【レビュー】

そろそろiPhoneで本を読みたい頃 - タイプ別に見るiPhone用ブックリーダー

1 iPhoneでゲーム? 音楽? 飽きたので読書を楽しみたい

 
  • <<
  • <

1/4

iPhone/iPod touch向けのブックリーダーをさがしてみた

ケータイ小説がブームになって、携帯電話で電子ブックを読むユーザーも増えてきた。同じようにiPhoneやiPod touchで電子ブックを読もうと思って探すと、これがない。電子ブックのほとんどがパソコンか携帯電話向けで、iPhone/ iPod touchに対応するものがないのだ。

iPhone/ iPod touch用のブックリーダーを使って読書

だが、いつも持ち歩くブックリーダーとして見たとき、携帯電話よりもiPhone/ iPod touchのほうがずっと「本」に近い。大きさから言っても文庫本により近く、画面表示される文字数も多い。ブックリーダーとして、iPhone/ iPod touchこそまさに文庫本に代わるハードウェアなのだ。

そこでiPhoneでネットやメール、あるいはゲームや音楽に飽き、本を読みたいなと思ったとき、便利に利用できるブックリーダーを探してみた。

海外では、iPhone/ iPod touch向けの電子ブックがApp Storeで数多く販売されている。ところが日本語で読める電子ブックはほとんどない。コミックなら何冊も販売されているが、活字のものとなると最近発売された高橋克彦の「百物語」くらいしかない。

だが、「青空文庫」に収録された作品を読むためのアプリなら、いくつも販売されている。青空文庫というのは、著作権が切れた文学作品をネット上で公開している、いわばインターネット上の電子図書館だ。夏目漱石や森鴎外、太宰治など文学作品、それも名作と呼ばれるものが多く、オンラインで読むこともできる。さらに、ファイルをダウンロードしてパソコン上で読むこともできる。

この青空文庫のデータを表示してくれるのが、青空文庫ビューア、あるいはブックリーダーといったアプリだ。アプリ本体に文庫データが収録されているものと、最初に好きな文庫データをダウンロードし、あとからじっくり読めるダウンロード型のもの、それにパソコンと連携し、パソコン内のファイルをiPhoneに転送して読むタイプの3つに大別できる。使い方や、実際の画面表示などを見比べて、好きなものを選んで利用してみるといい。

※本記事で紹介しているiPhone/iPod touch用アプリは、作者の都合などにより配布の停止、料金の改定などが行なわれる場合があります。あらかじめご了承ください。なお、各アプリの紹介欄のカテゴリは「App Store」のカテゴリを示します。「iTunes Store」をクリックすると、iTunesが起動し、当該アプリの紹介ページを表示します。
  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) iPhoneでゲーム? 音楽? 飽きたので読書を楽しみたい
(2) タイプ1:データ収録型ブックリーダー
(3) タイプ2:データダウンロード型ブックリーダー
(4) タイプ3:パソコン連携型ブックリーダー

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

次期Android Nの名称はヌガーに、「ねるねるねるね」落選
[20:40 7/1] パソコン
ASUS、独自の3連ファンを採用したGeForce GTX 1080搭載カード
[20:32 7/1] パソコン
【レポート】バーガーラブが止まらない! マックが打ち出す"日米の味"
[20:01 7/1] 経営・ビジネス
[島崎遥香]女優業が好調 目標は「岩井俊二作品に出ること」
[19:56 7/1] エンタメ
ドスパラ、FF14推奨PCにGeForce GTX 1080搭載のハイエンドモデル
[19:55 7/1] パソコン

本音ランキング