【レポート】

これがドミネーターだ! アニメ「PSYCHO-PASS」劇中アイテムをCerevoが発売 - 総部品1,400点、LED217個で自動変形銃を完全再現

1 華麗なる技術の無駄遣い

 
  • <<
  • <

1/2

Cerevoは5日、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」に登場するアイテム「ドミネーター」を、1/1スケールで再現したスマート・トイ「DOMINATOR(ドミネーター)」を正式発表した。同社直販サイト「Cerevo official store」などで2月18日から予約開始する。発売は3月上旬から順次。

「ドミネーター」を手にするCerevo代表取締役CEOの岩佐琢磨氏

Production I.G監督の塩谷直義氏、ニトロプラス デザイナーの石渡マコト氏が監修を担当している

アニメ「PSYCHO-PASS」に登場する特殊拳銃「ドミネーター」を忠実に再現した自動変形機構を備えるスマート・トイ。作品中のドミネーターは、対象者に向けることで、犯罪者になる危険性を表した「犯罪係数」を測定でき、一定以上の数値が確認された場合は自動変形して対象者を執行(発砲)することができる。その際、基本モードの「パラライザー」から、執行モードの「エリミネーター」へ本体形状が自動変形する。

岩佐氏による「ドミネーター」デモンストレーション。「パラライザー」から「エリミネーター」へ、そして「エリミネーター」から「パラライザー」へと変形

今回発売する「ドミネーター」は、「パラライザー」「エリミネーター」2つのモード間の自動変形機構に加え、音声再生機能、LED発光、タッチセンサ、犯罪係数測定などを備える。作品の世界観を再現するため、グリップ部に静電容量式のタッチセンサを搭載。劇中同様、握ると自動で起動するほか、"不正ユーザー"としてトリガーをロックすることもできる。

大きな特徴のひとつ、内蔵モーターによる自動変形機構では、総合モーターメーカーである日本電産の協力により、独自カスタマイズした専用ギヤードモーターを内蔵。「パラライザー」と「エリミネーター」モード間を自動で変形する機構を実現した。本体には、総数217個のフルカラーLEDも搭載。通常時・変形時・執行時のモードに合わせ、発光状態が変化する。

Cerevoの「ドミネーター」デモンストレーション。LEDの光り方にも注目

カラーLEDの表示例

「ドミネーター」の先端には小型カメラを搭載し、「ドミネーター」を向けた相手の犯罪係数を測定し、結果を内蔵スピーカーから音声で読み上げる。無線LAN経由でiOS/Androidデバイスとも接続でき、カメラのストリーミング映像をスマートフォン画面に表示できるほか、トリガーを引くことで、犯罪係数を表示した状態のスマートフォン画面をキャプチャできる。犯罪係数の算出は、もちろん実際に測定するものではなく"お遊び"の機能だが、ランダムではなく、撮影した顔画像を分析し、独自のアルゴリズムで数値化している。

ドミネーターの先端。LEDが途切れている中央部分が内蔵カメラだ

専用アプリと接続すると、カメラ映像をストリーミングで再生し、顔画像の分析で犯罪係数を表示する

犯罪係数はランダムではなく、独自アルゴリズムで算出されるため、同じ人にドミネーターを向けると、ほぼ同じ数値が表示されるという。なお、犯罪係数とは、犯罪者になる危険性を表したパラメータで、劇中のフィクション用語

「ドミネーター」操作時に劇中で流れる、日髙のり子さんの音声も、100種類以上録り下ろしで収録。"グリップを握る""特定の人に向ける"といったシーンに応じて、内蔵スピーカーから再生される。音声は、接続したスマートフォンやタブレットからも再生でき、スマホやタブレットと接続できる外部スピーカーで音声を楽しむことも可能。「ドミネーター」用アプリでは、71種類の音声を手動で再生できる「サウンドテストモード」も用意する。

「ドミネーター」通常版

ラインナップは、通常版と上位モデル「SPECIAL EDTION」の2モデル。通常版では、グリップ部と公安局マークがABS樹脂製だが、上位モデルでは、本体のグリップ部分に、天然のローズウッド削り出し、オイル磨き仕上げ素材を使用。また、公安局マークでは、アルミ素材の削り出しによる台座に合成ルビーをあしらった。直販価格は、通常版が税別79,800円。上位モデルが税別89,800円。

「ドミネーター」を収納できる、IP67準拠の防水・耐荷重・耐衝撃性を備えたプロテクタケースと、専用バッテリをオプションで用意する。専用バッテリは標準で1個同梱されるが、通常使用で1時間半程度(規格値は90分:パラライザー時、30分:エリミネーター時)となるため、長時間の動作向けに別売でも提供する。直販価格は、プロテクタケースが税別12,800円、バッテリが税別1,580円。

なお、2月7日に幕張メッセで開催する「ワンダーフェスティバル 2016」のCerevoブース(3-07-02)で先行予約を受け付ける。ブースでは、本体の変形機構やアプリ連動を体験可能。ブースで予約した製品は、発売日以降に発送される。

「ドミネーター」上位モデル(左)と通常版(右)。対象年齢は15歳以上

上位版は天然ローズウッド削り出しでオイル磨き仕上げの木製グリップ。公安局マークはアルミ削り出しで、エンブレム中央に人工ルビーがあしらわれる(左)(※写真は試作機。製品版では木目が縦に揃い、エンブレム周囲にチェッカーカットが入る)。通常版のグリップ部と公安局マークはABS樹脂製(右)

オプションのプロテクタケースイメージ

バッテリと充電器は同梱品。バッテリはオプションでも用意される

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 華麗なる技術の無駄遣い
(2) 「本当に好きな人のために」

人気記事

一覧

新着記事

メルセデス・ベンツ、新型「Eクラス」を発表-運転の負担減らす新技術を搭載
[18:46 7/27] テクノロジー
猫のきにゃと、ごとうさん 第68回 無限ループ
[18:45 7/27] 趣味
次世代の無線LAN「802.11ac Wave2」は最大3倍のスループットに - Wi-Fi Allianceが推進中
[18:45 7/27] パソコン
猫のきにゃと、ごとうさん 第67回 なぜそのタイミングで
[18:45 7/27] 趣味
おとよめ~夫婦別リアクション~ 第21回 洗濯ルール
[18:44 7/27] ライフスタイル