マイナビニュースマイナビ

主体性を高めよ! 社員の「学び方」に着目したラックの働き方改革

[2019/12/16 09:00]小池 晃臣 ブックマーク ブックマーク

社員が「受けたい!」と思う研修をそろえ、自由に選べるように

社員が主体的に研修を企画し、フェス(お祭り)のように短期間に集中的に開催するイベントが「トレ☆フェス」である。このイベントでは、1カ月間に10以上の研修を企画/実施しており、これまでに388名の社員が研修に参加しているという。参加者のうち25.8%は、当初の課題として挙げられていた客先勤務者だ。ここでの研修の定員充足率は117%と非常に高く、社員の意欲がうかがえる。

「目指したのは音楽フェスのような研修なので、たくさんの研修を用意し、そこから社員が自由に、かつ数多く選べるようにした」と倉持氏が話すように、研修テーマには実に多種多様なものが用意されている。以下はそのほんの一部だ。

  • 効果的な資料作成術
  • 上司と部下の1on1トレーニング
  • ストレスケアができるともっと楽に生きられる!「ストレスマネジメント研修」
  • VRで鍛える! 伝える技術/聞き取る技術
  • 健康診断の結果を見てみよう!
  • いざというとき、大事な人を守れますか? AED講習会

トレ☆フェスのような研修を実施した背景には、これまでラックが行ってきた研修の課題があった。研修について社員にアンケートを実施したところ、「会社が用意している研修には受けたい研修がない」「客先勤務の場合、研修や勉強会に参加しにくい」「どの研修を受けられるのか、受けるべきかわからない」「上司からの案内がないと研修や勉強会には参加しにくい」などの声が寄せられたのである。

「(アンケートによって)本当に研修を受けたい人のところに、研修の機会が届いていないのでは? という課題を抱えていたことがわかった」と倉持氏は振り返る。

そこでワークショップを行い、現場の課題と受けたい研修を洗い出していったところ、コーチングやメンタリングなど後輩の能力育成に関する要望や、トラブル対応時に炎上させないためのコミュニケーションスキル、マネジャー職向けの部門方針の立案/伝達スキル向上など、さまざまな研修テーマが浮上した。

「『社員が受けたいと思う研修を用意しよう』というスタンスの下、技術系の著名人にも講演をお願いしたりしています」(倉持氏)

実際、トレ☆フェスの参加者へのアンケートでは、「研修ラインナップは関心の高いものばかりだった」「キャンペーンとして実施されたので研修の存在に気づきやすく、参加しやすかった」など、高く評価する声が寄せられている。

* * *

こうした一連の取り組みを進めてきたラックでは、今年4月から5月にかけて再度、働き方改革に関するWebアンケートを実施した。すると、その結果は劇的に改善されていたという。

その理由を「社内でさまざまな取り組みをやっているので、それらが複合的に結果として現れたのではないか」と倉持氏は分析した上で、これからのラックが目指す働き方改革のテーマ「働き方改革から『受注改革』へ」を紹介。「これからの私たちが目指す働き方改革は、SI業界における客先勤務にまつわる課題の改革へ向けたものでもある。そのためには、マネジメントの確固たる意思の下、顧客の理解と協力を得ていく必要があると考えている。私たちの会社の働き方改革を次のステージへと進めていきたい」と力強く宣言し、講演を締めくくった。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

事業生産性を高めよ! 越川慎司氏が語る、真の働き方改革とは?

事業生産性を高めよ! 越川慎司氏が語る、真の働き方改革とは?

マイナビニュースは11月27日、「マイナビニュースフォーラム2019 Autumn for 働き方改革」を開催した。本稿では、コンサルタントとして500社以上の働き方改革に携わってきたクロスリバー 代表取締役の越川慎司氏による基調講演「会社と社員が成長する改革~1.9万時間の企業支援で学んだ勝ちパターン」の様子をお届けしたい。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る