マイナビニュースマイナビ

なぜ日本はe-Sportsで世界に取り残されたのか? シンポジウムで有識者が討論

[2017/09/28 08:00]山田井ユウキ ブックマーク ブックマーク

日本がe-Sportsで遅れを取ったワケ

続いて、パネルディスカッションに登壇する有識者によるプレゼンテーションが行われた。

慶應義塾大学大学院教授であり、日本eスポーツ協会理事を務める中村伊知哉氏は、まずe-Sportsの現状について次のように紹介した。

「米国では賞金獲得総額27億円もの大会が出てきています。プロのバスケットチームなどでもe-Sportsのチームを持つようになりました。韓国もe-Sports専用のスタジアムを設けて毎日試合が行われ、ケーブルTVやネット中継で配信されています。社会での認知度が日本とはぜんぜん違うのです」

慶應義塾大学大学院教授であり、日本eスポーツ協会理事を務める中村伊知哉氏

これに対して日本は、「大会の賞金総額は500万円程度で、e-Sportsのリーグ戦も始まったばかり」とのことで、世界とは圧倒的な規模差があるのだという。

なぜ日本は遅れたのか。その理由は「規制」「プロ化」「認知」という3つの課題にある。

「日本は景品表示法の規制で、アマチュア大会の賞金上限は10万円とされています。これは今、政府とも相談しながらクリアにしようとしている部分です。また、日本には3つくらいのe-Sports団体があるので、それらがまとまってJOC(Japanese Olympic Committee)に入り、五輪にも選手を送れるようにしていきたいと考えています」

そこで最も重要となるのは「認知」だ。

「社会的な認知を高めるためには、『この分野がかっこいい』とか『儲かる』といった認識が広まらなければなりません。そのためには将棋の藤井聡太くんのようなスターを生み出していく必要があります」(中村氏)

e-Sportsを普及させるには、業界の協力も不可欠だと中村氏は強調する。

「ゲーム業界の方は、e-Sports向きのタイトルをたくさん作っていただきたい。また、IT業界の方には4Kや8KのパブリックビューイングやVRなどで映像を配信できるスマートスタジアムなどを全国に作っていただきたい」(中村氏)

続いて登壇した松本氏は、各国におけるe-Sportsの人気タイトルなどを紹介。また、世界各国のe-Sportsの配信に関わる中村鮎葉氏は、各国の大会を写真などで紹介し、その熱気を伝えた。例えば「リーグ・オブ・レジェンド」の決勝戦の視聴者数は全世界で4,300万人に上るのだが、これはNBA以上の数なのだという。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア VP 松本義紀氏

Twitch Broadcaster Success 中村鮎葉氏

「e-Sportsに不可欠なのは人の要素。スタープレーヤーがいるから観客が見てくれるという面があります。米国ではプロスポーツ団体がe-Sportsに進出してきているほどです。スターは韓国や中国、台湾にもいます。日本でも、盛り上がってほしい」

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

ついにIoTの硬式野球ボール登場! お手軽に「キレ」を計測、秋からプロも活用

ついにIoTの硬式野球ボール登場! お手軽に「キレ」を計測、秋からプロも活用

アクロディアは9月25日、9軸センサー内蔵の硬式野球ボール「TechnicalPitch」を発表した。硬式野球ボールの中心部にセンサーを搭載。ボールの回転数、回転軸、球速、球種、変化量、腕の振りの強さ/時間などを取得できる。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る