IT部門が弱体化!? アプリ開発にガバナンスを! - ガートナーが振り返る2016年

IT部門が弱体化!? アプリ開発にガバナンスを! - ガートナーが振り返る2016年

[2016/12/27 08:00] ブックマーク ブックマーク

「ペース・レイヤー」の3層分類がデジタルビジネスにマッチ

アプリケーションの特性を考える手法として、ガートナーでは「バイモーダル」と「ペース・レイヤー」という2つの考え方を推奨している。

バイモーダル(2つの流儀)とは、企業ITを、ERPやSCMなどの基幹系システムに代表される安定稼働が重視されるIT(モード1)と、CRMのようなデジタルトランスフォーメーションのために必要で環境の変化に追随することが重視されるIT(モード2)の2つに分類し、それぞれ検討していく手法である。モード1は品質や堅牢性が重要だ。モード2がスピードを重視することはすでに述べたとおりである。

ペース・レイヤーとは、アプリケーションを変化の頻度(ペース)で分類する手法である。更新頻度の低いほうから「記録システム」「差別化システム」「革新システム」の3層に分類し、ビジネスの土台となる前者は品質や堅牢性、競争力の源となる後者はスピードを重視する。

「ペース・レイヤーをベースとしたアプリケーション戦略は、すでに国内でも金融機関や情報系企業が採用しています。プロセスの変更は厳格に行うか、実験的に行うか。アーキテクチャは従来型と代替プラットフォームのどちらにするか。開発手法はウォーターフォールかアジャイルかと、各レイヤーに合わせたガバナンスを適用することが容易になります。『SoE (Systems of Engagement )』と『SoR(Systems of Record)』の2つに分けて考える企業も多いようですが、こちらの分類の方が始めやすいのではないでしょうか」(片山氏)

ペース・レイヤーをベースとしたガバナンスを適用する(出典:ガートナー ジャパン)

的確な戦略を打ち出せる強いIT部門

片山氏は、これからのアプリケーション戦略において、人材の確保も重要な課題であり、十分な検討と施策が必要だと忠告する。

「ITエンジニアの人材不足が問題視される中で、特にレガシーなシステムは、技術者を確保することがますます困難になります。今後、自然と増えるような余地はありません。自社内で育成したり、レガシー技術に長けたパートナーを確保したりと、能動的な活動が必要です」(片山氏)

また2017年以降、特に開発やテストの領域では、自動化技術を応用するケースも増えていくことが予測される。積極的な企業が取り入れ、市場優位性を確保することも十分に考えられる。自動化の採用において重要なことは、やはりアプリケーションの特性を捉えることだ。

こうした新しい取り組みに踏み出し、IT部門がビジネスに貢献するためにも、企業の経営課題・ビジネス戦略に沿った的確なアプリケーション戦略を立案できるようになることが重要である。一方で経営層にも、ペース・レイヤーで示されるような複数の手法を認める許容力も求められる。

IT担当者やCIOは勉強を怠らず、自らのこととして、一人一人が5年後を考えて動かなければならない。そして、経営者やビジネス部門を説得できる力を身に着けてほしい。それが、片山氏の切なる思いだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

予算編成前に覚えておきたい、IT投資計画の立案方法 - ガートナー片山氏

予算編成前に覚えておきたい、IT投資計画の立案方法 - ガートナー片山氏

多くの企業で来年度の予算策定が始まるこの時期に参考情報を提示するべく、本誌は、IT投資計画の立案方法について、ガートナー ジャパンでIT投資戦略分野を担当する片山 博之氏に話を聞いたので、その模様をお伝えしよう。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る