【レポート】

ナイキ、ユニクロ、PARTYなどのクリエイティブな「年賀サイト」紹介

"新年"といえば、ブランドや広告会社が新しい年の訪れを祝う、いわゆる「年賀サイト」が毎年公開される。本記事では、ナイキやユニクロといった様々な年賀サイトを紹介していく。

ナイキジャパン「エクストリーム元旦」

ナイキジャパンは、「エクストリーム元旦」と題してエクストリーム="極限"の年越しを呼びかけた。リストバンド型ガジェット「NIKE+ FUELBAND SE」を持っている人が主な対象で、2014年1月1日から1月2日の午前1:00までの間にアクティブな元旦を過ごし、その様子を写真に収めてツイッターやフェイスブック上の特設イベントページに投稿することで参加する。"一人箱根駅伝 往路"と称して、大手町~鶴見~戸塚~平塚(合計66㎞)を11時間で走破したひともあらわれた。

ツイッターでの「RT(リツイート)」「お気に入り」数、フェイスブックでの「いいね!」数などが考慮され、"NIKE福男/福女"が選ばれる。福男/福女には世界に一着だけの「ナイキ デストロイヤー ジャケット」が授与されるほか、投稿した写真でナイキジャパン公式のフェイスブックページのカバー写真が制作され、掲載される。寝正月の始まりになりやすい元旦から運動する、そんなアクティブなライフスタイルをNIKE+ FUELBAND SEを実現することを伝えている。

ユニクロ「UNIQLO 11DAYS HEATUP」

ユニクロは、体がポカポカしてきそうな懸賞付きのウェブキャンペーンを実施している。特設サイト上に設置されたボタンがクリックされた総クリック数の下6ケタの数字を予想し、毎日午前10時15分に当選者が発表されるというもの。当選者1等には鍋グルメギフト券181本、2等(下4ケタ)にはオンラインストア限定の2,000円分のクーポン、3等には(下3ケタ)には1,000円分のクーポン、4等には(下1ケタ)には300円分のクーポンが贈られる。ユニクロが寒い冬を暖かくする、そんな思いが伝わってくる。

PARTY「Happy new year from PARTY」

昨年本チャンネルでも多くのキャンペーンをご紹介してきたPARTYは、お餅が焼かれて美味しそうに変化していく動画を公開した。膨らむ餅は新しい年の幕開けに膨らむ夢を表し、昨年は馬車「馬」のように働いたが、今年もハッ「P」に行きましょう、としている。

カヤック「年賀状2014.psd」

毎年年賀サイトで話題になるカヤックが、今年はデザイナーにお馴染みのPhotoshopをモチーフにしたサイト「年賀状2014.psd」を公開した。テキストボックスをクリックして文字を入力できたり、画像を拡大縮小できたりするようになっている。サイト内では2013年にあったカヤックの10大ニュースが紹介されている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事