【レビュー】

iPad miniはiPad 2と同等のパフォーマンスを発揮できるのか? ベンチで検証

1 iPad 2と同じA5プロセッサだが……

 
  • <<
  • <

1/2

アップルからは発売された「iPad mini」。7.9インチの液晶を搭載し、小型で軽量になったことで、より持ち運びに便利なタブレットとなっている。今回は、iPad miniがどの程度のスペックになるのか、ベンチマークテストを行ってみた。

iPad mini(Wi-Fiモデル)

今回のiPad miniは、公称のスペックとしては、7.9インチ1,024×768ピクセルのIPS液晶ディスプレイを搭載。プロセッサはデュアルコアのA5、外側の「iSightカメラ」は500万画素裏面照射型CMOSセンサー、内側の「FaceTime HDカメラ」は120万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載。16.3Whのリチウムポリマー充電池を搭載し、Wi-Fi接続で最大10時間のバッテリ駆動時間を誇る。

単純なスペックで比較すると、ディスプレイサイズこそ小型だが解像度は同じで、プロセッサに関してはiPad 2と同じデュアルコアA5を搭載している。つまり、パフォーマンスは同等と見ていいのだろうか。実際にベンチマークで確認してみよう。

「Geekbench」で見てみる

基本的なスペックをベンチマークソフト「Geekbench」で見てみると、iPad miniはプロセッサが「ARMv7 @ 999MHz」の表記。モデル名が「iPad 2,5」となっていることから、表示の詳細はまだサポートしていないようだ。それに対してiPad 2は「Apple A5 1.00GHz」の表記。いずれも「Processor ID」はARMv7となっており、L1/2/3のキャッシュもすべて同一。メモリも「503MB」と同数だった。

GeekbenchのSystem Informationを見ると、iPad miniとiPad 2はほぼ同等。結果もほとんど変わらない

この辺りから考えると、やはりスペック的には同等の結果になると思われ、実際にテストしてみると、「Geekbench Score」はiPad 2が759、iPad miniが752となり、同等。プロセッサもメモリも、ほぼ誤差の範囲で、パフォーマンスは変わらないようだ。

iPad mini iPad 2
Geekbench Score 752 761
Integer 679 687
Floating Point 905 912
Memory 830 837
Stream 325 342
  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) iPad 2と同じA5プロセッサだが……
(2) 「PerformanceTest Mobile」などでの結果は?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「Geekbench 4」登場、最新ハードウエアに対応、モバイル/PCの比較向上
[12:42 9/1] スマホとデジタル家電
国内初、BIMデータを使用した建築確認申請で確認済証が交付
[12:38 9/1] テクノロジー
2面タッチスクリーンは想像以上に使える印象!! - 「Yoga Book」ファーストインプレッション
[12:27 9/1] パソコン
下村尊則あらため下村青、『吉良奈津子』でTVドラマデビュー「青天の霹靂」
[12:17 9/1] エンタメ
日本エイサー、スリムボディでもハイスペックのゲーミングデスクトップPC
[12:04 9/1] パソコン