ロボット&システムの外販でゲームチェンジャーを目指す「変なホテル」

[2017/03/17 08:30]星原康一 ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション
  • ● 関連キーワード
  • AI

ソリューション

フロントに恐竜2頭、客室にAIロボット

変なホテル舞浜 東京ベイの施設について簡単に紹介しよう。

立地は、千葉県浦安市富士見5丁目。東京ディズニリゾートのある舞浜駅まで、徒歩で18分、バスで4分という土地にある。

フロントでは、ヴェロキラプトルを模した恐竜型ロボット2頭が対応する。チェックインはカウンターに置かれたタブレット端末を使ってセルフサービスで行う。インターネットなどを通じて登録した自分の予約オーダーを呼び出すと、客室番号が案内され、ルームカードキーが発行される仕組みだ。音声認識機能も備えており、口頭でチェックインを進めることもできる。

フロントに立つヴェロキラプトル

客室には、MJIが開発したみまもりロボット「Tapia」が設置され、照明やテレビ、エアコンの調整、音楽の再生、アラームの設定などを音声で指示できる。Tapiaは、AI(人工知能)を搭載しており、宿泊者の顔と名前を認識でき、接し方によって応答が変わる。人の手の形も識別可能で、じゃんけんをして勝ち負けも判別することもできる。

客室に設置されたTapia。目の部分はタッチディスプレイになっている。AI搭載、顔、声、名前、手の形などを認識できる

独立洗面台に、居室の土足禁止でファミリーも安心

変なホテル舞浜 東京ベイのメインターゲットは、東京ディズニーリゾートを訪れるファミリー層。子供の滞在も考慮して、「快適性」「寝心地」「安全」「楽しさ」の4つの要素を追求した。

快適性という点では、バス/トイレを分け、家族の入浴中もトレイを使えるように配慮。バスは、シャワーの固定位置を変えられるほか、欧米のような浴槽のみのタイプでなく、洗い場を設けて子供と一緒の入浴が安全かつ苦労なくできるよう配慮している。浴槽は深めのものを採用し、観光で疲れた大人もゆったりと入浴が可能だ。

トリプルルームの居室

バスルームは浴槽と洗い場が別。浴槽はやや深めで大人でもゆったり入れる

トイレはバスルームと分離

洗面所も独立している

居室スペースは、土足禁止にして子供でも安心してくつろげるかたちに。さらにエキストラベッドを出し入れしやすくすることで、就寝スペースを広く確保しつつも、就寝前の居室が手狭にならないよう工夫している。

コーナーツインルーム(角部屋)の居室

廊下部分までは土足可だが、居室は土足禁止。子供もくつろげる。居室の入口部には扉があり、就寝中に入浴の音で目が覚めないよう配慮されている

一部の部屋にはクローゼット型のクリーニング機「LG Styler」も導入。衣類にスチームと振動を与えて埃や臭いを取り除く家電で、国内のホテルとしては初めての設置になるという。

クローゼット型クリーニング機。日本のホテルで初導入

寝心地に関しては、新幹線のグリーン車の椅子にも使われている、東洋紡の素材で作られたマットレスを採用。体圧分散性・通気性に優れたベットで、疲労回復が図れるよう配慮している。

ベッドのマットレスは、新幹線のグリーン車と同じ素材

そして、楽しさという点では、フロントや居室のロボットに加えて、魚ロボットが泳ぐ水槽や、等身大ティラノサウルスの模型、海外製の巨大ゴミ箱ロボット、タカラトミーの恐竜玩具ロボット「Hello DINO NEO」をロビーに設置。オリジナルの恐竜VRコンテンツも提供するほか、外部委託のブッフェレストラン「ジュラシックダイナー」では、低いブッフェ台やパフェ作りコーナーなどで子供が楽しめる工夫を施している。

ロビーに設置された等身大ティラノサウルス

魚ロボットの水槽。こちらもロビーに設置されている

ロビーで走り回る恐竜ロボット「Hello DINO NEO」

ロビーに設置されたゴミ箱ロボット。リモコンで動く

部屋においてある各種の案内。恐竜の世界を見られるVRコンテンツも用意されている(中央)

ブッフェレストラン「ジュラシックダイナー」の様子。子供を意識してブッフェ台が低い

建築費15~16億円、目標稼働率は80%

変なホテル舞浜 東京ベイの客室の内訳は、ツインルームが50室、トリプルルームが40室、やや広めの角部屋が10室。客単価は、4人連れのファミリーで1人当たり5000円、1室換算で2万円を見込んでいる。

目標稼働率は80%だが、現在、「この目標値を越える予約をいただいている」(長井氏)状況。長崎ハウステンボス 1号店は90%超の稼働率を誇るため、決して難しくない数値だという。

変なホテル舞浜 東京ベイの建築費は15~16億円。4~5年での回収を見込んでいる。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

社会の課題解決をドローンで、KDDIとハウステンボスがアイデアソン

社会の課題解決をドローンで、KDDIとハウステンボスがアイデアソン

KDDIとハウステンボスは2月18日と19日の2日間、「スマートドローン」のアイデアソンを長崎・ハウステンボスで開催した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る