【レポート】

iPhoneのカメラはどのように進化してきたのか――歴代iPhoneのカメラスペック比較

iPhone 5のスペックが発表されたわけだが、皆さんはどの部分が一番気になっただろうか。当たり前だが、iPhoneに求めるものは人によって違う。ゲームをメインにする人はCPUやディスプレイの解像度が気になるだろうし、音楽をよく聴く人はイヤホンジャックの位置が変わったことや付属イヤホンの形が気になっているだろう。

では筆者は何が気になっていたかというと――ずばり、カメラの性能である。

8メガピクセルのiSightカメラ

筆者にとってのiPhoneは、電話である以上に優秀なカメラでもあるのだ。ということでiPhone 5のカメラ性能がどれくらい向上するのかワクワクしながら待っていたのだが……残念ながら数字上のスペックは据え置きであった。

しかしパノラマ撮影ができるようになったり、ビデオ撮影中に写真撮影ができるようになったりと、細かい点での進歩も見られるので、まったく変わらなかったわけでもない。もやっとした気分ではあるが、まあ決まってしまったものは仕方ない。

そこでふと気になったのが、iPhoneのカメラは今までにどのような進化を遂げてきたのかという点である。

思えば4年前に登場したiPhone3Gのカメラは200万画素でフォーカスも固定、その他の機能も一切ついておらず、清々しいまでにシンプルであった。その頃から考えるとたった4年で恐るべき進歩である。

では改めてiPhone 3GからiPhone 5までのカメラスペックを比較してみよう。

iPhone 3G iPhone 3GS iPhone 4 iPhone 4S iPhone 5
画素 200万 300万 500万 800万 800万
絞り値 F2.8 F2.8 F2.8 F2.4 F2.4
オートフォーカス ×
LEDフラッシュ × ×
顔検出 × × ×
ハイブリッド赤外線フィルタ × × ×
ビデオの手ぶれ補正 × × ×
パノラマ撮影 × × × ×
ビデオ撮影中の写真を撮影 × × × ×

こうしてみると、iPhoneカメラ機能は毎回着実に強化され、進化してきたことがわかる。個人的にはiPhone 3Gから3GS、3GSから4への進化が特に印象に残っている。個人的にiPhone 4Sの段階である程度ケータイカメラとして欲しい機能はそろったため、今回の5ではそれほど進化した感を受けなかったのかもしれない。

実際のところはスペック表でわかるところ以外にも、裏面照射型センサーが小型化されたり、明るさの補正やノイズの処理が向上したりと、細かい機能向上が図られているらしいのだが、こればかりは撮ってみないと何ともいえないところだ。それもまた、新しいiPhoneを手にした後の楽しみの一つである。

人気記事

一覧

新着記事