【レポート】

iOS 9でも使えるのはなぜ? AppleがiPhone 4sをサポートし続ける理由を考察

1 iPhone 4sは相当古い

 
  • <<
  • <

1/3

アップルが次期iOS「iOS 9」を発表した。対応機種としてiPhone 4sが発表されたことは、ある種の驚きをもって受け止められている。今となってはかなり古い機種となるiPhone 4sだが、どうしてアップルはiOS 9でiPhone 4sのサポートを続けることにしたのだろうか?

iPhone 4s

iPhone 4sは4年前の端末

iPhone 4sは2011年10月に発売された、iPhoneとしては5代目に当たる機種だ。ディスプレイは3.5インチ(960×480ドット)、CPUはデュアルコアのApple A5を搭載する。搭載メモリは512MBだ。OSは当初iOS 5を搭載しており、音声アシスタント「Siri」が使えるようになったのも当機からだ。通信機能としては3Gまでで、LTEには対応していない。

細かいことだが、発売当初は「4S」であり、iPhone 5s/5cが登場したのに合わせて「4s」と、小文字になったという経緯がある。もうひとつ、アップルの創業者にして伝説的な経営者となったスティーブ・ジョブズはiPhone 4sの発表翌日(10月5日)に息を引き取っており、ジョブズが見届けた最後のiPhoneでもあるわけだ。4sのsはスティーブのSだ、という人もいるほどだ。

この頃にはすでに基調講演やスペシャルイベントの舞台もティム・クックらが担当していた

最初の発売からすでに4年半を経ており、翌年型落ちになってから購入したケースを考慮しても、さすがに国内でもバッテリー等にかなり経年劣化が見られる端末が増えているだろう。こうした古い機種は最新OSのサポートから外し、さりげなく(……でもないが)買い替えを勧めるのが通常の方針だ。実際、1つ前のiPhone 4はiOS 8でサポートされなくなっており、順当にいけばiOS 9でiPhone 4sが外れるはずだった。なぜ4sだけはこんなに長くサポートされ続けるのだろうか。理由を考えてみよう。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) iPhone 4sは相当古い
(2) iPhone 4sがサポートされる理由:その1
(3) iPhone 4sがサポートされる理由:その2
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『ジョジョ』実写映画が2017年夏公開決定、原作・荒木飛呂彦氏「誠に光栄」
[14:07 9/28] ホビー
パナソニックの頑丈ノートPC「TOUGHBOOK」が20周年
[14:02 9/28] パソコン
坂上忍、紀香は"梨園の妻"として「うまくいくと思う」- 三田寛子は"お手本"
[14:01 9/28] エンタメ
OPPO、最新世代DAC採用でアンプも向上したポタアン「HA-2SE」
[14:00 9/28] スマホとデジタル家電
就職先を選ぶ際に重視すること、1位は?
[13:50 9/28] シゴト