【レポート】

Gavin King氏が語る"見えてきたWeb Beans" - JBoss COMPASS Tokyo

1 Web Beansとは?

  • <<
  • <

1/2

Hibernateのファウンダーとして知られるGavin King氏。現在はRed HatにてJBossフェローを務める

18日、レッドハット主催による開発者向けイベント「JBoss COMPASS Tokyo」が開催された。同イベントの目玉は、HibernateやSeamといった"超メジャー"フレームワークの創設者であるGavin King氏によるテクニカルセッションである。同氏は基調講演にも登壇し、自身がスペックリードを務める「JSR 299 Web Beans」の紹介を行った。本稿では基調講演で同氏が語った情報をもとに、Web Beansの概要やメリットを簡単に説明したい。

Web Beansとは、Gavin King氏が開発を主導するアプリケーションフレームワーク「JBoss Seam」から着想を得て、現在JCP内で標準化が進められている仕様だ。Java EEの次期メジャーバージョンである「Java EE 6」にも含まれることが予定されている。

Web Beansのコンセプトは、Java EE環境に「統合されたコンポーネントモデルを提供する」ことだ。ご存じの方も多いと思うが、現在のJava EE 5ではJSFにおけるManaged BeanやEJBにおけるステートレス/ステートフルセッションビーンなど、異なるコンポーネントモデルが別個に存在している。そのため、これらの仕様を組み合わせて使おうとすると、それぞれのコンポーネントモデルに準拠した形でクラスを複数作らねばならない、と言う問題がある。Web Beansを使うとこうした問題をスマートに解決できる。

具体的にはWeb Beansにおけるコンポーネントとは、「@Component」のようなアノテーションを付与されたクラスだ。こうしてWeb Beansコンポーネントとしてマークされたクラスは、EJBであろうとも通常のJava Beanであろうとも、同じくコンポーネントとして扱うことができる。Web Beansとは、こうした機能を持つコンテナの仕様である。

Web BeansはSeamやGuiceなど、他の多くのDIコンテナから着想を得ており、以下のように先進的な機能を提供する。

  • ステートフルで、コンテキストに応じた振る舞いを行うコンポーネントを、EJBやJava Beansと言った標準仕様を利用して作成可能
  • 拡張可能なコンテキスト
  • コンポーネントのルックアップとインジェクション、そしてEL内での利用
  • 対話 (Conversation) コンテキスト
  • ライフサイクルとメソッドのインターセプト
  • イベント通知モデル
  • 楽観的トランザクションのための永続コンテキスト管理
  • デプロイ時に行うコンポーネントのオーバーライドとコンフィグレーション
  • JSF、サーブレット、JPA、共通アノテーションとの統合
  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) Web Beansとは?
(2) Web Beansのメリット


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報