【コラム】

どこでもサイエンス

72 さくらが春に咲くのは、寒さを越えるプログラムがあるから

72/94

日本の春を代表するさくらは、春に一斉に満開になります。植物は寒い冬は休眠し、春になると活動するからで、暖かくなるから咲く。なんですが、時に秋に咲いてしまうこともあるんですな。さくらが春に咲くプログラムについてご紹介いたします。

さくらは、日本を代表する花ですね。最近は、早咲きの河津桜も人気ですが、なんといってもそこらじゅうに植えられているのがソメイヨシノです。吉野桜とか、桜千本とかいったら、まあこれです。北海道や沖縄などをのぞき、日本の大部分では入学式や新年度のはじまりはソメイヨシノの満開とセットでございます。このあとは、ソメイヨシノを前提に、さくらの話をいたしますねー。

このソメイヨシノは、大島桜とエドヒガンから生まれたもので、すべてのソメイヨシノは、タネではなく、接ぎ木で増やされたクローンであることを前に紹介いたしました。クローンなので、千本のさくらがあっても、それは一本のさくらと同じ。すべてのソメイヨシノは同じ環境なら同時に開花します。なので、その地域では一斉に満開になり、一斉に散ってしまうのですな。

さて、気象庁というのは、日本の役所のなかでも、防災とか天気予報など実用的なことをやりながら、どことなく風流なところです。なにしろ、花見が仕事の一貫になっているんでございます。職員が毎日、植物や動物をチェックしにいって、開花しているか、ウグイスは鳴いたかなんてことを調べているんですね。ちなみに、東京都千代田区大手町の東京駅から徒歩20分の竹橋の本庁には気象の科学館(土日も開館、入場無料)があるんですが、行政紹介! っというよりも「風流部門」があるせいか!? シロウトっぽいこじんまりとした展示がなかなか魅力的です。

このなかでも、特に注目されるのが、さくらの開花日と満開日です。気象庁の人に聞くと「宣言はしていません」ということなのですが、その発表は季節の風物詩になっていますなー。その開花日と満開日を調べると、不思議なことに気がつくんですな。ざっくりいうと、ほぼ一週間以内に日本の多くの地域で同時にさくらが咲くのです。気になる方は、気象庁のPDFをご覧くだされ。

さくらが開花するのは、暖かくなるせい。であるとすると、当然ながら鹿児島と東京では気温がちがうので、鹿児島が早いはずですな。たしかに早いのですが、一週間くらいだと、温度差はそんなに縮まらないのですな。たとえば3月下旬の鹿児島の気温は16~20度ですが、東京では12~15度くらいなんですね。鹿児島は2月なら12~15度ですから、東京の開花ころと同じです。つまり、鹿児島ほど暖かくなくても、東京ではさくらが咲いちゃうのです。これ、さっきのクローンの話からするとおかしい感じがするんですねー。条件違うのに咲いちゃってるじゃん。というわけです。

さくらの開花日の等期日線図(1981~2010年の平均値) 出典:気象庁「さくらの開花日と満開日の観測方法と等期日線図(平年)」

それから、もうひとつ、狂い咲きという話があります。秋のおわりごろに、さくらが満開になるってやつですな。たしかに温度だけでいうと、秋は暖かいのですが、11月の東京だと15~20度なんですな。ほかの地域でも似たようなもので、3月下旬よりも暖かいのです。で、さくらが咲いてしまう。っていうか、その時、秋にはもう、さくらは咲ける状態になっているってことともいえますな。

クローンのソメイヨシノが、特定の温度で咲くわけでもなく、また秋のうちに咲く準備、まあつぼみが成長しているとなると、いったいなんなんや。ということになるわけです。で、このあたりのメカニズムは、ちゃあんと植物学者のみなさんが解いているんです。おもしろい本なので紹介しますが、田中修さんという神戸の甲南大学の先生が中公新書から『植物はすごい』とか『都会の花と木』といった本を出していて、そこでも紹介されています。『植物はすごい 七不思議編』からかいつまんでいいますと、こんな感じになります。

まず、さくらに限らず、花は子孫を残すためですから、成長しやすい暖かい季節の前に、咲きます。だから春に咲くようにプログラムするわけですな。次に、花のもとになる、つぼみですが、これを育てるにはエネルギーがいります。エネルギーは、葉っぱが青々としげっていないと得られません。つまり葉桜になる春の終わりから夏にかけて、つぼみはつくられる。秋には完成しているんですな。ただ、温度で花が咲くようになっていると、秋のうちに咲いてしまいます。そうなると、成長したい時期が冬になってしまい、アウトになりますな。狂い咲きはここで失敗した形です。

さくらは、二段階のプログラムを組んでいるんですな。まず、さくらは秋にできているつぼみを、硬い越冬芽のなかにしまいこみます。これによって秋につぼみが開くのを防ぎます。この越冬芽は、葉っぱが長く日射をあびる(つまり夏)に生成されるアブシシン酸という物質が、つぼみに送られるために作られます。万一、葉っぱが虫に食べられてしまう、台風で落ちるなどすると、このアブシシン酸が十分につくられず、越冬芽ができず、咲いてしまう、つまり狂い咲きの状態になるんですな。

越冬芽はその後成長せず、つぼみを休眠させます。アブシシン酸がその休眠させる物質になっています。ところが、アブシシン酸は、寒いと分解されていくんです。つまり、寒さが、休眠を解かせるキーになるんですな。

ところがそれだけだと、さくらは咲きません。分解で咲いちゃったら、寒い冬に咲いてしまいますからね。そこで、もう一段のプログラム、あたたかさが必要になります。あたたかさによって、つぼみにジベレリンという物質がつくられます。これは、開花を促進する物質なんですな。

ということで、葉っぱがあるとつくられ、寒さで消滅するアブシシン酸。暖かくなるとつくられるジベレリン。この2物質が関与するために、夏につぼみがつくられるが、開花しないようにプロテクトされ、寒さでプロテクトが解除されて、暖かくなると開花物質がでて、花が咲く。ということなんですな。

アブシシン酸(左上)とジベレリン(ジベレリンA3、右下)

鹿児島ではプロテクトの解除が悪いが、東京よりは開花物質がよくでる。東京ではプロテクトがよく解除されるので、開花物質がでると一気に咲く。このために、さくらの開花時期の差が少なくなっていると、まあ、こういう感じになるんですねー。

しかし、わずかな物質でいろいろなことが変わってしまう。人間もホルモンバランスとかがあるわけですが、不思議なもんですな。まあ、少数のものに、大部分が影響されるというのは、アイドルスターに夢中になるライブにちょっと似ているようなところがあるか……ちがうか。

著者プロフィール

東明六郎(しののめろくろう)
科学系キュレーター。
あっちの話題と、こっちの情報をくっつけて、おもしろくする業界の人。天文、宇宙系を主なフィールドとする。天文ニュースがあると、突然忙しくなり、生き生きする。年齢不詳で、アイドルのコンサートにも行くミーハーだが、まさかのあんな科学者とも知り合い。安く買える新書を愛し、一度本や資料を読むと、どこに何が書いてあったか覚えるのが特技。だが、細かい内容はその場で忘れる。

72/94

インデックス

連載目次
第94回 それも「バラ科」ですか……!?
第93回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編その2
第92回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編その1
第91回 流れ星を見つけるコツ
第90回 コピー機の発明について、調べてみたよ
第89回 いにしえの中国やインドの宇宙
第88回 「火星の呪い」が発動
第87回 来年のノーベル賞予想ごっこ
第86回 天文学研究のため、レンジは使わないでください
第85回 カフェでリア充、科学者ハレー
第84回 お月見の日は、どう決まる?
第83回 たまご、熱すると固まるナゾ
第82回 8月12日のペルセウス座流星群と黒い彗星
第81回 絶滅のサイエンスとリョコウバトとウナギ
第80回 ジュノー探査機、木星到着
第79回 「ニホニウム」で知ったかぶりをするための知識5連発
第78回 2016年の「宇宙どうでしょう?」 (下半期)
第77回 増やせばワカルDNA - 「PCR」のお話
第76回 宇宙人を探すなんて、できるの?
第75回 海がない国 スイスで生まれた深海潜水艇
第74回 とりあえず春は、北斗七星。
第73回 くらべてワカル!? 宇宙の世界
第72回 さくらが春に咲くのは、寒さを越えるプログラムがあるから
第71回 ひさしぶりの日食のお知らせ - 日本は2016年3月9日午前11時前後
第70回 「重力波」つかまえました
第69回 春のこよみのサイエンス
第68回 火星をざっくり知っておきましょー
第67回 冬はハワイが近い!? - ジェットストリーム
第66回 2016年の「宇宙、どうでしょう?」(上半期)
第65回 年間最多の流れ星が見える! 12月14日夜はふたご座流星群
第64回 毒についてチョット調べてみました
第63回 凧とかみなり、フランクリン
第62回 はやぶさ2も見られるの?? 人工衛星を見るはなし
第61回 ノーベル賞をゲットしたニュートリノ探知装置
第60回 科学者が、虹遊びをすると…
第59回 日本人は、元素の名づけ親になれるか!?
第58回 数字のケントーをつける話=フェルミ問題
第57回 「星の名決定」総選挙に参加できるぞ!
第56回 夏休み、おてがるサイエンス
第55回 冥王星に接近しました
第54回 硬い冷たいダイヤだよ
第53回 2015年の「宇宙、どうでしょう?」(下半期)
第52回 潜水艦を発明した愛すべきおっさん
第51回 冥王星まめちしき10連発(ビフォー編)
第50回 ジュラ紀とかエディアカラとか、実はローカルな地名ばかりの地球の歴史年代
第49回 夜空の神2共演 - 金星と木星が接近するぞ!
第48回 キャンディをかむと光るのは本当か?
第47回 2015年4月4日夜9時。むこう3年ない皆既月食をみのがすな!!
第46回 浦島太郎とか双子とかとカーナビなサイエンス
第45回 100万年かけて、あったかいーの
第44回 電話より先に発明されたファックス
第43回 世界の「宇宙窓」から
第42回 圧力鍋は、できそこないのエンジン!?
第41回 2015年の「宇宙、どうでしょう?」(上半期)
第40回 12月13~14日は、年に一番流れ星が多い時期
第39回 はやぶさ2、打ち上げそして旅の友
第38回 これだけ知っとこ、小惑星探査機「はやぶさ2」
第37回 誘導ミサイルとポップコーン
第36回 地球上の生物は推定870万種。実はその9割が発見されていない
第35回 祝・日本のお家芸・青色LEDがノーベル賞
第34回 2014年10月8日夜8時。ゼッコーの皆既月食をみのがすな!
第33回 シロウトにチャンス到来・惑星の名前をつけられるぞ!
第32回 スゴイぜ! 彗星探査機「ロゼッタ」
第31回 天才&変人キャベンディッシュ
第30回 渡り鳥が作るV字型編隊の謎
第29回 やってはいけない!サイエンス
第28回 フロッピーの栄枯盛衰
第27回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 下半期編その2
第26回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 下半期編その1
第25回 100円で作れるちょっぴりキケンな科学オモチャ「アストロ・ブラスター」
第24回 5月24日土曜夕方に本当にでるのか!? - 「きりん座流星群」
第23回 いま、サイエンスで一番アツイ? - タンパク質ギョーカイをのぞく
第22回 英国科学雑誌のQ&Aコーナー - そんなに熱くなるなんて…
第21回 2年2カ月に1度のチャンス! - 火星ただいま接近中
第20回 科学なパーソナリティ列伝
第19回 今年が寒いのは太陽のせい? - 実は暗い太陽の未来
第18回 日本に降る雨は「だいたい雪」、だそうです
第17回 どこでもサイエンス-チョコレートは惚れ薬?
第16回 江戸時代からある「クローン」
第15回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編
第14回 謎実験 - ニュートンビーズ
第13回 12月14日はふたご座流星群の日! - サクッとわかる観察ポイント
第12回 新月が出たぞという意味の「カレンダエ」からはじまった「カレンダー」
第11回 気持ちよく歌えるエコーのおはなし
第10回 ノーベル賞を楽しむネタ知識あれこれ(後編)
第9回 ノーベル賞を楽しむネタ知識あれこれ(前編)
第8回 ただいま接近中 ‐ アイソン彗星
第7回 信号ひとつは70ワット - 交通信号機にまつわる科学のはなし
第6回 いますぐ使える「月」の知識11連発(後編)
第5回 いますぐ使える「月」の知識11連発(前編)
第4回 飲める「リトマス試験紙」
第3回 カンタン工作 - 百均虫めがねで「カメラ箱」を作ろう
第2回 8月12日と13日の夜はペルセウス座流星群を観察しよう
第1回 教科書を覗いてみよう - 小学校3年生の理科より「明かりをつけよう」

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事