「LTE」最新記事一覧

高速モバイル通信の「LTE」に関するニュースを掲載。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル各社の取り組みも紹介。

関連キーワード

ヘッドライン

KDDI、通話内容を保存してあとから確認できる4G LTEケータイ「GRATINA」

KDDI、沖縄セルラーは11月21日、通話終了時に直前の通話内容を音声データとして保存する「あとから録音」機能搭載の4G LTEケータイ「GRATINA KYF37」(京セラ製)を発表した。12月下旬より発売する。GRATINAは、3.4型ディスプレイを備える4G LTEケータイ。ディスプレイ全体で音を伝える「スマートソニックレシーバー」により、耳をあてる位置を気にすることなく快適な通話が行える。

[13:56 11/21]

KDDI、ワンプッシュで簡単に開けるシャープ製ガラケー「AQUOS K」

KDDI、沖縄セルラーは11月21日、4G LTEケータイ「AQUOS K SHF34」(シャープ製)を発表した。発売は12月下旬。サイズは前モデルの「AQUOS K SHF33」と同等だが、バッテリー容量は1,800mAhと約1.3倍になっている。バッテリー残量が少ないときに動作や機能を一部制限して電池を長持ちさせる「省エネスイッチ」も搭載する。

[11:53 11/21]

KDDI、IoT通信「IoTコネクト LPWA」などを来年1月に提供開始

KDDIは11月16日、都内で記者会見を開き、2018年1月から携帯電話網を活用したIoT向け通信技術であるセルラーLPWA(Low Power Wide Area)通信サービス「KDDI IoT コネクト LPWA(LTE-M)」、IoTデバイスと通信モジュールを遠隔で管理可能な「KDDI IoT コネクト デバイス管理(LTE-M)」、3GPP標準規格のLTE-M(Cat.M1)対応のIoT利用に適した超小型のLTE-M通信モジュール「KYW01」の提供を、それぞれ開始すると発表した。

[09:51 11/17]

KDDI、セルラーLPWA対応のIoT向け超小型LTE-M通信モジュールを提供

KDDIは、3GPP標準規格のLTE-M(Cat.M1)に対応した、IoT利用に最適な超小型のLTE-M通信モジュール「KYW01」を、2018年1月より法人向けに提供を開始することを発表した。価格はオープン。

[09:24 11/17]

KDDI、セルラーLPWA通信サービスを1月より開始 - 月額40円から

KDDIは11月16日、携帯電話網を活用したIoT向け通信技術であるセルラーLPWA通信サービス「KDDI IoT コネクト LPWA(LTE-M)」の提供を2018年1月より開始すると発表し、報道陣向けの説明会を実施した。

[18:59 11/16]

東芝、セルラーLPWAを用いたIoT接続の実証実験を実施

東芝デジタルソリューションズは、KDDIが商用化を目指している、低消費電力・広カバレッジエリアを特徴とするセルラーLPWA(Low Power Wide Area)サービスと、東芝IoTアーキテクチャ「SPINEX(スパインエックス)」とのIoT接続の実証実験を実施すると発表した。

[13:43 11/9]

5G時代への道筋と変革 - 「2017 Qualcomm 4G/5G Summit」から

Qualcommが香港で開催した「2017 Qualcomm 4G/5G Summit」において、同社は5Gモデムを使った接続実験に成功したことを発表。さらに、5Gスマートフォンのリファレンスデザインも披露し、来たるべき5G時代への道筋を語った。「PCで始まったデジタル経済はスマートフォン時代となって、今や75億のモバイル接続がある」(QualcommのCristiano Amon氏)。

[20:39 11/8]

SIMフリーのSurface Pro、12月8日発売で税別12万9,800円~ - 日本マイクロソフトの記者発表会から

日本マイクロソフトは2017年11月1日、「働き方改革を支援するモダンワークプレイスソリューション ~Microsoft 365とSurfaceの展開について~」と題した記者発表会を開催した。主にエンタープライズ向けの内容だったのだが、10月31日(現地時間)にイギリスで開催した「Future Decoded」で発表となった「Surface Pro LTE Advanced」を中心に紹介しよう。

[17:09 11/2]

日本マイクロソフト、SIMフリー仕様の「Surface Pro」

日本マイクロソフトは11月1日、Windowsタブレット「Microsoft Surface Pro」のLTE対応のSIMフリーモデル(2機種)「Surface Pro LTE Advanced」を発表した。法人向けとして12月8日から発売する。税別価格は、Core i5・メモリ4GB・ストレージ128GBのモデルが129,800円、Core i5・メモリ8GB・ストレージ256GBのモデルが149,800円。

[18:30 11/1]

塩田紳二のアンドロイドなう 第138回 「Pixel 2」買いました

Googleの「Pixel 2」を購入しました。残念ながら、Pixel 2は、日本国内では販売されていないため、米国のGoogleサイトから直接購入し、米国在住の知人に受け取ってもらいました。いま、取材で米国のサンノゼ市に来ており、無事、Pixel 2を受け取りました。

[15:38 10/30]

増収減益のNTTドコモ第2四半期決算「ユーザー還元は順調に進捗」

NTTドコモは26日、都内において2017年度第2四半期の決算説明会を開催した。営業利益は5,488億円で前年同期比で368億円(6.3%)減となったが、償却方法変更による影響などの特殊要因を除くと28億円減で、ほぼ前年同期と同じとなり、年間業績予想に対して順調に進捗しているという。

[12:19 10/27]

アンリツ、「MT8821C」用LTE Cat-M1およびNB-IoT対応ソフトウェアを発売

アンリツは、ラジオコミュニケーションアナライザ「MT8821C」でLTE Cat-M1機器とNB-IoT機器の評価を可能とするソフトウェアを開発し、販売を開始したと発表した。対象市場はIoT端末メーカーやチップセットメーカー、通信事業者などとしている。

[07:00 10/25]

ソフトバンク、LTE対応の8インチタブレット「MediaPad M3 Lite s」

ソフトバンクは10月17日、2017-18年冬春モデルとなるスマートフォン、タブレット端末の一つとして、8インチWUXGA(1,920×1,200ドット)液晶を採用したファーウェイ製のタブレット「MediaPad M3 Lite s」を発表した。2018年1月下旬以降の発売予定。本体カラーはホワイトのみで展開する。

[17:09 10/17]

ソフトバンク、シャープ製「AQUOS R」に新色のオパールブルーなど3色追加

ソフトバンクは10月17日、5.3インチのAndroidスマートフォン、シャープ製「AQUOS R」の新色として、「オパールブルー」「オーロラピンク」「カッパーブラック」の3色を発表した。発売は11月中旬以降。AQUOS Rは、120Hz駆動の「ハイスピードIGZO液晶」をディスプレイに採用。動きの激しい動画や画面スクロール時に起こる文字の残像を抑える。

[17:09 10/17]

「ThinkPadの父」に聞く、現在過去そして未来 その1

ThinkPadが2017年の10月5日で25周年を迎えた。今回はそれを記念して日本IBM時代からThinkPad開発に携わり、「ThinkPadの父」とも呼ばれる内藤在正氏(現レノボ・ジャパン取締役副社長研究開発担当。以下敬称略)のインタビューをお届けする。さまざまな技術的観点について、これまでの歩みとこれからの「PCの行く末」について話してもらった。

[05:00 10/13]

BIGLOBEモバイルがauの4G LTE回線に対応

ビッグローブは10日、格安SIMサービス「BIGLOBEモバイル」において、KDDIが提供するauの4G LTE回線への対応を発表した。同日提供開始する。SIMサービスのプランは、現行のNTTドコモ回線を用いた通信サービスを「タイプD」、au回線を用いた通信サービスを「タイプA」として提供する。

[18:07 10/10]

nuroモバイル、初回支払月を最大6か月後に設定する「スキップ払い」

ソニーネットワークコミュニケーションズは2日、LTE通信サービス「nuroモバイル」での端末代金の分割クレジットに、3~20回を追加した。加えて、初回支払月を最大6か月後に設定する「スキップ払い」も導入。こちらは10月3日より提供を開始する。また、データ専用SIMに020番号帯を発行することを発表した。

[18:11 10/2]

ビッグローブの格安SIMに「エンタメSIM」、特定の動画・音楽サービスを制限なく楽しめるオプション付き新プラン

ビッグローブは28日、同社のコーポレートロゴを一新。MVNO事業のサービス名称も、従来の「BIGLOBE LTE・3G」から「BIGLOBEモバイル」へ変更した。また、MVNO市場では、使っている端末はそのままに、SIMだけを格安SIMに変える需要が拡充していくと見込み、格安SIMサービスへの乗り換え施策を「SIM替え」の名称で新たに訴求していく。

[12:32 9/28]

NTTドコモ、月額400円からの新たなIoT向け料金プランを提供

NTTドコモは9月26日、IoT市場の拡大に伴い、さらなる利用を促進するため、月額400円(税別)から利用可能なIoT向け料金プランを10月2日より提供開始すると発表した。

[11:00 9/27]

住友生命とNEC、営業職員向けタブレット端末開発 - 4万台導入へ

住友生命保険とNECは9月26日、住友生命の営業職員(スミセイライフデザイナー)向けに新たなタブレット端末を開発したと発表した。住友生命は2018年7月から順次、同端末を約4万台導入する。

[10:30 9/27]

ドコモ、IoT通信機器の消費電力を約5分の1に減らす技術「eDRX」開発

NTTドコモは9月26日、法人向けIoT通信機器の消費電力を低減する通信技術「eDRX(extended Discontinuous Reception)」を10月2日より東京都市部で提供開始すると発表した。

[09:31 9/27]

VAIO、ノートPC新製品6機種を発表「待っていただいただけの価値がある」

VAIOは21日、同社製ノートPC「VAIO」新製品6機種を発表した。個人向けメインストリーム「S Line」の11.6型、13.3型、15.5型の3モデルを刷新したほか、新たに法人向け「VAIO Pro」シリーズを新ラインナップ。セキュリティ機能やサポートサービスを強化したモデルで、個人モデルをベースに11.6型、13.3型、15.5型の3モデルを用意する。

[19:05 9/21]

VAIO、840gに軽量化した11.6型モバイルPC「VAIO S11」

VAIOは21日、最軽量時で約840gの11.6型モバイルPC「VAIO S11」を発表した。2014年に販売した「VAIO Pro 11」を思わせるシャープなデザインを復活させつつ、重量は現行モデルの920gから80g軽量化した840gとなっている。店頭モデルの予想価格は税別147,800円前後から。

[13:00 9/21]

13.3型モバイルPC「VAIO S13」がLTE搭載、Windowsデータプランにも対応

VAIOは21日、13.3型モバイルPC「VAIO S13」新モデルを発表した。ビジネス利用を意識し、新たにLTE対応や長時間駆動を果たしている。同日より予約開始し、29日に発売する。価格はオープン。店頭モデルの予想価格は税別162,800円前後から。直販のカスタマイズモデルは税別104,800円から。

[13:00 9/21]

ドコモとKDDI、スマホとウェアラブル端末で電話番号を共有できるサービス

NTTドコモ、KDDIは9月13日、スマートフォンとウェアラブル端末で電話番号を共有できるサービスを発表した。NTTドコモのサービスの名称は「ワンナンバーサービス」、KDDIのサービスの名称は「ナンバーシェア」。

[17:00 9/13]

ユーブロックス、LTE-Mモジュール「SARA-R410M」がAT&Tネットワークで認定

スイスu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン)は、同社のセルラー・モジュール「SARA-R410M」がAT&TのLTE-Mネットワークで認定され、ユーティリティ・メーター、テレマティクス、資産および車両追跡、セキュリティシステム、ビルディング・オートメーション、スマート照明、パーキング・センサーなど、幅広いIoTアプリケーションをサポートすることを発表した。

[15:31 9/13]

Apple、LTE対応モデルも用意する「Apple Watch Series 3」- 税別36,800円~

米Appleは9月12日(現地時間)、「Apple Watch Series 3」を発表した。Series 2よりも処理速度が高速化しているほか、新たにLTE通信が可能なセルラーモデルをラインナップに加える。日本では9月15日に予約を開始し、9月22日に発売となる。なお、セルラーモデルにはペアリングしたiPhoneと同じ電話番号が割り当てられるため、キャリア側で何らかの対応が必要なようだ。

[08:32 9/13]

【速報】Apple Watch Series 3が発表、セルラーモデルも

米Appleは9月12日(現地時間)、カリフォルニア・クパチーノにて開催のスペシャルイベントで「Apple Watch Series 3」を発表した。新しくセルラーモデルをラインナップ。9月15日に予約を開始、9月22日より発売する。価格は通常モデルが329ドル、セルラーモデルが399ドル。セルラーモデルは直接携帯ネットワークに接続できるため、iPhoneとのペアリングなしで独立して動作する。

[02:51 9/13]

「Surface Pro LTEモデル」に搭載されるSIMは…… - 阿久津良和のWindows Weekly Report

Microsoftは2017年10月31日~11月1日(英国時間)に、イギリスのロンドンで企業向けカンファレンス「Future Decoded」を開催する。基調講演に"Surfaceの父"として知られるPanos Panay氏の登壇が予定されていることから、Surfaceシリーズ新モデルの発表が期待される。

[09:00 9/12]

KDDI、IoTセンサーとLPWAを活用したごみの量を遠隔監視する実証実験

KDDIは9月8日、沖縄セルラーの協力を得て、2017年度内の商用化を目指しているIoT向け通信規格LTE-M(Cat.M1)を活用し、沖縄県那覇市においてごみ箱のごみ量の遠隔監視を行う屋外実証実験を実施したと発表した。

[13:30 9/8]

LTE バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>携帯キャリア>LTE)

LTE トップへ
高速モバイル通信の「LTE」に関するニュースを掲載。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル各社の取り組みも紹介。

人気記事

一覧

新着記事