【レポート】

LINEアプリに新機能が続々! - 「LINE CONFERENCE 2017」で感じられたLINEアプリのポータル化

1 「LINE」アプリのトークで使えるカメラ機能が多彩に

  • <<
  • <

1/3

LINEは6月15日、事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」を開催し、今後の「LINE」アプリに関するアップデートや関連サービスについての発表を行った。今回の発表では”5年後を見据えた事業戦略”として、同社が提供する多くのサービスをLINEアプリに統合し、LINEのサービス上でコンテンツや金銭を循環させる構想が示された。LINEアプリのさらなるポータル化が進みそうだ。

LINEのトーク内で自撮りエフェクトや仲間向けライブ配信が可能に

まず発表されたのは、「LINE」アプリのカメラ機能に関するリニューアルだ。同社が提供する自撮りアプリ「B612」、また同社が出資している自撮りアプリ「SNOW」の好調を挙げ、LINEのトークルームから起動するカメラについても顔認識によるエフェクト、セルフタイマーなどの機能を盛り込んでいく。メッセージを交わしながら自撮り画像を送り、楽しいフィルターで盛り上がることが可能となる。

LINEのトークで使えるカメラ機能をアップグレード

静止画だけでなく、ライブ動画もトークルームで楽しめるようになる。トークルーム内の「友だち」に限定してライブ動画を配信できる「チャットライブ」機能は、親しい友人同士で遊んでいる様子を別の場所にいる友人に中継するなどして楽しむことができる。これらのアップデートは2017年夏を予定している。

トークルーム内でライブ動画の配信が可能となる

さらに2017年内には、トークルームのメニューをカスタマイズできる「チャットアプリプラットフォーム」がサポートされるという。友だちとのイベント日程の共有や、ゲームを一緒に楽しむといったことが可能となる。

静止画をつなげてBGMをつけてムービーを作成できる「スライドショー」も、時期は未定ながら予定しているという。女子中高生は誕生日にオリジナルムービーを送り合う習慣があるため、歓迎されることは間違いないだろう。

また、タイムラインには、動画を簡単に投稿したり、ライブ動画を配信したりできる「ストーリー」機能をサポート予定だという。Instagramで人気の「ストーリー」機能のように、一定の時間で消える「エフェメラル」系なのか、詳細はまだ明らかになっていない。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 「LINE」アプリのトークで使えるカメラ機能が多彩に
(2) 「ポータル」タブと「ウォレット」タブが登場
(3) 「LINE」アプリから買い物も!「LINEショッピング」
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事