【特別企画】

納品先からの信頼を勝ち得る! 在庫管理の適正化を達成するためには

[2018/11/08 08:30] ブックマーク ブックマーク

  • 業務アプリケーション

業務アプリケーション

小売店がビジネスを展開するにあたり、生命線ともいえるのが”いかによい卸売業者を見つけられるか”だ。それには単純に仕入単価が安いだけでなく、的確な在庫管理が行われているかも重要となる。そのため卸売業者は、在庫確認の問い合わせに対するレスポンスのスピードを上げたり、発注後の欠品や納期の遅れの発生を防いだりすることで、小売店からの信頼を勝ち得る必要があるのだ。

本稿では、卸売業者の在庫管理を強力にサポートするソリューションとして、富士通マーケティングの統合基幹業務パッケージ「GLOVIA きらら 販売」(以下、『きらら』)をとり上げた資料を紹介する。

リアルタイムな在庫管理により、在庫確認時の正確性とレスポンスが向上

営業部門から経営層まで、全社的な業務を支援する「きらら」だが、この資料が説明しているのは、「きらら」を導入する卸売業の企業と、納品先の小売企業との取引で「きらら」を活用した際の在庫管理などについてのメリットである。「在庫管理が不徹底であり、納品可否の問い合わせに対するレスポンスに時間がかかっていた」「在庫確認後の発注にもかかわらず、欠品による納期の遅れがしばしば生じていた」「納品先に対して、自社のみ他の卸売業者と異なる請求締日となっていたため、毎月イレギュラーな処理を依頼しなければならなかった」といった具体的な課題をピックアップし、それらが「きらら」の導入によってどう解決するか、どんな効果が期待できるかを解説している。

「きらら」は企業の基幹システムとして、優秀な在庫管理や取引先管理に加えて、ロット経路の照会機能も備えている。こうした在庫管理をサポートする多彩な機能が備わっていることにより、適正な在庫管理を実現し、在庫の問い合わせに対する正確かつ迅速な回答が可能となる。そうした対応が「この卸売業者なら安心して任せられる」という信頼につながり、長期的な取引相手として選ばれる礎を築くのである。

在庫管理の適正化は、小売店から選ばれる優良な取引先になるために必須であるといってよいだろう。そのための具体的な手法の詳細については、ぜひ資料をダウンロードのうえご確認いただきたい。

提供資料のご案内


スピーディに業務・経営を支援! 高い操作性と将来性を誇る統合基幹業務パッケージ「GLOVIA きらら 販売」
⑧在庫管理の適正化で小売店から選ばれる優良な取引先に

≪目次≫

  • 【導入前の課題】在庫管理が徹底できておらず、納期の大幅な遅れが発生
  • 【導入後の効果①】適正な在庫管理により欠品の不安が解消
  • 【導入後の効果②】請求締日などの柔軟性向上でイレギュラー処理が不要に
  • 【その他の機能・特長】ロットトレースでトラブル発生時も迅速に対応
  • 【まとめ】

[PR]提供:富士通マーケティング

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3183
2
納品先からの信頼を勝ち得る! 在庫管理の適正化を達成するためには
本稿では、卸売業者の在庫管理を強力にサポートするソリューションとして、富士通マーケティングの統合基幹業務パッケージ「GLOVIA きらら 販売」(以下、『きらら』)をとり上げた資料を紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/10/23/fjm_8_index.top.jpg
本稿では、卸売業者の在庫管理を強力にサポートするソリューションとして、富士通マーケティングの統合基幹業務パッケージ「GLOVIA きらら 販売」(以下、『きらら』)をとり上げた資料を紹介する。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る