【ハウツー】

iPadの充電器でiPhoneを充電しても本当にいいのか - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「iPadのACアダプタでiPhoneを充電してもいいの?」という質問に答えます。

***

結論からいうと、iPadに付属のACアダプタでiPhoneを充電しても問題ありません。Appleの公式サポート情報にもその旨の記載があるため、安心して利用できます。単品販売されている「Apple 12W USB電源アダプタ」の対応機種一覧にも、しっかりと歴代iPhoneの名が記されています)。

なぜこのような心配が生じるかというと、iPadに内蔵されている大容量バッテリーを高速充電するには、USBの規格を超えた電力が必要だからです。そのためiPadに付属するACアダプタは、電圧が5V(ボルト)、電流が2.1A(アンペア)という仕様になっています。「電力=電圧×電流」ですから、このACアダプタは10.5Wの電力を供給できることを意味します。

一方、iPhoneやiPod touchに付属するACアダプタは、電圧5V×電流1A=5Wの出力で、iPadに付属するACアダプタの半分のパワーでしか電力を供給できません。USBの規格は5V×500mA=2.5Wですから、それに従うパソコンのUSBポートに接続した場合はさらに低く、iPad付属のACアダプタに比べ約4分の1です(最新のMacなど高電力型USBポートを搭載する機種は除きます)。

iPad付属のACアダプタを使うと、iPhoneに付属のACアダプタ(5W)より速く充電が完了します。なお、iPadに付属のACアダプタは世代によって出力に差があり、第1~3世代iPadは10W、第4世代iPadは12W、iPad miniは5Wですから、この中では第4世代iPadに付属のACアダプタが最速の充電器といえます。

写真で解説

第3世代iPad(左)とiPhone 5(右)に付属の充電器は、大きさだけでなくパワーに差があるため、充電に要する時間も異なります

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

そそられないポンコツ淫魔のちょいエロコメディ、ジャンプ+で
[20:41 7/26] ホビー
[映画興行成績]「ONE PIECE」最新作が初登場で首位 興収11.5億円の好スタート
[20:30 7/26] エンタメ
夫婦のLINE 第128回 甘っちょろい戯言は抜きだ
[20:30 7/26] ライフスタイル
タイガが逆壁ドンジャンプ!南十字明日菜が描く「キンプリ」出張版がザ花に
[20:07 7/26] ホビー
スマホからの「welq」利用者急増で631万人に - ニールセン
[20:03 7/26] 企業IT