土地なしでも駐車場経営は可能?所有してない場合の経営の手順やコツを解説

土地活用

昨今、安定した収益を得ることができる投資方法として、駐車場経営が注目を集めています。管理が簡単で、初期費用が少額で済むことから、投資初心者にも挑戦しやすいことでも知られています。

しかし、いざ駐車場経営について調べてみると、土地を所有していることを前提として営業している企業や、解説している記事も多く、「土地を所有していないと駐車場投資はできないの?」と疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、土地なしでも駐車場経営は可能です。借りた土地や購入した土地で利益をあげているひとも多くいます。今回この記事では、土地を所有していないケースでの駐車場経営の手順やコツを解説しています。駐車場経営の成功にお役立てできれば幸いです。

土地の活用方法に迷っているなら『HOME4U土地活用』に相談するのがおすすめ!

  • 土地活用の専門企業に、土地活用プランを無料で請求できる
  • 最大7社まで同時に依頼でき、費用や収益プランを比較検討できる
  • プラン請求できるのは厳選された実績のある優良企業のみ
  • 依頼した企業以外から連絡が来ることはないので安心

初めての方でも、プロのアドバイスを参考に安心して土地の活用をスタートできます。

公式サイトはこちら

土地なしの状態から駐車場経営を行う方法

土地を所有しているなら、土地を舗装して必要な機材を導入したり、工事をおこなったりして、駐車場として運用を始めることができます。土地を持っていない場合には、土地を借りるか購入することから始めなくてはなりません。

土地を借りる場合と購入する場合に分けて、それぞれのメリットやデメリットを見ていきましょう。

土地を借りる

賃貸市場に出ている土地を利用して、駐車場として運営することができます。駐車場として貸し出している土地はもちろんですが、更地として貸し出している土地を、所有者の許可を得て駐車場として運用する方法もあります。また、土地を持っている人に賃貸の交渉を持ち掛けることも可能です。

他にも、企業として土地を貸し出し、経営するオーナーを募って、駐車場の売上の一部や賃料を得る事業をおこなっている業者なども存在するなど、駐車場経営は多様化が進んでいます。

ローンを借り入れる必要がないので、初期費用として用意できる自己資金が少なくても始めやすいことが特徴的です。また、低コストで始められる、もしも経営に失敗してしまったとしても撤退がしやすい、という理由からローリスクである点も魅力的でしょう。

土地を借りて駐車場経営を行うメリット・デメリット

メリット

  • 自己資金がなくても始められる
  • 利用者がいなくてもリスクが少ない
  • 事業撤退もしやすい

デメリット

  • 賃料が毎月かかってくる
  • 長期的に運用していると購入よりもお金がかかる

土地を購入する

売りに出されている土地を購入し、経営する方法を選ぶこともできます。駐車場として使われていた土地を購入することもできますが、場合によっては建物付きの土地を選んで、取り壊して舗装したほうが安く済む可能性もあります。

土地を購入する場合には、ある程度の自己資金を用意しなければなりません。しかし、一度払い終えてしまえば自分の資産となるため、長期間運用していくのであれば維持費用を少なくすることができて有益です。

自己資金が潤沢で、資産形成を目的としているようなら、土地を購入してしまったほうが良いでしょう。また、資産を土地に変えることができるため、相続税対策として駐車場経営をおこなう人も少なくありません。

土地を購入して駐車場経営を行うメリット・デメリット

メリット

  • 長期間の運用で有利になる
  • 資産形成に向いている
  • 収益のすべてが自分のものになる

デメリット

  • 初期費用が多くかかる
  • 利回りが悪くなりやすい
  • 事業撤退が困難

駐車場経営で土地を購入することについて、詳細に知りたい人はこちらをご覧ください。

駐車場経営のための土地購入は合理的?メリットとデメリットを比較
駐車場経営は経営負担が少なく、不労収入となるため人気な土地活用法ですが、土地購入してまで行うメリットがあるのかは疑問かもしれません。そこで本記事では、駐車場経営と土地購入についてや、経営する上でのメリデメ、成功させるコツなどを紹介します。

土地なしの状態で駐車場を経営するときの形態

駐車場を経営するにあたって、どのような形で経営するかを選択しなければなりません。自分だけでおこなうか、駐車場経営をしている企業と協力するか、自分の状況にあったスタイルを選ぶことが成功につながります。

駐車場経営会社に全面委任する

駐車場の管理や運営をおこなう会社に全て委託してしまうと、利益は少なくなってしまうものの、土地さえ用意して契約を結んでしまえば、その後は自分で何か対応することがないのでとても楽です。初めての投資でわからないことが多い場合にも安心でしょう。

大抵の場合は、管理費や利益の一部を差し引かれて、自分に入ってくる収益は実際の半額ほどになってしまいます。企業が運営するため初心者でも失敗する可能性が低く、リスクが少ないことが魅力的です。

以下は会社に全面委託する場合の手順です。

  1. 企業に相談する
  2. 企業が土地の調査、見積もりを出す
  3. 経営契約を結ぶ
  4. 舗装工事をおこなう
  5. 駐車場として営業開始
  6. 企業が定期的にメンテナンス・運営

この場合、実際に自分でおこなわなければならないのは契約を結ぶところまでで、後はすべて業者に任せきりにしてしまって構いません。副収入として駐車場経営をおこないたい場合など、管理に時間を割けないならこういった形態を選びましょう。

自分自身で経営する

経営形態のなかでも、一番利益が大きいのが自分自身で管理・経営をおこなう方法でしょう。管理する会社に支払う金額がないため、すべて自分の利益とすることができるのは大きなメリットと言えます。ただし、工事費や駐車機材の設置など初期投資額も大きく時間も要するため注意が必要です。

初期費用として必要になる主な経費を下記にまとめましたので参考になさってください。

費用項目 価格相場
砕石敷き 3,000円/㎡
アスファルト舗装 5,000円/㎡
コンクリート舗装 8,000円/㎡
区画ライン引き 60,000円/10台
車止めブロック 3,500円/1台
区間用ロープ 40円/m
駐車場番号表記 700円/台
歩道縁石の切り下げ工事 50万円~
コインパーキング機器 300万円/10台

参考:不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO「駐車場経営にかかる初期費用はいくら?タイプ・業種別一覧表

企業と共同で経営する

自分で管理・運営するのはとても困難です。定期的なメンテナンスも自分でおこなわなければならず、加えて駐車場は24時間営業するため、個人で経営していると夜中にトラブル対応に追われてしまうこともあります。

そこで、駐車場として土地を作り替えるところまでは個人でおこない、その後のメンテナンス作業やトラブル対応に関しては企業に委託するという考え方があります。

遠方に駐車場を設けた場合や、他に事業をしていて管理するのが難しい場合、管理を委託することができれば非常に便利でしょう。

この場合、個人で用意しなければならないものは以下の通りです。

  • 道路の舗装、切り下げ工事費
  • 区画ライン設備費
  • 車止めブロック設置費
  • 駐車機材の設置費
  • 照明・看板費

このように管理委託の場合には、土地の広さや駐車場の種類によっても異なりますが、300~400万円程度の初期費用が必要になると考えておくと良いでしょう。

駐車場経営をお考えなら「HOME4U土地活用」がおすすめ

■「HOME4U土地活用」はこんな人におすすめ
  • どの土地活用方法を選べば良いのか迷っている方
  • 土地活用の相談をどこにしたら良いのかわからない方
  • 初期費用や将来得られる収益のバランスを見ながら検討したい方

「HOME4U土地活用」の特徴

HOME4U土地活用は、あなたの土地にあった活用プランを無料で一括プラン請求ができるサイトです。

一度の入力で、全国の厳選された大手企業から、一度に最大で7社の土地活用、不動産投資のプランを請求することができるので、効率的に収益を最大化できるプランを選ぶことができます。

また、HOME4U土地活用は、情報サービス事業業界最大手のNTTデータグループが運営しているため、情報セキュリティ面でも安心して利用できます。

一括プラン請求フォームにて、希望の土地活用の種類を選べば、それに絞ったプランの提案を受けることができるので、土地活用の種類を決めている人はその種類にチェックを入れてください。

ただ、おすすめは複数の土地活用種類にチェックを入れることです。自分が思いもよらない収益化方法を知ることができるかもしれません!

土地なしの状態から駐車場経営を始めるまでの流れ

土地がない状態から駐車場として運営を始めるまでの一連の流れを解説します。以下のような手順を踏んでいくとスムーズに進むでしょう。

  1. 駐車場にする土地探しを始める
  2. 土地台帳を閲覧して所有者を調べる
  3. 所有者と交渉・契約を結ぶ
  4. 監理と運営を任せる会社を選ぶ

駐車場にする土地探しを始める

まずは土地を探すことから始めましょう。購入や賃貸を考えていた土地があるなら、その土地が駐車場に向いているのかどうかをしっかりと調査しましょう。どのような土地が駐車場に向いているのかについては、後述しますので参考になさってください。

欲しい土地に見当がついていない場合は、ネットで探すこともできます。その場合には、「駐車場」というキーワードで絞って探すよりも、更地として広範囲で探すほうが、安価な土地を見つけやすいのでおすすめです。

また、行ったことがない土地よりも見知った土地である方がネットでも需要があるかどうか想像しやすいでしょう。

一括査定サイトで土地の価格を調べる

利用したい土地が見つかったら、チラシ等に掲載された仲介業を担う不動産会社に問い合わせて価格を聞いたり、ホームページを閲覧して価格を確認しましょう。

市場に出ているかわからない土地の場合は、不動産会社の一括査定サイトを利用してどのくらいの価値がある土地なのか、いくらで購入することができるのかを確認しましょう。

いくつか候補の土地を絞って、複数の土地を査定に出し、査定価格を見ながらどの土地を選ぶか判断するのも手段のひとつです。

初めての方におすすめの一括査定サイトは「すまいステップ」

■すまいステップはこんな人におすすめ
  • 初めてで不安だから実績のあるエース級の担当者に出会いたい
  • 厳選された優良不動産会社のみに査定を依頼したい
  • 悪徳業者が徹底的に排除された査定サイトを使いたい

その他の一括査定サイトや選び方について詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

不動産一括査定サイトランキングおすすめ21選!選び方や利用者の声も紹介!
不動産一括査定サイトのおすすめ21サービスをランキング形式で紹介します。不動産売却でどこに査定依頼すればよいかお悩みならばぜひご覧ください。査定サイトの選び方や注意点、利用者の口コミなど取り上げた査定サイト選びのための保存版です!

土地台帳を閲覧して所有者を調べる

利用したい土地が決まったら、土地台帳を閲覧してその土地の所有者や情報を調べましょう。土地台帳は市町村の法務局や市役所で請求することができます。

もちろん市場に出ている土地であれば、不動産会社に問い合わせて直接交渉に進むこともできます。

市町村によっても異なりますが、300~500円程度の手数料がかかる可能性や、事前申請が必要な場合もあるため、所轄の市町村のホームページなどで確認しておきましょう。

所有者と交渉・契約を結ぶ

土地台帳を見て所有者がわかったら、実際に交渉をおこないましょう。個人で交渉するとトラブルに発展することも多いので、一般的には不動産会社などの仲介を通しておこないます。

事前に一括査定サービスなどで調べた購入価格の相場や、借地料の相場のデータを持っておくと、交渉に自信を持って進むことができることに加えて、不当な取引に応じてしまうことを避けることができて安心です。

互いに合意できたら、売買契約や賃貸契約を締結します。

借地料の相場を調べる方法の詳細はこちらの記事もおすすめです。

借地料の算定方法を解説!土地を貸し出す際に気になる賃料の相場もご紹介
所有する土地は誰かに貸し出して賃料を稼ぐこともできます。ではその賃料はどのように決まるのでしょうか。またその金額には相場は存在するのでしょうか。本記事では土地を貸し出す際の借地料を算定する方法を解説します。土地活用の参考になさってください。

管理と運営を任せる会社を選ぶ

土地の所有者と売買契約や賃貸契約を結んだら、運営形態を選択します。自分自身で管理・運営をおこなう場合はそのまま経営に進んでいきますが、委託する場合にはその会社を選ぶステップに進みましょう。

大切な土地を運営してもらい、その後長くパートナーとして付き合っていく会社ですから、複数の会社を比較しながら慎重に選ぶことが大切です。価格だけでなく、運営実績や担当者の対応や力量も基準にいれて比較しましょう。

駐車場経営の始め方について、詳細に知りたい人はこちらをご覧ください。

駐車場経営の始め方完全版!基礎知識から成功する秘訣まで解説
駐車場経営は、ある程度の費用があれば誰でも挑戦することができる土地活用方法です。この記事では、駐車場経営に関する基礎知識や始め方、かかる費用や税金、駐車場経営を成功させる秘訣、駐車場経営のメリット・デメリットについて解説しています。

土地なしの駐車場経営を成功させるためのポイント

実際に投資を始める前に、土地を持っていない状態から駐車場の経営を成功に導くためのポイントを確認しておきましょう。ここでは駐車場の2つの形態、コインパーキングと月極駐車場のパターンに分けて解説します。

コインパーキングの場合

コインパーキングの最大の特徴は、不特定多数による短期間利用が多いという点です。つまり、コインパーキングで利益を得るには稼働率を上げることが最も大切になります。

コインパーキングに適した土地を選ぶことを前提として、他にもいくつか稼働率を良くするためのポイントがあります。以下のように、顧客がその駐車場を見つけやすいことや、利用しやすいことを意識したサービスを心掛けましょう。

  • インターネットやSNSを活用する
  • ポイントなど利用しやすいサービスの提供
  • キャッシュレスに対応した機械の導入

競合がいることも多いので、サービスの充実度は顧客数に大きく影響します。なるべく最新の機器を導入し、利用者が安心して利用できるように工夫しましょう。

月極駐車場の場合

月極の駐車場は、契約さえ取れれば定期的に安定した収益を得ることができることが魅力的です。しかし、契約が取れなければ一時的な利用もないため、空いたまま維持費だけがかかってしまいます。月極駐車場を運営するなら、契約率を高く保ち、維持コストを下げることが大切です。

契約率を上げ、コストを下げるためのポイントは次の通りです。

  • 定期的な利用が見込まれる地域を選ぶ
  • 出来る部分は自分で管理する
  • 優良な管理委託業者を選んで契約する

駐車場経営の基本知識について、詳細に知りたい人はこちらをご覧ください。

初心者向け|これさえ押さえれば儲かる!?駐車場経営の成功のいろは
駐車場経営は、不動産投資のなかでも比較的簡単で初心者向きといわれています。この記事では、駐車場経営のハウツーを経営初心者向けにわかりやすくご紹介しています。さらに、体験談の紹介や駐車場経営成功のポイントなども余すことなく解説します。

駐車場経営に適した土地の選び方

駐車場経営が成功するか否かは、駐車場需要が高い土地を選ぶことが大前提です。では、どのような土地が駐車場に向いていると言えるでしょうか。

人が集まる場所の近くにある

人が集まる場所には駐車場のニーズが高くなる傾向があります。例えば、ショッピングモールやスーパーなどの商業施設の近くは、その施設を利用する人がコインパーキングを求めていることが多いため利用が見込まれます。特にその店舗に併設する駐車場がない場合は需要が高いでしょう。

また、学校や商社ビル、駅などの交通機関、住宅密集地などは定期的なニーズがあるため、月極駐車場を設置すると契約率が高くなるでしょう。

駐車禁止のエリア付近

駐車禁止に指定されているエリアでは、急に止めたいと思っても止められないため、ある程度駐車場の需要が生まれます。幅が狭く停車できない道路の近くや、警察による路上駐車の取り締まりが強化されているエリアを狙うと、稼働率が高くなるでしょう。

こういった土地を選んでも、あまりに狭い土地や駐車のしづらい土地では顧客を見込むことはできないため注意しましょう。

土地活用としての駐車所経営について、詳細に知りたい人はこちらをご覧ください。

ローリスクな土地活用方法の定番!駐車場経営の基礎知識を徹底解説
他の土地活用と比べると、駐車場経営はローリスクです。駐車場経営を始める前には知っておきたい向いている土地の見極め方やメリット・デメリットがあります。失敗しないためには土地のニーズや地域の相場に合わせた料金設定があることを説明していきます。
土地活用で駐車場経営をするメリットとは|始める手順も解説
駐車場経営は他の方法と比べて初期費用があまりかからず、低リスクで転用もしやすいことから、土地活用の初心者や暫定的に土地活用したい方に向いています。本記事では駐車場経営のメリット・デメリット、駐車場経営を始める手順等について解説します。

土地なしで駐車場経営を始めるときの注意点

最後に、土地を手に入れるところから始める駐車場経営において、注意していただきたい点を2つご紹介します。

土地購入で銀行から融資を受けるのは難しい

駐車場経営は、その他の投資と比べて収益が少ない投資です。そのため、駐車場として運用するために土地を購入すると言っても、金融機関から融資を受けられない恐れがあります。

住宅用に土地を購入する際には、ローンを組むことが一般的ですが、駐車場経営のための土地購入では、全額自分で負担することも多いです。

そのような点からも、土地なしで駐車場経営をおこなう場合、潤沢な資金がない場合は土地を借りておこなう方が賢明でしょう。

駐車場として利用していた土地の売却は難しい

駐車場として需要が高い土地は、住宅地など他の方法で利用できない格安の土地であることも多いです。駐車場として運用するために購入する際にはありがたいですが、いつか売却するとなったときに思うような値段がつかない場合や、買い手が現れない恐れがあります。

また、駐車場としてコンクリート舗装工事を一度おこなってしまうと、元の更地に戻すにも費用がかかってしまいます。宅地などに転用して売却するとしても、多額のコストが必要になるのです。

土地を購入する際には、こういったリスクも考えて慎重に判断しましょう。

駐車場経営の失敗例について、詳細に知りたい人はこちらをご覧ください。

駐車場経営で失敗しやすい9つのケースとは?解決策を詳しく紹介
駐車場経営を失敗する事態を避けるには、失敗しやすい事例について事前に把握することが重要です。この記事では、駐車場経営の9つの失敗事例とその要因、解決策を一覧化してわかりやすく紹介します。各ケースや解決策についてはさらに深掘りしています。

まとめ

駐車場経営は土地を手に入れるところから始めても、充分に初期費用の回収を期待できる投資方法です。

もともと所有している土地を駐車場として作り替えて運営する場合、自分自身で管理運営するか、業者に管理を任せるかどうか、主に2つの選択肢から選択します。対して土地を持たず経営をスタートさせる場合には、土地を購入するのか賃貸するのか、経営形態はどうするのかなど、より幅広い選択肢から自分に合ったものを選ぶことができます。

正確な知識を身に付けるだけでなく、注意点を押さえながら、慎重に判断して駐車場経営を成功へ誘導しましょう。

駐車場経営をお考えなら「HOME4U土地活用」がおすすめ

■「HOME4U土地活用」はこんな人におすすめ
  • どの土地活用方法を選べば良いのか迷っている方
  • 土地活用の相談をどこにしたら良いのかわからない方
  • 初期費用や将来得られる収益のバランスを見ながら検討したい方

「HOME4U土地活用」の特徴

HOME4U土地活用は、あなたの土地にあった活用プランを無料で一括プラン請求ができるサイトです。

一度の入力で、全国の厳選された大手企業から、一度に最大で7社の土地活用、不動産投資のプランを請求することができるので、効率的に収益を最大化できるプランを選ぶことができます。

また、HOME4U土地活用は、情報サービス事業業界最大手のNTTデータグループが運営しているため、情報セキュリティ面でも安心して利用できます。

一括プラン請求フォームにて、希望の土地活用の種類を選べば、それに絞ったプランの提案を受けることができるので、土地活用の種類を決めている人はその種類にチェックを入れてください。

ただ、おすすめは複数の土地活用種類にチェックを入れることです。自分が思いもよらない収益化方法を知ることができるかもしれません!

タイトルとURLをコピーしました