【インタビュー】

大河ドラマ『真田丸』三谷幸喜、「笑わせるつもりはない」ユーモラスなのは人間として描いた結果

1 「ひょっとしたら信繁、勝つんじゃないか?」と思って欲しい

 
  • <<
  • <

1/2

1月10日からスタートするNHK大河ドラマ『真田丸』は、堺雅人演じる真田幸村(信繁)を主人公に、さまざまな人物たちが戦国時代を舞台に繰り広げる人間ドラマを描く群像劇。はたしてどのような物語となるのか期待が高まる中、2004年の『新選組!』以来、大河ドラマ2作目となる脚本の三谷幸喜に話を聞いた。

三谷幸喜

――今回、真田幸村を主人公にした理由は?

前回の『新選組!』同様、僕は敗者が好きなんです。時代を作り上げた人よりも、時代から虐げられ、取り残された人たちの人生に興味がある。また、1年間かけて歴史上の人物を描くにあたって、死という人生のクライマックスが最終回にくる、そういう人物を描きたかった。その意味でも信繁はドラマチックな最終回を迎えられる人物であると。ただ、確かに敗者は好きだけど、滅びの美学みたいなものは好きじゃなくて、最後の最後まで希望に満ちた信繁でありたいし、ドラマでありたいと。最後の戦いも「ひょっとしたら信繁、勝つんじゃないか?」と思ってくれるようなドラマにしたいですね。

――知名度は高い一方で、実は謎の多い人物である信繁をどう描いていこうと思っていますか。

信繁を演じる堺(雅人)さんとも話したのですが、基本的にまず彼は傍観者であって、最初はお父さん、上杉景勝、そして秀吉と、いろいろと渡り歩きながら歴史の出来事を観察し、吸収していく人物であると。その中で心がけているのは、信繁が見ていない、経験していないことはどんなに大きな歴史上の出来事であってもなるべく描かないようにしよう、ということです。その代わり、彼が見たり経験したことは詳細に描こうと思っています。

――信繁役の堺雅人さん、信幸役の大泉洋さんについてお聞かせ下さい。

信繁が持つ知将のイメージと、傍観者としての存在感において、堺さんはふさわしいです。僕よりもはるかに真田家の知識があるし、役に対する入り込み方が並の役者さんとは違いますし。信幸はあくまで信繁と対等な存在でないといけないと思い、思い切って大泉洋の名前を挙げました。彼はすごく個性的で明るくて、信幸とは一見、正反対に見えるけど、お芝居が上手でクレバーで、どんな役でもキチンとこなせて心で演じることが出来る。受けの芝居も上手いのでイケるのではないかと。本人には「くれぐれもふざけすぎないように」と毎日電話で言っているので、心配はいらないでしょう(笑)。

――きり役の長澤まさみさんはいかがでしょう。

信繁の幼なじみで生涯の伴侶であるきりは、視聴者のみなさんにとって一番身近であり重要な人物だと思います。感情移入する人も多いと思うので、なるべく親しみやすいキャラクターにしたいです。長澤さんは去年舞台を一緒にやらせていただいて、気持ちでお芝居をされる人だなと感じましたので、この方だったら一年間、視聴者と共に信繁について行けると思います。

――徳川家康役は内野聖陽さんです。

僕らが知っている家康のイメージって、どうしても晩年のタヌキ親父的なものを思い浮かべてしまいがちなのですが、彼だってきっと悩んでいたし、不安だったと思うんです。悩みをいっぱい抱えながらも徐々に偉大になっていく家康を描いてみたいと思う中で、内野さんの名前が挙がりました。実際にお会いして話すと戦国の香りの漂う方で、家康にぴったりだなと。真田家は堺さんをはじめ、わりとサラッと演じる俳優さんが揃っているのに対して、徳川家は内野さんを中心に藤岡弘、さんや近藤正臣さんなど重厚な芝居をするクドい人たちばかりなので(笑)、この『真田丸』という作品の中では最も大河らしい空気を醸し出してくれると期待しています。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 「ひょっとしたら信繁、勝つんじゃないか?」と思って欲しい
(2) 物語の前半が難しかった
関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

iPhone新モデルが登場する秋到来! - Appleが9月7日イベント開催を正式発表
[06:37 8/30] スマホとデジタル家電
今田耕司「3 年前まで彼女がいた」目標は「東京五輪婚」と東野幸治に宣言
[06:00 8/30] エンタメ
宮根誠司「断ったら遺恨が…」弟子・川田裕美との共演を語る
[06:00 8/30] エンタメ
長谷部誠、黒柳徹子からのお触りに積極的発言「触ってもらえますか?」
[06:00 8/30] エンタメ
澤穂希、東京五輪に向けた今後の展望を語る『1周回って知らない話』初回2時間SP
[06:00 8/30] エンタメ

本音ランキング