【レポート】

MWC 2014 - Firefox OSの今後とは? Mozillaがリファレンス端末を発表、KDDI楽天、リクルート担当者も出席

1 Firefox OSの今後とは? その1

  • <<
  • <

1/3

「第3のOS」として知られ、着実に端末ラインナップや導入市場を拡大しているFirefox OS。スペイン・バルセロナで開催中のMobile World Congress 2014に合わせて、現状を説明するイベントが開催された。その中で、キャリアとして参画するKDDI、コンテンツプロバイダーとしてアプリを提供する楽天やリクルートの担当者が記者たちの質問に答えた。

Firefox OSは、2013年2月に第1弾の端末が発表されて以来、3モデルが登場し、現時点では北米、南米、欧州の15の市場で販売されている。今回、さらにZTEから「ZTE OPEN II」「ZTE OPEN C」、ALCATEL OneTouchから「FIRE C」「FIRE E」「FIRE S」「FIRE 7」、Huaweiから「Y300」という新モデルが発表された。

現在のFirefox OS端末

ZTEのFirefox OS端末の新製品

ALCATEL OneTouchの新製品

Huaweiからも新製品が出る

パナソニックはテレビでの採用を計画し、Foxconnも参入する

Firefox OSをサポートする企業も順調に拡大している

また、パナソニックがFirefox OSを搭載したスマートテレビの提供予定をすでに発表しているほか、VIAのタブレット、Foxconnのスマートウォッチも登場予定となっている。2014年には中米、アフリカ、ロシア、アジアの各地域でも展開予定で、順調に拡大していく計画だ。

現在Firefox OS端末が販売されている市場。これがさらに拡大する

さらなる拡大に向けて、リファレンス端末の「Flame」を提供する。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) Firefox OSの今後とは? その1
(2) Firefox OSの今後とは? その2
(3) Firefox OSの今後とは? その3

人気記事

一覧

新着記事