ITRアナリストが語る、「テックネイティブ」なビジネスのつくり方

[2020/10/20 10:00]周藤瞳美 ブックマーク ブックマーク

テクノロジーマネジメントを組織的に回していくには?

続いて甲元氏は、こうした未来型テクノロジーの見極めからビジネス創出までを組織的にマネジメントしていくための考え方について解説した。

テクノロジーの創成から普及までは、「創成」「ビッグバン」「頓挫」「回復」のフェーズに分けられ、プロダクトライフサイクルのS字曲線のようなモデルで表すことができるという。

テクノロジーマネジメント

テクノロジーマネジメントのサイクル

甲元氏によると、テクノロジーマネジメントにおいては、このサイクルを踏まえた上で、どのタイミングでテクノロジーを見つけて活かすかを考えるべきだという。

「ビッグバンが起こる前に『認知』『理解』できれば、どの企業よりも早く活用できる可能性があります。さらに、『ビックバン』から『頓挫』までに、『観察』『検討』『評価』し、『頓挫』を超えたものについては実際のビジネスに適用して『試行』していくという流れになります」(甲元氏)

ただし、未来予測の的中率を高めることは不可能だ。そのため、こうしたテクノロジーマネジメントのサイクルを組織的に回していくには、長期的な視点で我慢強く続けていくことがポイントとなる。失敗が許されないような企業文化では、なかなか上手くはいかないだろう。甲元氏は「10~20年の計画のなかで1つでも成果が出たらOK、という姿勢が大事」だと、腰を据えて取り組んでいくことの重要性を強調する。

企業文化としては、新しいテクノロジーに迅速に取り組み、軌道修正をしやすいマインドセットやITアーキテクチャも必要だ。また、日本語圏内でのリサーチによってイノベーティブなテクノロジーを見つけ出すことは困難であるため、英語をベースに世界基準でリサーチしていくことが必須となる。

テクノロジーマネジメントのためのアイデア発想法

甲元氏は、「現行のビジネス課題を解消するために未来型テクノロジーを使うという発想は止めていただきたい」と呼びかけ、未来型テクノロジーの活用はあくまでイノベーションの創出を目的にすべきだと主張する。

したがって、テクノロジーマネジメントを実行する人材は、自社ビジネスに精通している必要はなく、むしろ企業の枠組みを超えてビジネスを考えることのできる能力が求められる。加えて、「直感的かつ主観的にテクノロジーを考えられる素質も重要」(甲元氏)だ。

「自分自身が面白いと思えるテクノロジーかどうか、まずは自分中心に考えていただきたい。『お客さまだったらどう考えるか?』という考え方では、発想に”枠”をつくってしまいます」(甲元氏)

自由にテクノロジーに思いを巡らせた上でカスタマージャーニーを考え、デザイン思考でアイデアを形にするサイクルを回していくことが、テックネイティブなビジネスを創出する際には必要となる。

このようにテクノロジーマネジメントや新規ビジネスの創出に必要な発想力について説明した甲元氏は、最後にテックネイティブで物事を考える際の”禁句”を紹介。「いつごろ標準化/デファクト化されるのか」「それは何に使えるのか」「一体いくら掛かるのか」「成功事例はあるのか」などの言葉を挙げて注意喚起し、講演を締めくくった。

* * *

変化が激しく未来の不確実性が高まる現代において、この先日本企業が生き残っていくためには、前例主義から抜け出し、イノベーティブなビジネスに取り組むほかない。企業全体をテックネイティブな文化にしていくことが、今求められている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

武闘派CIOが解説! 情シスが今立ち向かうべき「変化」と「課題」

武闘派CIOが解説! 情シスが今立ち向かうべき「変化」と「課題」

エレベーターやエスカレーターの大手専業メーカーであるフジテックは、新型コロナウイルスの流行をきっかけに在宅勤務への切り替えを行った。在宅勤務に欠かせないのは、IT環境の整備だ。8月20日に開催されたWebセミナー「ひとり情シスのネットワーク&セキュリティ安全・安定な在宅ワーク環境づくり」には、同社にて常務執行役員 デジタルイノベーション本部長を務める友岡賢二…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る