RPAとビッグデータ、金融機関はどう活用している!? <br />
~日本生命とSBIホールディングスの事例から学ぶ、テクノロジー活用の成功のポイント~

金融業界は今まさに大転換期を迎え、フィンテックやインシュアテック、仮想通貨やブロックチェーン技術など、新たなテクノロジーの台頭とともに、“デジタルトランスフォーメーション”への対応が急務となっています。
本セミナーでは、「業務の自動化を通じた生産性向上」「ビッグデータを活用した顧客エンゲージメント強化」という2つのテーマについて、先進企業の取り組み事例とアシストのソリューションをお届けします。

本セミナーへ申し込む

当日プログラム

  • 13:00

    開場

  • 13:30~14:30

    RPA導入・運用のポイントとスケールアップへの挑戦(RPA×AI×BPM)

    宮本 豊司 氏
    登壇者

    宮本 豊司 氏

    日本生命保険相互会社
    企業保険契約部
    主任専門課長

    1990年日本生命入社 95年全国に分散した事務の集約化PT参画 99年ニッセイ情報テクノロジー出向 日本生命以外のマーケットへの業務効率化コンサルティング、新規ソリューション企画を担当 BPO事業立上げ、RPA導入等を推進 2013年~日本生命でRPA導入推進 17年~企業保険部門の事務工程改革担当

    講演サマリー

    日本生命保険では2014年12月からRPAを導入し、入力、検索業務を中心にRPAの 活用を進めてきました。1ユーザー部門から始まったRPAも、いよいよ全社展開フェーズに突入しております。本講演では、RPA導入のポイント、および、RPAをスケールアップするにあたり、立ちはだかる課題とその解決への取り組みについてお話いたします。また、RPAだけでは、大幅な事務効率化は進展しない事実も見えてきております。国際標準ツールBPMNを活用した事務プロセス可視化を前提に、RPAとAI、RPAとBPMを組みあわせた事務プロセス全体の改革に挑戦していく必要があります。新技術とRPAのコラボレーションをBPMが支える新たな挑戦についても紹介させていただきます。

  • 14:30~14:40

    休憩

  • 14:40~15:20

    RPAは次のステージへ!~ディシジョン・オートメーションによる業務プロセス全体の自動化へ~

    登壇者

    神崎 崇

    株式会社アシスト
    東日本技術本部
    情報基盤技術統括部
    プログレス推進部

    講演サマリー

    爆発的なブームを巻き起こしたRPA。先行して導入した各企業からは、様々な成果が報告されています。その一方で、「期待していたほど適用業務が広がらない」といった現場の声も少なくありません。成果を挙げている企業と挙げていない企業、その要因はいったい何なのでしょうか?本セッションでは、RPA1.0の実態を解き明かしつつ、「業務判断の自動化」をキーワードに、業務プロセスの完全自動化に向けたポイントについてご紹介します。

  • 15:20~15:30

    休憩

  • 15:30~16:20

    AIで革新を起こす組織とは ~SBIグループの場合

    佐藤 市雄 氏
    登壇者

    佐藤 市雄 氏

    SBIホールディングス株式会社 
    社長室ビッグデータ担当 
    次長

    2007年SBIホールディングス株式会社に新卒で入社。2008年SBIポイントユニオン株式会社(現SBIポイント株式会社)代表取締役に就任。2012年にSBIグループ横断でのデータ活用を推進する組織設立を提案し、社長直下にビッグデータ専門組織を構築。2013年よりリーダーとして着任。
    グループ全体でのデータ収集、分析の基盤を整備し、ビッグデータ活用の原動力となる。現在では、グループ各社のデータ分析やAI開発にも力を注ぐ。

    講演サマリー

    金融を中心に幅広い事業を手掛けるSBIグループ。近年では、FinTech、ブロックチェーンといった最新の技術を積極的に事業に取り入れています。ビッグデータに関しても、日本ではまだビッグデータの黎明期であった2012年より専門の組織を立ち上げ、グループ横断でのビッグデータの収集、活用を行い、成果を出し続けています。そして、昨今では、そのデータ基盤を活かしてAI開発にも注力し、次々とグループ各社で実装に移しています。
     今回の講演では、企業の集合体であるSBIグループが、どのようにグループ一丸となってのデータ活用、AI推進のプロジェクトを成功させてきたかを組織の観点からご紹介したいと思います。

  • 16:20~16:30

    休憩

  • 16:30~17:10

    Qlik Sense/Paxataで実現するユーザセルフサービスでのデータ活用

    登壇者

    星野 務

    株式会社アシスト
    東日本技術本部
    情報基盤技術統括部
    技術2部

    講演サマリー

    グローバルで最も評価されているBIの一つであり、金融業界でも多数の実績のある「Qlik Sense」とデータ活用に必要不可欠なデータ整備(名寄せ、クレンジング)をノンコーディ ングで高速に実現するデータプレパレーションツール「Paxata」をご紹介いたします。
    Qlik Senseは、データの収集から集計までを自動で考えユーザへ提案する「コグニティブ・エンジン」を搭載。ユーザによるセルフサービスのデータ活用を強力にサポートします。
    また、AIやBIでデータ分析を行う場合に、そのデータ準備に80%の工数がかかっていると言われています。データ準備をセルフサービスで実現するPaxataを使用し、
    Qlik Senseでの分析にどのようにつなげるか、デモを交えご紹介します。

開催概要

タイトル RPAとビッグデータ、金融機関はどう活用している!?
~日本生命とSBIホールディングスの事例から学ぶ、テクノロジー活用の成功のポイント~
開催日 2018年9月14日(金)13:30~17:00(受付13:00~)
定員 100人
申し込み 申し込み
1.会員ログインのうえ、申し込みボタンをクリックしてください。
2.受講票をメールでお送りします。
3.当日は受付でお名刺を頂戴いたしますので、ご用意ください。

※同業他社、学生の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
※お申し込みが定員に達した場合は、抽選により参加をご遠慮ただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※当日の講演者・アジェンダ等は予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。
申し込み締切日 2018年9月13日(木)15:00
参加費 無料
開催会場 〒102-8109 東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル
アシスト 市ヶ谷本社 セミナールーム

・都営地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅 A4出口より徒歩1分
・東京メトロ 有楽町線 市ヶ谷駅 より徒歩4分
・東京メトロ 南北線 市ヶ谷駅 より徒歩6分
 (A4出口へは各路線より地下通路にて移動可)
・JR 市ヶ谷駅 より徒歩4分

地図はこちら

主催 株式会社アシスト
共催 株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局
協力 株式会社セミナーインフォ
お問い合わせ 株式会社マイナビ ニュースメディア事業部 マイナビニュースセミナー運営事務局
mj-event@mynavi.jp

本セミナーへ申し込む

現在募集している主なセミナー

現在募集している主なセミナー

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る