冷蔵庫のレンタルが便利すぎる!格安で1ヶ月から使えるサービスを紹介

冷蔵庫をレンタルできるおすすめサービス

冷蔵庫をレンタルすると、購入するより格安で手に入れられる、1ヶ月などの短期間から利用できるといった、様々なメリットがあります。

実際に冷蔵庫をレンタルする際には、家電レンタルに特化したサービスの利用が向いています。

この記事では冷蔵庫をレンタルするメリットや、おすすめの業者について解説していきます。

冷蔵庫をレンタルで使う5つのメリットとは?

冷蔵庫は一般的に、購入して長く使うイメージがある家電。

レンタルで使うと、こちらのような様々なメリットがあります。

格安で費用を抑えて冷蔵庫を用意できる

冷蔵庫は家電の中でも特に大型で、金額の高い商品。

レンタルを使うと、購入に比べて大幅に金額を抑えられます

一般的な冷蔵庫の相場と、家具家電レンタルサービス『CLAS』でレンタルした際の料金を比較したものがこちら。

購入 レンタル
148L
(1〜2暮し用)
25,000〜35,000円ほど 4,070円/月〜
365L
(3~4人家族用)
120,000〜140,000円ほど 9,900円/月〜

レンタルはかなり格安で、冷蔵庫を用意できるとわかります。

毎月料金の発生が続きますが、半年以上使った場合でも購入より金額です。

家電を揃える初期費用を安くできる

冷蔵庫は家電の中でも特に価格が高い傾向のため、レンタルで済ませると大幅な費用の節約ができます。

例えば新生活のスタートのため、生活の必需品である家電3点を購入して揃えた場合、7.5万円ほどの金額がかかります。

冷蔵庫 35,000円
洗濯機 30,000円
電子レンジ 10,000円
合計 75,000円

ここへさらに家具の購入費なども加わると、10〜30万円ほどの金額です。

冷蔵庫などの家電をレンタルで揃えた場合、合計4千円ほどまで安くなります。

冷蔵庫 1,980円/月
洗濯機 1,760円/月
電子レンジ 660円/月
合計 4,400円/月

毎月の料金は発生しますが、引っ越しなどで家電を揃える必要を抑えたい方には、おすすめできます。

1ヶ月などの短期間から冷蔵庫を使える

冷蔵庫をレンタルすると、1ヶ月から半年などの短期間の利用にも対応できるメリットがあります。

購入して使う人がほとんどの冷蔵庫ですが、短期間のみ使えるとこちらのような使い方ができるようになります。

  • 単身赴任の間だけ冷蔵庫を使う。
  • 学校を卒業するまでの寮生活で冷蔵庫を使う。
  • 冷蔵庫が故障したため、新しいものを買うまではレンタルする。
  • 気になる冷蔵庫があるから、レンタルでお試ししてみたい。

特に単身赴任や学生生活の間のみなど、あらかじめ決まった期間のみ冷蔵庫を使いたい場合にはレンタルがおすすめ。

購入するよりも、安く利用できる可能性が高いでしょう。

別のサイズに交換ができるから後悔しない

冷蔵庫を購入した際の失敗エピソードとして、よく耳にするのが、サイズが合わなかった…といった声。

「1人暮らし用に買った冷蔵庫が、思ったよりも大きくて電気代がかかる。」
「家族のためによく作り置きをするから、冷蔵庫が小さくて食料が入りきらない。」

こういった失敗を避けるためには、レンタルであらかじめ自分の生活にあった冷蔵庫であるかを確かめておく方法があります。

購入を予定している冷蔵庫と、同じくらいのサイズのものをレンタルして3ヶ月ほど使ってみましょう。

気に入ればそのまま購入、合わなければ違うサイズのものを購入のように調整ができます。

レンタル代が心配な方も多くいますが、安いレンタル冷蔵庫を選ぶと月1,980円ほどで借りられます。

買った後に後悔するよりは、レンタルでお試しするのもひとつの手です。

万が一の故障にもすぐに交換できるから安心

冷蔵庫のレンタルは、万が一故障した際にも対応しやすいのがメリット。

通常冷蔵庫が故障した場合は、修理へ出す、新しいものを購入するなどをする必要があります。

新しい冷蔵庫を用意するまでに、それまで中に入れていた食材は腐ってしまいます。

レンタルであれば、故障したその日のうちに取り替えの電話を入れて、すぐに新しい冷蔵庫を用意できます。

冷蔵庫をレンタルするならここ!家庭用におすすめのサービス5選

ここからは個人や家族で使うための、家庭用冷蔵庫をレンタルするのに向いているサービスを紹介していきます。

CLASはおしゃれな冷蔵庫を安くレンタルできる

CLAS(クラス)の基本情報

料金 月々500円〜
送料 無料
対象エリア 東京/神奈川/千葉/埼玉
大阪/京都/兵庫/奈良
(一部提供外の地域あり)
補償・
サービス
・組み立て設置サービス
・汚れ、傷の補償
・引越しサポート
・500円分ポイントプレゼントキャンペーン実施中!

CLAS(クラス)はおしゃれでデザイン性のある家具を、安くレンタルできる月額制のサービス。

冷蔵庫だけでなく、洗濯機や電子レンジといった生活家電もまとめてレンタル可能。
一人暮らしのための初期費用を抑えたい方に、おすすめです。

レンタル家具の品揃えも豊富なため、生活に必要なものをCLASだけで用意できます。

\今なら500円分のポイントがもらえる/
CLASを公式サイトでチェック!

CLASでレンタルできるおすすめの冷蔵庫

基本情報

商品名 138L 2ドア冷凍・冷蔵庫
容量 138L
利用人数目安 1〜2人用
レンタル料金 2,420円/月〜(税込)
1日あたり料金 81円〜

CLASでレンタルできる冷蔵庫の中で、最も人気のアイテム。
一人暮らしに最適な、132Lの冷蔵庫です。

シルバーとブラックのカラーバリエーションから、部屋の雰囲気にあったものを選べます。


基本情報

商品名 ファン式 123L 2ドア冷凍・冷蔵庫
容量 123L
利用人数目安 1〜2人用
レンタル料金 2,640円/月〜(税込)
1日あたり料金 88円〜

高さ104cmとコンパクトな冷蔵庫が、1ヶ月2,640円からレンタルできます。

小型の冷蔵庫を使いたい方や、普段あまり料理しない方におすすめのアイテムです。


基本情報

商品名 三菱 365L 3ドア冷凍・冷蔵庫
容量 365L
利用人数目安 3〜5人用
レンタル料金 9,900円/月〜(税込)
1日あたり料金 330円〜

容量は365Lと、大きめの冷蔵庫。

製氷機能や野菜室、大容量の冷凍室『ビッグフリーザー』といったさまざまな機能が搭載されています。

3人以上の家族で使うのに向いています。

\会員登録で500円分のポイントプレゼント!/
CLASを公式サイトでチェック!

エアールームは一人暮らし向けの冷蔵庫をレンタルできる

airRoom(エアールーム)の基本情報

料金 月々500円〜
送料 無料
対象エリア 東京/千葉/埼玉/神奈川/群馬/茨城大阪/京都/兵庫/滋賀/奈良愛知/岐阜/静岡/三重
補償・サービス ・組み立て設置サービス
・引越しサポート
・家具預かりサービス
・購入可能

airRoom(エアールーム)は一人暮らし向けの、家電や家具をレンタルできるサービス。

シンプルで可愛らしいデザインのアイテムが多く、新生活を始めたばかりの女性にもおすすめできます。

エアールームではレンタルする度にもらえるポイント制度があり、長く使えば使うほどお得に利用できるのもメリットです。

\送料無料で冷蔵庫をレンタル!/
airRoomを公式サイトでチェック!

エアールームでレンタルできるおすすめの冷蔵庫


基本情報

商品名 アイリスオーヤマ 冷蔵庫 162L 2ドア[ホワイト]
容量 162L
利用人数目安 1〜3人用
レンタル料金 4,202円/月〜(税込)
1日あたり料金 140円〜

高さ150cmほどである程度の大きさがある冷蔵庫。

一人暮らしの方でも、スーパーで食料を買い溜めする方や、普段からよく料理のため食材を用意する場合にはぴったりのサイズです。


基本情報

商品名 Hisense 冷蔵庫 150L 2ドア 右開き 自動霜取機能付き[ブラック]
容量 150L
利用人数目安 1〜2人用
レンタル料金 4,202円/月〜(税込)
1日あたり料金 140円〜

ブラックの落ち着いたカラーの冷蔵庫が、1日140円ほどの金額でレンタルできます。

サイズが小さいため部屋に馴染みやすく、ワンルームで冷蔵庫を置けるスペースが狭い方にもおすすめできます。

冷凍室が広いため、冷凍食品の買い溜めにも向いています。

かして!どっとこむは冷蔵庫の格安レンタルにおすすめ

かして!どっとこむの基本情報

対象エリア 全国エリア
送料 無料(沖縄県、離島、一部の山間部エリアを除く)
補償・サービス ・組み立て設置サービス
・1週間以内サイズ交換OK

かして!どっとこむは、生活必需品の家電や家具を格安でレンタルできるサービス。

家電や家具をセットでレンタルすると、他社のレンタルサービスより安い金額で必要なものを借りられます。

レンタル家電は都心のみが対象のサービスが多い中、日本全国どのエリアでも利用できるのがメリット。

地方への単身赴任のため、短期間だけ家電を借りたい方も向いています。

かして!どっとこむでレンタルできるおすすめの冷蔵庫


基本情報

商品名 冷蔵庫(80L)2ドア レンタル
容量 80L
利用人数目安 1人用
レンタル料金 中古:16,740円/1年〜
新品:21,600円/1年〜
1日あたり料金 中古:45.8円〜
新品:59円〜

容量80Lのミニサイズの冷蔵庫です。

サイズはホテルの部屋によくあるタイプのものと同じくらいで、必要最低限のものを入れられます。

小さいサイズで省エネ基準を満たした冷蔵庫のため、電気代を抑えて使いたい方に向いています。



基本情報

商品名 冷蔵庫(140L)2ドア レンタル
容量 140L
利用人数目安 1〜2人用
レンタル料金 中古:25,920円/1年〜
新品:33,480円/1年〜
1日あたり料金 中古:71円〜
新品:91.7円〜

高さ100cmほどの、使いやすいサイズの冷蔵庫。

高すぎないサイズのため、電子レンジを上に置くといった、スペースを有効活用した使い方もできます。

Rentioは送料無料で冷蔵庫をレンタルできる

Rentio 公式サイト

Rentio(レンティオ)の基本情報

料金 800円〜
送料 無料
対象エリア 全国エリア※
補償・サービス ・故意でない故障について修理費なし
・不注意で壊した際の負担最大2,000円まで

※一部離島への配送は行なっていません。沖縄への配送の場合、天候などによる影響で到着が遅れたり届かない可能性があります。

Rentioは最新家電を、低価格で手軽にレンタルできるサービス。

他社のレンタルサービスとの違いは、1日単位でレンタルできる商品もあること。

購入前にお試ししたい家電がある方や、短期間だけ家電を借りたいといった方に向いています。

Rentioでレンタルできるおすすめ冷蔵庫

基本情報

商品名 [新品]ツインバード ベッドサイド冷蔵庫 HR-D282BR
容量 17L
利用人数目安 1〜2人用
レンタル料金 2,500円/月
1日あたり料金 約83円

容量が17Lとミニサイズの冷蔵庫が、月2,500円からレンタルできます。

ベッドの横に置ける小さい冷蔵庫のため、睡眠前に水分補給するための飲み物を入れておくのにピッタリです。

上段の引き出しは、冷蔵機能がない小物入れとなっており、メガネや薬などを収納できます。



基本情報

商品名 JAPAN AVE.(ジャパンアベニュー) 車載冷凍冷蔵庫 JA2800(18L)
容量 18L
利用人数目安 1〜2人用
レンタル料金 5,980円/3泊4日
1日あたり料金 1,495円

車に積めるタイプの車載冷蔵庫も、Rentioであればレンタル可能。

キャンプやBBQといったアウトドアや、釣りで釣った魚を新鮮なまま持ち帰りたいといった用途に向いています。

実査に使ってみて気に入った場合は、追加で23,800円を払うと返却不要でそのまま購入もできます。

冷蔵庫をレンタルする際の選び方は?注意点も解説

冷蔵庫をレンタルする際には、いくつかの注意点もあります。

レンタルした冷蔵庫が届いた後に「思っていたものと違った…」といった失敗が起きないよう、あらかじめ確認しておきたい項目を解説していきます。

レンタルする冷蔵庫のサイズは生活にあっているか

冷蔵庫をレンタルする際には、サイズを確認しておくのが重要です。

レンタルしたい冷蔵庫のページをチェックすると、冷蔵庫の幅・高さ・奥行が記載されています。

冷蔵庫を設置する予定の場所のサイズも測っておき、余裕を持って設置できる商品をレンタルしましょう。

レンタルだけでなく冷蔵庫を購入する際にも、サイズ選びは必ずしておくのがポイントです。

レンタルする冷蔵庫は家に搬入できるサイズか

冷蔵庫をレンタルする際には設置する場所だけでなく、搬入経路の幅を通るかも事前に見ておきましょう。

冷蔵庫をレンタルする際のチェックポイント

  • 玄関のドアを冷蔵庫が通るか
  • 階段の幅を冷蔵庫が通るか

もし届いた冷蔵庫が搬入口を通らない場合は、別で送料や返却費用が必要になるケースもあるため、気を付けましょう。

追加の設置費用はどのくらいかかるか

冷蔵庫などの大型の家電をレンタルする際は、通常のレンタル料金のみでなく、別で設置費用が必要となるケースがあります。

送料 設置料
CLAS(クラス) 無料 3,300円
airRoom 無料 11,000円
かして!どっとこむ 無料 無料

かして!どっとこむのように設置料が無料のパターンもありますが、ほとんどのサービスで設置料が有料となっています。

特にairRoomは設置料が1万円以上と比較的高めなため、レンタルではなく購入した方が安くなる可能性があります。

自分の住んでいる地域が配送エリアに入っているか

家電レンタルのサービスは、配送エリアが関東や関西といった都心に集中しているケースがあります。

事前に利用する予定のサービスが、自分の住んでいる場所で利用できるかを確認しておきましょう。

CLAS(クラス)は家電と家具のどちらも豊富な品揃えがある、人気のレンタルサービスですが、利用できるのは、関東と関西に限られています。

特に沖縄や一部の離島は、追加で配送料がかかるケースや、そもそも配送対象外エリアに設定されているケースが多くあります。