【レポート】

Twitterの未来 - マイクロジャーナリズムという可能性

 

Why use Twitter?

近い将来、マイクロジャーナリズムという分野が新しいジャーナリズムの一形態として普及する日が来るかもしれない。21日(米国時間)にNew Youk TimesにCampaign Reporting in Under 140 Tapsのタイトルで公開されたTwitterに関する記事はそうした未来を彷彿とさせる。

Twitterはマイクロブログとも呼ばれている。一回に掲載できるメッセージの長さが140文字以内に制限されているからだ。掲載したメッセージは全体にアップされるとともに登録してある友人に送信される。メッセージの送受信はPCでおこなわれるかもしれないし、携帯かもしれない。iPod Touchかもしれない。日本での例をあげるとすれば、mixiに日記をアップする代わりに、今やっている内容をTwitterを使って気軽に友達に伝えるといった使い方をする。ただのボヤキでもいいし、誰かこのあと飲みいかない~、といったメッセージでもいい。とにかく気軽なメッセージングツールというところが売りだ。

こうした利用を想定している限り、Twitterはコミュニケーションツールの域をでないかもしれない。しかしTwitterは個人対個人のより気軽なコミュニケーションを実現するという点でそれ以上のものがある。たとえば(法律に抵触するかどうかは別として)、選挙候補者が自分の選挙活動をTwitterで随時アップデートしたらどうだろう。Twitterを使っているユーザに対しては大きな訴求力になる。たとえば内閣総理大臣がTwitterしていたらどうだろう。今日も疲れたがなんとかやりきった、あしたも頑張るぞ、などとメッセージを発信されたら思わず人情が湧いてしまうだろう。

たとえばジャーナリストが長いニュースを書きながら、同時にそのタイトルだけをTwitterで流したらどうだろう。先進的なユーザはどこよりも速い情報を得るために彼のTwitterメッセージに注力するようになる。著名人ではなくとも、事態にもっとも近い人物がTwitterに情報を流す。ブログよりも簡単で即効性があり、ダイレクトリに情報が入ってくるメディアというわけだ。

Twitterのようなメディアは従来のメディアと反目するものではない。140文字では伝えられる情報に限りがあるからだ。しかし、即効性があってより直接的なメッセージを求める場合、Twitterはきわめて強力なメディアとなる可能性がある。Twitter社は日本でのTwitterの成長に注目している。2008年、Twitterは日本でもっと成長を見せるかもしれない。

関連記事



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

キャセイ、ボーイング747が羽田からラストフライト--37年の歴史に幕
[17:28 10/1] 趣味
[南明奈]白の肩出しドレスでおなか&背中チラ見せ
[17:13 10/1] エンタメ
声優・福山潤が語る、最終章『亜人 -衝戟-』と中野攻 - 攻は宮野真守ありきで出来たキャラクター
[17:00 10/1] ホビー
「オルフェンズ」は「ヤバイ!!」と細谷佳正がファン目線で大興奮、そして号泣
[16:37 10/1] ホビー
劇団ひとりがコンタクト&ADの進化を講義 - 小園凌央ら2世タレントが学ぶ
[16:30 10/1] エンタメ

求人情報