【レポート】

週4日労働が当たり前? オランダが労働時間の短さでトップに - OECD調査

 

昨年、自分が何時間働いたか把握している人はどれぐらいいるだろうか? 経済協力開発機構(OECD)によると、加盟国の年間労働時間の平均は1765時間で、日本はこれより少ない1745時間だという。加盟国34カ国のうち、最も労働時間が短いのはオランダの1381時間、われわれよりも年間364時間――つまり、まるまる16日間多く休暇を楽しんでいる計算になる。

労働時間が少ない国の上位を占めたのは、欧州の国々。オランダをトップに、ドイツ、ノルウェー、フランスなどが続く。日本は20位で、米国(23位)の1790時間より少ない。最も多かったのはチリで、2226時間。韓国などデータがない国もある。

CNN Moneyの記事「世界で最も週の労働時間が短い国(原題 : World's shortest work weeks)」では、OECDの調査に基づき、各国の週単位での労働時間と年間平均所得を割り出している。トップのオランダは、週のうち29時間が労働時間で、平均所得は47000ドル(約470万円)。政府がワークライフバランスを奨励していることもあり、週4日労働がかなり定着しているとのことだ。2000年に成立した法の下で、労働者は労働時間をパートタイムに減らしても職を維持でき、保険などのメリットも享受できるように保証されているという。

2位はデンマークとノルウェーで、労働時間は週平均33時間と短い。年間所得はそれぞれ、デンマークが46000ドル(約460万円)、ノルウェーが44000ドル(約440万円)だという。デンマークもワークライフバランスが進んでおり、年間の有給休暇は最低5週間。デンマークは、欧州の国にしては珍しく解雇が簡単だが、政府は失業手当を最大2年間支給するなどサポートが手厚い。

4位はアイルランドで、労働は週34時間が平均、所得は年間51000ドル(510万円)という。アイルランドは労働時間が急速に減り、他の欧州諸国レベルになった国で、1983年には週44時間だったのが30年間で10時間減ったとのことだ。

5位以下10位までは、次のようになっている。オーストラリア以外は欧州諸国が独占した形だ。

ドイツ(週平均労働時間35時間、年間平均所得40000ドル)、スイス(同35時間、同50000ドル)、ベルギー(同35時間、44000ドル)、スウェーデン(同36時間、同38000ドル)、オーストラリア(同36時間、同45000ドル)、イタリア(同36時間、34000ドル)。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

極楽とんぼ、コンビで土下座謝罪 - 山本圭壱10年ぶり地上波復帰
[21:33 7/30] エンタメ
[極楽とんぼ]コンビ復活 全国お笑いライブ謝罪ツアーを敢行
[21:17 7/30] エンタメ
桜田ひより、初めての写真集をアピール「大人っぽい表情や笑顔を見て!」
[21:00 7/30] エンタメ
渡辺直美、打倒きゃりーぱみゅぱみゅに意欲「そこは超えていきたい!」
[21:00 7/30] エンタメ
STORIAの性転換コメディ「ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。」完
[20:15 7/30] ホビー

求人情報