【レポート】

CommunicAsia 2007 - 中国ZTE、HSDPA端末やコンセプトモデルなどを出展

 

ZTE(中興通信)はHuaweiやAmoiと並ぶ中国メーカーで、W-CDMA端末を世界各国の通信キャリアに納入している。今回はライバルの中国メーカーに先駆けて発売したHSDPA対応最新端末や、開発中のモデルなどを多数展示していた。

HSDPAに対応した「F230」「F890」

「F230」はHSDPA/W-CDMAおよびGSM 3バンドに対応しており、ヨーロッパの通信キャリアなどで発売されている。HSDPAは下り最大7.2Mbpsの高速通信にも対応するとのこと。折りたたみ式スタイルでヒンジ部には回転式の1.3メガピクセルカメラを備え、サブディスプレイは消灯すると端末背面全体がミラー状になり、またアクセントとしてデザインされた模様が入っている。さらに背面に音楽操作ボタンを備えており、閉じた状態のままで音楽再生操作をすることも可能だ。全体的には大手メーカーの端末のデザインを所々に配しているような印象も受けるが、中国メーカーがこのスペックの端末をすでに生産できるということは他のメーカーにも脅威だろう。

またF890はHSDPA/W-CDMA 2100/850MHzに対応しており、オーストラリア市場で発売されている。サイズはやや大柄で、デザインもちょっと前のLG風の外観やMotorola RAZR風キーパッドなど若干垢抜けない感じだ。ただし端末コストは大手メーカーより安く、HSDPA/3Gのエントリモデルとして納入先キャリアには好評とのこと。またプリペイドユーザー向けに安価で提供されるなど、3G/HSDPAの利用者拡大にも一役買っているとのことだ。

デザインに凝ったHSDPA機F230

オーストラリア向けとなるF890

多数の開発中/コンセプトモデルを展示

このほか、同社は開発中の製品やデザインコンセプトモデルを多数展示していた。コンセプトモデルはモックアップだけのものもあるが、大胆なデザインのものなどユニークなものがいくつか展示されていた。また動作可能機種として小さいヘルメット型のTV電話端末(発売中)や、カード型のHSUPA端末(開発モデル)など、他社にないデザインの端末などは多くの来訪者の目を引いていたようだ。

W-CDMA/HSDPA、そしてHSUPAなど最新技術に対応した端末は中国メーカーどうしでも開発競争が激しくなっている。ただ安いモデルだけではなく、今後はデザインや使い勝手などに優れた製品を開発し、生き残りを図っていこうとする姿が同社ブースの展示からは見えていたようだ。

薄型でコンパクトな端末をイメージしたコンセプトモデル

タッチパネルで操作するメディアプレーヤー型携帯のコンセプトモデル

QWERTYキーを搭載したモデルはすでに多くのメーカーが製品を出しているが、ZTEのこのモデルはChina Unicom向けのGSM/CDMAデュアルSIMカードスロット搭載端末とのことで順調に開発が進んでいるという

こちらはSoftbank X01HTなどと同等のスタイル。ユーザーからの要求が多くこのスタイルを製品化するかどうかは検討中とのこと

小型ヘルメットのようなユニークな形状のTV電話端末。他の携帯からこの端末に電話をかけて利用する。すでに各国で発売中とのこと

カード型のモデム端末は開発中。HSUPA対応端末も用意されている

人気記事

一覧

新着記事

矢口真里、着信拒否で絶縁状態だった美川憲一に謝罪「大先輩に…」
[21:38 8/29] エンタメ
[三浦知良選手]来年50歳でも「うまくなりたい」
[21:22 8/29] エンタメ
東国原英夫、ネット住民と直接対決「また選挙に出るつもり?」と詰め寄られ…
[21:19 8/29] エンタメ
ジュウオウジャー、「ゴーカイジャー」との共演シーンではNGも - 映画大ヒット御礼イベントで告白
[21:00 8/29] ホビー
武藤敬司流「想像の斜め上をいく極意」- 「遊び心」が「人の心」をつかむ
[21:00 8/29] エンタメ