マイナビニュースマイナビ

リクルートのRPA導入で苦労したこと、うまくいったこと

[2019/02/22 08:00]周藤瞳美 ブックマーク ブックマーク

RPA選定のポイント

――「UiPath」を導入されたとのことですが、選定のポイントとなったのはどこでしたか。

赤塚氏 : 経理業務に対してRPAを入れることは決まっていたので、現行システム上で動くかどうかということを最優先に検討しました。またスモールスタートがしやすいクライアント型を持っているツールは当時限られており、そこからさらに開発のしやすさや操作性などで絞って、UiPathに決定しました。

――最終的には、経理で利用するRPAはどのような形になったのでしょうか。

野川氏 : 最終的には、業務フローを見直していくなかでロボ化できるところを整理し、サーバ型のRPAを入れて集中管理できるようにしました。

赤塚氏 : 経理のマニュアルに「ロボを起動して結果を待つ」という説明があるようなイメージです。RPAの作業が完了次第、メールが担当者に届くようになっていて、そこから引き続きマニュアルに沿って作業をするという流れになっています。現在では、各地域の拠点でほぼ毎日利用されている状態です。

どんな業務を自働化したのか?

――経理の担当者は具体的にどういった作業でRPAを利用しているのでしょうか。

赤塚氏 : Excel上のデータを読み込んで入力・登録したり、入金の照合・消込作業などを行ったりというような作業に対してRPAを利用しています。

野川氏 : 既存の入金照合のシステムでは、照合に漏れが発生することがあるので個別のローカルルールを作成してExcelで管理していたんです。そこで人手による作業を行う必要があったため、RPAで自動化していったという形です。

――経理業務はRPAの導入によってどれくらい効率化できましたか?

赤塚氏 : 年間1万時間分の経理業務削減が見込まれています。経理の担当者からは、各事業への経理システムの提案やルールの調整業務に注力できるようになったと評価していただいています。

――経理システム以外にはどのようなプロジェクトがありますか。

赤塚氏 : リクルートでは、データ分析や受注関連のステータス管理のために社内外のシステムからデータをダウンロードしなければならない業務が多いのですが、そこに対してRPAを入れることが多いですね。

RPAの向き不向き

――RPAに向いている作業とはどんなものでしょう?

野川氏 : 頻度または量が多い作業ですね。既存の業務とシステムを大きく変えずにコストを抑えて人の作業を減らす、ということが一番向いていると思っています。また、頻度や量が多くなくとも、深夜や早朝に行う必要のある作業なども、働き方改革という点ではRPAによって自動化すべきだと考えています。

――RPA導入のコスト感としては、システムを刷新するのと比べて大幅に下がるものなのでしょうか。

赤塚氏 : ものによりますが、システムが大きい場合は、システム刷新と比較してコストが1/100になることもありえます。

――すばやく始められるのもRPAのメリットだと思います。実際に運用を始めるまでにどれくらいの期間が必要になりますか。

赤塚氏 : 私たちのチームでは受け入れテスト(UAT)の期間を繰り返し設定していますが、UATも含めて1-2カ月程度で現場の担当者が運用を始められるよう進めています。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

損保ジャパン日本興亜の業務改革! RPAの積極導入で得た

損保ジャパン日本興亜の業務改革! RPAの積極導入で得た"価値創出時間"

RPAソリューションを提供するUiPathは1月30日、年次ユーザーカンファレンス「UiPathFoward Japan 2019」を開催した。本稿では、損保ジャパン日本興亜 業務改革推進部 リーダーの齋藤隆史氏が登壇した講演「損保ジャパン日本興亜におけるRPA活用」から、同社がどのように業務改革を進めているかについてレポートする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る