WordPressのおすすめレンタルサーバーのアイキャッチ画像

WordPressでおすすめのレンタルサーバー厳選3社を徹底解説!【10社比較】

WordPress用のレンタルサーバー選びでお悩みではありませんか?

サーバー選びは難しい項目も多く、何を基準に判断すればいいのか分かり辛いですよね……

そこで、この記事ではWordPress用のレンタルサーバーを選ぶ際の3つのポイントを徹底解説!おすすめのレンタルサーバー3選も紹介しています。

結論から言うと「エックスサーバー」「ConoHa WING」のような、利用者の多い定番のレンタルサーバーがおすすめです。

格安サーバーの注意点などにも触れていますので、是非参考にしてみてくださいね。

おすすめ3選をチェック!

この記事を書いた人
maenaka
サイト運営でサーバーは必要不可欠です。自前で用意するには敷居が高いので「レンタルサーバー」を利用する方が多いかと思いますが、専門用語が多くて選び方が難しいですよね。とりあえず「定番のサービスを使う」というのも手ですが、やはり慎重に選びたいところ…。ここでは複数サイトを運営している経験から、レンタルサーバー選びのポイントや運用方法についてお伝えしていきます!私の記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

WordPress用のレンタルサーバーを選ぶ際の3つのポイント

まずはWordPressで使う用のレンタルサーバーの選び方を解説していきます!

データベース(MySQL)に対応しているかチェック!

WordPressは「データベース」を使っている!
  • データベースに対応しているかチェック
  • 1データベース=1サイトが基本
  • データベースはMySQLが主流(MySQL以外でもOK)
  • ほとんどのレンタルサーバーでデータベースは利用可能

まず大前提として、WordPressを使うには「データベース」に対応している必要があります。(MySQL、SQLiteなど)

基本的には1サイトで1つのデータベースを使います。そのため、複数サイトの運営を予定している方は、使用可能なデータベース数も要チェックです。(マルチドメインの対応数もチェック!)

※1つのデータベースで複数サイトを運営する事も可能ですが、データベース容量の問題やバックアップが複雑になったり、サイトの負荷が大きくなるなどデメリットが目立ちます。複数データベースが使えるプランがそこまで高い訳ではないので、基本的には1データベース=1サイトでの作成をおすすめします。

今日ではほとんどのレンタルサーバーで「データベース(MySQL)」に対応していますが、月額100円~300円ぐらいの格安サーバーだと、たまに対応していない事があるので注意してくださいね。

WordPress簡単インストールが使えるかチェック!

WordPress簡単インストールについて
  • ドメイン名など簡単な情報を入れるだけでデータベースを自動生成し、WordPressを設置できる機能
  • WordPressクイックスタートなど、更に簡単に設置できるサービスもある
  • 他社のレンタルサーバーから乗り換え時は「WordPress簡単移行」の機能をチェック

2つ目のポイントは「WordPress簡単インストール」が使えるか、という点です。

レンタルサーバー上にWordPressを手動で設置しようと思うと結構大変で、専用知識も必要になってきます。

「WordPress簡単インストール」は、最低限の入力だけで簡単にWordPressが設置できる便利な機能です!この機能があれば初心者の方でも安心ですね。

他にも、他社レンタルサーバーからWordPressを引越しする際に使える「WordPress簡単移行」という機能を備えているサービスもあります。

サーバースペックやサイト高速化などの機能をチェック!

チェックしたいポイント
  • サーバーのCPU・メモリ数
  • Xアクセラレータ、HTTP/2、nginxなどサイト高速化・負荷耐性に関する機能・仕様
  • 実際に使っている方の口コミ

WordPressを使ってサイトを運営する際に「サイトの表示速度」や「アクセス負荷に対する耐性」、「サーバーの安定感」は重要なポイントです。

これらの要素はサーバーのスペックやサイト高速化の機能に依存しているため、レンタルサーバーを選ぶ際は必ずチェックしておきたいところです!

ただ、サーバーのスペックは詳細を公開していなかったり、サイト高速化の機能も専門用語だらけと、初心者の方には調査しづらい部分もあります。

なので、みんなが使っている定番のレンタルサーバーを使う、というのも1つの手ですね!実際、エックスサーバーやConoHa WINGは利用者の評判も良く、性能の良いレンタルサーバーとなっています。

WordPressでおすすめのレンタルサーバー10社を徹底比較!

サーバー名/
プラン
月額
(税抜)
容量/
転送量
機能
エックスサーバー
X10プラン
1,000円
  • 200GB
  • 9TB/月
  • マルチドメイン無制限
  • データベース無制限
  • 無料独自SSL
  • 簡単インストール
ConoHa WING
ベーシック
720円
  • 250GB
  • 9TB/月
  • マルチドメイン無制限
  • データベース無制限
  • 無料独自SSL
  • 簡単インストール
ロリポップ
ライト
250円
  • 100GB
  • 3TB/月
  • 独自ドメイン100個
  • データベース1個
  • 無料独自SSL
  • 簡単インストール
mixhost
スタンダード
980円
  • 250GB
  • 9TB/月
  • マルチドメイン無制限
  • データベース無制限
  • 無料独自SSL
  • 簡単インストール
さくらのレンタルサーバ
スタンダード
396円
※1
  • 100GB
  • 4.8TB/月
  • マルチドメイン200個
  • データベース50個
  • 無料独自SSL
  • 簡単インストール
wpX Speed
W1
1,200円
(2円/時)
  • 200GB
  • 2.5TB/月
  • マルチドメイン無制限
  • データベース数無制限
  • 無料独自SSL
  • 簡単インストール
カラフルボックス
BOX2
1,060円
  • 300GB
  • 6TB/月
  • マルチドメイン無制限
  • データベース数無制限
  • 無料独自SSL
  • 簡単インストール
JETBOY
ファーストSSD
580円
  • 20GB
  • マルチドメイン無制限
  • データベース20個
  • 無料独自SSL
  • 簡単インストール
スターサーバー
スタンダード
500円
  • 100GB
  • マルチドメイン無制限
  • データベース30個
  • 無料独自SSL
  • 簡単インストール
お名前.com
レンタルサーバー
980円
  • 250GB
  • 9TB/月
  • マルチドメイン無制限
  • データベース無制限
  • 無料独自SSL
  • 簡単インストール
※料金・容量・転送量は12ヶ月契約の時のものを記載しています。
※1.さくらのレンタルサーバ公式は税込表記ですが、比較しやすくするために税抜&年間一括払いの12分割した料金を記載しています。

WordPressが使えるレンタルサーバー10社を比較してみました。

表の見ての通り「WordPress簡単インストール」や「無料独自SSL」は、ほとんどのサービスで対応しています。どこも似たり寄ったりなサービス内容で、レンタルサーバーは各社差別化に苦労していそうです……汗

ユーザー目線で見ると、選び方のポイント3で解説したとおり「サーバースペック」を重視していきたいところです。

サーバースペックやサイトの高速化といった部分は数値で比較しにくいので、口コミや実際に利用した体感も含んでしまうのですが、私は「エックスサーバー」「ConoHa WING」「mixhost」辺りはサーバーが強力だと認識しています。

実際、表の上位5社ぐらいが利用者数も多く、WordPress用のレンタルサーバーとして多くの人が安心して選べるものだと思います。

次の項目で私がおすすめするWordPress用のレンタルサーバーを3つ、詳しく紹介していきます!

WordPressでおすすめのレンタルサーバー厳選3選!

WordPress用のレンタルサーバーとして、おすすめの厳選3社を詳しく解説していきます!

特に「エックスサーバー」は誰にでもおすすめ出来るサービスです。レンタルサーバー選びの参考にしてみてくださいね。

エックスサーバー

エックスサーバー公式サイトのキャプチャ画像

エックスサーバーのスペック詳細
料金プラン
(税抜)
  1. X10(12ヶ月契約):月額1,000円
  2. X20(12ヶ月契約):月額2,000円
  3. X30(12ヶ月契約):月額4,000円
初期費用 全てのプランで3,000円(税抜)
ディスク容量
  1. X10:200GB
  2. X20:300GB
  3. X30:400GB
転送量(目安)
  1. X10:300GB/日
  2. X20:360GB/日
  3. X30:400GB/日
機能
  • 無料独自SSL
  • データベース(MySQL / SQLite)無制限
  • マルチドメイン,サブドメイン無制限
  • オールNVMe RAID10
  • 稼働率99.99%以上
  • 自動バックアップ
  • WordPress簡単インストール
  • Webサイト高速化
  • WAF標準搭載
サーバースペック
  • 第2世代AMD EYPC 48コアCPU/512GBメモリ
  • 総計1.39Tbpsバックボーン
備考 10日間無料お試し有り / 独自ドメイン無料キャンペーンを定期的に実施中/ 運営実績17年以上 / 利用実績180万サイト以上

まず始めに紹介するのは、レンタルサーバーの定番とも言える「エックスサーバー」です。

運営実績17年以上&利用実績180万サイト以上という、豊富な実績が特徴のサービスです。サーバーのスペックも非常に高く、月額1,000円前後のサービスの中では最高峰のサーバースペックとなっています。

サーバースペックが高いだけでなく、Webサイト高速・安定化させる機能(Xアクセラレータver2 , HTTP/2 , FastCGI , OPcache , ブラウザキャッシュ設定)も充実しています。

Webサーバーには大量アクセスに強い「nginx」を採用しており、記事がバズってアクセスが急増した時も安心です!

そのほか、WordPress簡単インストールはもちろん、自動バックアップ24時間365日のメールサポート平日は電話サポートにも対応しており、初心者の方でも安心して使えます。

デメリットを挙げるとすれば、「初期費用が高い(税抜3,000円)」という点ですね。少しだけ他社より高くつきますが、エックスサーバーなら安心してWordPressの運用が出来ます!

ConoHa WING

ConoHa WINGの公式サイトキャプチャ

ConoHa WINGのスペック詳細
料金プラン
(税抜)
  1. WINGパック ベーシック(12ヶ月契約):月額720円
  2. WINGパック スタンダード(12ヶ月契約):月額1,950円
  3. WINGパック プレミアム(12ヶ月契約):月額3,900円
初期費用 全てのプランで0円
ディスク容量
  1. ベーシック:250GB
  2. スタンダード:350GB
  3. プレミアム:450GB
転送量(目安)
  1. ベーシック:9TB/月
  2. スタンダード:11TB/月
  3. プレミアム:12TB/月
機能
  • 無料独自SSL
  • WAF標準搭載
  • データベース無制限
  • マルチドメイン無制限
  • 高性能サーバー採用
  • Web表示高速化
  • PHP7対応
  • 高速安定性Webサーバーnginx
  • 自動バックアップ
  • WordPressかんたんセットアップ
備考 WINGパックなら独自ドメインが永久無料 / 運営実績7年以上

GMOインターネットが運営するレンタルサーバー「ConoHa WING」の紹介です。

エックスサーバーと違って実績があまりなく、サーバースペックの詳細も公開されていませんが、利用者の口コミでは「エックスサーバーと同等かそれ以上に速い」と評判です!

月額料金も安く、定期契約の「WINGパック」なら独自ドメインも無料で付いてきてお得なのですが……、

2020年12月末頃に半日以上に及ぶ障害が発生していました。障害発生時間が長く、この件に関しての不満は多く見受けられましたね……。

ただ、そう何度も障害が発生するとは思えませんし、サービス内容はとても良いです。気になった方は公式サイトもチェックしてみてくださいね。

ロリポップ

ロリポップ公式サイトのキャプチャ画像

ロリポップのスペック詳細
料金プラン
(税抜)
  1. ハイスピード(12ヶ月契約):月額750円
  2. スタンダード(12ヶ月契約):月額500円
  3. ライト(12ヶ月契約):月額250円
初期費用
  1. ハイスピード(12ヶ月契約):0円
  2. スタンダード(12ヶ月契約):1,500円
  3. ライト(12ヶ月契約):1,500円
ディスク容量
  1. ハイスピード:250GB
  2. スタンダード:150GB
  3. ライト:100GB
転送量(目安)
  1. ハイスピード:360GB/日
  2. スタンダード:200GB/日
  3. ライト:100GB/日
機能
  • 無料独自SSL
  • WAF標準搭載
  • データベース数無制限(ハイスピード以上のプランのみ)
  • Webサーバー「LiteSpeed」採用
  • マルチドメイン可
  • 自動バックアップ(ハイスピード以上のプランのみ)
  • WordPress簡単インストール
サーバースペック マルチコアCPU 6コア12スレッドの合計24スレッド
備考 無料お試し10日間 / 運営実績17年以上 / 利用実績200万サイト以上

ロリポップは「料金重視」の方へおすすめのレンタルサーバーです!

ライトプランであれば12ヶ月契約で月額250円(税抜)で利用でき、容量100GB&転送量100GB/日と、個人で運営するサイトとしては十分なスペックとなっています。

ライトプランの場合、データベースが1つしか使えないので注意してください。また、安いだけあってエックスサーバーやConoHa WINGと比べると表示速度や大量アクセスに対する負荷耐性で劣ります。

サイト運営初心者の方で、まずは安めのプランで試してみたい!という方におすすめですね!

なお、本格的にサイト運営したくなった場合は上位プランの「スタンダード」や「プレミアム」へ移行する事で、エックスサーバーなどに近いスペックで使えるようになります。

WordPressを使うなら「エックスサーバー」がおすすめ!

エックスサーバー公式サイトのキャプチャ画像

WordPressでエックスサーバーがおすすめな理由
  • サーバースペックが高く、表示速度が速い&アクセス負荷にも強い
  • X10プランでも容量200GB&転送量300GB/日と多い
  • データベース無制限・マルチドメイン無制限なので複数サイト運営も可
  • 無料独自SSLに対応
  • 自動バックアップ機能付きで安心
  • WordPressなどCMSを簡単にインストールできる
  • 10日間の無料お試し期間で使用感を確認できる
  • 運営実績17年以上&利用実績180万サイト以上
  • 平日の電話サポート&24時間365日対応のメールサポート

WordPress用のレンタルサーバー選びでお悩みの方に、一番のおすすめは「エックスサーバー」です!

初期費用が少し高い(税抜3,000円)ですが、サーバースペックが非常に高く、サイト表示の高速化やアクセス負荷などを気にしなくてOKなのがとてもうれしいですね!

WordPressでエックスサーバーを利用している方も多いので、何かあった時の対処法を探しやすいのも利点です。もちろん、24時間365日対応のメールサポート・平日10時~18時までの電話サポートも利用できます。

「WordPress簡単インストール」機能があるので、初心者の方でも簡単にWordPressを設置できます。独自ドメインを一緒に契約してしまう事も可能です。

10日間の無料お試し期間もあるので、ぜひ一度「エックスサーバー」を試してみてくださいね。

 

エックスサーバーの公式HPを見る

エックスサーバーでWordPress導入の流れを解説!

WordPressクイックスタートの流れ
  1. エックスサーバー新規申し込み
  2. WordPress簡単インストールを選択
  3. 取得ドメイン名を入力
  4. WordPress情報を入力
  5. 支払情報を入力
  6. SMS・電話認証を行う
  7. アカウント登録完了
  8. 登録完了後に届くメールに記載のログインURL・パスワードでWordPressにログイン可能

エックスサーバーでは、WordPress設置がとても簡単に出来る「WordPressクイックスタート」に対応しています。

エックスサーバー申込時にドメイン名も同時に取得し、WordPressの簡単な情報(ブログ名※後で変更可,ユーザー名,パスワード,メアド)を入力するだけでOKです!

アカウント登録完了後に届くメールに、WordPressのログインURLとユーザー名、パスワードが記載されているので、すぐにWordPressが使えます。

とても簡単なのですが、WordPress簡単インストールを利用する場合は10日間のお試し期間が使えないので注意してくださいね。

10日間無料お試ししつつWordPressを使いたい場合は「WordPress簡単インストール」を利用する事になります。

無料のレンタルサーバー「XFREE」や格安サーバーはどうなの?

エックスサーバー
X10プラン
XFREE バリューサーバー
エコプラン
月額料金
(税抜)
1,000円
(12ヶ月契約)
無料 167円
(12ヶ月契約)
容量 200GB 1GB 50GB
転送量 9TB/月 非公開 非公開
データベース 無制限 1個 1個
独自ドメイン 無制限 5個 合わせて25個
サブドメイン 無制限
SSL 無料独自SSL 無料独自SSL
サポート 電話/メール メールのみ
自動バックアップ
WordPress簡単インストール
サーバースペック
  • 第2世代AMD EYPC 48コアCPU
  • 512GBメモリ
不明
  • Xeon8コア以上
  • 96GBメモリ

エックスサーバーと、無料で使える「XFREE」、月額167円~で使える「バリューサーバー」の機能を比較してみました。

実際にWordPressを使った事がない方が、一度お試しで触ってみる……という用途なら試してみるのもアリですが、実際にサイト運用するのは厳しいスペックとなっています。

安いサーバーはそれだけサーバースペックが低く、機能性も良くありません。容量・転送量が少なかったり、サイトの表示速度が遅かったりするので、WordPressを使って実際にサイトを運営するなら、無料サーバー・格安サーバーはあまりおすすめ出来ません。

また、月額100円~200円ぐらいで使える激安サーバーもありますが、WordPressで必須の「データベース」に対応していないケースもあります。

どうしても料金重視で選びたい!という場合は、ロリポップのライトプラン(月額250円~)がおすすめです。最低限のスペックを保ちつつ、本格的に運営するなら上位プランへ移行、という使い方も出来ます!

WordPressで使うレンタルサーバーに関するFAQ5選

Q1.ひとつのレンタルサーバーで複数のWordPressを使える?

おすすめの「エックスサーバー」であれば、全プランで可能です。複数のデータベース、ドメインが使えるレンタルサーバーであれば、その数だけ複数サイト(WordPress)の運営が可能です。

Q2.初心者にとってWordPressは難しい?

現在はレンタルサーバーの事業者側で、WordPressを簡単に誰でも使えるよう工夫して提供されています。例えばエックスサーバーの場合は、WordPressクイックスタートを使えばとても簡単に15分ぐらいでWordPressを設置できます。本当に簡単なので、是非一度チャレンジしてみてください。

Q3.SSLとは?無料のものでいいの?

SSLとは、インターネット上での通信を暗号化し、セキュリティ対策を高めるためのプロトコル(仕様)です。SSL化されたサイトは「https」というURLで始まりますが、https化されていないサイトは、ブラウザによっては「安全ではありません」「保護されていない通信」という表記が出たりします。個人で運営するサイトであれば、無料独自SSLでも十分なので利用しておきましょう。

Q4.WordPress以外にサイトを作る方法はあるの?

WordPressのようにサーバー上へ設置して、簡単にサイトを作成するシステムを「CMS」と言います。WordPress以外に「Joomla」「Shopify」などがありますが、日本では断然「WordPress」の利用者が多いです。

Q5.独自ドメインとは?

ドメインとは簡単に言うと、そのサイトの「住所」のようなものです。サイトを運営する際に必ず必要となります。独自ドメインは1つしかないオリジナルのドメインの事で、●●●.comや●●●.netなど、様々な種類があります。無料のブログサービスなどでは独自ドメインが使えず、サービス提供側が用意したドメインを使う事になりますが、検索結果では同じドメイン名が複数表示されなかったりと不利な要素が多いです。

サイトを運営する場合は、基本的には独自ドメインを取得しましょう。エックスサーバーではサーバーと一緒に独自ドメインを契約できますし、お名前.comなど別の事業者で取得した独自ドメインを設定して使う事も出来ます。

まとめ

WordPressでおすすめのレンタルサーバーまとめ
  • データベース(MySQL)に対応しているかチェック
  • WordPressが簡単にインストールできるかチェック
  • サーバースペックやサイト高速化などの機能をチェック
  • 一番のおすすめは「エックスサーバー」
  • 格安サーバーや無料サーバーは機能性の観点からおすすめ出来ない

WordPress用のレンタルサーバー選びについてまとめると、

スペック重視の「エックスサーバー」「ConoHa WING」、料金重視で「ロリポップ」の安いプラン、という感じです。

トータルで見て最もおすすめなのは「エックスサーバー」です!一番安いX10プランは12ヶ月契約で月額1,000円(税抜)、初期費用3,000円(税抜)なので、初年度15,000円+税が必要となります。

初期費用分だけ少し高くつきますが、サーバーの性能が良く、利用実績も豊富でサポート対応も充実と、初心者の方でも安心して使えます。

WordPressのレンタルサーバー選びでお悩みの方に、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

エックスサーバーの公式HPを見る

関連記事 RELATED POSTS