【レビュー】

今のケースに飽きてきたらこれはどう? スタイリッシュなデザインと耐衝撃性を両立したKODAWARIのiPhoneケース

 

iPhone 5sが発売されてからそろそろ4ヶ月が経つが、皆さんiPhoneライフは満喫しているだろうか。ここでずばり、あなたの現在の心境を当ててみせよう。

……そろそろ、今つけているケースに飽きてきていますね?

どうだろう。当たっただろうか。当たってなくても構わず話を進めるけど、iPhoneと一緒に購入するものランキング2位は間違いなくケースだろう(1位は保護フィルム)。

iPhoneは形のバリエーションが少ないこともあって各社ケースを作りやすく、実にバラエティに富んだ形状のケースが発売されている。中には「これをケースと呼んでいいのか」なんて奇抜なものもあって、それはそれで面白いのだけど、でもやっぱり基本に立ち返ると、ケースの第一の役割はiPhoneを保護すること、これに尽きると思うのだ。

てなわけで、今回はそろそろ最初に買ったケースに飽きてきた人、あるいは今まで裸で使っていたけどケースをつけたくなっている人、または今まさにiPhoneを買おうとしていてケースをどれにするか考えている人に向けて、オススメのiPhoneケースを紹介したいと思う。

Zero 5 Tough(0.5mm)UltraThin for iPhone 5/5S - Clear

iPhoneは裸で使うのが一番美しい、と主張する人がいる。確かにiPhoneの洗練されたデザインを堪能するなら裸が最強なのは当然だし、ゴテゴテしたケースなんてつけたらありがたみも半減という気持ちはわかる。とはいえ、世の中の人は別に必要もないのにケースをつけているわけではないのだ。iPhoneが落としても踏んづけても壊れないならそのまま使うのだけど、そうではないから仕方なくケースをつけているのだ。……中にはケースをつけることでオシャレしている人もいると思うけど、今回はそっちの話はおいておこう。

で、だ。

「仕方なくケースをつける」というのはあまり褒められた理由ではない。どうせつけるなら胸を張って「すべての面でつけた方がいいからつけた」と言いたいじゃないか。

そこでオススメするのが、KODAWARIから発売されているCAZEの『Zero 5 Tough(0.5mm)UltraThin』である。CAZEは2007年に小さなハンドメイドショップでiPhoneケースを売り始め、またたく間に世界各地へと広がっていったiPhoneケースブランドである。

ケースのケースからしてスタイリッシュ

単にiPhoneを保護するためのケースではなく、iPhoneの洗練されたデザインを殺すことなく考案されたスタイリッシュなケースというわけ。

実際にモノを見てみよう。

!?

「iPhoneのフレームです」と言われたら信じてしまいそう

手にとって、思わず「軽っ」と驚いてしまった。「これ、ちょっと固めの保護フィルムを曲げて作ったの?」とアホな疑問を抱いてしまいそうな軽さである。そして、薄い。公式サイトで「世界一薄いクリアハードケース」をうたっているが、なるほど納得のクオリティだ。

マイクロファイバーのクロスと保護フィルムが同梱されている

こちらは折って使えるiPhoneスタンド。同梱

こんなふうにして使える。便利

裸のiPhoneと並べたところ。大きさにほとんど違いがない

ためしにiPhone単体と、iPhoneにこのケースをつけた状態のものと、両方を持ち比べてみた。違いがわかるだろうか。

ケースをつけた状態

ケースがついていない状態

パッと見わからないほどの薄さだ。それもそのはず、もっとも薄い部分の厚みはわずか0.5mm(!)だという。こんなに薄いと今度は耐久性が心配になるが、ケースに力を加えてもぐにゃっと曲がるだけでびくともしない。素材はメガネのレンズにも使われているTR90を素材としたポリカーボネートを使用していて、伸縮性と耐久性が非常に優れているのだ。

本当に薄い。つけていてもパッと見わからない

クリアケースなので裏面もばっちりガードで安心

もちろん、ケースをつけたまますべてのボタンとコネクタにアクセスできるため、一度つけてしまえば普段使いの中で外す必要はない。iPhoneと一体化し、純粋にiPhoneを守るためだけに力に尽くしてくれる、いわば忠実な近衛兵のような存在なのだ。

つけたまますべてのボタンとコネクタにアクセスできる

iPhoneに余計なものをつけたくないけど、耐久性は向上させたい……というワガママなユーザーのニーズを完璧に満たしてくれる『Zero 5 Tough(0.5mm)UltraThin』。

どのケースをつけるか迷ったときこそ、このケースはいかがだろう。

B1X Bumper Full Protection

iPhoneのデザインを最大限生かしながら保護するクリアハードケースもいいけれど、もう少しケースで主張したい! というオシャレさんにオススメなのがColorantの『B1X Bumper Full Protection』だ。商品名にもなっている「バンパー」とは、iPhoneの側面をぐるっと守ってくれるタイプのケースのこと。背面が空いているのが不安という人もいるかもしれないが、iPhoneは意外と前面と背面への衝撃には強く、側面が弱い。なので、側面を重点的に守るというのは理にかなっているのである。

やっぱりスタイリッシュなケースのケース

バンパー本体の他にクリーニングクロスと保護フィルムが同梱

ということで『B1X Bumper Full Protection』だが、こちらの特徴はそのカラーバリエーション。今回はゴールドを紹介するが、他にも様々なカラーがあり、どれもiPhoneにぴたりと合うトーンに仕上がっている。iPhoneを守りながら、さらにカラーで個性を主張できる一石二鳥のiPhoneケースである。

上品なゴールド

かなり伸縮性がある

2層構造になっている

実際につけてみた。『B1X Bumper Full Protection』は2層構造になっていて、内側のTPU素材を外側のポリカーボネートで包み込んで守るようにできている。この2層構造のおかげで、薄型でありながら高い耐久性を維持することができるのだ。

それほど厚みはないが、サイドからの衝撃への耐久性はかなりのもの

持っても違和感なく手に馴染む大きさ

そして……驚いたのは、外側に付けられたボリュームボタン。なんとこれ、アルミ製なのだ! 単に実用性だけを考えれば別にアルミ製じゃなくてもいいはずだが、あえてここをアルミにするこだわりこそが、Colorantならでは。iPhoneの良さをケースでもきちんと表現していこうという作り手の思いが伝わってくるね。

背面はiPhoneそのまま。気泡が入りまくっているのは筆者が下手くそだからです……

アルミ製のボリュームボタンは高級感がある

その他、各ボタンもきっちり外からわかるようになっていて、使い勝手は良好。耐久性、デザイン、使い勝手を高いレベルでまとめたハイクオリティなケースなのだ。



iPhoneケースやカバーの専門店SHOWCASEを運営するKODAWARI
 ― 取扱いブランドラインナップ

PATCHWORKSは、最高のデザインは自然からくると考えています。人は自然から学び、感じることで創造することが出来ますが、人は自然というデザインを変化させ、歪め、悪化させてきました。デザインは、時代により、文化により、国家により、性別により、そしてほとんどすべてのことについて、個人の感性によって表現されます。そこでPATCHWORKSは、デザインだけは人に依存せず、自然そのものをデザインにしました。私達は100%自然素材の精神をお客様に伝えていきます。

パッチワークス・韓国

USG - Ultrimate Screen Guard / ITG - Impossible Tempered Glass / USG Tough Shield / Alloy X Bumper /
i-Glow Case / Classique Leather Case / Naked Nature Collection / Alloy X Home Button Set

Colorantは、Alloyシリーズが代表作の、PATCHWORKSのセカンドブランドです。黒と白しかないのはつまらないほど単調で、アンフェアだと考えています。各個人は皆すべて自分だけの色と個性を演出したいという情熱を持っていると思います。"More colors in design"という確固たる意志を持ち、レベルの高い職人精神を求めた情熱で製品を開発しています。他人と似ていて、複雑で、非効率的なデザインはしません。シンプルで、効率的で、慎重な色感、そういったデザインコンセプトで、我々は新しい製品を作っていきます。

カララント・韓国

Link Outdoor NeckStrap Case / Colorant Case C0 / Colorant Case C1 / Colorant Case C2 /
Colorant Case C3 / Anti-Dust Plug / B1 Bumper / Lightning Cable

"everything can be fashion and have its own style, why not my iPhone." すべてのものはファッションであり、iPhoneもまたその内のひとつである。これはCAZE Ltdのチーフデザイナーの言葉であり、携帯電話ケースは自分のスタイルをアピールする上で最も簡単です。だからこそ私達はお客様がたくさん選べるような、独特でありユニークであり美しいケースを作っております。2007年に小さなハンドメイドショップでiPhoneケースを売り始めた後、瞬く間に"CAZE"というブランド名が世界各地に広がり、2009年から日本でも愛されています。

ケーズ・香港

Zero 5(0.5mm)UltraThin / Zero 5(0.5mm)UltraThin Matte / Zero 5(0.5mm)UltraThin Color /
Zero 5 Tough(0.5mm)Ultrathin / Zero 5 Pro Clear / Zero 5 Pro Color / ThinEdge frame case /
SoftShell case

Miniotは、木の製品にこだわりと誇りを持っています。木は自然の中でたったひとつ再利用が出来る素材なのです。そして私達にとって一番美しくもある。人々は昔から木を使って色々なものを作ってきた歴史があります。私達のしていることは、その人々が育ててきた、大きな木の枝の一本でありたい、ただそれだけである。

ミニオット・オランダ

Miniot Book / Miniot iWood / Miniot Cover

欲しいときに持ち合わせていないペン。そんなイライラを解消するため、イギリスの発明家は、携帯電話の中に入れられるほどの小さいペンを発明しました。携帯電話なら誰でも常に持ち歩いているからです。スマートフォンにはメモ帳の機能があります。必要なときにタッチパネルで字を書き、図を書きデータにすることでしょう。しかしスマートフォンであなたのサインを書くことが出来ますか?公的な書類に必要事項を記入することが出来る?瞬時に図を書ける?手紙を書ける?もしあなたのスマートフォンを本当の意味でペンにすることが出来たら?“Jackpen”にはそれが出来ます。

jackpen

kubxlabは、爆発的なヒットとなった「iwatchz」開発会社の新ブランドです。究極のデザイン、究極の技術を組み合わせ、たくさんの多角化した革新的な商品を生み出すことをコンセンプトとしています。キューブクスラボとして生まれ変わった、革新的な商品開発メーカーの第二章スタート製品として、ampjacketはリリースされました。

キューブクスラボ・カナダ

ampjacket

人気記事

一覧

新着記事

ボルボ「XC90 エクセレンス」発表 - 後席の居住性を重視した4人乗り高級SUV
[05:16 8/28] ホビー
ボルボ「XC60 クラシック」をラインアップに追加 - 装備を充実させたモデル
[04:58 8/28] ホビー
メルセデス・ベンツ「C 300 クーペ スポーツ」を発売 - 専用エンジンを搭載
[04:44 8/28] ホビー
「メルセデスAMG C 43 4MATIC」9速AT搭載などの改良を実施 - クーペ追加も
[04:39 8/28] ホビー
アストンマーティン「ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」99台の限定生産
[04:27 8/28] ホビー