「箱根駅伝強豪」の東洋大学 酒井監督が実践するチームマネジメントとは?

[2019/05/03 08:00]山田井ユウキ ブックマーク ブックマーク

人材育成の基本原則と組織風土のつくり方

では、東洋大学では具体的にどのような指導を行っているのか。

酒井氏が目標とするのは「競技、集団生活を通じた学生の心身の成長」である。そのため、生活面では”文武両道”を目指し、生活習慣が定まってから競技目標を設定するようにしているという。

また、人材育成の基本原則としているのが「凡事徹底」という言葉だ。平たく言えば「やるべきことをやる」ということであり、行動を習慣化することの大切さを表す言葉でもある。というのも、「練習の行動習慣と日常生活における習慣は関連している」(酒井氏)からであり、良い習慣が良い練習の基礎となるからだ。

さらに組織風土づくりにおいては、チームの目標や方針、戦略を主要選手以外にも浸透させることを意識する。これにより、年齢に関係なくチームに一体感が生まれ、いかなる変化にもすばやく対応できる組織になるのだという。

時代の変化によって組織のあるべき姿も変化する。その変化に対応することも大切だが、酒井氏が心掛けているのは「革新と普遍の両立」だ。

「スマホが普及し、コミュニケーションもLINEなどが主流になっていますし、AIや仮想通貨、RPAといった技術が登場したことで仕事も変化しつつあります。今後、陸上の現場にもAIは導入されていくでしょうし、コミュニケーションのあり方も変わっていくでしょう。しかし、そうだとしても私は大事な場面では選手に電話をかけて直接話すようにしています。やはり話すことは大事だと思うからです」

酒井氏は、各選手に対する細やかなアプローチを忘れない。日々の指導のなかで学生を観察し、個人の特性や成績、性格、故障歴などをまとめた個人カルテを作成しているという。一人一人の理解に努めることが信頼関係につながり、結果的に選手の能力を引き出すことに結び付くからだ。

物事の伝え方やタイミングにも神経を使う。特に選手の起用に関しては配慮が必要だ。「エントリーは16人」という枠がある以上、部員のうち40人ほどは箱根を走れないことになる。しかし、レギュラーから外れるとモチベーションに影響が出るため、どう伝えるのかは毎年悩むのだという。

「出場する学生だけがモチベーションが高くて、ほかのメンバーがモチベーションが低いときは負けることが多いのです。ですから、チーム全体のモチベーションをしっかりと押し上げることが大切です。エースが走れない学生に感謝を伝え、お互いに認め合うことで全体のモチベーションを高めていくことができます」

また、スター選手だからといって特別扱いはしない。”山の神”として知られる柏原竜二選手をレギュラーから外したこともある。選手のパフォーマンスを引き出すことはもちろんだが、良いパフォーマンスが出せない状況ならば走るのを止めることも監督の重要な役割だからだ。

数々の輝かしい実績を打ち立ててきた酒井氏だが、「私自身もまだまだ成長が足りない」と謙虚な姿勢を崩さない。

「指導者におごりがあるとチームの成長も止まってしまいます。結果を出すことも大事ですが、学生に人生の目的を考えさせることも指導者の大事な役割です。指導者が変わらなければ選手は変わりません。指導者こそが先に変化、成長していかなければならないのです」

強い組織をつくる上で、チームマネジメントは不可欠な要素となる。東洋大学を勝利へと導く”酒井流”のチームマネジメント。そのメソッドの数々は、ビジネスの世界においても威力を発揮するはずだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

キーワードは

キーワードは"脱体育会"- 常勝集団をつくり上げた岩出監督のチーム哲学

ビジネスにおいて重要なポイントの1つは、同じ目的に向かって進む「チーム」をどうつくり上げていくかということだろう。「勝てる組織」をつくるヒントは、徹底したチームプレーで勝利を目指すスポーツの世界にありそうだ。帝京大学スポーツ医科学センター教授であり、監督として帝京大学ラグビー部を率いる岩出雅之氏が12月8日、幕張メッセで開催された年次カンファレンス「Cybo…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る