【コラム】

どこでもサイエンス

59 日本人は、元素の名づけ親になれるか!?

59/109

現在118種類発見されている化学元素。その名前の由来は、性質から神話、人物名、地域名などいろいろでございます。そして、その名付け親になれるのは、発見・確認者なのでございますな。その中には、日本人どころかアジア人が発見したものは一個もありません。いや1908年(明治41年)ごろに、「ニッポニウム」という名前がつきそうになったことがあるとか、最近ついに、新元素に名前がつけられそうだとか。そんなこんなで、元素にまつわるゴッドファーザーな話でございます。

理系でなくとも、周期表を覚えさせられた記憶というのは、共通体験でございますな。スイヘー・リーベ・ボクノフネ、なんて「呪文」のようにとなえ、テストが終わったら忘れる。というのが大多数でございましょう。まあ、関わっている人はいまでももちろん覚えているでしょうけれども。

この周期表は、150年ばかり前の1869年に生まれております。ドミトリ・メンデレーエフというロシアのおじさんが考えたもので、性質の似た元素をマトリックスにすると、うまくいくべえよ。というものですな。で、当時マトリックスから抜け落ちてみえるところも、そこに元素が未発見なだけなんだーという予言もしたんですな。で、その後、ガリウムやらなにやらの元素が、ズバリなポイントに発見されて、こらええわ。ということにあいなり、未来のワレワレが「呪文」をとなえることにあいなったわけですな。まあ、世の中には実物周期表というのがあって、なるほど見かけが近いのがならんでいるのがよくわかります。これ、東京なら上野の国立科学博物館、大阪なら大阪市立科学館などにそれがございます。

さて、この1869年の周期表、メンデレーエフおじさんが描いたものは、なんとwikipediaでその実物を見ることができます。

1869年にメンデレーエフが初めて作成した周期表 (出典:ウィキペディア日本語版)

水素Hの隣にあるヘリウムHeがないですな。で、鉛ことPbまでです。鉛は82番元素ですな。で、現在はというと、元素未発見の穴は次々にうまり、さらに拡張されて、118番までになっております。

文部科学省が作成、提供している周期表「一家に1枚 周期表」 (出典:科学技術週間Webサイト)

こちらは半導体製造装置大手の東京エレクトロン(TEL)のWebサイトにて見ることができる元素周期表。AndroidもしくはiOS用にARアプリが用意されており、アニメーションとして楽しむこともできる。半導体はさまざまな元素を用いて製造されており、そうした縁もあり、2012年に東京・上野の科学博物館にて開催された特別展「元素のふしぎ」にも特別協賛として参加するなどの取り組みを行っている (出典:東京エレクトロン げんそ博士の元素周期表 スペシャルサイト)

元素の発見は、最初は化学的性質などで区別していました。が、メンデレーエフさんのころには、その元素の蒸気を光にすかしたときに、光の何色が吸収されるか - スペクトルってやつ - でも調べられるようになります。さらにX線をあてて得られる写真だとか、電場からの影響だとか、色々な手段で区別がつけられるようになっていったんでございます。元素の発見はこうして次々となされてまいったわけですなー。アメリカのシーボーグ(なんか、スゲー名前ですな)なんかプルトニウムをはじめ、10個も見つけております。すべて人工的に合成したんですけどね。

そして、新しい元素が発見されると、名前がつけられるのですな。ヘリウムは、太陽の大気ガスのスペクトルから発見され、太陽(ヘリオス)の元素ということでヘリウムって名前がつけられました。神話ファンタジー系だと、ウラニウム、ネプツニウム、プルトニウムが、それぞれ神様の名前&惑星名です。プルトニウムのプルート(冥王星)は惑星じゃなくなりましたけれども。

性質からつけられているものだと、インジゴ(藍)色なのでインジウムだとか、塩素はクロリンですが、これは黄緑色で塩素ガス(毒です!)の色です。ラジウムは放射(ラジエーション)性があるからです。

人名も結構あって、前にフェルミ推定でとりあげたフェルミのフェルミウムがあります。フェルミは放射線をつかって新元素を多数作成した人なんですな。ノーベリウム、メンデリウム、キュリウム、アインスタニウム、シーボーギウムもあります。

あと、地名も多いですな。ユウロビウム(ヨーロッパ)、アメリシウム(アメリカ)なんていうのがわかりやすいですな。ガリウムはフランスの旧名ガリアから、ゲルマニウムはドイツの旧名ゲルマニアから来ています。カリフォルニウム、バークリウム(カリフォルニア大学バークレー校から)。

さて、ここまできて、一言いいたいでしょう、「欧米かっ!」。

そう、でてくる名前は欧米ばかり。それは、元素の発見者が欧米人ばっかりだからでございます。

ただ、実はですね1908年にニッポニウムというのが提唱されて、一部つかわれたことがあるんです。ニッポニウムは、後に東北大学の総長にもなった小川正孝(1865~1930年)さんが留学中に発見したもので、留学先で「これはニッポニウムという名前にするべきだ」と先生のラムゼイに言われたというのでございますな。元素番号は43番でございます。ところが、43番はテクネチウムなんですよ。1936年に人工合成されたもので、テクネチウムというのは「人工の」という意味なんですな。なんでこうなったかというと、発見と思われたのに、再現しないという、そういう話になったんですな。ただ、現在では小川さんは、75番元素を発見していたのに、43番だと思いこんでいたと考えられているんですな。75番は1925年に発見され、レニウムという名前になっています。幻のニッポニウムとなってしまったわけです。

さて、ということで、100年も前に日本な名前がつきそうだったのに、残念! だったわけですが、最近、日本に関わる名前がつきそうな元素があるんですね。現在発見されている118個の元素のなかで、命名されていない元素は4つあります。113番、115番、117番、118番で、暫定的にウンウントリウム、ウンウンペンチウムなどとよばれています。なんのことはなく、ラテン語で113番元素とか115番元素ってな意味です。

で、このうち113番元素は、2004年と2005年に理化学研究所の森田浩介さん(現 九州大学)たちが、1個ずつ合成に成功。2012年には3個目の合成に成功しています。この間に欧米の別のチームが合成に成功しています。111番のレントゲニウムはドイツのホフマンが3個合成に成功したあと、命名権を得ているので、森田さんが命名権を得る可能性も高くなっています。海外でも同様に発見している人がいるのでどこが命名権を得られるかが注目していますが、森田さんが優勢だといわれています。これは、2015年の8月に国際純粋・応化学学会で発表される予定だったのですが、見送られています。うーむ。気をもたせますなー。

さて、日本発の元素名がつくかどうかでございます。ニッポニウムはNpだとネプツニウムと同じになっちゃうので、ジャパニウム/ジャポニウム(Jp)とするか、リケニウムがいいとかいろいろ話がでていますが。さあどうなるでしょうか。いや、海外に命名権をもってかれる可能性ももちろんありますけれどね。ドキドキしながらというのが昨今なのであります。

著者プロフィール

東明六郎(しののめろくろう)
科学系キュレーター。
あっちの話題と、こっちの情報をくっつけて、おもしろくする業界の人。天文、宇宙系を主なフィールドとする。天文ニュースがあると、突然忙しくなり、生き生きする。年齢不詳で、アイドルのコンサートにも行くミーハーだが、まさかのあんな科学者とも知り合い。安く買える新書を愛し、一度本や資料を読むと、どこに何が書いてあったか覚えるのが特技。だが、細かい内容はその場で忘れる。

59/109

インデックス

連載目次
第109回 世の中を変えた発明、なんでしょう。
第108回 ハイテク素材と赤い炭
第107回 8月7日(月)深夜・月食を見よう!
第106回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 下半期・その2
第105回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 下半期・その1
第104回 予言者? ジュール・ヴェルヌ
第103回 幻の毎日新聞プラネタリウム館 - 東日(毎日)天文館
第102回 地球は、どう、動いてる?
第101回 アインシュタインの方位磁石 - サイエンスな人の一品
第100回 アストロバイオロジーって、何それ、オイシイの?
第99回 太陽はスゴイ? - 成績発表会
第98回 実験装置、見たい?
第97回 地図と星は仲がいい
第96回 山が変える惑星の模様
第95回 ほとんどの星は爆発しない
第94回 それも「バラ科」ですか……!?
第93回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編その2
第92回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編その1
第91回 流れ星を見つけるコツ
第90回 コピー機の発明について、調べてみたよ
第89回 いにしえの中国やインドの宇宙
第88回 「火星の呪い」が発動
第87回 来年のノーベル賞予想ごっこ
第86回 天文学研究のため、レンジは使わないでください
第85回 カフェでリア充、科学者ハレー
第84回 お月見の日は、どう決まる?
第83回 たまご、熱すると固まるナゾ
第82回 8月12日のペルセウス座流星群と黒い彗星
第81回 絶滅のサイエンスとリョコウバトとウナギ
第80回 ジュノー探査機、木星到着
第79回 「ニホニウム」で知ったかぶりをするための知識5連発
第78回 2016年の「宇宙どうでしょう?」 (下半期)
第77回 増やせばワカルDNA - 「PCR」のお話
第76回 宇宙人を探すなんて、できるの?
第75回 海がない国 スイスで生まれた深海潜水艇
第74回 とりあえず春は、北斗七星。
第73回 くらべてワカル!? 宇宙の世界
第72回 さくらが春に咲くのは、寒さを越えるプログラムがあるから
第71回 ひさしぶりの日食のお知らせ - 日本は2016年3月9日午前11時前後
第70回 「重力波」つかまえました
第69回 春のこよみのサイエンス
第68回 火星をざっくり知っておきましょー
第67回 冬はハワイが近い!? - ジェットストリーム
第66回 2016年の「宇宙、どうでしょう?」(上半期)
第65回 年間最多の流れ星が見える! 12月14日夜はふたご座流星群
第64回 毒についてチョット調べてみました
第63回 凧とかみなり、フランクリン
第62回 はやぶさ2も見られるの?? 人工衛星を見るはなし
第61回 ノーベル賞をゲットしたニュートリノ探知装置
第60回 科学者が、虹遊びをすると…
第59回 日本人は、元素の名づけ親になれるか!?
第58回 数字のケントーをつける話=フェルミ問題
第57回 「星の名決定」総選挙に参加できるぞ!
第56回 夏休み、おてがるサイエンス
第55回 冥王星に接近しました
第54回 硬い冷たいダイヤだよ
第53回 2015年の「宇宙、どうでしょう?」(下半期)
第52回 潜水艦を発明した愛すべきおっさん
第51回 冥王星まめちしき10連発(ビフォー編)
第50回 ジュラ紀とかエディアカラとか、実はローカルな地名ばかりの地球の歴史年代
第49回 夜空の神2共演 - 金星と木星が接近するぞ!
第48回 キャンディをかむと光るのは本当か?
第47回 2015年4月4日夜9時。むこう3年ない皆既月食をみのがすな!!
第46回 浦島太郎とか双子とかとカーナビなサイエンス
第45回 100万年かけて、あったかいーの
第44回 電話より先に発明されたファックス
第43回 世界の「宇宙窓」から
第42回 圧力鍋は、できそこないのエンジン!?
第41回 2015年の「宇宙、どうでしょう?」(上半期)
第40回 12月13~14日は、年に一番流れ星が多い時期
第39回 はやぶさ2、打ち上げそして旅の友
第38回 これだけ知っとこ、小惑星探査機「はやぶさ2」
第37回 誘導ミサイルとポップコーン
第36回 地球上の生物は推定870万種。実はその9割が発見されていない
第35回 祝・日本のお家芸・青色LEDがノーベル賞
第34回 2014年10月8日夜8時。ゼッコーの皆既月食をみのがすな!
第33回 シロウトにチャンス到来・惑星の名前をつけられるぞ!
第32回 スゴイぜ! 彗星探査機「ロゼッタ」
第31回 天才&変人キャベンディッシュ
第30回 渡り鳥が作るV字型編隊の謎
第29回 やってはいけない!サイエンス
第28回 フロッピーの栄枯盛衰
第27回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 下半期編その2
第26回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 下半期編その1
第25回 100円で作れるちょっぴりキケンな科学オモチャ「アストロ・ブラスター」
第24回 5月24日土曜夕方に本当にでるのか!? - 「きりん座流星群」
第23回 いま、サイエンスで一番アツイ? - タンパク質ギョーカイをのぞく
第22回 英国科学雑誌のQ&Aコーナー - そんなに熱くなるなんて…
第21回 2年2カ月に1度のチャンス! - 火星ただいま接近中
第20回 科学なパーソナリティ列伝
第19回 今年が寒いのは太陽のせい? - 実は暗い太陽の未来
第18回 日本に降る雨は「だいたい雪」、だそうです
第17回 どこでもサイエンス-チョコレートは惚れ薬?
第16回 江戸時代からある「クローン」
第15回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編
第14回 謎実験 - ニュートンビーズ
第13回 12月14日はふたご座流星群の日! - サクッとわかる観察ポイント
第12回 新月が出たぞという意味の「カレンダエ」からはじまった「カレンダー」
第11回 気持ちよく歌えるエコーのおはなし
第10回 ノーベル賞を楽しむネタ知識あれこれ(後編)
第9回 ノーベル賞を楽しむネタ知識あれこれ(前編)
第8回 ただいま接近中 ‐ アイソン彗星
第7回 信号ひとつは70ワット - 交通信号機にまつわる科学のはなし
第6回 いますぐ使える「月」の知識11連発(後編)
第5回 いますぐ使える「月」の知識11連発(前編)
第4回 飲める「リトマス試験紙」
第3回 カンタン工作 - 百均虫めがねで「カメラ箱」を作ろう
第2回 8月12日と13日の夜はペルセウス座流星群を観察しよう
第1回 教科書を覗いてみよう - 小学校3年生の理科より「明かりをつけよう」

もっと見る

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事