【レポート】

硫黄島は晴天! Woooliveの中継で見た皆既日食 - uVALUEコンベンション2009

1 ビリケンが日食観測用メガネ着用も…

 
  • <<
  • <

1/2

日立製作所は7月22日、東京都千代田区の東京国際フォーラムにて、講演、展示、セミナーを通じて日立グループの取り組みを紹介するイベント「日立 uVALUEコンベンション2009」を2日間にわたり開催している。本稿では、同イベントにおいて基調講演を引き継ぐかたちで行われた「皆既日食中継」の模様をお伝えしよう。

Woooliveで国内6ケ所を中継

皆既日食中継は、日立が提供するビジュアルコミュニケーション技術「Wooolive」を使い、札幌、東京、大阪、福岡、硫黄島、奄美大島の国内6ケ所を同時中継するかたちで行われた。

順調に進めば、奄美大島から札幌までの日食が約15分間にわたり中継される予定だったが、残念ながら、22日の国内は全体的に雨模様。分厚い雲が視界を遮り、ほとんどの地域では太陽の姿を捉えることさえできなかった。

中継の模様。福岡、大阪、札幌では、レポーターを派遣して実況

福岡は曇りながらも、日食の様子は確認できた

札幌、東京は雨天で太陽の姿を確認できず

大阪、通天閣では、ビリケン像も日食観測用メガネを着用。しかし、雨天で観測できず

そんな中、唯一硫黄島だけは晴天に恵まれる。日食中継も予定を変更し、同地域一点に的を絞って進められた。

実は、この硫黄島、今回の日食観測における"本命"地として見込まれていたそうだ。というのも、硫黄島はこの時期の天候が安定しており、晴天になる確率が高い。加えて、5分を超える観測が可能なほか、他の観測地点と離れているため"観測の空白"を埋めることができるという特長もある。また、普段は航空自衛隊の基地として利用されており、立ち入りが出来ないため、「そういう意味でも、硫黄島からの中継映像は貴重」と説明された。

硫黄島の位置と特長。硫黄島のこの時期は天候が安定。普段は航空自衛隊の基地として利用されているため、足を踏み入れることはできない

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) ビリケンが日食観測用メガネ着用も…
(2) 一瞬の輝き、ダイヤモンドリングに感動


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

新番組で政界進出を狙う武井壮に、ブラマヨ小杉「野心が見えて仕方ない」
[13:30 9/30] エンタメ
IEEE 802.3bz登場、ネットワークが最大5倍高速化
[13:30 9/30] 企業IT
住信SBIネット銀行、ローン審査に日立の人工知能活用
[13:29 9/30] 企業IT
アジレント、新しいマイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置を発表
[13:24 9/30] テクノロジー
[市川染五郎]人間国宝・片岡仁左衛門らと名古屋・金山でまねき上げ 大入り願う
[13:19 9/30] エンタメ