【特集】ドローンのポテンシャル - 目指すは「世界」と「モバイル網の強化」、他キャリアと少し違うソフトバンクの戦略

【特集】ドローンのポテンシャル - 目指すは「世界」と「モバイル網の強化」、他キャリアと少し違うソフトバンクの戦略

[2017/05/09 07:30]石川温 ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション
  • ● 関連キーワード
  • ドローン

ソリューション

建物内で飛ばしてもぶつからない次世代ドローン

今回、Softbank Innovation Programで選んだ3つのドローン関連企業はいずれも「グローバル展開できる可能性を感じる企業」を選定基準に据えたという。選考された3つの企業のうち、例えば、Rapyuta Roboticsはチューリッヒ工科大学出身者を中心に構成された開発チームで、最先端の制御技術を得意とするという。

「たとえば、部屋のような狭い空間でもドローンを2、3機飛ばしてもぶつからない。自分たちで作り込み、センサーで制御している技術が素晴らしい。ドローンの充電ステーションを開発しており、そこへ正確に戻って、自動充電して自律的に飛んでいく技術は一見の価値あり」(原氏)

現在、充電ステーションには固定回線やモジュールの通信機能が載っているが、将来的にはここにモバイル通信を組み合わせたいという。ここにソフトバンクと組む意味があるのだ。充電ステーションにモバイル回線が入れば、可搬性でどこにおいてもドローンが充電ステーションに戻ってくるようになる。数キロごとに充電ステーションをおいておけば、ドローンの飛行距離は飛躍的に伸ばすことが可能になる。

「現状、リチウムイオン電池が劇的に進化するとは思えない。ドローンの目視外飛行といっても、バッテリー寿命の影響もあり飛ばせる距離には限界がある。しかし、あちこちに充電ステーションがあれば、東京にいながら福岡や北海道、アメリカでも飛ばすことは不可能ではない」(原氏)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【特集】ドローンのポテンシャル - ACSL 野波氏が考える「宅配ドローンに必要な技術」

【特集】ドローンのポテンシャル - ACSL 野波氏が考える「宅配ドローンに必要な技術」

ドローンメーカーというと海外企業が強いイメージだが、国内にもドローンの機体開発からソリューションの提供まで行っている企業がある。「自律制御システム研究所(ACSL)」もそうした国産ドローンメーカーのひとつだ。そのACSLの代表取締役 最高経営責任者(CEO)の野波 健蔵氏に、同社の取り組みなどについて話を伺った。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る