【レポート】

次世代HTML規格はHTML5? - WHAT WGからW3Cへ熱烈ラブコール

 

Apple、Mozilla Foundation、Opera Softwareの関係者は9日(米国時間)、W3C HTML Working Groupに対して「Proposal to Adopt HTML5」と題したメールを送信した。これは次期HTML標準の策定開始を打診するもので、その足掛りとしてHTML5を使ってはどうかと提案している。内容は、W3Cが公開しているメーリングリストのアーカイブで確認できる。

HTML5は、ブラウザベンダーらによって構成される団体「Web Hypertext Application Technology Working Group(WHAT WG)」において策定が進められている規格。同グループで策定している「Web Applications 1.0」や「Web Forms 2.0」といった規格をベースにしたもので、HTML4との互換性を保ちつつ、新しい機能を採り入れたものとなる。

HTML4の普及後、W3Cが推奨する新標準としてXHTMLがリリースされたが、現在のところ、広く普及するまでには至っていない。原因は後方互換性の欠如にあるという見方が一般的だ。そこで、後方互換性を確保しつつ、新しい機能を取り込むための規格として策定されているものがHTML5だ。

同メールにおいて関係者は連名で次の提案を行っている。

  • W3C HTML Working Groupが取り組む次世代HTML規格のベースとしてWHAT WGが策定しているHTML5を採用すること
  • W3Cの次世代HTML仕様の名前を正式に「HTML5」と命名すること
  • WHAT WGの検討内容を有効に活用するために、Ian Hickson氏をHTML5仕様の策定担当者にすること

新たなHTML規格がリリースされれば、各種ソフトウェアにおいてレビューや互換性のチェックが必要になる。すでに各ブラウザでHTML5の検証作業が進められていることから、HTML5を次世代HTML規格のベースとして採用することは十分妥当な選択肢だと言えそうだ。

W3C HTML Working Groupが同提案を受け入れた場合、Apple、Mozilla Foundation、Opera Softwareは、HTML5仕様に対するW3Cの「non-exclusive copyright assignment」に合意するとしている。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「秋は抜け毛がひどい」は真実! 抜ける原因や期間、本数を医師が解説
[10:45 9/27] ヘルスケア
資生堂、学習型レコメンデーションエンジン搭載のヘアスタイルBotサービス
[10:44 9/27] 企業IT
トーストの次はコーヒー! - バルミューダ、最高の注ぎ心地を追求した電気ケトル「BALMUDA The Pot」を投入
[10:41 9/27] スマホとデジタル家電
日本一人口の少ない村は東京にある! "青ヶ島フェア"で希少なご当地グルメを
[10:30 9/27] 趣味
Microsoft、Adobe Systemsとクラウド分野での協業を発表
[10:29 9/27] 企業IT

求人情報