【ハウツー】

Adobeの新たな挑戦「Cocomo」を早速試してみた!

1 Adobeが提供する新たなPaaS「Cocomo」

 
  • <<
  • <

1/5

18日(米国時間)、Adobe SystemsはMAX 2008カンファレンスの開催に合わせて、コードネーム「Cocomo」と呼ばれるWebサービスを公開した。

Cocomoは、最近流行りのPaaS(Platform as a Service)モデルによるサービス提供を目指すものであり、Adobeにとっては新しいビジネスモデルの試みとなる(どのようにしてCocomoから収益を上げていくかは、まだ未定とのこと)。

Cocomoの現在のバージョンは0.9で、β版という扱い。ドキュメントなどには「ACROBAT.COM」という文字が見受けられることから、正式リリースされた暁には、Adobeが提供するWebサービス群のポータルである「http://www.acrobat.com/」に組み込まれることになるだろう。

Cocomoの狙いは、リアルタイムでのコラボレーション(協調)作業を促進するようなプラットフォームを提供することだ。プラットフォームは、サーバサイドで動作するサービスインフラと、クライアントサイドで動作するFlexコンポーネントの双方を提供する。リアルタイム・コラボレーションと言ってもピンと来る方はそう多くないと思われるので、以下に現バージョンのCocomoで提供されている機能の一部を紹介する。

  • チャット
  • ファイル共有
  • Webカメラによる映像配信
  • VOIPによる音声配信
  • ホワイトボード
  • ユーザ認証やセッション管理

つまり、「複数ユーザが同時に並行作業する」という、実現にはひと手間もふた手間もかかる機能を、いとも簡単に実現してしまおう、というのがCocomoの狙いである。

Cocomoには、上記のような機能を非常に高いレベルで抽象化する「ポッド(Pod)」というコンポーネント群がある。それらを使えば先に挙げた機能を実現するのに必要なのはほんの数行だ。たとえば、以下の図はCocomoを用いて作成したホワイトボードであるが、この機能(ホワイトボード)を実現するために書いたコードは実質1行である。

Cocomoで作成したホワイトボード

今回は、Cocomoの開発を始めるまでの手順を簡単に解説し、新たなるAdobeの挑戦がどのようなものか、雰囲気をつかんでいただきたいと思う。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) Adobeが提供する新たなPaaS「Cocomo」
(2) Cocomoを利用した開発の準備 その1
(3) Cocomoを利用した開発の準備 その2
(4) はじめてのCocomoプログラミング!
(5) その他の情報
関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

樋口大輔の新連載「ホイッスル!W」開幕!2人の主人公が紡ぐ新たなサッカー伝説
[01:20 9/26] ホビー
「orange」アニメ映画化!高野苺の描き下ろし盛り込み、“物語のその後”描く
[01:00 9/26] ホビー
[orange]劇場版アニメが11月18日に公開 原作者の描き下ろしエピソードも
[01:00 9/26] ホビー
空知英秋「銀魂」テレビアニメ新シリーズの放送が決定
[00:00 9/26] ホビー
[都丸紗也華]モンストCMの美女が大胆ビキニ 「ヤンマガ」グラビアで写真集の秘蔵カット公開
[00:00 9/26] エンタメ

求人情報