【レポート】

3D Printing 2016 - 幅1mの造形が可能な超大型3Dプリンタを約1千万円で販売

 

独GermanRepRapの国内販売代理店であるアイケイワークスは1月29日まで東京ビッグサイトで開催されている「3D Printing 2016 - Additive Manufacturing Exhibition」ではGermanRepRap製FFF(熱溶解)方式3Dプリンタを展示している。

German RepRapの3Dプリンタは「安価で高精度」を売りにしており、アイケイワークスでは「X350PRO(最大造形サイズ350×200×210mm、最小積層ピッチ0.02m)」、「X400PROV3(最大造形サイズ390×400×330mm、最小積層ピッチ0.1mm)」、「X1000V2(最大造形サイズ1000×800×600、最小積層ピッチ0.1~0.6mm)」を取り扱っている。

German RepRapの製品ラインアップ。「X350PRO」より小さいモデルもあるが、アイケイワークスでは扱っていない。

材料は「X350PRO」「X400PROV3」はPLA、ABS、HIPS、TPU、PP、炭素繊維強化PLA、木粉入PLAなど、「X1000V2」はPLA、木粉入りPLAなどに対応。各モデルともSimplify3Dのスライサーソフトウェアが同梱されている。

さて、気になる値段だが「X350PRO」が96万円、「X400PROV3」が160万円、「X1000V2」が960万円(いずれも本体価格・税別)となっている。単純な価格の比較にあまり意味は無いが、「X1000V2」と造形サイズがほぼ同じであるストラタシスのPolyjet方式3Dプリンタ「Objet 1000 Plus(造形サイズ:1000×800×500mm)」の本体価格がおよそ8800万円であること考えると「X1000V2」の安さが際立つのは確かだ。

「X400PROV3」

「X350PRO」



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

テリー伊藤、高畑淳子への影響を心配「バカ息子と一緒…共倒れの可能性が」
[11:06 8/28] エンタメ
松本人志、高畑裕太容疑者の母・淳子に苦言「息子にしっかりと怒りを」
[11:01 8/28] エンタメ
ラブリ「まだまだ恋愛をしたいです」初の写真詩集を出版
[11:00 8/28] エンタメ
Linuxが最初にリリースされた時のアナウンスメールからわかること
[11:00 8/28] 企業IT
自腹で買ったカバン、今までの最高額は何円?
[11:00 8/28] マネー