【レビュー】

iPhone SEが思った以上に実力派だった - おススメポイントと注意点まとめ

iPhone SEが先月末より発売になりました。現在iPhone 4シリーズや5シリーズから機種変更を検討しているという方、結論から言いますと、止める理由は全くありません。中身は6sとほとんど同じな高性能機種をワンランク安く手に入れることができます。ただ、微妙に割高気味な価格と、機種変したという新鮮さが薄いのが気になるところ。そこが納得できるのであれば十分におススメと言えます。ということで、ここでは実機を使ってみた感想をお届けします。ご検討の際の参考になれば幸いです。

見た目の話

iPhone SEの見た目は、iPhone 5sとほぼ同じ。というか見分けがつきません。背面のロゴに「SE」が追加され、カラバリにローズゴールドが加わった程度です。重さも1gの差。機種変更した瞬間に機種変更したことを忘れてしまいそうです。新鮮さはありませんが、5シリーズのケースがそのまま使えるのが利点といえば利点です。ケースメーカーも過去の資産が活かせるため、種類は相当充実するでしょう。

iPhone SEを手に持つとこんな感じ。過剰もないし不足もない、収まりの良い端末

小さめのiPhoneにニーズがあった理由の一つに、片手で操作できるということがあります。試してみると、手が小さめの私でも何とかフリック入力ができる状態です。ただ、すべての操作ができるわけではありません。最上段のアプリには届かないし、ホームボタンも微妙に持つ位置を変えないと押せないので危なっかしい。

指の届く範囲。ケースを装着すればもう少し狭くなる

このサイズであっても、持つのは左手・画面操作は右手という使い方は、女性では意外と多いかもしれません。選ぶ理由にサイズを含める場合、どのみち両手を使うなら6/6 Plusシリーズでもいいかな、という考えもアリだと思います。

性能の話

iPhone SEは「見た目は5s、中身は6s」と言われるように、性能面では最上位モデルに引けを取りません。性能を検証して数値化するアプリGeekbench 3で試しても、高いスコアを出しています。

Geekbench 3の計測結果。なんと6sに勝ってしまいました

まあそういう細かい話は置いておいて、気になるのはカメラやバッテリーですよね。まず、背面側のメインカメラ(iSightカメラ)は6sと同じ1,200万画素に。6sと撮り比べをしてみましたが、全く遜色ないですね。4Kビデオ撮影対応など、その他のカメラ性能も全く同じです。

左がSE、右が6s。クォリティに差は感じられません(クリックで元画像が開きます(約2.6MB)

光学手ぶれ補正機能ほどではありませんが、暗くてもそこそこ撮れる程度の補正機能はあります。ビデオも同様で、歩きながら撮影しても見にくくない程度に補正されます。最近はFacebookもInstagramも動画が急増中なので、このクォリティは嬉しいですね。

手ぶれ補正で手持ち撮影がキレイ

一方で、セルフィーを撮るイン側のカメラ(FaceTime HDカメラ)は120万画素と、5sから進化ナシ(6sでは500万画素)。これにがっかりする声も聞きますが、でもセルフィーってそこまで高画質じゃなくても良くないですか? むしろ見たくないアラまで写っちゃうと困るから! どのみちフィルターやスタンプで盛るし、SNSに上げるのは元サイズではないので、あまり気にならないのでは。

ただ、セルフィーをキレイに撮るためのサポート機能は強化されました。液晶画面をフラッシュとして使う「Retina Flash」です。イン側カメラでフラッシュをオンにすると、周辺の明るさや光の色を自動的に判断して液晶が光り、自然な色味で撮影することができます。しらふなのに酔ってるみたいに写る、ということもなくなるかも。

液晶を光らせて暗い場所でもキレイにセルフィーを撮れる「Retina Flash」

性能面でもう一つ気になるのがバッテリーですよね。5sに比べると連続通話時間で4時間、連続通信時間で3時間向上しています。と言ってもよく分からないので、1日の減り具合を記録してみました。

朝7時半にケーブルから外し、約16時間経ってまだ半分以上。24時間で41%残っていました

メール・Twitter・Safari・LINEを時々使用、地図・乗換案内を数回、写真を数枚程度、というライトな使い方だったこともありますが、余裕すぎました。多少ヘビーに使っても朝から夜までは持ちそうです。

価格の話

最後に、ちょっと気になる価格のお話。iPhone SEにはストレージが16GB/64GBの2モデルありますが、16GBではすぐに足りなくなることが予想されます。現実的には64GB一択と言えるでしょう。OSで数GB占領され、写真・ビデオの高画質化で今まで以上にストレージを圧迫します。その上、iPhoneはmicro SDなどのカードを使って後から容量を追加することができません。

本体価格は16GBモデル 5万2,800円/64GBモデル 6万4,800円(税抜き)となっていますが、差額1万2,000円はケチらないほうがいいです。米国ではそれぞれ399ドル/499ドルであることを考えると、もう少し安くてもよかった気がしますけどね。

大手キャリアではこの価格を24回分割払いにし、毎月一定額を割り引くことで、実質の支払総額を安くする形で販売されています。実質0円販売禁止など販売方法についてのルールが厳しくなったことで、新規・キャリア乗り換えも機種変更と同じ価格が設定されています(3G端末からの機種変更はお安め)。

で、結局使用料を含めるとどれくらい払うことになるのか……。気になったのでざっくり計算してみました。Apple Storeで購入しMVNOを使用した場合と、大手キャリアでできるだけ安いプランを選択した場合の、2年間の総支払額です。大手は基本的に通話し放題系プラン+データ通信量、MVNOはIIJmioより音声通話機能付きの最低料金を参考にしました。

MVNOと大手キャリアの2年間の支払金額イメージ。なお、通話料や追加通信料、下取り・家族割などは含まず、あくまでざっくり計算ですのでご了承ください

ということで、最後にもう一度まとめるとiPhone SEはこんなスマホです。

  • iPhone 4/5シリーズや3G端末からの機種変更には最適
  • ただし5シリーズから機種変更すると新鮮さは皆無
  • 性能については文句なし、どころか期待以上
  • 価格についてはちょっと文句あり

人気記事

一覧

新着記事