【インタビュー】

2014年はSNSでオウンドメディアの価値が再定義される!? - 博報堂アイ・スタジオ

1 「オウンドメディア×ソーシャル」がいよいよ真価を発揮!?

  [2014/01/06]
  • <<
  • <

1/4

Facebookなどのソーシャルメディアを利用する生活者は爆発的に増えており、近年は「ソーシャル時代」と評されることも少なくない。企業のマーケティング活動においてもソーシャルメディアの活用が当たり前。現在は、オウンドメディア(企業紹介Webサイト)以上にソーシャルメディアに力を入れている企業も少なくないだろう。

こうした傾向が極端に強くなったのが昨年である。2013年を振り返るならば、それまで半信半疑だったソーシャルメディアマーケティングの効果が広く認められ、多くの企業が本格活用に乗り出した年と言えるだろう。

では、今年、2014年はそうした風潮がどのように変化するのか。デジタルコンテンツ制作会社 博報堂アイ・スタジオの十字賢氏、土橋萌花氏、タンポンチョエ・タムマラット氏に話を伺ったので、以下、その模様をお伝えしよう。

左からタンポンチョエ・タムマラット氏、土橋萌花氏、十字賢氏

「オウンドメディア×ソーシャル」がいよいよ真価を発揮!?

「2014年は本当の意味で『オウンドメディアのソーシャル化』元年になります。これまでも、企業サイトやECサイトなどとFacebookやTwitterを連携させる取り組みはずいぶんと行われてきました。ただ、今年はその関係性がガラッと変わります。これまでとは違う新しい企業サイトが次々と生まれることになるでしょう。」

ストラテジックプラナーの十字氏は、2014年のマーケティングトレンドについてこのように"予言"する。

博報堂アイ・スタジオ ストラテジックプラナーの十字賢氏

現在、「オウンドメディアとソーシャルの連携」と言うと、多くの方は、商品やサービスの紹介ページに「ツイート」ボタンや「いいね!」ボタンを設置したり、サイドバーなどにガジェットやブログパーツを設置してコメントのタイムラインを表示したりといったかたちを思い浮かべるだろう。しかし、これらは言わば、「オウンドメディアへのソーシャル機能の追加」。オウンドメディアからソーシャルへ誘導するためのもので、相乗効果は期待できず、極論すれば、体裁上連携させている程度のものである。

だが、十字氏によると、オウンドメディアとソーシャルの関係性は、今年からそうした枠を超え、いよいよ新たな価値を生み出すフェーズに入るのだという。

今までのようにオウンドメディアの情報をソーシャルで拡散させるという情報の流れだけでなく、ソーシャルメディアで支持されている情報をオウンドメディアに集約するという、これまでとは「逆の流れ」が新たに加わることになるというのが十字氏の主張だ。その情報は、タイムラインのような時間軸での見せ方だけではなく、いいね!の多い順など「多面的な見せ方」へと変わる。

つまり、ようやく生活者とのコミュニケーションが、オウンドメディアに反映される「オウンドメディアのソーシャル化」が始まるという。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 「オウンドメディア×ソーシャル」がいよいよ真価を発揮!?
(2) 足し算からかけ算の発想へ
(3) ソーシャルのコンテンツを集約してギャラリー化
(4) 予想以上の反響という新サービス「Social Gallery」
関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

CentOS 6.8登場
[09:00 5/27] 企業IT
IT業界で働く日本女性は有利か!?女性エンジニアの実情に迫る - 日本MS
[09:00 5/27] 企業IT
Holst/imecがセンサネットや将来のIoT向けに低消費電力無線チップを開発
[08:30 5/27] テクノロジー
【コラム】Windows 10ミニTips 第85回 UWP版「電卓」をショートカットキーで便利に使う
[08:20 5/27] パソコン
【コラム】サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第53回 おすすめ投資信託は「ノーロード」&「インデックス型」&「バランス型」(1)
[08:00 5/27] マネー

特別企画 PR

求人情報