくっつけて、おもしろくする業界の人。天文、宇宙系を主なフィールドとする。天文ニュースがあると、突然忙しくなり、生き生きする。年齢不詳で、アイドルのコンサートにも行くミーハーだが、まさかのあんな科学者とも知り合い。安く買える新書を愛し、一度本や資料を読むと、どこに何が書いてあったか覚えるのが特技。だが、細かい内容はその場で忘れる。

101/113

インデックス

連載目次
第113回 アップル…いや、グレープコンピュータ
第112回 太陽フレア、とりあえず知っとく?
第111回 土星を巡って13年 - 土星探査機カッシーニ・2017年9月15日に最後の日(後編)
第110回 土星を巡って13年 - 土星探査機カッシーニ・2017年9月15日に最後の日(前編)
第109回 世の中を変えた発明、なんでしょう。
第108回 ハイテク素材と赤い炭
第107回 8月7日(月)深夜・月食を見よう!
第106回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 下半期・その2
第105回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 下半期・その1
第104回 予言者? ジュール・ヴェルヌ
第103回 幻の毎日新聞プラネタリウム館 - 東日(毎日)天文館
第102回 地球は、どう、動いてる?
第101回 アインシュタインの方位磁石 - サイエンスな人の一品
第100回 アストロバイオロジーって、何それ、オイシイの?
第99回 太陽はスゴイ? - 成績発表会
第98回 実験装置、見たい?
第97回 地図と星は仲がいい
第96回 山が変える惑星の模様
第95回 ほとんどの星は爆発しない
第94回 それも「バラ科」ですか……!?
第93回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編その2
第92回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編その1
第91回 流れ星を見つけるコツ
第90回 コピー機の発明について、調べてみたよ
第89回 いにしえの中国やインドの宇宙
第88回 「火星の呪い」が発動
第87回 来年のノーベル賞予想ごっこ
第86回 天文学研究のため、レンジは使わないでください
第85回 カフェでリア充、科学者ハレー
第84回 お月見の日は、どう決まる?
第83回 たまご、熱すると固まるナゾ
第82回 8月12日のペルセウス座流星群と黒い彗星
第81回 絶滅のサイエンスとリョコウバトとウナギ
第80回 ジュノー探査機、木星到着
第79回 「ニホニウム」で知ったかぶりをするための知識5連発
第78回 2016年の「宇宙どうでしょう?」 (下半期)
第77回 増やせばワカルDNA - 「PCR」のお話
第76回 宇宙人を探すなんて、できるの?
第75回 海がない国 スイスで生まれた深海潜水艇
第74回 とりあえず春は、北斗七星。
第73回 くらべてワカル!? 宇宙の世界
第72回 さくらが春に咲くのは、寒さを越えるプログラムがあるから
第71回 ひさしぶりの日食のお知らせ - 日本は2016年3月9日午前11時前後
第70回 「重力波」つかまえました
第69回 春のこよみのサイエンス
第68回 火星をざっくり知っておきましょー
第67回 冬はハワイが近い!? - ジェットストリーム
第66回 2016年の「宇宙、どうでしょう?」(上半期)
第65回 年間最多の流れ星が見える! 12月14日夜はふたご座流星群
第64回 毒についてチョット調べてみました
第63回 凧とかみなり、フランクリン
第62回 はやぶさ2も見られるの?? 人工衛星を見るはなし
第61回 ノーベル賞をゲットしたニュートリノ探知装置
第60回 科学者が、虹遊びをすると…
第59回 日本人は、元素の名づけ親になれるか!?
第58回 数字のケントーをつける話=フェルミ問題
第57回 「星の名決定」総選挙に参加できるぞ!
第56回 夏休み、おてがるサイエンス
第55回 冥王星に接近しました
第54回 硬い冷たいダイヤだよ
第53回 2015年の「宇宙、どうでしょう?」(下半期)
第52回 潜水艦を発明した愛すべきおっさん
第51回 冥王星まめちしき10連発(ビフォー編)
第50回 ジュラ紀とかエディアカラとか、実はローカルな地名ばかりの地球の歴史年代
第49回 夜空の神2共演 - 金星と木星が接近するぞ!
第48回 キャンディをかむと光るのは本当か?
第47回 2015年4月4日夜9時。むこう3年ない皆既月食をみのがすな!!
第46回 浦島太郎とか双子とかとカーナビなサイエンス
第45回 100万年かけて、あったかいーの
第44回 電話より先に発明されたファックス
第43回 世界の「宇宙窓」から
第42回 圧力鍋は、できそこないのエンジン!?
第41回 2015年の「宇宙、どうでしょう?」(上半期)
第40回 12月13~14日は、年に一番流れ星が多い時期
第39回 はやぶさ2、打ち上げそして旅の友
第38回 これだけ知っとこ、小惑星探査機「はやぶさ2」
第37回 誘導ミサイルとポップコーン
第36回 地球上の生物は推定870万種。実はその9割が発見されていない
第35回 祝・日本のお家芸・青色LEDがノーベル賞
第34回 2014年10月8日夜8時。ゼッコーの皆既月食をみのがすな!
第33回 シロウトにチャンス到来・惑星の名前をつけられるぞ!
第32回 スゴイぜ! 彗星探査機「ロゼッタ」
第31回 天才&変人キャベンディッシュ
第30回 渡り鳥が作るV字型編隊の謎
第29回 やってはいけない!サイエンス
第28回 フロッピーの栄枯盛衰
第27回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 下半期編その2
第26回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 下半期編その1
第25回 100円で作れるちょっぴりキケンな科学オモチャ「アストロ・ブラスター」
第24回 5月24日土曜夕方に本当にでるのか!? - 「きりん座流星群」
第23回 いま、サイエンスで一番アツイ? - タンパク質ギョーカイをのぞく
第22回 英国科学雑誌のQ&Aコーナー - そんなに熱くなるなんて…
第21回 2年2カ月に1度のチャンス! - 火星ただいま接近中
第20回 科学なパーソナリティ列伝
第19回 今年が寒いのは太陽のせい? - 実は暗い太陽の未来
第18回 日本に降る雨は「だいたい雪」、だそうです
第17回 どこでもサイエンス-チョコレートは惚れ薬?
第16回 江戸時代からある「クローン」
第15回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編
第14回 謎実験 - ニュートンビーズ
第13回 12月14日はふたご座流星群の日! - サクッとわかる観察ポイント
第12回 新月が出たぞという意味の「カレンダエ」からはじまった「カレンダー」
第11回 気持ちよく歌えるエコーのおはなし
第10回 ノーベル賞を楽しむネタ知識あれこれ(後編)
第9回 ノーベル賞を楽しむネタ知識あれこれ(前編)
第8回 ただいま接近中 ‐ アイソン彗星
第7回 信号ひとつは70ワット - 交通信号機にまつわる科学のはなし
第6回 いますぐ使える「月」の知識11連発(後編)
第5回 いますぐ使える「月」の知識11連発(前編)
第4回 飲める「リトマス試験紙」
第3回 カンタン工作 - 百均虫めがねで「カメラ箱」を作ろう
第2回 8月12日と13日の夜はペルセウス座流星群を観察しよう
第1回 教科書を覗いてみよう - 小学校3年生の理科より「明かりをつけよう」

もっと見る



関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事