【レポート】

Gmailの容量が不足してきた時に空き容量を簡単に作る方法

Gmailは無償で15GBの容量を利用できるが、画像が添付されたメールなどをたくさん受信していると、あっという間に容量が不足してしまう。容量が不足すると、メールが受信できなくなってしまうので、早めに手を打っておきたいもの。

そこで今回は、Gmailの空き容量が不足してきた時の対策として、古いメールや大容量のメールをまとめて削除する方法を紹介しよう。

日付が古いメールをまとめて削除する方法

Gmailの検索機能が高いことは言うまでもないが、受信の期間からメールを検索することができる。その方法は簡単だ。

例えば、1年前のメールを検索したい場合は、検索ボックスに次のように入力すればよい。

older_than:1y

2年以上前に受信したメールなら「older_than:2y」、3年以上前に受信したメールなら「older_than:3y」となる。

また、特定の年月日よりも古いメールを探すこともできる。その場合は、次のようにと入力すればよい。

older:YYYY/MM/DD

例えば、2014年4月1日より古いメールを検索する場合は、「older:2014/04/01」となる。

検索で絞り込んだメールをすべて削除したい場合は、画面上の左側のチェックボックスで「すべて」を選択して、「削除」ボタンを押せばよい。

「older_than:○y」という演算子(○は数字を入力)により年単位でメールを検索できる

検索で絞り込んだメールすべてを一気に消すこともできる

容量が大きなメールをまとめて削除する方法

次は、容量を指定してメールを削除する方法を見てみよう。こちらも、検索ボックスに演算子を入力する。

例えば、100MB以上の大きさのメールを検索したい場合は、以下のように入力すればよい。

larger:100m

また、100KB以上の大きさのメールを検索したい場合は「larger:100k」と入力するといった具合だ。

ちなみに、演算子は組み合わせて使うことが可能だ。例えば、100MB以上の容量で、かつ、3年前に送信されたメールを探したい場合は、次のように入力することになる。

larger:100m older_than:3y

古いメールを後から見返すことは意外と少ないもの。容量が不足してきて慌てる前に、不要なメールはまめに消すようにしておこう。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事