第5回 情報セキュリティ事故対応アワード

情報セキュリティ事故対応アワード

【お知らせ】

当セミナーは、新型コロナウィルス感染症への対策としまして、WEBセミナーに形を変えて、配信提供させていただくことになりました。
セミナーにお申し込みいただいた皆様には、後日、視聴用URLとログインID/パスワードをお送りさせていただきます。

不幸にもセキュリティ事故に遭ってしまったものの、その後の対応が素晴らしかった企業を表彰するイベント『情報セキュリティ事故対応アワード』を今年も開催いたします。

情報漏洩の多くは、外部からの攻撃や悪意ある従業員の手によって発生するもの。多少の瑕疵はあるにせよ、事故に遭った企業が被害者の立場であることは間違いありません。

事業を展開する企業に問われるのは、事故発生後の対応です。ユーザーが被る不利益をいかに最小限に食い止めるか、同様の被害が発生しないよういかに情報共有して社会貢献できるか――。難局を乗り切るうえでは、迅速かつ適切な意思決定力と行動力、そして一丸となって遂行する組織力が必要です。

こうした難しい対応の参考事例を示すべく、今年も優秀企業を選定いたしました。セミナー当日は、受賞企業の表彰と、審査員によるパネルディスカッションを実施。セキュリティ事故に遭遇した際の対応について議論していきます。

受付終了

当日プログラム

  • 19:00~20:30
    審査員

    徳丸 浩 氏 (Tokumaru Hiroshi)

    登壇者

    EGセキュアソリューションズ株式会社代表
    京セラコミュニケーションシステム技術顧問
    独立行政法人情報処理推進機構(IPA)非常勤研究員
    技術士(情報工学部門)

    1985年京セラ株式会社に入社後、ソフトウェアの開発、企画に従事。1999年に携帯電話向け認証課金基盤の方式設計を担当したことをきっかけにWebアプリケーションのセキュリティに興味を持つ。2004年同分野を事業化。2008年独立して、Webアプリケーションセキュリティを専門分野とするHASHコンサルティング株式会社(現EGセキュアソリューションズ株式会社)を設立。

    脆弱性診断やコンサルティング業務のかたわら、ブログや勉強会などを通じてセキュリティの啓蒙活動をおこなっている。著書に、「体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践(ソフトバンククリエイティブ)」がある。

    Twitter : @ockeghem

  • 審査員

    北河 拓士 氏 (Kitagawa Takuji)

    登壇者

    NTTコム ソリューションズ株式会社
    マネジメントソリューション本部 セキュリティソリューション部

    外資系コンピュータベンダーでのシステム開発、セキュリティベンダーでのセキュリティ製品提案、コンサルティング、脆弱性診断などを経て、2010年よりNTTコミュニケーションズのセキュリティオペレーションセンター(SOC)にて脆弱性診断、セキュリティ教育などに従事。

    Twitter : @kitagawa_takuji

    今知っておきたいITセキュリティスキルワンランクアップ講座
    https://www.bizcompass.jp/theme/1247337/

  • 審査員

    根岸 征史 氏 (Negishi Masafumi)

    登壇者

    株式会社インターネットイニシアティブ
    セキュリティ情報統括室長

    外資系ベンダ等で、ネットワーク構築、セキュリティ監査、セキュリティコンサルティングなどに従事。2003年 IIJ Technologyに入社、セキュリティサービスの責任者として、セキュリティ診断など数多くの案件を担当。

    現在は IIJのセキュリティインシデント対応チームに所属し、主にセキュリティ情報の収集、分析、対応にあたっている。2007年より SANSトレーニングコースのインストラクター、2012年より OWASP Japan Advisory Boardのメンバーでもある。

    Twitter : @MasafumiNegishi

  • 審査員

    辻 伸弘 氏 (Tsuji Nobuhiro)

    登壇者

    SBテクノロジー株式会社
    技術統括 脅威情報調査室
    プリンシパルセキュリティリサーチャー

    1979年大阪府生まれ。
    セキュリティ・エンジニアとして、コンピュータの弱点を洗い出し修正方法を助言するペネトレーション検査などに従事している。自宅では、趣味としてのハニーポットの運用、侵入検知システム(IDS)による監視、セキュリティ情勢の調査および分析などを行っている。

    Twitter : @ntsuji

  • 審査員

    piyokango 氏

    登壇者

    セキュリティインコ

    インシデントや脆弱性などセキュリティ関連の話題に目がなく、年中追いかけつつ、気の向くままに調べたり、まとめたりすることに従事。
    CISSP。

    Twitter : @piyokango
    Blog : https://piyolog.hatenadiary.jp/

開催概要

タイトル
第5回 情報セキュリティ事故対応アワード
東京
開催日 2020年3月10日(火) 19:00~20:30
定員 200人
申し込み 1.会員ログインの上、申し込みボタンをクリックしてください。
2.事前登録完了のお知らせをメールでお送りします。
3.後日、視聴用URLとログインID/パスワードをお送りさせていただきます。
申し込み締切日 2020年3月4日
参加費 無料
開催会場
web配信のみ
主催 情報セキュリティ事故対応アワード実行委員会
後援 経済産業省
お問い合わせ IT Search+ イベント事務局
mn-itsearch-event@mynavi.jp

受付終了

現在募集している主なセミナー

現在募集している主なセミナー

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る