【レポート】

この春が替え時? 「iPhone 4S」の機能・サービスを改めてチェック!!

1 ソフトバンク版とau版iPhone 4Sの特長をおさらい

 
  • <<
  • <

1/2

Apple製のスマートフォン「iPhone 4S」が、2011年10月にソフトバンクとKDDIから発売されて5カ月が経つ。iPhone 4Sは、現在のスマートフォンブームを牽引する存在とも言えるiPhoneの最新版であり、Apple独自のOSの最新版「iOS 5」を搭載するほか、デュアルコアA5チップや8メガピクセルカメラ、高解像度で高密度のRetinaディスプレイを搭載するなど、人気・実力ともにナンバーワンのスマートフォンと言っても差し支えないだろう。そこで今回、iPhone 4Sの機能や利用可能なサービスをおさらいし、その魅力について考えていきたい。

国内ではこれまで、iPhoneはソフトバンクのみから提供されていたため、iPhoneを使うにはソフトバンクと契約する必要があったが、iPhone 4SがKDDIから提供されたことで、ユーザーは通信キャリアの選択が可能となった。端末の基本的な仕様についてはソフトバンク版とau版に違いはほとんどないが、au版は発売当初MMSやFaceTime、iMessageなどのサービス非対応となっていた。しかし、これらの非対応サービスは3月末までに順次利用できるようになる。

そこで今回、iPhone 4Sの機能や利用可能なサービスをおさらいし、その魅力について考えていきたい。なお、本稿作成に当たり、マイナビニュース会員を対象に、iPhone 4Sに関するアンケートを実施した。本アンケートは、現在の携帯電話やスマートフォンの使用状況、iPhone 4Sへの機種変更の希望やよく使う機能などを質問したもので、アンケート結果の要点もあわせて紹介したい。

「iPhone 4S」のスペックをチェック

まずは、iPhone 4Sのスペックをおさらいしておこう。iPhone 4Sは、3.5インチのRetinaディスプレイを搭載したスマートフォン。Retinaディスプレイは、視野角が広いIPS液晶の一種であり、960×640ドットの高解像度に加えて、326ppiの高いピクセル密度が特長。外観はiPhone 4とほぼ同じで、ディスプレイの下にホームボタンを1つだけ配置するというiPhone独自のデザインであり、3.5インチという大きめの画面と持ちやすさを兼ね備えたデザインとなっている。

KDDIから提供されているau版「iPhone 4S」

メインカメラは約800万画素で、裏面照射型センサーとLEDフラッシュを搭載

プロセッサには、デュアルコアA5チップを搭載。前機種のiPhone 4で搭載されていたシングルコアのA4チップと比較すると、処理性能が2倍、グラフィック性能が7倍に向上している。メインカメラは約800万画素のCMOSカメラで、iPhone 4のカメラの約500万画素から解像度がアップ。ディスプレイ側にはフロントカメラを搭載し、自画撮りやビデオ通話などに用いることができる。

iOSの最新版「iOS 5」の新機能

iPhone 4Sに搭載されているiOS 5では、200以上の新機能が追加されている。画面上部をタッチして、下にスワイプすると表示される「通知センター」には、新着メールや電話着信の通知を確認できる。また、Twitterの投稿機能がOSに統合され、写真やマップ、Safariなどのアプリから直接Twitterに投稿することが可能となった。加えて、Appleが提供するオンラインストレージの「iCloud」が利用できるようになったのも、iOS 5の特徴だ。iCloudでは、写真や書類、アプリ、カレンダー、連絡先などをオンラインにバックアップして、iOSデバイスやPC、Macなどと同期できる。例えば、iPhoneで撮影した写真をWi-Fi接続時に自動でiCloudにバックアップし、PCやMacですばやく閲覧したり、iPhoneでインストールしたアプリをiPadにも同時にインストールすることが可能だ。

「通知センター」で新着のメールやメッセージなどの通知を確認できる

写真やSafariなどのアプリから、Twitterに簡単に投稿できる

ロック画面から直接カメラを起動することが可能になった

撮影した写真を簡単に編集することもできる

iPhone 4S本体だけで、ソフトウェアアップデートを行うことが可能

「iCloud」でメールや連絡先、カレンダーなどを同期できる

iPhone 4Sで撮影した写真を自動でiCloudにアップロードして、PCやMacなどですばやく閲覧できる

ソフトバンク版とau版の満足度は?

iPhone 4Sの購入を検討している場合、ソフトバンクとauのどちらの通信キャリアを選択するかで迷っている人も多いかもしれない。そこで、マイナビニュースが実施したiPhone 4Sに関するアンケートから、スペックシートだけでは、見えてこない「iPhone 4Sの使い勝手」がわかるので、ぜひ一読いただきたい。

今回マイナビニュースが実施したアンケート(有効回答件数774件)では、回答者のうち、au版iPhone 4Sのユーザーが2.1%、ソフトバンク版のユーザーが5.2%だった。他のスマートフォンを使用しているユーザーが25.1%いるが、こちらは各社が提供する多種多様なAndroidスマートフォン、Windows phone、BlackBerryを一緒くたにした数だ。au版、ソフトバンク版合わせて7.3%のiPhone 4Sは、「かなりの人気機種」と言えるだろう。

「現在、iPhone 4Sを使用しているか」への回答。フィーチャーフォン(スマートフォン以外の携帯電話)の利用者が59.3%となっており、依然フィーチャーフォン利用者が多いことがわかる。資料:マイナビニュース / 同紙会員アンケート:有効回答件数774件)

iPhone 4Sに機種変更または新規契約したいかを聞く質問では、「思う」と回答した人が11.0%だった。その理由としては、「使い勝手が良い、アプリが多い」、「スピードが速い」、「スティーブ・ジョブズの伝記を読んで影響を受けたから」などの声が寄せられた。反対に、「思わない」と回答した人は、39.3%と多く、その理由として、「従来の携帯電話で十分なので」、「使いこなせるか不安」などの声があった。これらの回答と、ひとつ前の質問の回答でわかった「フィーチャーフォン(スマートフォン以外の携帯電話)の利用者が59.3%」などから考察すると、依然、「従来型の携帯電話を継続して利用したい」と考えるユーザーが相当数いることがわかる。なお、iPhoneの新機種が出たら変更したいと答えた回答者は23.3%となっており、新モデルへの高い期待が伺える。

「iPhone 4Sに機種変更または新規契約したいと思うか」への回答。iPhone 4Sの機種変更・新規契約を望まない回答者は多く、39.3%だった。資料:マイナビニュース

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) ソフトバンク版とau版iPhone 4Sの特長をおさらい
(2) au版iPhone 4Sをお得に利用できる割引サービスも

人気記事

一覧

新着記事

声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」を8/17リリース! 東京・池袋で発売記念お渡し会を開催
[00:57 9/1] ホビー
Acer、世界初の曲面ディスプレイ搭載21型ゲーミングノートPC
[00:44 9/1] パソコン
ASUS、本体厚8mmのUSB Type-C対応15.6型モバイル液晶「ZenScreen」
[00:40 9/1] パソコン
Acer、エントリーモデルのAndroidスマホ「Liquid Z6」と「Liquid Z6 Plus」
[00:31 9/1] スマホとデジタル家電
緊急入院の志村けん、退院を報告「皆さんに心配掛けました」
[00:30 9/1] エンタメ