【レポート】

ドコモの大画面スマホ「GALAXY Note SC-05D」を使って、Sペンと手書きの魅力を考える

1 まずは「Sメモ」を使いこなす

 
  • <<
  • <

1/2

NTTドコモより販売されている「GALAXY Note SC-05D」(サムスン電子製)は、約5.3インチという大画面の有機ELディスプレイを搭載したスマートフォン。スマートフォンとタブレットの中間的な大きさである約5.3インチというサイズ感に加え、付属の「Sペン」を用いることで、紙のノートに文字を書くように、すばやくメモなどを残せるのが特徴だ。

サムスン電子製スマートフォン「GALAXY Note SC-05D」

11月16日には「GALAXY Note」の後継機種となる「GALAXY Note II SC-02E」が発売される。「GALAXY Note II」では、画面サイズが約5.5インチへとアップしているほか、Sペンの操作性なども向上している。

本稿では、あらためて「GALAXY Note SC-05D」におけるSペンや手書き機能の使い勝手を確認しながら、Sペンの魅力を紹介していこう。

「Sメモ」ですばやくメモ&お絵描き

GALAXY Note SC-05Dでは、付属のSペンを使うのに最適なアプリを複数搭載している。そのうちの一つが、手書きメモや描画などができる「Sメモ」だ。画面をなぞって手書きでメモを残すことができ、線の色や太さは自由に変更できる。手書きに加え、キーボードアプリで文字入力することも可能だ。

ペンツールの種類も、ボールペンのほか、筆や鉛筆、マーカーといった4種類が用意されているので、本格的に描画することも可能。また、端末内の写真を読み込んで、写真に落書きしたり、星やハートなどの「クリップアート」を貼り付けたりしてデコレーションすることもできる。

作成したメモや絵などは、画像として保存できるほか、メールに添付して送信したり、SNSへ投稿することが可能。持ち物などを忘れないようにとっさにメモしたいときや、写真に落書きして友達に送りたいときなど、さまざまなシーンで便利に楽しく使えるだろう。

GALAXY Noteと、付属している「Sペン」

GALAXY Noteの背面。片手でしっかりと持てる大きさだ

GALAXY Noteの側面。ラウンド形状となっており、持ちやすい

手書きメモや描画などができる「Sメモ」アプリ

ペンの色や太さ、種類を選択し、画面をなぞって手書きや描画ができる

キーボードアプリを使った入力も可能

写真を読み込んで、写真の上や周囲に文字などを手書きできる

作成したメモを一覧表示して確認できる

画面をキャプチャして、メモを手書き

GALAXY NoteのSペンには、中腹にボタンが備えられており、ボタンを押しながらSペンで画面にタッチすることで、さまざまな操作が可能となっている。たとえば、ボタンを押したまま、Sペンで画面を右から左にスライドすれば、「戻る」キーを押したときの操作が行えるほか、ボタンを押したまま下から上にスライドすると、「メニュー」キーを押したときのメニューを表示できるようになっている。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) まずは「Sメモ」を使いこなす
(2) 「Sノート」の数式マッチングを試す!!
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

40・50代女性が感じる身体の悩み1位は「肩こり」 ‐ 心の調子は?
[17:29 7/26] ヘルスケア
アスクルとマネーフォワード、経費精算サービス提供開始
[17:26 7/26] マネー
スマホ保有者が初の50%超え - 総務省調査
[17:24 7/26] マネー
VAIOは独りで生きていく - 黒字化した3年目は新事業へ投資
[17:24 7/26] パソコン
機械遺産に新たに「国内初の地熱発電所」「スバル360」など7件を指定
[17:22 7/26] テクノロジー