プロジェクターはレンタルできる!家庭用に安く借りられるサービスを紹介

プロジェクターをレンタル

最近は家で映画やドラマを大画面で楽しめる、プロジェクターが人気になっています。

プロジェクターは購入すると5万円ほどする高価なアイテムですが、レンタルサービスを使えば気軽に自宅で楽しめます。

この記事ではプロジェクターをレンタルできる人気サービスと、その選び方について紹介していきます。

プロジェクターをレンタルで利用する上での、メリットや注意点も解説しますので、参考にしてみてください。

プロジェクターをレンタルするときの選び方は?

プロジェクター イメージ

ここからはプロジェクターをレンタルする際に、事前に知っておきたい選び方を紹介していきます。

家庭用と業務用プロジェクターの違いを知る

プロジェクターには主に、こちらの2つの種類があります。

家庭用プロジェクター
(ホームシアター)
自宅で、映画やドラマを見るのに適したプロジェクター。
明るさは1,000〜1,500ルーメンほどで、控えめな輝度。
業務用プロジェクター スクリーンに投影し、プレゼンをする際などに適したプロジェクター。
明るさは2,000〜3,500ルーメンほどで、比較的明るい輝度。

自宅で映画などをプロジェクターで楽しむ際には、家庭用のプロジェクターをレンタルしましょう。

家庭用のプロジェクターは、短い距離でも十分キレイに映像を映せます

接続方法もHDMI端子のみでなく、USB、Wi-Fi、Bluetooth、Chromecastなどの様々なタイプに対応しています。

小型タイプのプロジェクターも多く、友達の家やアウトドアといった外出先にも持ち運びやすいのがメリットです。

業務用のプロジェクターは家庭での使用に向いていない!

業務用プロジェクターは、家庭用よりもより明るいのが特徴。

明るい会議室での使用や、細かいグラフを映すのにも向いています。

ただし自宅用として使用すると、投影距離が足らず映像が綺麗に映らないなどで、不便となってしまいます。

設置タイプはスタンド型と天井ライト一体型のどちらがいい?

プロジェクターの設置タイプには、スタンド型と天井ライト型があります。

スタンド型 テーブルや床の上に設置するタイプ。
持ち運びが可能で、どこでも使用可能。
好きな場所に置くだけで、手軽に使用できます。
天井ライト型 天井ライトと一体型になったタイプ。
天井に取り付けるため、場所を取らずに使用可能。
工事なしで簡単に取り付けできます。

スタンド型はコンパクトなサイズのため、気軽に持ち運びができるのがメリット。

天井に映像を映して、寝転びながら見るといった使い方もできます。

天井ライト一体型の場合は、よりダイナミックで大きな映像を楽しめます。

1度設置して角度などを調整しておけば、いつでも綺麗な映像を映せます。

使いたいVODサービスは対応しているか

家庭用のプロジェクターはアプリケーションを通して、VODサービスに対応しているタイプもあります。

NetflixやhuluといったVODサービスで映画を楽しみたい方は、事前にレンタルしたいプロジェクターが対応しているか確認しておくと安心。

VODをまだ利用していない方は、プロジェクターを使う前におすすめのサブスクも合わせて契約すると便利です。

プロジェクターをレンタルできるサービス!安く借りられるのはどこ?

ここからは、プロジェクターをレンタルするのに向いている、おすすめのサービスを紹介していきます。

CLASはプロジェクターを月4,000円でレンタルできる

CLAS 公式サイト
レンタル期間 3ヶ月〜
送料 無料
対象エリア 東京/神奈川/千葉/埼玉
大阪/京都/兵庫/奈良
(一部提供外の地域あり)
補償・サービス ・組み立て設置サービス
・汚れ、傷の補償
・引越しサポート
500円分ポイントプレゼントキャンペーン実施中!

CLAS(クラス)は、家具や家電を中心にレンタルを行っているサービス。

ソファやベッドなどの生活家具から、ドライヤーなどの美容家電やマッサージ機などの雑貨まで、あらゆる家具家電を手軽にレンタルできます。

最低レンタル期間は3ヶ月のため、ある程度長い期間借りたものを使いたい方に向いています。

\今なら500円分のポイントがもらえる/
CLASを公式サイトでチェック!

CLASでレンタルできるプロジェクターを紹介!

商品名 Anker Nebula Capsule II モバイルプロジェクター
レンタル料金 3,850円/月〜
1日あたり料金 約128円〜

家庭用プロジェクターの中でも、特に人気の『Nebula』シリーズが月3,000円代でレンタルできます。

缶ドリンクとほぼ同じのコンパクトなサイズながら、明るさと解像度の性能が優秀なプロジェクター。

手軽に持ち運びできるのがメリット。

対応しているアプリは、公式サイトのNebula製品の各種動画視聴サービス対応状況より確認できます。

リビングで大人数でゲームを楽しむ、寝室で寝転びながら映画を観るといった、様々なシチュエーションに対応できます。


商品名 Anker Nebula Cosmos プロジェクター
レンタル料金 5,500円/月〜
1日あたり料金 約183円〜

『Nebula』シリーズの上位モデルが、月額5,500円からレンタルできます。

購入すると定価8万円ほどする商品ですが、手の届きやすい金額で気軽に借りられます。

最大120インチの投影も可能で、家にいながら映画館さながらの臨場感を味わえます。

Android TVを搭載しているため、YoutubeやNetflixなどを手軽に楽しめるのがメリット。
わざわざスマホを繋げる手間がなく、プロジェクター単体で映像を楽しめます。

\新規登録で500円分のポイントプレゼント/
CLASでプロジェクターをレンタル

DMMいろいろレンタルはプロジェクターの種類が豊富

DMMいろいろレンタル
レンタル期間 2〜30日
送料 無料
対象エリア 全国エリア
補償・サービス ・安心レンタル制度で修理費用の負担なし

DMMのいろいろレンタルはWebサイト経由で、様々なジャンルの商品をレンタルできるサービス。

プロジェクターを含む家電アイテムやスーツケースなど、4,100点以上の豊富なニーズにあった商品を取り揃えています。

レンタル期間は、2〜30日間から好きな日数を選択できます。
他のレンタルサービスでは3ヶ月以上のプランも多い中、短期間だけレンタルできるのがメリット。

プロジェクターを買う前の、お試しレンタルをしたい方にもおすすめです。

DMMいろいろレンタルでレンタルできるプロジェクターを紹介!

商品名 [EH-TW410]エプソン プロジェクター
レンタル料金 4,940円/2日〜
1日あたり料金 2.970円〜

人気ブランドEPSONのプロジェクターを、2日間の短期間からレンタルできます。

購入すると4万円以上しますが、手頃な価格でお試しOK。

ホームパーティーの日だけプロジェクターを使いたい!といったシチュエーションにも、対応できます。


商品名 [LSPX-P1]ソニー ポータブル超短焦点プロジェクター
レンタル料金 6,500円/3日〜
1日あたり料金 2,166円〜

SONYが販売している、手のひらサイズで小型タイプのプロジェクター。

コンパクトなサイズながら、最大80インチの大画面で映像を楽しめます。

キャンプや旅行先などに持ち込んで、外出先で映画を楽しみたい時におすすめです。

Rentioは全国どこでも送料無料でレンタルできる

Rentio 公式サイト
レンタル期間 3泊4日から
送料 無料
対象エリア 全国エリア
補償・サービス ・修理費用最大2,000円まで保証
・紛失・盗難補償

Rentio(レンティオ)は厳選された最新家電を、お試しレンタルできるサービス。

ロボット掃除機やキッチン家電なども取り揃えられており、3泊4日からレンタルできます。

送料は無料で、レンタル料以外の追加料金がかかりません。
万が一壊してしまった際も、修理費用の負担は最大2,000円までのため安心です。

Rentioでレンタルできるプロジェクターを紹介!

商品名 popIn Aladdin 2 世界初の照明一体型
3in1プロジェクター PA20U01DJ
レンタル料金 4,500円/月
1日あたり料金 150円

SONYの照明一体型となっている、アラジンのプロジェクターもレンタルできます。

毎回自分で設置する手間がなく、ピントを合わせ直す必要もありません。

HDMIをワイヤレスで繋ぐコネクタを利用して、天井のプロジェクターへゲームやブルーレイを接続できます。


商品名 BenQ TK800M スポーツ向けホームプロジェクター
レンタル料金 14,800円/7泊8日
1日あたり料金 1,850円

数あるプロジェクターの中でも、スポーツ観戦に特化した貴重なアイテム。

明るいリビングや屋外での利用にも対応できる、見栄えのいい明るさが特徴です。

フットボールモード、スポーツモードといった、臨場感がさらに上がる専用もモードが用意されています。

家庭用にプロジェクターをレンタルするメリットは?

ここからは、家庭用プロジェクターをレンタルをするメリットを解説します。

購入とレンタルでどのような違いがあるのかチェックして、レンタルが自分に向いているのが確認しておきましょう。

使いたいときだけプロジェクターを借りられる

レンタルを使うと必要な時だけ、好きなタイミングにプロジェクターを借りられます。

「ホームパーティや会社のプレゼンなどの、イベントの時だけ利用したい!」といった方は、購入するよりレンタルの方が安く済みます。

使い終わったら返却するため、保管場所も不要で便利に使えます。

購入するよりも安くプロジェクターを楽しめる

レンタルサービスを利用すると、購入してプロジェクターを用意するよりも、安い金額で手に入れられます。

家庭用プロジェクターは、性能が良いものであれば5〜10万円以上する高価なアイテムです。

レンタルでは、5,000円以下のリーズナブルな価格でホームシアターを再現できます。

購入前のお試しとして使い心地を確認できる

レンタルサービスは、購入前のお試しとして利用する方も多くいます。

買う前に以下の項目をチェックしておくと、プロジェクター選びで失敗する可能性が低くなります。

  • 部屋に置いた際のサイズ感は邪魔にならないか
  • 部屋に映像を投影する十分な投影距離があるか
  • プロジェクターを設置する場所の近くにコンセントがあるか

「せっかく買ったのに、置けるスペースが限られていて小さい映像になってしまう…」といった失敗をしないように、事前にレンタルしておくのは有効です。

複数タイプのプロジェクターをレンタルしてみて、どれが自分に合っているか確かめることもできます。

家庭用プロジェクターをレンタルする際の注意点

家庭用にプロジェクターをレンタルする際には、知っておきたい注意点もいくつかあります。

あらかじめチェックして、安心してレンタルできるようにしておきましょう。

テレビ画面を映すにはチューナーが必要になる

テレビ番組をプロジェクターに映すためには、別で専用のテレビチューナーが必要です。

テレビチューナーは、2万円ほどで購入できます。
テレビアンテナ線とチューナーを接続する、LANケーブルでWi-Fiルーターへ接続するなどで、用意するのが少し面倒です。

より気軽にテレビ番組を大画面で楽しみたい方は、レコーダーで録画した番組を、HDMIケーブルを通してプロジェクターで投影するのがおすすめです。

送料がプラスで発生するサービスもある

利用するサービスによっては、レンタル料金に追加で送料が発生する場合もあります。

大型のプロジェクターをレンタルする場合、送料だけでレンタル料金の半分ほどかかってしまうケースも。

なるべく送料が無料のレンタルサービスを、選ぶのがおすすめです。

プロジェクターが故障したときの補償はあるか

レンタル中にプロジェクターを誤って落としたなどで、故障させてしまう可能性もゼロではありません。

万が一のハプニングに備えて、故障した際の補償があるレンタルサービスがおすすめです。

この記事で紹介しているレンタルサービスはすべて、補償が付いているため安心です。