【レポート】

人間が勝つ鍵はどこにあるか「第3回将棋電王戦」第3局 - 豊島七段・会心の勝利に見えた横歩取りの深淵なる世界

1 これまでの電王戦にはないオープニング

  • <<
  • <

1/5

人間はもうコンピュータに勝てないのか……

そう絶望していた人も多いだろう。なにしろ第2回電王戦以来、途中引き分けを挟み5連敗中なのだ。だが、本局は人間の圧勝。パーフェクトゲームだった。これまでの対局と何が違うのか、人間が勝つ鍵はどこにあるのか。その秘密に迫りたい。

3月29日、将棋のプロ棋士とコンピュータ将棋ソフトが戦う「第3回将棋電王戦」第3局、豊島将之七段対YSS(開発者:山下氏)の一戦が、大阪・あべのハルカスで行われた。対戦形式は5対5の団体戦で、ここまで将棋ソフト側が2連勝。プロ側は敗れると団体戦の敗北が決まる崖っぷちの戦いである。

3月7日に全面開業したばかりのあべのハルカスは、地上60階、高さ300mは日本一の高さ。対局場は、あべのハルカス内の大阪マリオット都ホテル55階インペリアルスイートが用いられた

対局が開始され、互いに最初の一手を指したところで、豊島七段は上着をパサリと脱ぎ捨てた。そして、そこからビシビシと指し続ける。カメラマンが写真撮影をしている間にみるみる局面は進み、あっという間に戦型が確定した。こんなオープニングは、これまでの電王戦の歴史で見たことがない。

腰に手を当てて電王手くんの着手を待つ豊島七段

プレッシャーで気負いすぎているのだろうか? いや……、豊島七段の表情は冷静そのものだった。虚勢ではなく、心の内からにじみ出る自信と決意、そして若干の怒りにも似たオーラが見えた気がした。「この対局は何かが違う」そう感じずにはいられなかった。

「特別な力」を持つ棋士

大一番に臨んだ豊島将之七段

将棋界には、ある周期ごとに「特別な力」を持った棋士が現れる。現役の棋士で言えば、谷川浩司九段(51歳)、羽生善治三冠(43歳)、渡辺明二冠(29歳)らがそうだ。3人の棋士は、プロデビュー前から「将棋界で一時代を築く棋士になる」と予想されていた。天才的に強いというだけでなく、時代を担う特別な力があると見られていたのだ。

本局に臨む豊島将之七段(23歳)も、デビュー前から「特別な力」を持っていると見られていた棋士だ。

もちろん先のことはわからない。前述した3人がすでに揺るぎない実績を残し一時代を築いたのに対して、豊島七段はまだひとつのタイトルすら獲っていないのだから。だが、特別な力を持っているとされる棋士は、およそ10年に1度しか現れず、豊島七段は紛れもなくそのひとりなのである。

プロ棋士が負ければ団体戦敗北が決まる、そのことすらこの一局には関係ないのかもしれない。将棋界の「特別な力」がコンピュータに通用するのかどうか、興味はその一点に尽きるだろう。敗れればプロ側にはもう切るカードがなくなる。将棋電王戦の存続がこの一戦に懸かっていると言っても過言ではない。

左から長谷川優貴女流二段(記録係)、井上慶太九段(立会人)、東和男七段(日本将棋連盟理事)、室田伊緒女流初段(記録係)

ニコニコ生放送の司会は香川愛生女流王将。「番長」の愛称で人気者だ

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) これまでの電王戦にはないオープニング
(2) プロの前例1000局にない手
(3) 「良い形」+「良い形」=「悪い形」?
(4) プロの研究の深淵
(5) 豊島七段の対コンピュータ戦略

関連記事

「第3回将棋電王戦」第3局は豊島七段の完勝で棋士初勝利、ソフトの勝ち越しを防ぐ
[2014/3/29]
菅井五段の誤算は"イメージと事実の差"「第3回将棋電王戦」第1局 - 進化を遂げた習甦の強さ
[2014/3/19]
佐藤六段に待ち受けていた光と闇「第3回将棋電王戦」第2局 -罠をかいくぐり最後に生き残ったのはどちらか
[2014/3/26]
逆転に次ぐ逆転と「△6六銀」の謎 -『将棋電王戦』第三局で見えたコンピュータと人間、それぞれの弱点
[2013/4/10]
泥にまみれた塚田九段が譲れなかったもの -『将棋電王戦』第四局 "棋士の意地"すら超えた、勝負への壮絶な執念
[2013/4/17]
「第3回将棋電王戦」第1局はソフト先勝、菅井五段「あまりいいところがなかった」
[2014/3/15]
「第3回将棋電王戦」ソフト2連勝、佐藤六段「相手が強いというより私が弱い」
[2014/3/22]
「第3回将棋電王戦」【ソフト編】開催までに読んでおきたい電王戦ガイド- 人間が心血を注いだ努力の結晶
[2014/3/11]
「第3回将棋電王戦」開催までに読んでおきたい電王戦ガイド【プロ棋士編】 - 人間のリベンジなるか
[2014/3/5]
「第3回 将棋電王戦」までに知っておきたいプロ棋士5人の棋風と人物像 - プロ好条件は背水の陣
[2013/10/11]
「将棋電王トーナメント」をより楽しむために読んでおきたいコンピュータ将棋の魅力&知識、そして注目ソフト
[2013/10/30]
秒間3億手を読む最強ソフト「GPS将棋」はいかにして敗れたか - 最強競う知の祭典「第23回世界コンピュータ将棋選手権」
[2013/5/10]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事